幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

戸愚呂チーム

浦飯チームと決勝戦を戦った相手。暗黒武術大会最後の戦い。
戸愚呂兄弟をリーダーにしたこのチームは前大会優勝チームで、二回戦以降はシード枠で準決勝へ進出し、準決勝で五連邪チームに勝利。
前回大会では戸愚呂兄・戸愚呂弟・幻海ともう二人のチームで編成されており、二人の消息や詳細は不明。
今回の戦いではチームを抜けた幻海と残り二人の代わりに鴉・武威・左京がチーム入った。
左京は大将という位置になっているが戦闘メンバーではなく、生身の人間。
浦飯チームとの戦いで初めてチームメンバーとして現れた。
浦飯チームは死亡した幻海の変わりにコエンマが大将としてチームに入る。
コエンマも戦闘メンバーではないため、左京とコエンマの大将戦は戸愚呂弟と幽助の勝敗結果に依存し、負けた方が死ぬという賭け勝負になった。
一回戦では蔵馬と鴉が戦い、鴉の勝利。
二回戦は飛影と武威が戦い、飛影の勝利。
三回戦は桑原と戸愚呂兄が戦い、桑原の勝利。
四回戦は幽助と戸愚呂弟が戦い、幽助の勝利。
よってコエンマと左京の賭けはコエンマの勝利となり、左京は会場を爆破し命を絶った。
浦飯チームは優勝報酬として死亡した幻海の復活を望み、幻海が復活。
幻海の遺体はコエンマが冷凍保存しており、浦飯チームの優勝報酬が幻海復活だと見込みそうするよう指摘したのは戸愚呂弟だった。

鴉(からす)

CV:堀川りょう

戸愚呂チームの先鋒。
見苦しいものを嫌い、美しいものを好み、その美しいものを自らの手で殺す事に快感を覚える容姿端麗のサディスト。
整った顔を持つ蔵馬に異様な執着を持ち、浦飯チームとの戦いでは初めから蔵馬と戦うつもりでいた。
過去、武威と一緒に戸愚呂兄弟に勝負を挑んで敗北しており、仲間になった今も命を狙っている。
一人称は基本的に「私」であるが、好戦的になった時などに「俺」になる。
妖気を爆発物に変える支配者(クエスト)級の爆弾使い。
口から火気物質を吸収しパワーアップすることができるが、普段はマスクをして封印している。
マスクを取ると髪の色が変わり、アニメ版では金色になった。
必殺技は相手を追跡し爆発する「追跡爆弾(トレースアイ)」、手榴弾「手榴弾(パイナップル)」、地中を進む「地下爆弾(マッディボム)」、時限爆弾「葬儀(ラストライツ)」、最大技「肢体爆弾(リンボム)」など。
浦飯チームとの戦いでは予定通り蔵馬と当たり、多種多様な爆弾で蔵馬を甚振って殺そうとする。
戦いの最中に蔵馬は鈴木から貰った若返りアイテムによって妖狐蔵馬に変身し、妖狐蔵馬と互角の戦いをする。
だが蔵馬は予定時間よりも早く人間の姿に戻ってしまい、鴉は勝利を確信しゆっくりと蔵馬を甚振り、手元に置いておきたいから首だけは残すと宣言。
だが蔵馬は命を掛けて魔界の植物を召喚し、シマネキ草の種で傷つけ出血させた鴉の胸部を魔界の植物に吸血させ、鴉は血を吸い尽くされて絶命。
しかし蔵馬の渾身の攻撃は、蔵馬がカウント10を取られた後の攻撃であったため、試合は鴉の勝利となった。
人間の体で魔界の植物の召喚をするのは命を代償にする行為で合ったが、妖狐の力が戻りつつあったため蔵馬は死なずにすんだ。

武威(ぶい)

CV:金尾哲夫/若本規夫(ゲーム版)

戸愚呂チームの次鋒。
「武装闘気(バトルオーラ)」と呼ばれる強大な闘気を持ち、オーラで体が浮いてしまうほどの量があり、自分では制御しきれない。
そのため普段は鎧でオーラを封印している。
鎧を着用時は寡黙であるが、鎧を脱ぐとよく喋る。
鴉とは昔なじみで、二人で戸愚呂兄弟と戦い戸愚呂弟から80%の力を引き出すが敗北。
顔面の傷はその際に戸愚呂弟から付けられたもの。
浦飯チームとの戦いでは飛影と当たり、鎧を脱いで飛影の炎殺黒龍波を跳ね返す。
しかしその結果飛影が黒龍波を"喰らう"こととなり、炎殺黒龍波の本来の使い方はその力を体に取り込む事でパワーアップする事だと発覚してしまう。
パワーアップした飛影に自暴自棄気味になり、全力で攻撃を仕掛けるも、パンチ一発で戦闘不能に追い込まれカウント10を取られて敗北。
必死に修行をしても戸愚呂弟に追いつけない事や、飛影にも敵わなかったことで心が折れ飛影に対して殺せと言うが、人に指示されるのが嫌いな飛影に「死にたければ勝手に死ね」と断られる。
その後原作版では戸愚呂弟の試合とその最期を見届け、アニメ版では登場無し。
暗黒武術大会以降どうなったかは不明。
ちなみに飛影と戦って唯一命を落とさなかったキャラクターである。

戸愚呂兄(とぐろあに)

CV : 鈴木勝美

戸愚呂チーム中堅。
50年前の暗黒武術会で戸愚呂弟・幻海と共にゲストチームとして出場。
その頃どのような戦闘スタイルだったかは不明。
優勝報酬として戸愚呂弟と一緒に妖怪に転生した。
戸愚呂弟とは違い、私利私欲で妖怪に転生している。
普段は大人しく弟の肩に乗って移動しているが、他人の死を喜び人の不幸を笑う、饒舌で残忍な性格。
身体を自在に変形する能力を持ち、自らが武器に変化して弟と共に戦うスタイルが得意。
単体でも戦うことが可能で、体の様々な箇所を変形させ、全身から針を出したり、足をドリルにしたり、腕を刀にした。
浦飯チームとの戦いでは桑原と当たり、桑原が幻海の死を知らなかったことを知ると、自らの腕を若かりし頃の幻海に変形させ人形劇のようにして戸愚呂弟と幻海の過去を惨たらしく説明した。
若かりし頃の幻海に対してその容姿と強さに歪んだ恋愛感情を抱いていたが、幻海が老いて醜くなったことや戸愚呂弟に殺された事を嘲笑する。
これには戸愚呂弟からは「悪い癖」と言われ、左京からは「つまらん事を」と言われた。
桑原の剣を警戒し、桑原が鈴木から貰ったアイテム「試しの剣」を奪うが、幻海を馬鹿にしたことで桑原が怒りのパワーアップをする。
桑原に試しの剣を奪い返され、平たく丸い蠅叩きのような形をした巨大霊気棒によって叩き潰され敗北。
しかし幽助と戸愚呂弟の対戦直前に復活し、弟に自らを武器にして使うように言うが、弟に一対一の邪魔をした事や気高く生きた幻海をあざ笑った事で見限られ、高く蹴り上げられた後に殴り飛ばされ、会場外の海に落下。
元々弟は兄の品性の無さや下劣な所に苛立ちを持っており、共に武道のために魂を売った者同志としながらも「品性まで売った覚えはない」と吐き捨てた。
暗黒武術大会での出番はこれで終わりであるが、その後海を漂い続け頭部を半分ほど復元し、大会後に首くくり島の海岸に漂着。
悪さと強さを持った者にしか感知できない電波を出し、それをキャッチして現れた仙水に幽助たちの事を話し、その後仙水の家の水槽で飼われる。
全身が再生しきる前に巻原に食われ取り込まれてしまうが、逆に巻原を内側から侵食して行き体を乗っ取った。
巻原の食った相手の力を自分の物に出来る能力「美食家(グルメ)」を使い、室田を捕食して「 盗聴(タッピング)」を習得。
巻原のフリをして入魔洞窟内で幽助たちを待ち、盗聴の能力で天沼を死に追いやざるを得なかった事で仙水一味への怒りが収まらない蔵馬を挑発。
その下衆な態度や妖気から蔵馬に正体を見破られたことで、正体を現して幽助たちに自分が生き残った経緯を話す。
しかし蔵馬によって巻原の体に邪念樹の種を植え付けられ、永遠に死ぬことの無い蔵馬の幻影と戦う生き地獄に落とされた。

戸愚呂弟(とぐろおとうと)

CV : 玄田哲章

戸愚呂チーム副将(実質大将)。
過去の暗黒武術大会に出て報酬で妖怪に転生し、肉体操作で筋肉の量を自在にコントロール能力を持つB級妖怪。
筋肉量を10%・20%…と上げることができ、最大が100%、さらに限界を超えた100%中の100%まで出すことが出来る。
80%以上で弱い妖怪は妖気のみで殺すことができ、100%になると指を弾いた風圧だけで強力な威力の攻撃になる。
%を増やすことでエネルギーを消耗するが、周囲から生命エネルギーを吸収し補う。
100%から先は禍々しい姿になり、100%中の100%は周囲の妖怪の生命エネルギーを食い、中級妖怪も妖気だけで消滅させてしまう。
戸愚呂兄とは血縁関係はなく、基本的に「戸愚呂」とだけ書かれた時は戸愚呂弟の方を指す。
ストイックな性格で、純粋に武術を好み、戦いを邪魔をするものや武術を汚すものを嫌う。
戦い以外では他人を気遣う紳士的なところもあり、ユーモラスなジョークを言う事もある。
喫煙はするがお酒は飲めず、オレンジジュースと烏龍茶を好む。
度が過ぎる程に信念が強く、純粋な強さを求める探求者でもあり、そのカリスマ性に幽助も本心では憧れていた。
初登場は垂金編で、垂金に雇われ兄と共に雪菜を泣かす役割をし、雪菜を助けに来た幽助たちと戦う。
しかし本当の雇い主は左京であり、20%の力で幽助・桑原と戦いにわざと負け、左京の指示で垂金を殺害。
その後幽助の元に暗黒武術会の事を告げに現れ、60%の力を見せて幽助を恐怖させた。
元々は幻海と共に修行をする格闘家であったが、50年前に暗黒武術会のゲストとして招かれ、それを告げに来た妖怪「潰煉」に弟子と仲間を殺されてしまう。
潰煉は優勝候補ナンバーワンとされ、当時の幻海を持ってしてもどうすることも出来なかった程の強さであった。
自分が最強だと思っていた戸愚呂は弟子と仲間を救えなかった事にショックを受け、復讐の鬼となって大会に出場。
決勝で潰煉を倒し、優勝報酬で戸愚呂兄と共に妖怪に転生。
幻海と残りのチームメイト二人に止められるが、聞く耳を持たなかった。
しかし潰煉を殺しても弟子達を救えなかった罪の意識は消えず、自分を責め続け、力を求めて進み続ける自分を止めてくれる者を求めるようになった。
そして幻海の弟子・幽助にその可能性を見出し、幽助の成長を見守りながらも、幻海を殺して幽助を自分と同じステージまで引き上げようとする。
幽助との戦いで、序盤は80%の力で幽助を押していたが、幽助が呪霊錠(霊力の枷)を解いたことで100%の力を出す。
それでもまだ戸愚呂の実力には届かず、どこか危機感の足りない幽助に不満を感じ、観客席にいる螢子に攻撃をあてようとしたり、桑原を殺して(未遂)幽助から本気を引き出そうとする。
桑原が死んだと思いこんだ事による怒りと悲しみでパワーアップした幽助と戦い、100%中の100%まで力を高めていき、激闘の末敗北。
全ての力を出し切り真っ白になって絶命し、自らが止まることを自らが許さず、誰かに倒されることを望んだ人生に終止符を打つ。
100%から先の姿は皮肉にも潰煉と近い造形をしており、その生涯は「守れなかった弟子たちへの償いというよりも、自らに責め苦を与える拷問のような人生」と称された。
死後、格闘家としての功績が称えられ経度の地獄で住むはずだったが、戸愚呂自らの申し出により最も厳しい地獄・冥獄界へ落ちることになった。
幻海とは共に高みを目指した格闘仲間でお互いに恋愛未満の関係あったが、妖怪に転生したことで決別し、50年間会わずにいた。
妖怪になることで老いず弱らずいた自分に対して、老いて弱くなった幻海に対し思うものがあり「強く、美しかったあの時に殺しておくべきだった」と発言。
幻海を口汚く侮辱した戸愚呂兄を粛清するなど、現在も幻海には一定の敬意を持っていた。
冥獄界に行く前に幻海と再会し、幽助が自分と同じ道を歩まないよう頼み、「世話ばかりかけちまったな」とサングラスを外して侘び、冥獄界へと旅立った。

左京(さきょう)

CV : 古田信幸

戸愚呂チーム大将兼オーナー。BBCのメンバー。
至極真っ当な家に生まれ、兄弟は公務員をしているが、左京は「血を見るのが好きな時期があり、あらゆる生物を解剖し、その果てに人間まで解剖するに至ったが、すぐに飽きてしまった」と語るほどの破綻者。
自分の命にも他人の命にも価値を置かず、過去四回自分の命を掛けた事があり、負けても逃げずギャンブラーとしての高い美学を持っている。
初登場は雪菜編で、垂金の雇う妖怪と幽助・桑原どっちが強いか賭け事をし、他のBBCメンバーを味方に付けて垂金を破産に追いやる。
垂金は戸愚呂兄弟を自分が雇っていると思っていたが、実際の雇い主は左京で、左京の指示を受けた戸愚呂兄弟によって垂金は死亡。
その後戸愚呂チームのメンバーとして暗黒武術会に出場し、戦闘の場に現れない5人目となり、浦飯チームとの戦いで初めて戦いの場に登場。
大将という位置であるが、名目のみで自身は戦闘能力を持たない。
浦飯チームの大将は同じく戦えないコエンマであったため、二人の勝負は幽助と戸愚呂弟の勝敗へ命を掛けた勝負になった。
戸愚呂が負けた事で約束を守り、会場を爆破して自ら命を絶った。
優勝した暁には人間界と魔界を繋ぐ界境トンネルを開くことが本来の目的であると明かし、それに反発した運営委員を戸愚呂を使って殺害。
さらに浦飯チームが三回戦で当たった魔性使いチームのオーナー豚尻も、勝負を汚す存在であったため戸愚呂を使って殺害している。
アニメ版では、妖怪に襲われたところを左京が助けた事によって静流と交流があり、心を通わせる描写がある。
特に静流は左京に片想いしており、戸愚呂チーム敗北後は左京からライターを貰い、それを形見として大事に持っている。
生身の人間や弱い妖怪は戸愚呂の妖気によって消滅してしまうが、左京は結界を張る様子もなく生身であるが影響を受けていなかった。
詳細は不明であるが、戸愚呂と左京はビジネス上の付き合いであるものの、お互いに友情らしき感情も抱いてもいた。
一人称は「私」であるが、戸愚呂に自分の半生を語るときだけ「俺」になった。

審判・看護師

小兎(こと)

CV:折笠愛

暗黒武術大会の初代審判・実況。
猫妖怪で、たまに「にゃ」と鳴く。
審判もしながら実況もしており、三回戦以降は審判が樹理になり、小兎は実況に専念。
常に中立の立場で審判・実況し、その中立性故に大会運営委員会の圧力を受ける事もある。
蔵馬VS凍矢戦の後は蔵馬が立ったまま気絶した事から交代を認めるが、運営によって交代は認められず、小兎もリングからつまみ出された。
幽助VS陣戦では、小兎の場外のカウント開始が遅かったという言い掛かりに近い判断をされ、試合は引き分けになる。
審判を気遣わない選手もいるためリング上は危険であるが、死にそうになろうとも果敢にリング上で審判・実況をする。
その一方で感情的になることもたまにあり、私的な野次を入れたり、むくれたりなどもする。
魔界統一トーナメント編で再登場し、アナウンサーを務めた。
その後、樹里・瑠架と三人でアイドルユニット「カルト」を組んで、人間界に進出。
妖怪設定のアイドルとしてラジオ出演などをしていた。
その際に片想いしてる相手がいると話し、相手は凍矢であった。

樹里(じゅり)

CV:遠藤勝代

暗黒武術大会の二代目審判・実況。
準決勝から審判として登場。小兎と比べるとやや臆病。
小兎と違い全てのルールを把握できてないようで、覆面戦士と死々若丸の対戦時に覆面の中の人間が違う事が発覚した際にはルールブックを読み上げた。
しかし審判能力は正確で、蔵馬と鴉戦では蔵馬のカウント10を正確にカウントし、鴉が勝利であると審判した。
蔵馬VS浦々島戦では裏浦島の逆玉手箱の煙を浴び幼女化し、アニメ版では魔法少女のような演出で元の姿に戻った。
アニメ版では実家が林檎農園で、上京してきたという設定があり、窮地に陥ると東北訛りが入る。
魔界統一トーナメントでは魔界のどこかのバーでウエイトレスをしている後姿で登場。
その後、小兎・瑠架と三人でアイドルユニット「カルト」を結成。
妖怪設定のアイドルとして人間界に進出し、ラジオ番組に出た。
その際に片想いの相手が居ると告白し、相手は美しい魔闘家鈴木であった。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents