幽☆遊☆白書(幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。
主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。
桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

『幽☆遊☆白書』の概要

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。2016年から少年ジャンプで連載が始まり、2019年にはアニメ化となった。先が読めないストーリー展開と登場するキャラクターの個性的な術、必殺技に読者は魅了された。
主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界にとっては浦飯幽助の死が想定外の死であったため、復活をすることができた。
復活した浦飯幽助は霊界探偵として様々な事件を解決する。事件を解決する中で、桑原和真、蔵馬や飛影などの仲間にも出会い、暗黒武術会などの大会にも出場し多くの敵と対戦することになる。
浦飯幽助や桑原和真など登場するキャラクターはそれぞれ自分の術や必殺技を持っており、作中では個性のある術や必殺技が登場する。

『幽☆遊☆白書』の術・必殺技

浦飯幽助

霊丸(れいがん)

右手の人差し指に霊気を集中させ、溜まった霊気を弾丸として相手に放つ。
弾数に制限があり1日に1発しか撃てなかったが、幻海との修行により1日に4発撃てるようになった。最終的には、魔界での修行により、浦飯幽助の霊力がある限り撃てるようになった。
朱雀や戸愚呂弟など多くの相手に対して使われる浦飯幽助の代表的な技である。

霊光弾/ショットガン(れいこうだん/しょっとがん)

霊気を拳に溜めてパンチのように相手に繰り出す。直接叩き込むのが本来の使い方だが、飛び道具として使えば拡散しながら霊気が飛んでいく。後者の使い方をする時に限り、幽助はこの技を“ショットガン”と呼称している。溜めが必要な分消耗は霊丸よりも激しいが、威力は大きく上回る。
相手との距離があると威力は落ちてしまうが、相手と接近した時には威力を発揮する。陣との戦いで使用された。浦飯幽助は陣と近距離でこの技を繰り出した。

殺人パンチ(さつじんぱんち)

幽助の基本的な技。喧嘩する相手に使用した。

内臓殺し(ないぞうごろし)

高速でパンチを繰り出す技。仙水との戦いで使用された。仙水の着ている服を破ることはできたが、ダメージを与えるほどでもなかった。また桑原は、この技を幽助に受けたあとは一週間食事をすることができなかった。

ヘッドバット

酎とのナイフエッジ・デスマッチで使用した。両者殴り合いを続けていたが、最後に酎が幽助に頭突きを喰らわそうとした。幽助はこの技で応酬した。結果は酎が倒れ、幽助が勝者となった。

少年ジャンプ(しょうねんじゃんぷ)

相手に対して下方から下顎に向けて蹴りを与える技。桑原との同時攻撃による技である。この技で獄門鬼を倒した。

桑原和真

霊剣(れいけん)

4ekawaharu
4ekawaharu
@4ekawaharu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説・考察まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説・考察まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

どうしてコンナコトニナッタノカ?『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが色んな意味で凄すぎた。

『HUNTER×HUNTER』と言えば、1998年から「週刊少年ジャンプ」にて連載が始まったマンガです。しかし、作者の冨樫義博先生の度重なる休載により、17年経った今も「未完」となったまま“動き”がありませんでした。ところが、バンダイから販売されている『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが、色々と「トンデモない」“動き”をしていたのをご存知でしょうか?

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編の複雑な人間関係を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸は「世界の外側」「外の世界」と言われる人間が住む大陸のさらに外側にある世界のことで、大変危険な場所である。しかしその万病に効く香草や究極の長寿食ニトロ米などのメリットもあり、カキン帝国が「暗黒大陸」への進出を突如として宣言した。

Read Article

HUNTER×HUNTERの衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。本作は少年漫画の中ではショッキングな描写も多く、人気キャラクターが簡単に死んでしまうこともある。ここでは衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

HUNTER×HUNTERの謎や伏線を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には多くの謎や伏線が盛り込まれており、未だ回収されていないものも多い。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の謎や伏線を解説・考察していく。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸の徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。「暗黒大陸」とは「世界の外側」「外の世界」と呼ばれる場所であり、人類が住む大陸の外側に広がっている。あまりに危険であるため、外の世界への進出は人類最大のタブーとされていたが、カキン帝国のホイコーロ国王が進出を突如宣言した。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。単なるバトル漫画にはとどまらず、人間の様々な側面が丁寧に描かれるため、作中では多くの名言・名セリフ/名シーン・名場面が生まれている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカのセリフ「あと10人」の意味を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)に登場するヒソカは戦闘狂であり、クロロという男と戦うために幻影旅団(クモ)に入ったほど。なかなか戦う機会に恵まれなかった二人だが、天空闘技場にてバトルが実現した。バトルはクロロの勝利で終わり、ヒソカは死亡。しかしその後ヒソカは蘇生して幻影旅団を狩ることを決意し、コルトピとシャルナークを殺害する。その時、「あと10人…♪」という言葉を残しているが、この段階では旅団員は9人だった。その真意は何なのか。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】作中の文字を解読【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。作中にはハンター文字と呼ばれる文字が登場する。これらはいい加減に設定されたものではなく、しっかりと読めるようになっている。

Read Article

HUNTER×HUNTERの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作者の冨樫義博は大変遊び心のある人のようで、作中には様々な小ネタが仕込まれている。ここではそんな『HUNTER×HUNTER』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話などを紹介する。

Read Article

HUNTER×HUNTERの登場人物・キャラクターの元ネタ・モデル・類似した人物まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。作中には非常に多くの登場人物・キャラクターが存在する。中には現実・架空問わず「この人物がモデルになっているのではないか」と言われるようなキャラクターもおり、一部は公式がモデルとなった人物について言及している。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】ヒソカの面白い画像まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。奇術師のヒソカは強敵との戦いに性的な興奮を見出す戦闘狂で、作中では顔芸ともいうべき様々な顔を披露している。ここではヒソカのネタ画像やコラ画像などのおもしろ画像をまとめた。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】美人・かわいい登場人物・キャラクターランキング【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画だ。作中には多くの女性キャラクターが登場するのだが、美人であったり可愛らしかったりすることが多い。ここでは『HUNTER×HUNTER』の美人、あるいはかわいい登場人物・キャラクターをランキング形式で紹介する。

Read Article

目次 - Contents