幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

黒龍波を撃つ時に言った飛影の台詞。
飛影には名台詞が多いが、特に有名な台詞の一つ。
対戦相手の是流は邪眼をバカにしていたが、黒龍波が直撃し壁に焦げ跡だけが残った。

「残像だ」

魔金太郎と戦った際の飛影の台詞。
飛影の台詞の中でも有名な台詞の一つ。
高速で移動する事で残像が残り、過ってそれに攻撃する魔金太郎。
飛影は既に魔金太郎の頭に乗っており、魔金太郎がそれを認識した時には飛影の刃が頭に突き刺さっていた。

「トリートメントはしているか?」

鴉が蔵馬に言った台詞。
鴉は美しい物が好きで、且つ好きな者を殺す事に快感を覚えるサディスティックな性格。
対戦相手になるであろう浦飯チームの一番美しい外見を持つ蔵馬に興味を持つ。
そして試合外で蔵馬に接触し、後ろから首を締めるように髪の毛を触り、蔵馬に髪の毛の手入をした方が良いという。
これから殺そうと思っている相手への態度が、鴉というキャラクターの異様さを物語っている。
背後を取られた蔵馬はこの接触だけで鴉の実力を知り、今のままでは勝てないと知る。

「お前は殺すぞ 」

蔵馬は鴉を倒すために妖狐の力を使いたいと思っていたところ、鈴木から前世の実というアイテムを貰う。
このアイテムによって一時的に妖狐に戻る事ができ、試合中にアイテムの効果が現れ妖狐に変身する。
妖狐は冷徹で好戦的な性格で、鴉に向かい殺すと宣言する。
妖狐との戦いから鴉もまた本気を出さざるを得なくなり、マスクを取り火気物質を取り込んで金髪の姿になる。

「自分が死なないとでも思ってるのか?」

120%の力を出した戸愚呂が幽助に言った台詞。
戸愚呂は自分の全ての実力を出し切りたいと思い、幽助にも自分と同じ大事な物を捨て去った強さを求める。
しかしまだ幽助の力は戸愚呂を満足させるものではなく、戸愚呂はどこか危機感の足りない幽助に対して危機感を煽る。
そして螢子たちの居るあたりの場外に向かって攻撃し、次は当てるという。
怒る幽助であるが、それでもまだ戸愚呂と同等に戦うには力が足りない。
するとプーに憑依した幻海が現れ、戸愚呂に幽助の力を引き出したいなら仲間を殺してしまえと言う。
戸愚呂も同じ事を考えており、幽助の実力を引き出すにはチームメイトの誰か一人を殺そうと思っていた。
戸愚呂に選ばれたのは桑原で、蔵馬と飛影は戸愚呂が攻撃を仕掛けてきたら三人で戦うしかないと思うが、桑原はそれを止め自ら戸愚呂の前に出る。
桑原は戸愚呂に心臓付近を刺され、それを目の当たりにした幽助は怒りと悲しみを抱き、これまでと様子が変わる。
桑原が犠牲になったことで戸愚呂の思惑通り幽助の力は上がり、戸愚呂と互角又はそれ以上の力を出し始めた。
それは大事な物を全て捨てて強くなった戸愚呂と少し似た強さでもあったが、幽助はそれを否定した。
ちなみに桑原は戸愚呂に急所を外されており無事であった。
幻海はそれまで何度も戸愚呂が求めた強さというものを幽助に分からせようとしていた。分からせた上で否定し、戸愚呂を負かせて欲しかったのであろう。
幻海がプーに憑依してまであえて幽助を追い詰める発言をしたのは、このままでは幽助が本気を出し切れずに負けてしまうためであった。
戸愚呂が桑原を殺さないであろう事も察していたのだろうか。

「世話ばかりかけちまったな」

戸愚呂は死後、格闘家としての実績があるため軽い地獄へ行く予定であったが、本人の希望により最も過酷な地獄に行く事になった。
戸愚呂に殺されたため霊界にいた幻海は、戸愚呂を見送りに来て、最期に言葉を交わす。
戸愚呂は幻海に幽助を自分のような道を歩ませないよう言い、いつもかけていたサングラスを外して「世話ばかりかけちまったな」と言う。
これまで戦闘狂としての怖ろしい戸愚呂の姿が描かれていたが、戸愚呂はそもそも弟子を殺された事で人生が狂ってしまうという悲しい過去を持つ。
その過去から力に固執するようになっていくが、サングラスを外した顔からはそんな生き方しか出来なかった彼の不器用な本来の人間性が読み取れる。

「右ストレートでぶっとばす」

ボクサー志望の室田は、人の心を読むことができ、その能力と身体能力から誰と戦闘になっても負けないと思っていた。
幽助と戦闘になり、幽助の「右ストレートでぶっとばす。真っ直ぐいってぶっとばす」という心を読み取る。
幽助は雑念などなくただそれだけを考えており、作戦も何もない幽助を単純な奴だと思う室田。
しかし心は読めても暗黒武術会で死闘を乗り越えてきた幽助の実力は高く、「右ストレートでぶっとばす。真っ直ぐいってぶっとばす」というシンプルな攻撃すらも室田は避ける事はできないのであった。

「ここに人間はいなかった、一人もな」

純粋だった若い頃の仙水は、妖怪が悪者で、人間が良い者であると疑いもしなかった。
しかし、ある日、仙水は自分が守ってきた人間の方が妖怪を弄び、無残に虐待・殺害して玩具にしている所を目撃してしまう。
仙水は発狂しその場に居た者を全て殺し、樹に「ここに人間はいなかった」と言う。
ここから仙水の人生は変わり、苦悩の日々が続き多重人格となる。
そして人間を憎み、魔界へ行きたいと思うようになった。

「ただのケンカしようぜ 国なんかぬきでよ」

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents