幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

瑠架(るか)

CV:鈴鹿千春

結界師。
体に巻きつけた束呪縄という縄を使い、防呪壁能力を持つ。
大会本部の命令を受けて、連戦する浦飯チームのメディカルチェックという名目で飛影と覆面戦士を結界に閉じ込めて拘束。
豚尻の仕組んだ裏工作であったが、二人は実際に前の試合でかなりのダメージを受けており、結界内ではそこに居るだけで治癒効果があるため飛影は右腕を治癒されていく。
しかし瑠架の予想以上に飛影の回復が早かったため、瑠架は次第に飛影の力に押されていく。
幽助・陣の試合が引き分けだった事での飛影の怒りで結界の限界を感じて本部に抗議し、桑原・吏将の試合が終わり漸く役目を終え、やっとの思いでその場から退散。
アニメ版では飛影の力に押され体を覆う縄が一本一本切れていく演出をし、試合よりもそちらに夢中だった男性観客からは飛影の更なる活躍を期待された。
その後は医務室で活動し、絶対安静の鈴木の外出を咎めた。アニメ版では試合後の登場は無し。
魔界統一トーナメントが終わった後に小兎・樹里の三人でアイドルユニット「カルト」を結成。
妖怪設定のアイドルとして人間界に進出し、ラジオ番組に出演。
その際に片想いの相手が居る事を告白し、相手は陣であった。

『幽☆遊☆白書』魔界の扉編 (仙水編)の主な登場人物・キャラクター

蟲寄市の住人

城戸亜沙斗(きど あさと)

CV:子安武人

蟲寄市の中学三年生。幽助・桑原と同い年。
能力は「影(シャドー)」。
城戸に影を踏まれた対象者は動けなくなるが、城戸は影を踏んでいる間も自由に動ける。
そのため至近距離で一方的に攻撃をする事も出来る強力な能力。
幻海の指示を受けて、幽助たちを試すために能力を行使して勝負を仕掛ける。
暗黒武術会に出た事で自身をつけていた幽助の影を踏み、幽助を追い詰めた。
その後幽助たちと共に仙水一味との戦いに参加。
神谷の病院では神谷の能力によって動きを封じられ、手首を切られてじわじわ出血多量で殺されそうになるも、自らの影だけでを動かし幽助に神谷が能力者であることを伝えた。
このことで力使いすぎてしまい、仙水一味が倒されるまで入院することになった。
事件後は幽助たちや海藤たちと別れ、元の生活に戻っていった。
アニメ版では幻海に能力を使わないように釘を刺され、その言葉に素直に従い能力を使わずに生活をした。
魔界統一後は彼女に映画デートをすっぽかされるも、きっと何かそうせざるを得ない事情があったんだと一人で納得し、彼女に確認せずに映画を見ていた。
初めはわざと幽助たちに高圧的であったが、本来は幽助たちには好意的。
影踏み鬼をして鬼ばかりやらされてた事が、能力に目覚める発端となった。

海藤優(かいとう ゆう)

CV:二又一成

蟲寄市の高校二年生。
能力は「禁句(タブー)」。
「○○を言ってはならない」というルールを作り、海藤のテリトリーに入ったものに禁句を言ってはならないというルールを科す。
ルールを破ったものはその場で魂が抜かれてしまう。
禁句には単語的な意味は無く、前後の文字の組み合わせでも禁句ワードとして適用される。
例えば禁句が「あつい」なら、「熱い」「厚い」などの意味を持つ言葉だけではなく「ああ」「ついでに」という文章での前後の繋がりでも禁句扱いとなる。
時間経過でさらにルールを作ることも可能で、テリトリーの最大半径は10メートル。出入り自由。
自分が禁句を言ってしまった場合は自分の魂が抜かれた状態でテリトリーが解除され、海藤は自分の魂を自分で体に戻す事ができない。
過去に試しに自分で禁句ワードを言い魂が抜けて戻らなくなってしまい、城戸と柳沢が幻海のところに相談しに行き、三人はここから幻海と知り合う事になった。
高校は盟王高校2-C組で蔵馬と同級生。
蔵馬と成績1位2位を争うほど優秀な頭脳の持ち主で、蔵馬曰く「盟王高校始まって以来の秀才」。
しかし総合テストでは蔵馬に勝つことができず、仙水一味との戦いで知り合う前から蔵馬を強烈にライバル視していた。
幻海からの指示で幽助たちを試すために、蔵馬・桑原・飛影・ぼたんと時間制限のある禁句ワードの戦いをする。
ルールを把握していなかった飛影は真っ先に禁句を言ってしまい、桑原は禁句の「あつい」を「ああ」「ついでに」と言ってしまい、ぼたんは「あついなんて言わなかったのに」と反論し、魂を抜かれてしまう。
その後蔵馬と一対一の勝負となり、一定時間経過するたびに禁句を増やしていき、時間切れ直前に蔵馬が面白い顔をしたため笑って禁句を言ってしまい敗北。
このシーンの蔵馬は背後からの描写で描かれ、具体的にどのような顔をしていたのかは不明。
しかし真面目な海藤が真剣勝負の最中に爆笑してしまう程の威力であった。
仙水一味との戦いでは、ゲームで勝負する能力「遊熟者(ゲームマスター)」を持つ天沼との戦いで活躍。
前座のゲー魔人をゲームで負かして一勝、さらに柳沢に自分をコピーさせて戦い一勝。
ゲー魔王役の天沼とクイズ勝負をするが、天沼が全てのクイズパターンを覚えていたため敗北。
初めは蔵馬をライバル視していたが、禁句勝負した事で打ち解け、その後も付き合いのある友達になっている。
蔵馬の正体を知ってもこれまで通り人間の名前である「南野」と呼ぶ。
魔界編では成績で蔵馬に勝つことが出来たが、蔵馬が面倒ごとに巻き込まれて勉強が疎かになったのではないかと心配し、事情を聞いていた。
魔界統一後は頭の良さや文章力を生かして作家になり、海藤の部屋に出入りする文芸仲間の女性がいる事が発覚。

柳沢光成(やなぎさわ みつなり)

CV:真殿光昭

蟲寄市の高校二年生。
能力は「模写(コピー)」。
触れた相手の見た目・声・指紋・能力・記憶・気紋(人間や妖怪にあり指紋のように一人一人違う気の紋)をコピーし、限りなく対象者そのものになる。
強い衝撃・アニメ版では霊力を帯びた攻撃を受けると元に戻ってしまう。
また服装まではコピーできないため、自分で着替える必要がある。
幻海の指示で幽助たちを試した時には城戸・海藤の補佐をし、桑原に変身して幽助を惑わせた。
神谷戦では神谷のウィルスに感染しながらも、看護婦をコピーして神谷に近づき持っていた液体をかけて神谷を負傷させた。
天沼戦ではゲームが得意な海藤をコピーして戦い一勝を得る。アニメ版では幽助がアクションゲームをするオリジナル展開になり、活躍が無かった。
魔界統一後は、同級生の高松さんに片想いしていたが結局告白はせず、幼馴染と思われるボーイッシュな美少女と10年後に結婚。
小さい頃から物真似が得意で、親や教師などの身近な人間の形態模写をやって怒られていた。
変身願望の強さが能力が目覚めるきっかけになった。

室田繁(むろた しげる)

CV:福田信昭

ボクサー志望の男性。
能力は「盗聴(タッピング)」。
半径20メートル圏内にいる人間の心を読む事が出来る。
幽助たちは仙水一味を探している時に室田に出会い、能力を持っていることから仙水探しに協力させるために勝負を挑む。
室田は盗聴の能力を使って城戸の思考を読み打ち破る。
次に幽助の「右ストレートでぶっ飛ばす」という思考を読んで避けようとするが、幽助の身体能力についていけず、さらに幽助がパンチをすん止めしたにも拘らず風圧で吹っ飛んだ。
その後柳沢の模写で記憶を読み仙水一味と関係ない事が証明され、仙水を探すのに協力させられる。
人ゴミ全員の思考を読みその中から仙水を探し出すが、その思考の恐ろしさを知って怯え、さらに刃霧の能力で放った消しゴムの欠片で頭を撃たれて負傷。
病院に連れて行かれるが、その病院は仙水一味の神谷のいる病院で、神谷の作ったウィルスに感染してしまう。
幽助に負けそうになった神谷がウィルスの解毒剤だと偽ってブドウ糖を渡そうとするが、室田の能力で神谷が嘘をついていることを暴いた。
退院後は幽助一行から離脱するが、巻原に捕食されてしまう。
幽助たちは仙水が待ち構えていた洞窟で、巻原に成り済ましていた戸愚呂兄からその事を聞く。
学生時代に信頼していた友人が自分の悪口を言っていた事から疑心暗鬼になり、猜疑心から盗聴癖を持つようになる。
その事が能力を目覚めさせるきっかけとなった。

仙水一味

仙水 忍(せんすい しのぶ)

CV : 納谷六朗 (学生時 : 石田彰)

元霊界探偵(二代目)で、幽助の先輩。
究極の闘気『聖光気』を操る。実力はS級妖怪と同等。
小さい頃から霊力が強く、そのため妖怪に命を狙われることが多かった。
妖怪を悪・自分を正義の戦士だと思い、霊界探偵として正義感から妖怪を退治してきた。
しかし退治するはずだった妖怪「樹」がテレビ番組を楽しみにしているなど、人間臭い性格だった事で面くらい、樹を殺さずに仲間にした。
その後探偵活動で、当時のBBCが界峡トンネルを作って利用するのを阻止しに行き、そこで妖怪を玩具にする残酷な人間たちの姿を目撃。
その場に居た全ての人間を殺し、人間不信に陥り失踪した。
この影響で多重人格になり、忍(主人格)・ミノル・カズヤ・ジョージ・マコト・ナル・ヒトシの7つの人格を保有する。
主人格の忍は少年のような純粋さを持ち、ミノルはお喋りでプライドが高く、殺人狂のカズヤ、武器商人ジョージ、傷つき易く泣き虫のナル(女性人格)、家事や雑務担当のマコト、動物の世話をするヒトシ、とそれぞれ役目や性格が大きく違う。ナルは樹の前にしか姿を現さない。
しばらく姿をくらましていたが、暗黒武術大会で戸愚呂弟に吹っ飛ばされて海を漂っていた戸愚呂兄の電波をキャッチし、戸愚呂兄を保護。
戸愚呂兄の話から左京や界境トンネルを作ろうとしていたことや幽助の事を知り、界境トンネルの結界を破り人類を死滅させる計画を立てる。
仙水は元々は人間を守る立場だったが、現在は人間を滅ぼす側に立ち、妖怪に憧れるようになっていた。
また界境トンネルの件については7人の人格全てが賛同している。
ミノルが中心となって仲間を集め、仙水一味の中でのコードネームは「暗黒天使(ダークエンジェル)」。
幽助と戦う際にはミノルが主人格のように振舞っていたが、幽助がミノルとカズヤを倒すまで忍は数ヶ月現れていなかった。
忍は聖光気を使うことができ、他の人格よりも戦闘力のレベルが違い、幽助の心臓を攻撃して殺害した。
幽助を倒したことで感情が爆発してパワーアップした桑原が結界を切り、仙水は飛影・蔵馬・桑原と共に魔界へ行き、三人を相手に圧倒。
その後魔族覚醒した幽助と互角に戦うが、幽助が雷禅に意識を取られた後は圧倒され、霊玉で致命傷を負い死亡。
アニメ版では忍・ミノル・カズヤ・4人目の誰かが会話するシーンが描かれ、4人目は「もうやめよう」「本当は人間を愛しているくせに」を訴えていた。
死ぬ間際、本当は悪性の腫瘍によってあと半月の命であり、魔界で死ぬという願望のために魔界へ続く穴を掘ったと明かす。
そして次は妖怪に生まれたいと願い絶命、「死んでも霊界には行きたくない」という遺言を受けた樹によって仙水の遺体は亜空間へ連れて行かれた。
アニメ版では転生の願いではなく、「自分より強い妖怪に殺されること」を願いにしていた。

樹(いつき)

CV:辻谷耕史

「影ノ手」によって次元を移動し、次元に関わる下位の妖怪を使役する「闇撫(やみなで)」という一族。魔界でも珍しい希少種族。
妖怪としてのランクはB級の下位。
影の手を使って対象者をペットの妖怪「裏男」の体内に閉じ込めることができる。
人間界に居た所を仙水に殺されかけるが、死ぬ前にテレビが見たいと言ったため仙水は殺す気を失い、以降仙水のパートナーとして一緒に行動している。
妖怪は悪で人間は正義、戦争は良い国と悪い国が戦っていると思っていた純粋な仙水が、人間の方が醜いと知り変貌を遂げていく様子を静かに見守っていた。
その時の心境は原作では「キャベツ畑やコウノトリを信じている可愛い女のコに、無修正のポルノをつきつける時を想像するような下卑た快感」、アニメ版では「白い半紙を墨で黒く塗り潰す快感」と表現。
仙水に対して歪んだ執着心を持ち、聞かされた蔵馬と桑原は嫌悪感を表していた。
仙水一味としてのコードネームは「門番(ゲートキーパー)」。
仙水と幽助の一対一の対決に邪魔が入らないように、蔵馬たちを裏男の体内に閉じ込めていた。
しかし桑原の次元刀によって切り裂かれ、自身も目にダメージを受け、脱出を許してしまう。
仙水敗北後、霊界に行きたくないと言う仙水の遺言を聞いていたため、仙水の魂が入ったままの遺体を連れ、亜空間に消えていく。
「精神面でゆがんでいるから」という理由で、作者お気に入りのキャラクター。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents