翔んで埼玉(Fly Me to the Saitama)のネタバレ解説まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

『翔んで埼玉』の概要

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。日本では2019年2月22日(金)に公開された。監督は武内英樹で、二階堂ふみとGACKTがダブル主演を務め、他にも京本政樹や伊勢谷友介など多くの豪華俳優が出演している。
原作の漫画が連載中に映画化が決まったことで、映画版のアレンジが加えられている。映画内では二つの世界で分けられており、原作の漫画を元にした伝説世界と、映画版オリジナルの現実世界がある。この二つの世界を行ったり来たりしながらストーリーが展開していく。
伝説世界では、埼玉県民が東京都都民に虐げられながら生活をしている架空の世界で、埼玉解放の実現に向けて主人公達が奮闘する。東京都の名門校である白鵬堂学院が舞台となり、二階堂ふみ演じる生徒会長と、GACKT演じる転校生が衝突し合う中で、恋心が芽生えるというラブロマンス要素を含みながら、他の県や国政をも巻き込み、壮大に展開していく埼玉解放の物語が描かれている。
現実世界では、埼玉県に住んでいる菅原家の娘と東京に勤務する彼氏の結婚が決まり、結納のため菅原家が家族一同で東京都内へ向かう。その道中の自動車内で、カーラジオから伝説世界のストーリーが流れ、それを聞いた一家が埼玉への郷土愛を深めていく。東京都と周辺の県との対立という架空の設定を、豪華俳優陣が本気で演じるというパロディ映画である。

『翔んで埼玉』のあらすじ・ストーリー

出典: ameblo.jp

原作漫画の著者「魔夜峰央」が登場する。

映画の導入部分で、原作漫画作者の魔夜峰央が登場し、パロディ映画であることのフリが入れられる。続いて埼玉県が武蔵野国であった時代まで遡り、廃藩置県によって東京都と分けられる不遇な成り立ちが説明される。

出典: blog.livedoor.jp

菅原家が自家用車に乗り東京都内へ向かう。

物語は埼玉県在住の菅原家が、娘(菅原愛海)の結納を行うために、自家用車で東京へ向かうところから始まる。東京で働いている婚約者と結婚することで東京都民になることを愛海は夢見ており、埼玉民としてのプライドを持つ愛海の父(菅原好海)は、そのことを良く思っておらず、愛海との言い合いの末「帰る」と言い出す。そのタイミングでラジオから、埼玉に関する都市伝説と題したラジオドラマが始まり、伝説世界の話へと展開していく。

出典: news.nicovideo.jp

白鵬堂学院の生徒会長を務める檀ノ浦百美(左)と海外からの転入生である麻実麗(右)

伝説世界の舞台は、19XX年の東京。埼玉県民が東京都へ入るためには通行手形が必要であり、埼玉県民は虐げられた生活を送っている世界である。東京都内の白鵬堂学院は都内屈指の名門校で、東京都知事を代々輩出していた。白鵬堂学院の生徒会長を檀ノ浦百美が務めており、学院内の実権を握っていた。
ある日、海外から麻実麗という容姿端麗で都会的な物腰を身に着けた美少年が転入してくる。麻実麗は文武共に優れており、すぐに学生達の人気者となっていく。そのことに対して腹を立てた檀ノ浦百美は、麻実麗に恥をかかせるため、全校生徒の前で東京各地の空気の匂いを当てさせる「東京テイスティング」に挑戦させる。しかし、その無理難題を麻実麗は見事にクリアしてしまう。檀ノ浦百美はショックを受けるが、それと同時に麻実麗の魅力に惹かれていく。実は、麻実麗の正体は埼玉県の大地主である西園寺家の子息であり、父親が麻実麗を政治家にして埼玉県民を解放するために送り込んだ刺客であった。しかし、檀ノ浦百美とデパートに出かけた際に、麻実麗が埼玉県出身の家政婦を庇ったことで、埼玉県出身であることがばれてしまう。そのことをきっかけに麻実麗は埼玉県へ逃亡するが、麻実麗のことを愛している檀ノ浦百美も、一緒に逃亡することとなる。
ここで現実世界へと戻り、菅原愛海の父と母の間で、埼玉県と千葉県のそれぞれの魅力についての言い合いが始まる。しかし、菅原愛海がそんなことはどうでもいいから早く東京に向かってほしいと二人を説き伏せたところで、道中を再開すると同時に都市伝説のラジオドラマの話へ移る。
ここで二つの秘密が発覚する。それは麻実麗の本当の父親が、埼玉県人として通行手形撤廃を目指している埼玉デュークだということと、そして千葉県にも通行手形撤廃を目指して活動するグループがあり、そのリーダーが檀ノ浦百美の執事である阿久津翔だということだった。阿久津翔は、千葉県の通行手形撤廃に繋がると考え、二人を捕まえる。その時、檀ノ浦百美は感染すると高熱が出る「サイタマラリヤ」にかかっており、無事に保護され東京へ連れ戻される。麻実麗は埼玉デュークが助けに現れ、逃げ切ることができたのだった。
この頃、檀ノ浦百美と麻実麗は東京都知事の不正を知ることとなる。群馬県は怪物の大きな足跡が発見されるなど、未開の地として知られていたが、歴代の東京都知事はその噂と通行手形を悪用することで、群馬県に金塊を隠していた。群馬県は金塊を守るために、人を寄せ付けないように未開の地として利用されていたのである。

出典: ameblo.jp

埼玉解放戦線と千葉解放戦線が衝突する。

そんな最中、我先にと通行手形制度撤廃を目論み、阿久津翔が率いる『千葉解放戦線』と、麻実麗が率いる『埼玉解放戦線』が江戸川を挟んでぶつかり合う。実は、両陣営は東京都知事の金塊の不正を事前に知っており、裏で繋がっている両解放戦線が争っているふりをして東京都内に攻め込む計画だった。それと同時に檀ノ浦百美は、父であり東京都知事でもある壇ノ浦建造に不正を公表するように迫るが猛反対に合う。父を説得できなかった檀ノ浦百美は、不正の事実が書かれたビラを東京都庁の窓からばらまき、歴代の東京都知事の不正を世に暴露した。檀ノ浦百美の不正の暴露によって壇ノ浦建造は失脚し、通行手形制度は撤廃される。
ここで現実世界に戻り、結納会場に到着した菅原愛海は婚約者である五十嵐春翔と合流する。五十嵐春翔は同じラジオドラマを聞いており、物語に感動し埼玉県への郷土愛に目覚めたことで、埼玉県の春日部市に新居を構える決意を菅原愛海へ伝える。東京都民になることを夢見ていた菅原愛海は、ショックのあまりに気を失いそうになる。
両解放戦線が東京都内に攻め込み騒ぎを起こした騒乱罪で麻実麗と阿久津翔は拘束されるが、今後も良きライバルとして競い合っていくことをお互いに誓い合う。その際、檀ノ浦百美は埼玉デュークから埼玉県の救世主として、『日本埼玉化計画』という計画の運命を託される。
現在、埼玉県はたくさんのショッピングモールや埼玉発祥のコンビニがあるおかげで程よく住みやすい街であり、その埼玉品質を日本全国に広めている。合わせて鉄道網の発展により、多くの埼玉県民が他府県に進出することで、秘密裏に『日本埼玉化計画』が粛々と進められている。ここでラジオドラマを配信していたのは麻実麗と檀ノ浦百美であったことが明かされる。
現実世界に戻り、結納の帰り道の車内で、菅原愛海が春日部市に新居を構えることについて父と母から慰められながら、菅原家は埼玉県への帰路につく。

出典: saitama-navi.net

埼玉県民の前で『世界埼玉化計画』が発表される。

月日が経ち、雑居ビルから繋がる秘密の巨大地下空間で、檀ノ浦百美と麻実麗の前に、大勢の埼玉県民が集まる。その中には菅原家の姿もあり、伝説世界と現実世界が交差する。檀ノ浦百美と麻実麗が次なる計画、『世界埼玉化計画』を埼玉県民に発表したところで、映画は終了する。

『翔んで埼玉』の登場人物・キャラクター

出典: www.tondesaitama.com

登場人物の相関図

伝説パート

麻実麗(演:GACKT)

伝説世界のダブル主人公のひとり。アメリカから白鵬堂学院への転入生。容姿端麗かつ都会的なセンスを持ち、学院内でもすぐに人気者になる。表向きは東京都民だが、実は埼玉県出身。都知事となって埼玉県の通行手形制度撤廃を目指す埼玉解放戦線を扇動する。

壇ノ浦百美(演:二階堂ふみ)

伝説世界のダブル主人公のひとり。白鵬堂学院にて生徒会長を務める。父は東京都知事の壇ノ浦建造。容姿と名前は女性的だが男性である。

壇ノ浦建造(演:中尾彬)

壇ノ浦百美の父親であり、東京都知事を務める。崎陽軒のマスコットキャラクターであるひょうちゃんが好き。通行手形で不正を行い、群馬県に金塊を隠し持っている。

埼玉デューク(演:京本政樹)

埼玉県解放における伝説の人物。クーデターを計画していたことがばれてしまい、SAT(Saitama Attack Team:埼玉急襲部隊)に追われて身を隠していた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

GACKT(ガクト、神威楽斗、Gackt Camui)の徹底解説まとめ

1995年ビジュアル系ロックバンド「マリスミゼル」のヴォーカリストとして活動。脱退しソロに転向後、2001年から4年連続で紅白歌合戦に出場(2007年も出場)。男性ソロアーティストの『オリコンシングルランキングTOP10獲得作品数』日本首位の記録を持つ。2003年から俳優活動を行い、2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」では準主役に抜擢。2010年には舞台デビュー。語学堪能なマルチタレント。

Read Article

SCOOP!(スクープ)のネタバレ解説まとめ

2016年公開。監督・大根仁、主演・福山雅治の映画。以前は写真週刊誌SCOOP!のエースカメラマンとして数々のスクープ写真を撮っていた都城静だったが、今はうらぶれたフリーランスのパパラッチとして生活していた。静はSCOOP!編集部へ移動してきた新人記者・行川野火と組む事になる。最初は衝突しあうも数々のスクープを撮り二人は次第に惹かれあうが、静にかかってきた1本の電話が悲劇をもたらす事となる。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

目次 - Contents