幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

CV:高乃麗

晶吾・黒呼の息子。風吹の兄。9歳。
将来は霊界探偵になる事が夢であるが、風吹からは「女に弱いから無理」と言われている。
低級妖怪を倒せる程度の戦闘力を持っている。
風吹とのコンビネーションは抜群で、合体技「双龍砲」が使える。
知らない人が尋ねてくると母の敵と決め付け、妹と共に襲い掛かってくる。
そのため佐藤家の門には「猛犬注意」と書いてある。
佐藤家を訪れた幽助とも戦闘になり、幽助は二人の戦闘力に驚くが幽助の方が強く、合体技・双龍砲を出すところで黒呼に止められた。

佐藤風吹/真田風吹(さなだ ふぶき)

CV:大谷育江

晶吾・黒呼の息子。快晴の妹。8歳。
快晴と同じく、低級妖怪くらいなら倒せる戦闘力を持ち、合体技「双龍砲」を使用できる。

雷禅とその部下

雷禅(らいぜん)

CV:菅生隆之

魔界三大妖怪の一人。食人鬼。
「闘神」という異名を持つ魔界最強クラスの妖怪。
最全期は黄泉や軀など問題にならないほどの力を持っていた。
幽助の妖怪の遺伝子上の父親で、幽助を息子として扱い、幽助も父と思っている。
幽助の妖怪遺伝子上の母親は、人間の食脱医師の女。
昔(アニメ版では平安時代)に、食脱医師の女と出会い、彼女の生き方に惚れ一晩だけ愛し合う。
再会の約束はしなかったが、雷禅は再び彼女に会うまでは人間を食べないと誓い、それから700年近く人間を食べて居ない。
そのため空腹と栄養失調で大きく力が衰え、「あー、腹減ったな」という言葉を残して幽助の目の前で餓死する。

北神(ほくしん)

北神(中央)。

CV:堀内賢雄

雷禅の部下のS級妖怪。
柔軟な体を持ち、ゴムのように体を伸ばすことができる。20キロ離れた所の物を腕を伸ばして取ることが出来る。
軟体術を駆使した戦闘が得意で、幽助と初めて会った時には装具でランクをD級まで落としていたが、その状態でも幽助を拘束できた。
幽助が魔界に行き修行したことで、段々と幽助に敵わなくなった。
生真面目な性格で、雷禅の後を継ぎ自身の王となった幽助に振り回される事になる。
人間を食料としており、幽助と会う時までは活動のために人を食べていた。
雷禅の死後は人間を食べるのを絶っている。
魔界トーナメントでは同僚の東王・西山・南海と同じ組になってしまう。
アニメ版では死々若丸と戦い勝利。

軀とその部下

軀(むくろ)

CV : 高山みなみ

魔界三大妖怪の一人。
いつもは包帯で顔を隠しており、一人称は「俺」であるが女性。黄泉や蔵馬よりも年上。
軀の軍は雑魚でもA級妖怪で、三大妖怪の中でも一番の軍事力を持ち、厳選した77人の戦士を直属の側近にしている。
元々は魔界の奴隷商人「痴皇」の娘で、玩具奴隷として生まれ育つ。
生まれた時から腹を改造され、痴皇に弄ばれ、恐らく子供を宿し生む機能を奪われている。
7歳の時に自ら酸を被って痴皇の興味を失くさせ、自由を手に入れる。
しかしこの時に痴皇に復讐防止の催眠を掛けられ、痴皇に殺意を抱くと痴皇から愛情を受けたという(偽の)記憶を思い出すようになる。
その後目に映る物を全て殺す日々を続け、呪う事で強くなって行き、国家を築き、雷禅と魔界二大妖怪と呼ばれる程の強さを持っていた。
この頃は蔵馬・黄泉はまだ弱い勢力で、飛影はまだ生まれていなかった。
後に飛影が落とした氷泪石を貢物として捧げられ、氷泪石の浄化作用によって心が癒されていく。
雷禅の死が近いことを感じ、三大妖怪と呼ばれるまで強い勢力を持った黄泉と全面戦争をするために、飛影をスカウト。
飛影と部下の時雨を戦わせ、見事な試合をした飛影に褒美として氷泪石を返却。
重傷を負った飛影を施設で回復させ、その際に軀は飛影の記憶を見て、飛影には軀の記憶を見させた。
精神状態で強さが変動するため、比較的穏やかな魔界トーナメントでは本気を出し切れず、煙鬼に敗北。
本気でキレた時は手がつけられないため、この強さをトーナメントで出せていれば楽に優勝できただろうと言われている。
誕生日の付近になると痴皇から受けた性的虐待と、痴皇から受けた愛情を思い出して情緒不安定になる。
その事を察した飛影が軀の心に土足で上がりこみ挑発する発言をしたため、トーナメントで軽く優勝できたであろう力で飛影を吹っ飛ばした。
飛影は傷を癒しつつ、蔵馬に頼んで寄生植物のヒトモドキを調達し、痴皇を捕まえて寄生させる。
そして軀に植物状態になった痴皇を軀に誕生日のプレゼントとして渡し、軀が思い出す愛情の記憶は偽者だったと明かす。
ヒトモドキの寄生した痴皇は頭を潰さなければ死なないため、好きなだけ恨みを晴らしてから殺すと良いと言う。
恨みから解放された軀は穏やかな表情になり、その後の生活は描かれて居ない。
作者お気に入りのキャラクターで、キャラクターのモデルは『風の谷のナウシカ』に登場するクシャナ。

時雨(しぐれ)

CV:谷口節

軀直属の部下。
軀曰く、77人の戦士の中では一番弱いとしているが、剣術では飛影よりも上。
外科手術で妖怪に新たな能力を与える魔界整体師で、過去に飛影に邪眼を移植している。
その際の代金は患者の人生の一部で、飛影には「雪菜に出会っても兄だと名乗らない事」とした。
飛影との出会いの後に軀の部下となる。
軀にスカウトされた飛影と再会し、対決。頭を真っ二つにされるが軀によって蘇生される。
魔界トーナメントでは二回戦で蔵馬と当たって敗北。
原作ではその後また軀の部下に戻っている。

奇淋(きりん)

CV:小関一

軀の直属の部下。
77人の戦士で一番強く、軀の勢力のナンバー2。
過去に奇淋より強い者が居たが、軀が情緒不安定の時に逆らいミンチにされた。
雷禅勢力のナンバー2・北神や、黄泉勢力のナンバー2・鯱よりも強いとされている。
清廉な武人で、軀に対して敬意を持ち、不満を持っていない。
後にナンバー2となった飛影とも良好な関係を築いている。
魔界トーナメントでは軀と戦って見たいと思っていたようで、打倒軀と公言。
トーナメントの様子は描かれなかったが、トーナメント終了後は軀の部下に戻った。

黄泉とその部下

黄泉(よみ)

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents