AKB48の選抜総選挙スピーチまとめ

Img20160618akb48sousenkyo7

AKB48選抜総選挙とはAKB48のシングルを歌うメンバーをファンによる人気投票で選ぶイベント。ファンにとってもAKBメンバーにとっても1年を通して最も重要なイベントとなっている。
数々のドラマや名言・名シーンを生んできたAKB48選抜総選挙のスピーチを歴代1位〜10位までをまとめました。

「本当にありがとうございます! いままでで1番いい順位いただきました! 速報で2位にしていただいて、いままできょうを迎えるのが怖かったけど、わくわくもしていた。

私、初めて1位を取りますと宣言しましたが、残念ながら1歩届かなかった。これからはいろんなことから逃げません。総監督のたかみなさんが卒業して、不安なこともあるんですが、横山由依ちゃんが背負いすぎないためにも支えます。本気で頑張っていれば、AKBはもっと上を目指せると思う。

NMBを1年間兼任させていただきました。秋からはNGT48を兼任します。AKBを大きくするためにもNGTを成功させると使命感に燃えています。
満足です。ありがとうございます!」

第3位 渡辺麻友

負けず嫌いな性格なので、日々目の前のことに一生懸命に取り組んでいきたいです。

「去年1位になりまして、常に私は上を目指してきたので、今年の目標は2連覇を掲げていましたが、AKBの歴史で2連覇を成し遂げた方はいませんが、2連覇は実に難しいものだと改めて痛感しました。

悔しい気持ちはありますが、3位という順位をいただき、本当にたくさんの方に応援していただけているとたくさん感じたので、感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。

2連覇はしたいなと言っていましたが、正直厳しいかなと感づいていたのでしょうがないですね。3位という結果ですが、まだまだ現状に満足せず、負けず嫌いな性格なので、日々目の前のことに一生懸命に取り組んでいきたいです。たくさんの応援ありがとうございました。」

第4位 高橋みなみ

努力は必ず報われるとは限らない…そんなの分かってます。でもね、頑張ってる人が報われてほしい。

「私は歌手になりたくて芸能界を目指しました。たくさんオーディションに落ちました。そして受かったのがAKB48でした。歌手になりたいけどアイドルになりました。かわいいとか、アイドルとか、全然分からなくて。どうすれば人気が出るのか、とかも分からなくて。でも、このグループがすごく好きになったから、すごく頑張りたいなって思って。気付いたらキャプテンになって、総監督になっていました。

そして総選挙があって。私なんかが1位になりたいなんて言っちゃいけないなって思いました。グループが好きだからこそグループの先を見ました。『この人がセンターになった方がいいな』『この人が次、1位になったらいいんじゃないか』。自分のことなんてどうでもよかったんですけど、でも、きっとここにいるメンバーみんなが思っていることを私も一緒に思っています。

1位になりたいって言ってみたいな、ってことです。

私は最後の総選挙で初めて1位になりたいと言いました。確かに目標としていた順位に届かなかったし、ここまで呼ばれなかったから1位になろうって思ったけど…でもね、今は本当にすがすがしいです。1位になりたいって言って、ファンの皆さんと一緒に一つの目標に向かって頑張ってこれたことがとてもうれしいです。とっても幸せです。

ここに立ったら何を言おう、とすごく考えていました。何を言うのが正解なのか、最後の総選挙で私はみんなに何を残せるのだろう、と。なので、ここからはぜひメンバーに聞いてもらいたいと思います。

私はメンバーに残したい言葉があります。多分、みんないろんな活動をしていて、悔しいなとか、頑張っても、100頑張っても1ぐらいしか評価されないなって、たくさん矛盾を感じていると思います。でもね、人生っていうのはね、きっと矛盾と戦うものなんだと思います。いろいろ思うことがあると思う。でも、頑張らなきゃいけないときっていうのがあるし、頑張らなきゃいけないときっていうのは一瞬ではないということをみんなに覚えておいてほしいなって思います。

272人、今回立候補しました。呼ばれたのは80人でした。呼ばれなかったメンバーは、では、頑張っていなかったのか。違います。みんな頑張ってます。劇場公演に立ち続け、学業を両立して頑張って、自分のやらなきゃいけないことと一緒に頑張っているんです。でも、ここに立てるのは80人なんです。だからきっと、AKBグループにいればいるほど頑張り方が分からなくなると思います。どう頑張ったら選抜に入れるのか、どう頑張ったらテレビに出れるのか、どう頑張ったら人気が出るのか、みんな悩むと思うんです。

でもね、未来は今なんです。今を頑張らないと未来はないということ。頑張り続けることが難しいことだってすごく分かっています。でも、頑張らないと始まらないんだってことをみんなには忘れないでいてほしいんです。

私は毎年、努力は必ず報われると私 高橋みなみは人生をもって証明します、と言ってきました。努力は必ず報われるとは限らない…そんなの分かってます。でもね、私は思います。頑張ってる人が報われてほしい。だから、みんな目標があると思うし、夢があると思うんだけど、そのね頑張りがいつ報われるかとか、いつ評価されるとか分からないんだよ。分からない道を歩き続けなきゃいけないの。キツいけどさぁ。

でもね、誰も見てないとか思わないでほしいんです。絶対ね、ファンの人は見ててくれる。これだけは私はAKB人生で本当に一番言いきれることです。だから、あきらめないでね。

松村がまさか私の名言を言ってくれるとは思わなかったんですけど…そうねぇ、ネタにされるよね(笑)。きれいごとだもんね。でもね、ことしも卒業してからも言わせてもらいます! 最後なので、まぁよくアコースティックバージョンとかさ、麻里子さまにイジられたりしたんだけど、これが“高橋みなみ総選挙ラストバージョン”です。

皆さん一緒に言ってくれますか?(笑) いきます、せーのっ、努力は必ず報われると、私、高橋みなみはこれからも人生をもって証明します。ありがとうございました!」

第5位 松井珠理奈

私を燃えさせてくれてありがとうございました。

「応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。今年は1位になりたいと口にしてきました。ファンの皆さんも一緒に1位を目指そうねと声をかけてくださって、いつも以上に皆さんと一つになれたことがうれしかったです。

でも、やっぱりまだまだだったのかなって実感しました。前田敦子さんとか大島優子さんとか指原莉乃さんとか渡辺麻友さんからバトンをいただいて、しっかりと守り続けていきたいと思っていました。

私は11歳でSKE48に入って、AKB48とも兼任をさせていただいて、たくさんの先輩たちのすてきな背中を見てきたので、今度は私が背中を見せたいと思っていました。なんて言ったらいいかわからないけれど、恩返しがしたくて。私が不安だったとき、いつも前にすてきな背中がたくさんありました。

私も18歳になって、気がついたら後輩メンバーがたくさんいました。だからそんな後輩メンバーを不安な気持ちにさせないように、私が前に立って安心できる存在になりたいと思っていました。だから、正直言うとすごく悔しいです。でも、今私はすごく燃えています。こんなにも熱くなれることがあるこのグループにいれることが、すごく幸せですし、自分が磨かれているようですごくうれしいです。

だから、来年総選挙があったら1位になりたいです。多分、今日見てくださっている人の中にも「なんで同じグループの中で順位をつけるんだろう」、「なんで総選挙をするの」と思う方もいると思うけれど、私たちにとって総選挙は道しるべだと思います。1人でこれから先を決めるより、順位をつけていただくことで今の自分の位置がわかる気がします。

ここでしっかりともう一度宣言させてください。私、松井珠理奈は来年の総選挙で1位をとりまーす。この瞬間からスタートだと思うので、来年の総選挙も応援よろしくお願いします。皆さん5位という順位をくれて、私を燃えさせてくれてありがとうございました。」

第6位 山本彩

愛であると同時に絆であると思う。

「今日まで応援してくださったみなさん、本当に本当にありがとうございます。1位宣言をしている人が今年はすごい多くって、自分は何位だろうと思って、プレッシャーも大きかったです。でも握手会やSNSのコメントであたたかい言葉をかけてくれるファンの方がいてくれて、こんなに多くの方が支えてくれていると思った。

かつて大島優子さんが「票は愛である」と言っていましたが、私は愛であると同時に絆であると思う。今回、9万票をいただき、ファンの皆さんと愛と絆を深めることができた。感謝の気持ちでいっぱいです、何度も言うんですが本当にありがとうございます。

去年6位をいただいてから、お仕事の幅がすごく広がりました。ギター弾かせてもらったり、アーティストの方とコラボさせてもらったり、本当に私にとって成長できる1年でした。そのおかげで街では声をかけてもらえることも増えました。
うれしい気持ちもあったけど、「AKBの山本彩さんですよね?」って言われたりしたり、いまいち全国的にNMBの知名度はそんなにない現実を痛感した。

私はNMBが本当に大好き。ノリがよくて明るくって、大阪っていうのもあって、とにかく人を楽しませ、自分も楽しむことが大好きなんですよ。そんなグループにいられることを誇りに思うし、たくさんの人に知ってもらい、好きになってもらいたい。最近は新しいメンバーが先頭に立ってきたりしているので、キャプテンでもあるので、若い子の可能性も広げていきたいなって思います。

「僕達は戦わない」というシングルでも悔しいと思ったこともあって。NMBで唯一、16人選抜に入っているのにも関わらず、最後列だったのが悔しいことでもありました。でも最後列でも、見てくださっている方はたくさんいるんだなって、より一層、今日まで頑張ることができました。

将来の夢はシンガー・ソングライターになることです。まだまだ未熟なので努力してスキルアップしていかなきゃと思う。もっと音楽の分野に出て行って活躍して、48グループの枠を広げて、新たな存在になれればいいと思います。これからもファンの方と一緒に大きな夢を追いかけていけたら。ありがとうございました。」

第7位 宮脇咲良

AKB48を壊したいです。

「応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。去年はファンの皆さんから11位という夢への素敵なチケットをもらったと思っています。そのチケットを持って選抜という列車に乗ることが出来ました。その選抜が連れて行ってくれる場所はキラキラ輝いていて夢にあふれていました。でも、選抜は何事も進むスピードがとっても早くて追いついていくのに必死で、先輩たちがキラキラ輝いているのを見て自分の未熟さばかりが目についてしまいました。

すごく悩んでいるはずなのに何に悩んでいるかわからなくて、東京で1人でいることが多くて葛藤する日々が続いていました。でも、今年の総選挙を通して1人で戦っていたんじゃなくて、周りを見ればたくさんのファンの人が私と一緒に戦ってくれていたと実感しました。本当にいつもありがとうございます。

HKT48は姉妹グループとして先輩たちの切り開いてくれた道を歩んでいます。でも、その道を歩んでいるのは楽しいけれど、そろそろ先輩たちに頼ってばっかりではいけないと思います。
『マジすか学園4』のせりふで「道を空けろよ」と言ったのですが、これからは先輩たちが切り開いてくれた道ではなく自分たち自身で切り開いた道を歩みたいと思います。

来年は1位の席に座って誰も見たことがない新しいAKBを作りたいです。まだ駆け出しの私がこんなことを言うのは生意気で失礼だと思いますが、AKB48を壊したいです。先輩たちが作り上げたAKBを壊すのではなく、新しいものをつくるにはまず壊すことから始めないといけないので、これからも今の私に何が足りないか考えながら皆さんと一緒に一歩一歩進んでいきたいです。」

第8位 宮澤佐江

時間はかかりましたが、こうして壁を破ることができてうれしく思っています。

「今年は7回目の総選挙で、初めて自分の中で過去最高の順位を目指したいと発表していただき、その願いが叶いました。いままでの選抜総選挙を大切に思ってきましたが、今年の選抜総選挙はいつも以上にたくさんの愛を感じ、友人、家族のみんなも、応援してくれました。

3年前の夏、上海に行くと決めました。決めた理由の一つが、総選挙でなかなか越えられない壁があると思ったからです。時間はかかりましたが、こうして壁を破ることができてうれしく思っています。2年前、ここで偉そうに後輩にまだパフォーマンスは負けてないと言いましたが、後輩のパワーを感じていて、あんなこと言えないなと思いました。

いま、私が日本でステージに立つことができるのはSKEがいてくれるからです。メンバーのみんなに感謝します。ありがとうございました。」

第9位 島崎遥香

こんなに握手会もできてなくて、アイドルに向いてない私をここまで、この順位まで、あげてくれてる私のファンの皆さんに感謝したいです。

「みんなから、たくさんの人から好かれるタイプじゃないけど…世間の人からも、態度が悪いとか、悪く思われがちになることも多いけど、でも、こうやって、たくさんの票を頂けて、私の事を応援しようと、したいと思ってくれてる人がたくさんいることを、今感じられてありがたいなと
こんなに握手会もできてなくて、アイドルに向いてない私をここまで、この順位まで、あげてくれてる私のファンの皆さんに感謝したいです。

だから、私の事を応援してくれてる皆さんに、これからたくさん恩返しをしていきたいと思っているし、私は今年、このままじゃダメなんだと思っていて、だから、先輩の力を借りつつも、同期である次期総監督の横山由依とともに、後輩を引き連れて、AKBの第2章を作りたいという目標を自分の中に決めていました。
去年より順位は下がってしまったから、こんなこと言うのはどうかと思うんですけど、AKB48のファンのみなさん、どうか私たち世代に力を貸してください(拍手)。もっと、もっと私たちが、前に進めるようにこれからどうかよろしくお願いします。
去年よりかは長いスピーチが出来たと思うので(笑)、ここらへんで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。」

第10位 横山由依

本当に私1人じゃなんにも出来ないんだけど…本当に6万票なんて信じられなくて、本当に本当にありがとうございます。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

指原莉乃(さっしー)の徹底解説まとめ

指原 莉乃(さしはらりの)は、女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーである。また、尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。シングル選抜総選挙では、第5回、第7回、第8回で1位を獲得。キャッチフレーズは「勢いだけはある女 あなたの心の指原クオリティ覚醒!」

Read Article

HKT48(エイチケーティー フォーティーエイト)の徹底解説まとめ

AKB48の姉妹グループであり福岡県を拠点に活動するアイドルグループである。 「指原莉乃」「宮脇咲良」など人気メンバーも多数在籍。 2013年3月20日に1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」でデビューし、いきなりオリコン週間チャートで1位を獲得した。メンバーの大半が九州、山口出身となっており地域に密着しているがその知名度は全国区。 「HKT」は「博多」(HAKATA)からとっている。

Read Article

欅坂46(Keyakizaka46)の徹底解説まとめ

乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として2015年8月21日に誕生し、2016年4月6日「サイレントマジョリティ」でデビューを果たした。 同じ年の紅白歌合戦にも出場し、破竹の勢いで成長しているアイドルグループである。 乃木坂46に引けをとらないルックスと個性を持ちあわせたメンバーが揃っており、デビューして間もないにも関わらず様々な週刊誌の表紙も飾っている。 今後更なる飛躍が期待されている。

Read Article

乃木坂46(Nogizaka46)の徹底解説まとめ

2012年2月22日に1stシングル「ぐるぐるカーテン」デビュー。 2ndシングル「おいでシャンプー」から連続でオリコンチャート1位を獲得し続けた。 AKB48の公式ライバルとして誕生したが、現在は『乃木坂46』という独自のアイドルグループとしての地位を確立している。 新たに3期生を迎えさらに注目度が増しているグループである。

Read Article

シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

ライザップ!体重変化の比較模様まとめ

もはや究極のダイエットといえば「ライザップ!」とも言えるようになってきた、ライザップ。有名俳優や女優はもちろんのこと、あのAKBのメンバーから、ぽっちゃりがイメージだったあの方まで、ライザップの手にかかればダイエットはお手の物。今回は、そんなライザップを通じて体重が激変して、スリム&ムキムキになった方達の比較画像をまとめてみました。

Read Article

【小林よしのり】~UGN(ウラギラナイ)48~よしりんとみるきーの軌跡【渡辺美優紀】

恋愛禁止条項を絶対守る「UGN(ウラギラナイ)48」 ファン公認のAKBヲタ・小林よしのりが選ぶ、絶対にスキャンダルが出ない安全メンバー。 その中でもファンの間で一番不満が出たのが、「釣り師」と名高い渡辺美優紀の選出である。 それでも信じて推し続けたよしりんと、釣り師みるきーによる攻防戦まとめ

Read Article

目次 - Contents