渡辺美優紀(みるきー)の徹底解説まとめ

渡辺美優紀(わたなべみゆき)は、女性アイドルグループNMB48、AKB48、SKE48の元メンバー。
キャッチフレーズは、「みるくとみゆきを混ぜるだけっ♪あっという間に…(みるきー!)奈良県出身、渡辺美優紀です」目標は「日本一のアイドルになること」

人物・特徴

NMB48第1期生オーディションに合格し、研究生となる。翌年チームNの結成に伴い、研究生から正規メンバーに昇格。
総選挙では第3回目から参加し、圏外(第4回) → 14位(第5回) → 6位(第6回) → 6位(第7回) → 不参加(第8回)
ニックネームは「みるきー」で、その小悪魔的な言動から「わるきー」とも呼ばれる。
チャームポイントは、ぷにぷにのほっぺと笑顔。誰にも負けないところは、全身が柔らかいところ。ニコニコ度。NMB48トップクラスのダンス・歌スキルを持つ。
女性らしいキュートなルックスとほんわかとしたキャラクターが特徴的で、握手会での人懐っこい対応や、お風呂に入ることを「ちゃぷちゃぷする」と表現するなど、ファンの心を鷲掴みにする「釣り師」と呼ばれるメンバーの第一人者。グループ随一のアイドル性を持つと言われている。

わるきー

まれに小悪魔的な行動や発言をすることから、ネット上でファンにより「悪いみるきー」からもじって「わるきー」というニックネームが付けられたが、秋元康は「魔性力がある」と評価している。秋元は、ファンから生まれたこの「わるきー」という愛称に面白味を感じ、そのまま「わるきー」という曲を作成。後にみるきーの代表曲となる。

「わるきー」歌詞一部抜粋

甘いため息ひとつ
チラリと見て
おねだりするの
わるきー

筋肉を触らせてよ
どれくらい固いの?
女の子には興味津々
逞(たくま)しさ見てみたいのよ
どんな感じなのか
わくわくしてるわ
上腕二頭筋ってセクシーだね
これを持って!

小悪魔エピソード・逸話

・「渡辺がスタッフに『今日のわたし何点ですか?』って聞いて、『うーん、90点かな』とか答えが返ってくると『え?何点ですか!?』って繰り返して質問して100点って答えが来るまでは離さないんですよ」

・あきんどスシロー応援キャラクターにNMB48が就任。就任記者会見で、何を“つり”たいか聞かれた渡辺は「じゃあ、社長で!」と即答。豊崎社長が顔をほころばせる隣で、渡辺の返しにメンバーは「さすが…」と呆然。

お風呂に入ることを「ちゃぷちゃぷ」と表現するみるきー。ブログで度々発言。

握手会【釣り師みるきー】

握手会における釣り師とは、上目使いで見てきたり、手をぎゅっと握ってきたり、思わせぶりな事を言ってきたり、こちらが推し変してしまいそうな行為を積極的にしてくるメンバーの事を指す。みるきーはその第一人者と呼ばれ、握手会の神対応はファンの間で度々話題に。

握手会参加レポ

『初めましてー背おっきいですね』
「うん、183ある!」
『(口に手を当ててひそひそ話風に)チューするの大変ですね(小悪魔的スマイル)』
「(いきなりの天使さにテンパる)俺かがむから(謎)」
『私は背伸びしたいです(小悪魔スマイル)』
「(さらにテンパる)…」

「みるきーお誕生日&じゃんけん優勝おめでとう!」
『(顔を近づけてきて)ありがと~う』
「みるきー最後グーで勝ってくれたからこのシャツもらえた。ありがとう!」
『(ニコッ)』
『(手招き)』
「ん?何?」
『耳貸して』
「うん(耳を傾ける)」
「(耳元でささやくように)好き」

『ねぇねぇ』
「ん?」
『(超甘えた声で)これ買ってこれ買って~あとこのシールも(さらに握手の手を胸元へ)』
「い…今はお金ないから金入ったら買うな」
『(顔膨らまして)プー!絶対やで』
『あ、これちょうだい』
「ん?」
『このキャッシュカードちょうだい』
「すっからかんやで(笑)」
『そうなん?(笑)』
「だってみるきーに会うために金使ってるんやから」
『あたしのためにお金使ってくれてんねんな。ありがとう』

卒業

卒業発表コメント

「私は、NMB48を卒業します。本当にNMBに入るときよりも卒業することを決めることの方が本当に大決心でした。5年半このステージに立たせてくださった皆さん、本当にありがとうございました。私にとって、とっても素敵な日々でした。そして、すごく幸せでした。やっぱり同期のメンバーが、たくさん卒業していって、見渡すと本当に後輩たちが、キラキラ輝いていて、次世代と呼ばれているNMBのメンバーに“今”を任せたいなと心から思いました。」

メンバーからのコメント

山本彩「みるきーが隣に居たから隣に居たのがみるきーやったから自分らしくいられた。子供みたいな言い方やけど並んだ時は無敵やって、心のどこかで自信さえ持たせてくれた」「この関係性を何て呼んだら良いのかな。名前も付けられへん位本当に本当に特別な存在」

白間美瑠「みるきーに追いつくことは永遠に出来なくなってしまったけれど。いつか、みるきーに『追い越されたなぁ』って言ってもらえるように、気合いを入れて、死ぬ気で、NMB48を、引っ張っていきたい。いや、引っ張っていきます」

市川美織「いつかは、と勘付いてはいたんだけど。。いざ本人の口からその言葉が出てきたら”どうしよう”って不安になって。自分の中で美優紀ちゃんの存在は大きかったんだなって改めて思います」

yuk111
yuk111
@yuk111

Related Articles関連記事

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

【小林よしのり】~UGN(ウラギラナイ)48~よしりんとみるきーの軌跡【渡辺美優紀】

恋愛禁止条項を絶対守る「UGN(ウラギラナイ)48」 ファン公認のAKBヲタ・小林よしのりが選ぶ、絶対にスキャンダルが出ない安全メンバー。 その中でもファンの間で一番不満が出たのが、「釣り師」と名高い渡辺美優紀の選出である。 それでも信じて推し続けたよしりんと、釣り師みるきーによる攻防戦まとめ

Read Article

乃木坂46(Nogizaka46)の徹底解説まとめ

2012年2月22日に1stシングル「ぐるぐるカーテン」デビュー。 2ndシングル「おいでシャンプー」から連続でオリコンチャート1位を獲得し続けた。 AKB48の公式ライバルとして誕生したが、現在は『乃木坂46』という独自のアイドルグループとしての地位を確立している。 新たに3期生を迎えさらに注目度が増しているグループである。

Read Article

HKT48(エイチケーティー フォーティーエイト)の徹底解説まとめ

AKB48の姉妹グループであり福岡県を拠点に活動するアイドルグループである。 「指原莉乃」「宮脇咲良」など人気メンバーも多数在籍。 2013年3月20日に1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」でデビューし、いきなりオリコン週間チャートで1位を獲得した。メンバーの大半が九州、山口出身となっており地域に密着しているがその知名度は全国区。 「HKT」は「博多」(HAKATA)からとっている。

Read Article

欅坂46(Keyakizaka46)の徹底解説まとめ

乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として2015年8月21日に誕生し、2016年4月6日「サイレントマジョリティ」でデビューを果たした。 同じ年の紅白歌合戦にも出場し、破竹の勢いで成長しているアイドルグループである。 乃木坂46に引けをとらないルックスと個性を持ちあわせたメンバーが揃っており、デビューして間もないにも関わらず様々な週刊誌の表紙も飾っている。 今後更なる飛躍が期待されている。

Read Article

指原莉乃(さっしー)の徹底解説まとめ

指原 莉乃(さしはらりの)は、女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーである。また、尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。シングル選抜総選挙では、第5回、第7回、第8回で1位を獲得。キャッチフレーズは「勢いだけはある女 あなたの心の指原クオリティ覚醒!」

Read Article

シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

ライザップ!体重変化の比較模様まとめ

もはや究極のダイエットといえば「ライザップ!」とも言えるようになってきた、ライザップ。有名俳優や女優はもちろんのこと、あのAKBのメンバーから、ぽっちゃりがイメージだったあの方まで、ライザップの手にかかればダイエットはお手の物。今回は、そんなライザップを通じて体重が激変して、スリム&ムキムキになった方達の比較画像をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents