幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

CV : 深雪さなえ

死神のような役割を果たす『霊界案内人』。
髪をポニーテルに結い、若い女性の見た目をしているが年齢などは全て不明。
幽助の死後の目付役となり、霊界獣の卵の成長をサポートする。
幽助の復活後は人間界に姿を現し、幽助に霊界探偵としての任務を与える。
自身の霊力で回復や防御壁を展開したり、霊界七つ道具を渡すなどして幽助の助手的な役割をしてサポートする。
暗黒武術大会では螢子・静流・温子に幽助たちが大会に出ることをうっかり口を滑らせてしまい、妖怪と戦うことを話した上で応援に行った。
飄々として常に明るく、友人への気遣いが出来る性格。
通常時は着物を着ていて櫂に乗って空を飛び移動する。
原作においては人間界では実態のある人形の体に憑依して活動し、アニメ版では霊体の体がその都度可視化・実体化する。
幽助などのレギュラー陣のほかに、女性陣や霊界人など複数のキャラと会話するシーンが多くある。
名前の由来は死を連想させる牡丹から。

コエンマ

CV : 田中真弓

霊界を統べる閻魔大王の息子。
赤ん坊のような見た目だが700歳以上で自立もしている。人間界ではおしゃぶりを咥えたまま青年姿で登場。
咥えたおしゃぶりは魔封環と呼ばれる霊力を溜め込む道具で、最強クラスの防御技を出すことが出来るが、魔界の扉編では防がれてしまった。
普段は見た目通り赤ちゃんのような振る舞いをすることがあるコミカルなキャラクターであるが、幽助よりもはるかに年上であり、時折適切な指摘や年長者としての意見をいう事もある。
幽助とは上司と部下の関係であるが、次第に絆を深めてそれ以上の関係性になる。
暗黒武術会の戸愚呂戦では亡くなった幻海の代わりに5人目として出場。
自分の番が回ってきたら背中につけたロケットで逃げるつもりであったが、左京に戸愚呂と幽助の戦いの結果にお互いの命を掛けようと提案され、幽助が勝つ事に躊躇い無く自身の命を賭けた。
幽助が戸愚呂に勝つと死に急ぐ左京を止め様としたが説得できなかった。
アニメ版では浦飯チームのオーナーもしていたが、実は霊界非公式の活動であり、その間の仕事を部下に丸投げしたため後で始末書を書かされた。
仙水編では仙水の人生を歪めた一因が自分にもあるとし人柱になる事を覚悟で魔封環を使うが、仙水の聖光気に防がれてしまう。
幽助が魔族に覚醒後は、エンマや霊界の部下達が止めるのを聞かずそのまま幽助・プーと一緒に魔界に行き、仙水の最期を見届けた。
アニメ版の魔界トーナメントでは霊界関係者という事を伏せて、ぼたんやジョルジュと共に観戦。
エピローグにて閻魔大王の不正を告発、幽助と共に霊界全体を敵にして立ち回った。

主要キャラクターの関係者

プー

CV:白鳥由里

幽助の心のエネルギーで生きている霊界獣。
本体の幽助の力が弱まると弱体し、最悪の場合は死んでしまうこともある。
事故死した幽助が復活するためにコエンマに課された試練が霊界獣を孵化させることであった。
しかし幽助の復活が肉体などの関係から早まり、卵はコエンマが預かっていた。
暗黒武術会の魔性使いチームとの対戦の後に孵化した。
飛行能力と壁結界を張る能力を持っており、戸愚呂戦では螢子たちを結界で守っていた。
戸愚呂戦と霊界で起こったクーデターの時には幻海が憑依し、幽助を叱咤激励した。その際には顔が幻海っぽい顔になる。
幽助が仙水によって殺された時はプーも共に死に、幽助が魔族として覚醒した事でプーも鳳凰のような大きな鳥の姿に変身。
魔族になった幽助を抹殺しに来た霊界特別防衛隊の攻撃から幽助を守り、幽助とコエンマを連れて魔界へ行った。
その後は人間界に戻り幻海の寺で暮らしている。
螢子・ぼたん・温子からは「プーちゃん」、雪菜からは「プーさん」、桑原からは「プーすけ」と呼ばれる。
人の言葉が通じ、ひらがな等も書けるが、本人はプーとしか鳴かない。

雪村 螢子(ゆきむら けいこ)

CV : 天野由梨

皿屋敷中学校2年生で幽助と同級生。本作のヒロイン。
幽助の幼馴染で家族ぐるみでの付き合いがあり、腐れ縁。
口喧嘩が絶えないが幽助とは相思相愛。趣味は料理と掃除。
正義感が強く勝ち気な性格が災いし、幽助の不良ライバルから目をつけられることが多々ある。
ツンデレであるが品があり、幽助を学校に来るように説得するなどの優等生。
ビンタの威力は幽助曰く陣以上で、幽助が一発KOになることもある。
幽助が事故死した際は取り乱して大泣きし、幽助が夢枕に立ち復活する事を告げた後は幽助の遺体の面倒を温子と共に見ていた。
幽助の家が火事になった際には幽助の遺体を助けようと火事の中に飛び込んだ。霊体の姿で螢子を見ていた幽助は霊界獣に溜めていた自身の「徳」の力を使って助ける。
螢子はこの火事によって長くしていた髪を炎で失い、静流に切って貰い短髪になった。
幽助は螢子を助けるために霊界獣を孵化させるために溜めていた徳という代償を払わなければならず、コエンマ曰く螢子自身も代償を払わなければならずそれが髪だったとされている。
四聖獣編では幽助と特別な関係にある少女として狙われ、朱雀の蟲笛に操られた教師・岩本にぼたんと共に襲われるが、幽助が朱雀を倒した事により助かる。
暗黒武術会編では幽助が妖怪と戦うのを健気に見守り、アニメ版では幽助と酎がナイフエッジデスマッチ(素足になり、お互いの足元の地面にナイフを刺し片方の踵を添え、殴り合う事で踵にナイフが刺さり、先に倒れた方が負けというゲーム)するのを止めさせようとした。
仙水編では、原作では殆ど関わりがなかったが、アニメ版ではプーを追いかけて蟲寄市に来ており、物語に関わっていく。
幽助が魔族になった事を幽助自身から知らされるが、幽助に対する態度を変えず、アニメ版では魔族に覚醒し長髪になり別人のような姿の幽助を見て、一人だけすぐに幽助だと気づいた。
幽助が三年間魔界へ行く事を話されるが、本当に帰ってこられるのかの問いに曖昧な態度を取った幽助に怒り、突き放した態度を取る。
しかし喧嘩の後に幽助に度々「結婚しよう」と言われ、それを信じて幽助の帰りを待っていた。
冨樫義博の嫌いなキャラクター。理由はありがちなキャラだから。

浦飯温子(うらめし あつこ)

CV:沢海陽子

幽助の母。29歳。
非常に美人であるが、酒癖が悪く破天荒な性格。
離婚しているが、元夫とはたまに会っている様子。
幽助の葬式では、状況が分からないという表情で呆然と座り込んでいたが、教師・竹中が幽助に語りかけ涙する姿や幽助の助けた子供と母親が来たのを見て、堰を切ったように泣き出した。
裏社会と繋がりがあり、幽助も温子が金バッチ(ヤクザ)から金を巻き上げているのを目撃している。
また住んでいたアパートが火事になった後も金バッジから金を巻き上げてマンション住まいになった。
幽助の復学の時も、黒塗りの車に乗った人たちを連れて校長に頼みに行った。アニメではこれらのシーンはカットされている。
暗黒武術会では螢子たちと共に応援に行き幽助を応援。アニメ版では温子は登場せず、温子の台詞を周りのキャラが喋っている。
仙水編ではプーと共に家に居たが、幽助の死と共にプーも死んでしまい、プーの様子を見て呆然としている所に螢子が現れ、二人でプーの覚醒を見る。
原作では要所要所で登場しているが、アニメ版では暗黒武術会以降の登場はない。
エピローグでは元夫と会っており、復縁を迫られるが断っている。

桑原静流(くわばら しずる)

CV:折笠愛

和真の3歳年上の姉。喫煙者。
和真より霊感があり喧嘩も強く頭も良いため、和真は頭が上がらない存在。
一見ドライに見えるが、弟の和真の他にも螢子などの保護者的存在もある面倒見の良い姉御肌。
和真をいつも貶しているが、アニメ版では姉弟の絆も描かれ、和真が戸愚呂に殺されたと思った時には涙した。
幻海とは前から知り合いで、霊能力者としての才能は和真よりも高いが、本人は興味がなくその気がない。
しかし戸愚呂戦ではプーに憑依した幻海に螢子たちを妖気から守る結界を張る様に言われており、アニメ版では神谷が作り出したウィルスを払い落としたりした。
原作では霊体編で初登場。アニメ版では暗黒武術会編で初登場。
アニメ版では妖怪に襲われそうになったところを左京に助けられ、左京に好意を持つ。
戸愚呂チームが負けたあと、左京は会場を破壊し自ら死を選び、静流に愛用していたライターを渡す。
静流はそのライターを大事に持ち歩いており、ここぞという大事な時にそのライターでタバコに火をつける。
喫煙者であるためアニメ版では年齢が二十歳に変更。
冨樫義博のお気に入りのキャラの一人。

雪菜(ゆきな)

CV:白鳥由里

飛影の双子の妹。
流した涙が「氷泪石」という宝石なる妖怪・氷女の少女。
年齢は6歳以上100歳未満で、双子である事から飛影の年齢も同じ。
見た目は飛影と似ていないが、アニメ版では目の色と身長が二人とも同じになっている。
飛影が兄である事は知らないが、いつも助けてくれる飛影に信頼を寄せている。
氷女の掟を破って里を出て人間界へ行き、動物と遊んでいた所を捕らえられ、左京の売買ルートに乗せられ垂金に五年間監禁される。
色々な方法で泣かされ氷泪石を出させられていたが、次第に感情を殺すようになり泣かなくなる。
しかし動物好きであったことを垂金に知られ、監禁中の唯一の癒しであった懐いてきた小鳥を目の前で殺されてしまう。
その後幽助たちに助けられ、一度故郷へ帰るが、双子の兄を探すためと浦飯チームの応援のために暗黒武術会編で登場。
魔性使いチームの桑原VS吏将の時に現れ、桑原を応援し、雪菜を見つけた桑原が愛の力でパワーアップして勝利した。
桑原は雪菜に一目惚れしており、一途に雪菜を守ろうとしているが、雪菜は恋愛がまだ分からず桑原との進展は無い。
しかし少なくとも友人としては桑原を好ましく思っている様子。
兄を捨てた氷女の里を憎く思っており、滅んでしまえば良いとすら思っており、里が捨てた兄を探しているのは保守的な里への復讐心である。
その気持ちを飛影に語ると叱咤され、兄に言っても同じように叱られそうだと返した。
兄が生まれた時に炎の妖気を纏っていたため、同じ炎の妖気を持つ飛影に氷泪石を渡す。
そして「魔界でもし兄に会ったら渡して欲しい」と言うやんわりとした、しかし確実に下心のある言い方で、飛影に兄の捜索を頼んだ。
武術会終了後は幻海の寺に現れていたが、魔界トーナメント終了後は桑原家にホームステイする事になる。

南野志保利(みなみの しおり)

CV:滝沢久美子(101話以降:佐藤ユリ)

蔵馬の母親。40歳。
盗賊・妖狐蔵馬は霊界の追跡者によって重傷を負い霊体になって人間界へ逃げ、志保利の孕んだ子供に憑依し、南野秀一として転生した。
力が戻ったら志保利からは離れるつもりであったが、9歳の時に転倒したのを志保利が庇って腕に後の残る傷を負ってしまう。
この事により蔵馬は完全に改心し、母を本心から慕うようになる。
志保利は夫に先立たれた後、秀一を一人で育て上げるも、重い病気に掛かってしまう。
蔵馬は志保利のために霊界から暗黒鏡を盗み、自らの命を使って志保利を助けようとするが、幽助の協力があり誰も命を失わずに済み、志保利の病気も治った。
その後、中小企業の社長・畑中と再婚。畑中の連れ子の名前も秀一で、蔵馬は南野の姓を名乗り続ける。
二人の息子が夏休みの間畑中と二人で再婚旅行へ行くが、蔵馬と離れたために黄泉から狙われ、蔵馬の助けられない所に居る以上人質にとったも同然とされ蔵馬を脅迫する一因にされてしまう。

『幽☆遊☆白書』霊界探偵編の主な登場人物・キャラクター

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents