AKB48の選抜総選挙スピーチまとめ

Img20160618akb48sousenkyo7

AKB48選抜総選挙とはAKB48のシングルを歌うメンバーをファンによる人気投票で選ぶイベント。ファンにとってもAKBメンバーにとっても1年を通して最も重要なイベントとなっている。
数々のドラマや名言・名シーンを生んできたAKB48選抜総選挙のスピーチを歴代1位〜10位までをまとめました。

「応援して下さった皆さん、投票して下さった皆さん、本当にありがとうございました。今年は速報が6位だったので、今日を迎えるのをドキドキしていたんですけど、ひとつ順位を上げて5位ということで、少しホッとしているというのが正直なところです。
皆さんのおかげで今年もこうして笑顔でステージに立てたことを嬉しく思います。総選挙も握手会もコンサートも、やっぱりファンの方がいて下さるからこそできることだなと最近改めて感じています。応援して下さっている皆さんがこれからも見ていて、応援していてワクワクするような柏木由紀でいたいと思っています。

今年は正直、総選挙に出るのはどうしようかちょっと考えました。本当にいろんなことを考えて、出ないという選択肢もあるのかなぁって思っていました。そんな時に、ここ新潟で総選挙が開催されることが決まりました。私はNGT48を兼任していて、ここ新潟の皆さんはこんなにダメで頼りない私をこころよく、あたたかく迎え入れてくれました。そんな私を頼ってくれる仲間が沢山いました。そんな仲間と一緒に頑張りたい、少しでも恩返しがしたいと立候補しました。
私が兼任しているNGT48のメンバーにとっては総選挙というのは初めてのことで、緊張するし嫌だな、不安だなと思っているメンバーもいたと思います。でも、今まで8回総選挙を経験して思ったことがあります。この総選挙には弱い自分を強くしてくれる魔法があるなと私は思います。必ず成長させてくれる魔法です。なので、全国のファンの皆さん、見ていて下さい。メンバー皆、私ももっともっと強くなると思います。

最後に、私はなにか特別なことができる人間ではないですし、ひとりでなにかを起こすことができる人間ではないと思うんですけれども、だけど、AKB48がすごく大好きでNGT48メンバーのこともすごく愛おしく思います。そして、AKB48として大好きなことに夢中に慣れている毎日を幸せに思います。目の前にある好きなことに夢中になれる素晴らしさを後輩にももっともっと知ってほしいなと思います。AKB48は総監督が横山由依ちゃんに代わって、今、まさに新しく変わろうとしています。今日の結果を受けても、後輩と呼ぶにももう十分な人が揃っています。私のことを越えていきました。それを見て安心するのではなく、先陣を切ってAKB48グループを支えていきたいなと思いました!なのでまだまだ皆で先を目指して頑張っていくAKB、NGT、AKB48グループ、そして柏木由紀をよろしくお願いします!今日は本当にありがとうございました!」

第6位 宮脇咲良

こんな6位という順位ですけど、来年こそは1位を目指していいですか?

「投票してくださったみなさん、本当にありがとうございます。
私には本当に何も足りていなくて、足りないものが多すぎてどうやって力をつけていいかわからないし、努力の仕方もわからないし、今自分が向いている方向が前なのかもわかりません。でも自信が持てない時に「自信をもっていいんだ」と気づかせてくれたのはファンの皆さんでした。
私が笑顔でいる時はすごく嬉しそうにしてくれて、泣いているときは心から心配してくれて、私を応援してくれる皆さんがいるから私は今年に入って少し自分に自信が持てるようになりました。

でも初めて、このスピーチの時に涙を流しました。嬉し涙を流したいと思っていたんですけど、6位も本当に素敵な順位なんですけど、トップ5入りを目指していたので悔しいです。さっき小嶋さんが卒業を発表した時にすごく不安になって、先輩方が卒業していくと、どんどん不安が増えていきます。去年はスピーチで「1位を目指します」と言ったんですけど、1年間先輩方と活動したんですけど、先輩に近づけば近づくほど、先輩の背中は大きくて、偉大過ぎて超えられないと何度も思いました。ここでいつもみたいに「AKBを壊します」みたいな突拍子もないことを言おうと思ってたけど、今の私には言う資格はないのかなって…。こんな6位という順位ですけど、来年こそは1位を目指していいですか?まだまだ未熟者なのでこの1年間もっと頑張って先輩に追いつけるようにもっと頑張ります。」

第7位 須田亜香里

私のことを内側まで見てくれた方が出会ってくれたり見つけてくれたりしたからだなって。

「SKE48チームEリーダー、須田亜香里と申します。今日までに投票して下さって、私にまたこのステージに立つことを許して下さった全ての皆さんに感謝しています。ありがとうございます。
去年の選抜総選挙で一昨年いただいた10位からランクダウンして18位になって、号泣して、お見苦しい姿をお見せして本当にすみませんでした。そして、今日、泣かずにいられているのは決して結果が良かったからではありません。この1年で本当に大切なものに気づかせていただいたからだなと思っています。
今まで私はずっと結果が全てだって思って生きてきました。でも去年、今まで選抜総選挙でもランクアップすることでSKE48で自分の居場所を作って、ファンの皆さんが喜んでくれるのを見てきたから、結果で得たものは結果で全て失うって思っていました。だから、恥ずかしながら去年は全て失うって思っちゃいました。でも、本当に大事なのは表面上の結果ではなくて、その中にどれだけの方の気持ちが入っているかなんだなって、それまでに自分がどれだけの方と気持ちを通わせることができたかが大事なんだなって気付きました。本当に感謝しています。だからこの7位という順位は、票数も含めて、倍の嬉しさがあります。
私がこの順位で呼ばれているのってなんでなんだろうって思っている方もいると思います。速報で5位をいただいた時に、自分の名前で検索をしてみました。そしたら、「なぜ人気?」と出てきました。たしかに私より可愛い子はたくさんいるし、キラキラしている人はいっぱいいます。だから私もどうしてここまで来れたのか自分でもわからなかったけど、でもきっとそれは私が人気とかそういうのじゃないんだなって思います。ここまで、私のことを内側まで見てくれた方が出会ってくれたり見つけてくれたりしたからだなって。だから、ひとつのシングル、このポジションで歌わせていただくことになると思うんですけど、どうか「なぜこの子がこのポジション?」って言わないで下さい(笑)。言っていただいて構いませんし、なんでって思ってもらった分だけ私は中身を皆さんに信頼していただいたんだと思うことにします。これからも順位にとらわれることなく、ここに立てる幸せを噛みしめたいと思います。本当にありがとうございました。」

第8位 島崎遥香

映画「ホーンテッド・キャンパス」青春、ホラー、恋愛、3つの要素がつまった夏にはピッタリの映画となっておりますので、もしよろしければ観てください。

「私は今年が最後の総選挙だと自分の中で決意して立候補させてもらいました。
去年の総選挙から1年間、アイドルとしても活動をあまりしてこなかったので、立候補していいのか最後の最後まですごく悩みましたし、卒業も考えました。でもそんなときに「辞めないで」って言ってくれたのが、総監督であり同期である、横山由依でした。ありがとう。

何言おうかな~。でも私は今年自分にとって何のわけもないんですけど、勝負の年だと思っていて、どれだけの人が私のことを必要としてくれて理解してくれて応援してくれるのか、自分自身と向き合いながら戦ってきたなと思っています。
最後になりますが、自分で言うのもあれですが、こんなにアイドルっぽくない私を応援してれるみなさんへ、私のファンの人へ、「こんなアイドルがグループに一人くらいいてもいいんじゃない?」って言ってくれる私以外のAKB48メンバーのファンのみなさんへ、感謝の気持ちを込めて最後のスピーチを終わりにしたいと思います。…徳光さん、まだ時間はありますか?本当に恐れ多いんですけど、この場を借りて告知させていただきますがなにか?7月2日に公開となります映画「ホーンテッド・キャンパス」青春、ホラー、恋愛、3つの要素がつまった夏にはピッタリの映画となっておりますので、もしよろしければ観てください。本当に8位をいただけると思わなかったので、本当に嬉しいです。ありがとうございます。」

第9位 兒玉遥

一ミリ先だと信じていたから、頑張ることができました。

「HKT48チームH、AKB48チームK兼任の“はるっぴ”こと兒玉遥です。
ずっと、ずーっと、この選抜からの景色を見るのが夢でした。応援して下さった皆さん本当にありがとうございます。
実は速報は8位で呼ばれたんですが、去年も速報は8位で今年はどうだろうとずっとドキドキしていたんですけど、まさか初の選抜入りで9位という一桁の順位をいただけるとは思っていなかったので、すごく嬉しいです。

私はあと一歩というところで手が届かないことが多くて、何をするにも人よりできないことが多いし、選抜に入るのも少しばかり時間がかかってしまって、ファンの皆さんを悲しませてしまいました。ごめんなさい。でも、私を応援して下さるファンの皆さんはこんな私を粘り強く暖かく、励まして下さいました。いつでも応援してく下さいました。本当に、すごく良い人達なんです。そして、この言葉に何度も救われました。秋元康さんにいただいた言葉です。「夢は、手を伸ばした1ミリ先にある」。どんなにつらいことがあっても、あと一歩、一ミリ先だと信じていたから、頑張ることができました。今の私があるのは、今まで応援して下さった、今までお世話になった全ての皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。」

第10位 武藤十夢

第2章を引っ張るメンバーが先輩からAKBを受け継いでさらに進化させていけたらいいなと思います。

「応援してくださった皆さん、投票してくれた皆さん、本当にありがとうございました。去年は名前を呼ばれたとき、すごいビックリして頭が真っ白になってしまったんですけど、今年はすごく、すごく、すごく嬉しいです。
今まで私は自分に全然自信がなくて総選挙の場所も不安とか緊張で胸が押しつぶされそうになっていました。でも去年の16位という順位が私を変えてくれたかなと思います。
私は第1章か第2章の人間かと言われたら、第2章の人間だと思います。AKBに入ってからすごくたくさんキラキラしたメンバーやカッコイイ先輩たちを見てきました。AKBに入った時からそんな先輩たちに憧れていました。でも第1章が終わって、AKBはもうダメなんじゃないかと言われたりすることもあって、すごく悔しくて、でもこうして第2章を引っ張っていくであろうメンバーが選抜にたくさん入ったし、私も順位を上げることが出来たので、第2章を引っ張るメンバーが先輩からAKBを受け継いでさらに進化させていけたらいいなと思います。

これからはこの10位という順位を胸に、AKB48のもっと力になれるように、フロントメンバーとして支えられるように頑張っていきたいと思うので。去年16位になって、そこから選抜に入れなくてみなさんには悔しい思いをさせたかと思うんですが、これからはもっと頑張っていきたいと思うのでみなさん応援よろしくお願いします。」

「まさかこんなに素敵な景色をもう1度見ることができるとは思っていませんでした。ありがとうございます。自信がある、1位になりたいと言っていたものの、昨日の夜一人になったとき、1位じゃなかったときワイドショーにどう取り上げてもらうんだろうとか、いろいろ考えたのですが、まず皆さんに御礼をさせてください。投票してくださった皆さん本当にありがとうございます。

そして、普段はHKTのメンバーにお礼をいう機会が少なくて、さっき2位の発表前なんとなく振り向いたとき「大丈夫です 私たちがいます」と言ってくれたメンバー。いつも恥ずかしくて言えませんが、みんなは大事な宝物です。いつも本当にありがとう。

私はAKBグループのなかでも特殊な存在です。大分で学生をしているときは自分のことを“まぁまぁかわいい”と勘違いしていました。グループに入ってセンターになれなくて、私はどうやったら前田敦子さんや大島優子さんになれるか考えて、開き直りました。私は指原莉乃をやり遂げようと。

ブスで貧乳でいいところは本当に少ないですが、いいところのない私は開き直って2年前に1位になることができました。1位はスキャンダルからの大逆転劇だとか言われましたが、いつか指原莉乃として評価されたいと思っていました。

AKBグループには可愛い子がたくさんいます。今年はこんなにかわいくない指原が1位になることができました。全国の自分に自信がない皆さん、いじめられてひきこもりになって親に迷惑かけた皆さん、陽にあたっていない皆さん、もう一度1位になることができました。

奇跡の1回ではなく、自分が1年頑張ってきたことを評価されての1位だと思っています。全国の落ちこぼれの皆さん、私の1位をどうか自信に変えてください。あの日私に力をくれたアイドルのようにみんなの力になれることがうれしいです。いつものやつやっていいですか「これからもAKB48グループを応援してくれるかな?」

これからもっともっともっと最強の落ちこぼれじゃない最強のAKBをつくっていきましょう。」

第7回選抜総選挙 スピーチ

D0a9933c s

第1位 指原莉乃

私は指原莉乃をやり遂げよう

まさかこんなに素敵な景色をもう1度見ることができるとは思っていませんでした。ありがとうございます。自信がある、1位になりたいと言っていたものの、きのうの夜一人になったとき、1位じゃなかったときワイドショーにどう取り上げてもらうんだろうとか、いろいろ考えたのですが、まず皆さんに御礼をさせてください。投票してくださった皆さん本当にありがとうございます。

そして、普段はHKTのメンバーにお礼をいう機会が少なくて、さっき2位の発表前なんとなく振り向いたとき「大丈夫です 私たちがいます」と言ってくれたメンバー。いつも恥ずかしくて言えませんが、みんなは大事な宝物です。いつも本当にありがとう。

私はAKBグループのなかでも特殊な存在です。大分で学生をしているときは自分のことを“まぁまぁかわいい”と勘違いしていました。グループに入ってセンターになれなくて、私はどうやったら前田敦子さんや大島優子さんになれるか考えて、開き直りました。私は指原莉乃をやり遂げようと。

ブスで貧乳でいいところは本当に少ないですが、いいところのない私は開き直って2年前に1位になることができました。1位はスキャンダルからの大逆転劇だとか言われましたが、いつか指原莉乃として評価されたいと思っていました。

AKBグループには可愛い子がたくさんいます。今年はこんなにかわいくない指原が1位になることができました。全国の自分に自信がない皆さん、いじめられてひきこもりになって親に迷惑かけた皆さん、陽にあたっていない皆さん、もう一度1位になることができました。

奇跡の1回ではなく、自分が1年頑張ってきたことを評価されての1位だと思っています。全国の落ちこぼれの皆さん、私の1位をどうか自信に変えてください。あの日私に力をくれたアイドルのようにみんなの力になれることがうれしいです。いつものやつやっていいですか「これからもAKB48グループを応援してくれるかな?」(会場)いいともー。

これからもっともっともっと最強の落ちこぼれじゃない最強のAKBをつくっていきましょう。

第2位 柏木由紀

これからはいろんなことから逃げません。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

指原莉乃(さっしー)の徹底解説まとめ

指原 莉乃(さしはらりの)は、女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーである。また、尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。シングル選抜総選挙では、第5回、第7回、第8回で1位を獲得。キャッチフレーズは「勢いだけはある女 あなたの心の指原クオリティ覚醒!」

Read Article

HKT48(エイチケーティー フォーティーエイト)の徹底解説まとめ

AKB48の姉妹グループであり福岡県を拠点に活動するアイドルグループである。 「指原莉乃」「宮脇咲良」など人気メンバーも多数在籍。 2013年3月20日に1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」でデビューし、いきなりオリコン週間チャートで1位を獲得した。メンバーの大半が九州、山口出身となっており地域に密着しているがその知名度は全国区。 「HKT」は「博多」(HAKATA)からとっている。

Read Article

欅坂46(Keyakizaka46)の徹底解説まとめ

乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として2015年8月21日に誕生し、2016年4月6日「サイレントマジョリティ」でデビューを果たした。 同じ年の紅白歌合戦にも出場し、破竹の勢いで成長しているアイドルグループである。 乃木坂46に引けをとらないルックスと個性を持ちあわせたメンバーが揃っており、デビューして間もないにも関わらず様々な週刊誌の表紙も飾っている。 今後更なる飛躍が期待されている。

Read Article

乃木坂46(Nogizaka46)の徹底解説まとめ

2012年2月22日に1stシングル「ぐるぐるカーテン」デビュー。 2ndシングル「おいでシャンプー」から連続でオリコンチャート1位を獲得し続けた。 AKB48の公式ライバルとして誕生したが、現在は『乃木坂46』という独自のアイドルグループとしての地位を確立している。 新たに3期生を迎えさらに注目度が増しているグループである。

Read Article

シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)のネタバレ解説まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

ライザップ!体重変化の比較模様まとめ

もはや究極のダイエットといえば「ライザップ!」とも言えるようになってきた、ライザップ。有名俳優や女優はもちろんのこと、あのAKBのメンバーから、ぽっちゃりがイメージだったあの方まで、ライザップの手にかかればダイエットはお手の物。今回は、そんなライザップを通じて体重が激変して、スリム&ムキムキになった方達の比較画像をまとめてみました。

Read Article

【小林よしのり】~UGN(ウラギラナイ)48~よしりんとみるきーの軌跡【渡辺美優紀】

恋愛禁止条項を絶対守る「UGN(ウラギラナイ)48」 ファン公認のAKBヲタ・小林よしのりが選ぶ、絶対にスキャンダルが出ない安全メンバー。 その中でもファンの間で一番不満が出たのが、「釣り師」と名高い渡辺美優紀の選出である。 それでも信じて推し続けたよしりんと、釣り師みるきーによる攻防戦まとめ

Read Article

目次 - Contents