幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

CV:小関一

魔性使いチーム中堅。霧使い。
チームで一番体格が良く肉弾戦を得意としているが、パンチの威力は大した事がなく妖力もチーム最弱。
性格は卑怯で、格下(と思っている)相手には尊大で、格上の相手には弱気なため、チームメイトからも不評を買っている。
陣・凍矢・画魔の事を見下す発言をし、吏将にも尊大な態度を取る。
しかし陣が先鋒を投げ出したことを爆拳が諌めた時に陣に睨まれ、陣の威圧に押されていた。
画魔・凍矢と戦い立っているだけでやっとの状態の蔵馬を一方的に屠り、無理やり立たせてカウントを取らせないようにする。
幽助が大会ルールを無視してでも蔵馬を助ける目的で霊玉を撃とうとしたため、蔵馬を場外に放り投げてカウント勝ち。
幽助との戦いでは汗で霧を作る「白煙の霧」を出し、幽助の視界を奪って騙し討ちするが、パンチ力が大したことなかったため幽助にダメージを与えられず。
霊玉で霧を飛ばされ、パンチ一撃で肋骨を折られ戦意喪失し、情けなく命乞いをしたため幽助をさらに怒らせて滅多打ちにされて敗北。
幽助からは霧に隠れて相手を殴るだけの爆拳は、霧を飛ばしてしまう風使いの陣よりもずっと弱いと評価された。
アニメ版では嘘泣きをして幽助を騙し、瓦礫で殴りつけるなどさらに救いようのない行動を取るが、幽助には一切きかなかった。
試合後の再登場はないが、鈴木と同じ病室に全身包帯姿の大男がおり、爆拳だと思われる。

陣(じん)

CV : 山口勝平

魔性使いチーム副将。
空を飛ぶ・風圧を発射するなど風を操る能力を持つ。東北訛りで喋る。
マイペースで飄々とした明るい性格で、正々堂々と純粋に楽しく戦うことを好む。
人から指図される事や卑劣な事を嫌い、チームメイトであるが爆拳の事を嫌っていた。
本来は先鋒であったが、豚尻の卑怯なやり方に白けて先鋒を放棄。
その際に爆拳から戦えと指図されるが、爆拳を睨みつけて威圧。
爆拳と戦ったことで幽助は怒りの感情に捕らわれていたが、試合始まりに自身が爆拳を嫌っている事を話し幽助が爆拳をぶっ飛ばしてくれてスッキリしたと耳打ちし、幽助を笑わせ場の空気を和ませた。
試合開始と同時に上空に飛び、綺麗な人間界の空を楽しみ、これを自分の物にするために戦うことを宣言した。
必殺技は腕を高速回転させて竜巻を腕に纏わせる「修羅旋風拳(しゅらせんぷうけん)」。
さらに、強風で攻撃の起動を変える防御技「爆風障壁(ばくふうしょうへき)」がある。
幽助の霊玉を爆風障壁で無効化し、幽助と互角の戦いを繰り広げる。
奥の手である両手での修羅旋風拳を使うが、霊力を全開にした幽助に両手とも防がれ霊光弾を腹に喰らい、客席まで飛ばされ力尽きて敗北。
敗北の瞬間には勝負が楽しかったのか、笑顔で幽助の強さを称えて気絶。
幽助が勝利したかのように思えたが、豚尻と吏将の陰謀により審判・小兎のカウントが遅れていたという理由で引き分けにされる。
試合後は、鈴駒・酎・凍矢と共に再登場し、戸愚呂戦を観覧。
魔界統一トーナメント編では、蔵馬の誘いを受けて幻海の元で修行し、S級妖怪まで成長。
原作では予選を勝ち抜くが、本選で何処まで行ったのかは不明。
アニメでは必殺技が「修羅電撃旋風拳(しゅらでんげきせんぷうけん)」にグレードアップ。本選1回戦で「痩傑」に敗北。
瑠架から片想いされており、理由は「オクテっぽい」とのこと。陣本人は気づいていない。

吏将(りしょう)

CV:田原アルノ /曽我部和恭(ナムコ版ゲーム)

魔性使いチームの大将。土使い。
勝つためなら卑怯な手段を厭わない性格。
豚尻に入れ知恵して陣と幽助の戦いを引き分けにした。
浦飯チームに戦えるメンバーが幽助と蔵馬のみだったため、そのまま勝利しようとしたが、怪我人である桑原が立ち上がり吏将と戦う事になった。
しかし桑原は霊剣も出せない程の満身創痍であったため、吏将が優位の戦いとなる。
必殺技「修羅念土闘衣(しゅらねんどとうい)」で土を身に纏い、その状態のまま「ボンバータックル」で全力タックルする。
硬い土を身に纏うため攻守両方に優れており、卑怯な手段をとるが戦闘力は実力者。
だが桑原の高い耐久力に戸惑い、なかなか桑原を倒しきることが出来ないでいたところ、雪菜が応援に現れたため桑原が愛のパワーでパワーアップし、その勢いで客席まで殴り飛ばされ敗北。
アニメ版では霊力が回復した桑原の霊剣で鎧を斬られ、客席まで吹っ飛ばされて気絶。
格下扱いしていた上に重傷を負っていた桑原に負けた事がショックであったようで、試合後は鈴木と同じ病室でうなされていた。

裏御伽チーム

浦飯チームの準決勝の相手。
御伽噺の主人公などの名前を捩った名前のキャラクターが登場。
実態は大将の怨爺(美しい魔闘家鈴木)と死々若丸が妖怪、後のメンバーは幻魔獣であった。
戦い方は、名前が書かれたサイコロを振り、出た目に書かれている選手が対戦。
自由の目が出た場合は選手を自由に選べるというもの。
試合開始時、幽助は霊光波動拳の修行をしていて出場できず、覆面戦士(幻海)は遅れてきた。
幽助の目が出たときには飛影が闘うと宣言し、死々若丸がこれを承諾。
一回戦は飛影と魔金太郎が戦い、飛影の勝利。
二回戦は飛影と黒桃太郎が戦い、飛影が勝利。飛影は自由の目によって出場。
三回戦は蔵馬と黒桃太郎が戦い、蔵馬が勝利。
四回戦は桑原と死々若丸が戦い、死々若丸が勝利。桑原は自由の目によって出場。
五回戦は幻海と死々若丸が戦い、幻海の勝利。死々若丸は自由の目によって出場。
六回戦は桑原と怨爺が戦い、怨爺が勝利。
七回戦は怨爺(鈴木)と幻海が戦い、幻海が勝利。
裏御伽チームが全滅したため、浦飯チームの勝利となった。

死々若丸と美しい魔闘家鈴木は試合後も再登場し、魔界統一トーナメントでも再登場。

魔金太郎(まきんたろう)

CV:宇垣秀成

裏御伽チームの先鋒。
必殺技は腕を斧のように変形させて攻撃する「魔唆狩拳」。
浦飯チームとの試合で飛影と当たり、飛影の速さについていけず、片腕を切り落とされる。
そして気づかないうちに頭に乗っていた飛影に脳天を剣で串刺しにされ死亡。
魔金太郎本人は活躍が無いまま瞬殺されてしまうが、この戦いの中で出た飛影の「残像だ」という台詞は本作の中でも有名な台詞の一つ。
敗北後、遺体は次鋒の黒桃太郎に蹴り飛ばされる。
死々若丸曰く、魔金太郎と黒桃太郎はチームの捨石に過ぎない。

黒桃太郎(くろももたろう)

CV:青森伸

裏御伽チーム次鋒。
仲間意識が低く、ガラが悪い。
敗北した魔金太郎の遺体を場外へ蹴り飛ばした。
受けたダメージで相手の攻撃力を記憶する能力を持つ。
闇アイテム「奇美団子」を使い、ダメージを回復し、その攻撃に耐える変身「武獣装甲」をする。
浦飯チームとの戦いでは飛影と戦い、飛影が黒龍波を使えないため、あえて飛影の攻撃を受けてパワーアップを重ね、飛影のスピードを上回る。
しかし飛影が捨て身で出した隠し技「邪王炎殺剣」によって死亡。

裏浦島(うらうらしま)

CV:二又一成

裏御伽チームの中堅。
釣竿状の鞭を操る。
リング上に結界師・瑠架と同程度の結界を張ることが出来る。
浦飯チームとの戦いでは蔵馬と戦う。
人が良さそうな素振りをし、蔵馬に本当は戦いたくないと言って油断させ、騙し討ちを行った。
本当は自分より背が高くてルックスが良い人が大嫌いで、蔵馬がまさにそれに当たる。
リング上に結界を張り、闇アイテム「逆玉手箱」の煙がリング上にだけ充満するようにし、蔵馬を若返らせる。
これは無抵抗な赤子にして倒すためであったが、胎児以前まで戻したため蔵馬の前世である「妖狐蔵馬」にまで戻してしまう。
浦々島は妖狐蔵馬の存在は初めから知っていたが、蔵馬と同一人物で、ましてや蔵馬の前世だった事は知らなかった。
怒った状態の妖狐蔵馬に食妖植物を召喚されてしまい、恐怖から自分が知っているチームメイトたちの事を話す。
しかし裏浦島を見限った死々若丸の剣・魔哭鳴斬剣が結界を破り飛んできて、裏浦島は首を貫かれ死亡。
浦々島は元々は幻魔獣だったようで、遺体は猪のような姿になっていた。

死々若丸(ししわかまる)

CV:森川智之

裏御伽チームの副将で、リーダー格。
妖力・実力共にチーム最強。
美形であるため女性妖怪のファンが多く、会場にも死々若丸のファンが応援に来ていた。
なお死々若丸のファンの一人は蔵馬にも興味があるようであった。
女性妖怪のファンからの愛称は「若様」、仲間は「死々若」と呼ぶ。
暴力は悪にのみ許されたものとし、正義を嫌っている。
毒舌で斜に構えた性格で、美しいものは好きだが、醜いものは嫌い。
逆上すると鬼の様な顔になり、虐殺や暴力などを好む。
持っている闇アイテムは、包んだ相手をどこかに飛ばす「死出の羽衣」、武器の妖刀「魔哭鳴斬剣」。
必殺技は魔哭鳴斬剣で怨霊を飛び交わせる「爆吐髑触葬(ばくとどくしょくそう)」で、観客にも被害が出る。
他にも、怨霊で壁を作り出す「怨呼障縛壁(おんこしょうばくへき)」で、相手を壁に閉じ込める。
浦飯チームとの戦いでは、初めに桑原と当たるが、桑原を死出の羽衣でどこかに飛ばし一瞬で勝利。
飛ばした場所は死々若丸本人にも分からず、どこかろくでもないところに飛んだと言っていたが、桑原は首くくり島にある以前の闘技場に飛ばされており幸運にも割と近場であった。
その後覆面戦士と戦うが、以前会場で見せた若い姿の女性(若い幻海)ではなく、老いた老婆(現在の幻海)が出てきたことで別の選手を出したとひと悶着ある。
試合を見ていた戸愚呂弟がマイクを使って幻海は相手の気を吸う事で若返るという説明をしたため、戦いは続行。
幻海を自分の嫌う正義のものと認識していた死々若丸は、幻海と嬉々として戦うが、幻海の霊光鏡反衝で爆吐髑触葬の妖気を跳ね返されて敗北。
妖気を跳ね返した事で幻海は若返った姿になり、且つ幻海が自分は正義の者のつもりはなく嫌いな奴がたまたま悪党が多いだけと言った事などから、死々若丸は「その姿のお前なら惚れてたかもな…」と言って倒れた。
魔界統一トーナメントで再登場し、蔵馬の誘いを受けて幻海の元で修行をし、S級妖怪まで成長。
本来の姿はイケメンな人間の近い姿では無いのか、小さい2~3頭身の小鬼のような姿を披露。
他メンバー(酎・鈴駒・陣・凍矢・鈴木)が幽助に好意的な態度を取る中、一人だけ悪態を付くなどの協調性の無さが伺える。
原作では予選を勝ち抜き本選へ進出し、その後どこまで行ったか不明。
アニメでは「新魔哭鳴斬剣」と奥義「戒髑触波斬(かいどくしょくはざん)」を習得し、本選へ出場するが、対戦相手の「北神」相手にギブアップ。

美しい魔闘家鈴木(うつくしいまとうか すずき)/ 怨爺(おんじい)

CV:曽我部和恭(2007年ゲーム:速水奨)/田口昂

裏御伽チームの大将・参謀。
チームメイトが使っていた闇アイテムの製作者。
初めは「怨爺」という老人の姿をしていたが、本来の姿はピエロの格好をした千の顔と千の技を持つ男「美しい魔闘家鈴木」。
浦飯チームとは、闘技場まで帰ってきたての桑原と怨爺の姿のまま戦い、死出の羽衣をブラックホール状に再現し、死々若丸同様桑原をどこかに飛ばした。
その後幻海との戦いになり、幻海に変装を見破られたため鈴木の姿になる。
正体を現してからはナルシストで派手好きの狂気じみた性格になり、美しいものだけが生きる権利があるという美学を持ち、優勝した暁には自分に従う美しい物だけに生きる権利を与えると豪語した。
必殺技は七色の妖気を放つ「レインボーサイクロン」と、戸愚呂が使う筋肉操作をコピーした「爆肉鋼体」。
しかしどの技も幻海に全く通用せず、幻海に顔面の原型を留めないほど殴りつけられ敗北。
幻海からは「死々若丸の方が強い」と評価され、飛影・蔵馬・戸愚呂からも「話にならない」「弱すぎる」「バカが」と散々な評価を受けた。
幻海は試合中に鈴木の鼻飾りを奪い、鼻の形から案外素顔の方が整っているのではないかと鈴木を挑発。
負かして素顔を見てやろうと思っていたが、滅茶苦茶に殴ってしまったためその場で素顔は暴かれなかった。
試合後、素顔で登場し蔵馬と桑原に自分が作った試作品のアイテムを渡す。
鈴木は以前「強い妖戦士田中」と言う名前で活動していたが、戸愚呂との戦いで戸愚呂の30%の力に手も足も出ず醜態を晒し、戸愚呂に相手にもされなかったという過去を持つ。
そのため打倒戸愚呂弟という目標で大会に出場しており、その志をこれから戸愚呂チームと戦う事になる浦飯チームに託した。
ちなみに素顔はなかなか整った顔立ちをしており、本作の中でもイケメンの部類に入る。
魔界統一トーナメント編では、蔵馬の誘いを受けて幻海の元で修行し、S級妖怪にまで成長。
以前のような狂気のナルシストではなく、真面目な性格になり、死々若丸の保護者のような役割をしている。
原作では予選を勝ち抜いた後本選へ出るが、どこまで行ったか不明。
アニメでは新必殺技「レインボーサイクロン・エクストラフラッシュ」を使い予選を勝ち抜くが、本選で敗退。
具体的に誰に負けたのかは不明であるが、凍矢曰く妖気が一桁違う相手に負けたとのこと。
樹理に片想いされており、樹理曰く「自分で気付いてないみたいだけど、かなりボケてる」「例えるなら顔のいい山崎さん(山崎邦正及び、月亭方正の事)」。
動揺すると劇画タッチになって固まるシーンが多く、暗黒武術大会で幻海に華飾りを取られた時と、魔界統一トーナメントで死々若丸が相手に飲み込まれた時に劇画になった。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents