幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

周(しゅう)

CV:伊藤栄次

雷禅の喧嘩仲間。
メタル族で、体が銀色に発光してる。
痩傑とは久しぶりの対決と成、「金物臭いチビ」と言われた。

才蔵(さいぞう)

雷禅の喧嘩仲間。
本編で活躍するシーンンはないが、トーナメントを準決勝まで進み煙鬼に敗北。
トーナメントの準優勝者という実力者。

鉄山(てつざん)

雷禅の喧嘩仲間。
本編で活躍するシーンンはない。
二回戦で才蔵に敗北。

電鳳(でんほう)

雷禅の喧嘩仲間。
本編で活躍するシーンンはない。

その他

流石(さすが)

CV:かないみか

友達と和気藹々と魔界統一トーナメントに参加。
一回戦で鈴駒と当たり、原作では戦う前から鈴駒を魅了し、アニメ・原作共に鈴駒に勝利。
その後鈴駒に惚れられて追いかけまわされ、後に彼女になった。
どのように戦うのかなどは描かれなかった。

食脱医師の女

CV:土井美加

700年前に雷禅が人間界で出会った食脱医師(くだくすし)の女性。
食脱医師とは病気で死んだ人を食し、免疫を付けた血液を売る医師。架空の職業。
密教の術者であったが雷禅に力では敵わないものの、態度で圧倒し、雷禅に惚れられ一晩関係を持つ。
その後子供を生んで亡くなった。
雷禅は彼女と再会の約束はしなかったが、もう一度会うまで人間は食べないと決め、700年絶食していた。
幽助の遺伝子上の母親。

蔵馬の放った刺客

CV:伊藤栄次

1000年ほど前に妖狐蔵馬が黄泉を見限り、放った刺客。
当時の黄泉よりも高い戦闘力を持ち、黄泉を襲撃して視力を奪う。
しかし黄泉の反撃によって深手を負い、「報酬よりも命が大事」と言い残して逃走。
黄泉が三大妖怪と呼ばれるようになった後に黄泉に捕縛される。
両目を縫い付けられ、拷問を受けたのか辛うじて生きている状態で幽閉されていた。
黄泉は幽閉した刺客と蔵馬を対面させ、殺して欲しいと懇願する刺客に応え、最期の質問として誰に依頼されたのかと問う。
刺客は「銀髪の妖狐、恐ろしく冷たい目をした男」と答え、黄泉に頭を踏み潰されて死亡。
原作では黄泉の感情は描かれず淡々と殺されたが、アニメ版では刺客は蔵馬の名前をはっきりと出し、感情を隠せないほど激昂した黄泉に殺された。
黄泉は蔵馬に対してわだかまりがあるものの、視覚を失ったからこそ当時の自分を省みることができ、今の自分がいるとも思っている。

『幽☆遊☆白書』の世界観

人間界

人間の住む世界。
一般人は霊界や魔界の存在を知らず、妖怪も見えない。
人間界と魔界は普段は行き来できず、時折出来る二つの世界を繋ぐ小さな穴から妖怪が出入りする事がある。
幻海・仙水などの強力な霊力を持った者は霊界側から接触を受け、人間を襲う妖怪退治をすることがある。
S級妖怪など大きな力を持った妖怪ほど人間界に出入りできないようになっているが、昔は二つの世界に垣根はなくアニメ版では全盛期の雷禅が人間界で幽助の遺伝子上の母と出会った。

魔界

妖怪が住む世界。
妖怪にはランクがあり、底辺からE・D・C・B・A級、最も強いのがS級。
ランクの決め方に明確なルールはなく、S級は霊界が手出しできない存在とされ、強さはピン切り。
人間界と魔界の間には霊界によって結界が作られており、この結果はA級以上にしか反応しない。
B・C級は結界の隙間から人間界に侵入でき、D・E級は結界を素通りできる。
A級以上で魔族大隔世を行う事ができ、人間の宗教の神や悪魔などとされている者もいる。
B級以上で知性を持つ妖怪が増えると言われている。
魔界は広大な世界でできており、世界全体が瘴気で満たされている。
人間がこの瘴気を吸うと死に至るが、即死するわけではなく、肺を浄化すれば助かる。
魔界は無限に続く地下ビルのような構造をしており、霊界が把握できているのは地下一階まで。
地下へ行くほど強い妖怪が住んでいる。

霊界

人間が死後に行く世界。
閻魔大王をリーダーに、死んだ人間が天国へ行くべきか地獄へ行くべきか裁判する。
しかし霊界の住人にも人間の魂が最後にどうなるのかは把握していない。
エンマ大王が不在の際には息子のコエンマが代理となって裁判を行う。
人間を妖怪から守り、悪さする妖怪を捕まえるという役割も担っている。
しかし後にこれは人間への親切心や世界の均衡を守るためと言ったことではなく、人間界における霊界と魔界との領土問題のためであった。
エンマ大王は妖怪が人間を襲った事件の水増しを行い、人間界で暴れる妖怪を捕まえ霊界の正当性を強調する工作・改竄を行っていた。
これにより霊界は魔界よりも優位に立とうとしていた。
エンマ大王がコエンマによって告発されたことと、魔界統一トーナメントの優勝者の煙鬼が作った和平ルールもあり、その後水増し工作は無くなった。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents