HKT48の徹底解説まとめ

AKB48の姉妹グループであり福岡県を拠点に活動するアイドルグループである。
「指原莉乃」「宮脇咲良」など人気メンバーも多数在籍。
2013年3月20日に1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」でデビューし、いきなりオリコン週間チャートで1位を獲得した。メンバーの大半が九州、山口出身となっており地域に密着しているがその知名度は全国区。
「HKT」は「博多」(HAKATA)からとっている。

HKT48の概要

AKB48の全国展開第3弾として福岡市が選ばれ2011年7月10日に1期生のオーディション最終審査が行われた。
2011年11月26日、福岡市のホークスタウンモール2階の専用劇場『HKT48劇場』にて初公演。
2016年の4月28日からは福岡市中央区天神のソラリアステージ6階の『西鉄ホール』に本拠地を移し公演を行っている。
AKB48や他の姉妹グループと同じようにグループ名から1字をとったチーム制を導入している。発足当時はチームHのみ。その後2014年にチームKIV(ケーフォー)、2016年にはチームTII(ティーツー)が発足し3チーム体制で活動となった。

チームの特徴

HKT48の魅力の一つがライブ演出への独特なこだわりである。
天神の西鉄ホールで行われる普段の劇場公演では、舞台の中央にディスコのお立ち台のような浮島状のステージを設けたり、メンバーが客席の後ろから登場したりと臨場感のある演出をしている。そうした会場構成の違いから他の48グループと同じ公演内容でも独自性の高いライブに仕上がっている。

各地を回るコンサートにおいては、劇場支配人でもある指原莉乃自らがアイドル好きならではの視点でセットリストを作成。
『ロックだよ、人生は』や『恋のお縄』など、もとはAKB48の曲でありながらHKT48のライブパフォーマンスによって人気となった楽曲もあるほど。
さらには乃木坂46やモーニング娘などのAKB48グループ外の楽曲も取り入れるという斬新な取り組みも話題を集めている。

2015年のアリーナツアーファイナルでは吹奏楽を披露。
2016年の「サシコ・ド・ソレイユ」では指原莉乃と宮脇咲良などがワイヤーに吊られてフライングを披露。
毎回工夫と趣向を凝らした、サプライズのあるコンサートになっている。

HKT48のメンバー

指原 莉乃(さしはら りの)

1992年11月21日生まれ
大分県出身
身長159cm
趣味は寝ること、特技はトロンボーン。
メンバーでありながらHKT48劇場支配人も務めている、チームの第一人者である。
2007年にAKB48第二回研究生(5期生)オーディションに合格し翌年2008年に正規メンバーとしてAKB48のチームBの正規メンバーとなった。同じ年にリリースされたAKB48の10枚目のシングル「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバー入りを果たした。

2011年には1月から9月にかけて、AKB48のメンバーとしては初の単独冠番組である「さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~」がTBSと大分テレビで放送された。
10月からは「笑っていいとも!」の水曜レギュラーとなり同番組の最終回までレギュラーで出演し続けた。

2012年になると『AKB48 27thシングル選抜総選挙』で4位となりどんどん人気を上げていることを示した。
しかし「週刊文春」が報じた過去スキャンダルが原因となり、6月16日の「AKB48のオールナイトニッポン」において。秋元康からHKT48に移籍するように命じられた。
7月5日にHKT48劇場で開催された公演にHKT48として初出演し、チームHに所属することが発表された。

その後2013年、2015年、2016年に総選挙1位を獲得している。

宮脇 咲良(みやわき さくら)

1998年3月19日生まれ
鹿児島県出身
身長160cm
趣味は映画と舞台鑑賞、読書。特技はお絵かき、どこでも寝れること。
HKT48チームKIV、およびAKB48チームAのメンバーである。
HKT48チームHが結成された際、正規メンバー16名に選ばれる。
2012年HKT48が始動して最初の選抜総選挙で47位となりHKT48のメンバーとして唯一楽曲に参加できる64位以内に入った。
2016年は堂々の6位。
2017年1月21日の土曜日深夜24時35分から放送開始した、メンバーが女子プロレスラーとして活躍するドラマ「豆腐プロレス」。その主演を務めている。
「マジすか学園4.5」「キャバスカ学園」に続いてグループメンバーが出演するドラマで次々と主演を任されている。
AKB10周年記念局である「君はメロディー」では卒業生も含めてそうそうたるメンバーが参加したが、前田敦子、大島優子を両脇に置きセンターに抜擢された。
HKT48だけでなくAKB48グループの中でも中心的なメンバーである。

公式ニックネームは「さくら」

兒玉 遥(こだま はるか)

1996年9月19日生まれ
福岡県出身
身長158cm
趣味はカメラとぬりえ、特技はうさぎのモノマネ。
チームH所属。AKB48チームK兼任。
2016年選抜総選挙では9位となり、選抜メンバーにも入る人気メンバー。

ニックネームは「はるっぴ」

松岡 菜摘(まつおか なつみ)

1996年8月8日生まれ(平成8年8月8日生まれ)
福岡県出身
身長161cm
趣味は甘いものを食べること、特技は糸電話。
チームHのキャプテンを務める。
指原莉乃から「HKT48の事実上のキャプテン」と評される。

ニックネームは「なつ」、「なっちゃん」と呼ばれることも多いとのこと。

山下 エミリー(やました えみりー)

1998年12月19日生まれ
福岡県出身
身長162cm
趣味は映画鑑賞、特技はアコースティックギターを弾くこと。ライブでギターソロを披露する腕前。
チームTIIのキャプテン。
母親がフィリピン人のハーフ。

矢吹 奈子(やぶき なこ)

2001年6月18日生まれ
東京都出身
身長146cm
趣味はゲーム、特技は一瞬で二重を一重にすること。
チームH所属。AKB48チームB兼任。
加入前は子役として活動し映画「タッチ」では長澤まさみ演じる『みなみちゃん』の子供時代を演じた。

もともとAKB48のファンで、握手会にも参戦するほど。
特に指原莉乃の大ファンで握手会の時に指原本人から「絶対入れるからAKB受けなよ」と言われたのがきっかけでオーディションを受けた。その結果東京出身であるにもかかわらずHKT48のオーディションを受け加入することになった。
同期で同学年の「田中美久」と2人で『なこみく』の愛称で親しまれている。

田中 美久(たなか みく)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

指原莉乃(さっしー)の徹底解説まとめ

指原 莉乃(さしはらりの)は、女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーである。また、尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。シングル選抜総選挙では、第5回、第7回、第8回で1位を獲得。キャッチフレーズは「勢いだけはある女 あなたの心の指原クオリティ覚醒!」

Read Article

欅坂46(櫻坂46)の徹底解説まとめ

欅坂46とは、2015年8月21日に「乃木坂46新プロジェクト」として誕生したアイドルグループ。乃木坂48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、「乃木坂48」及び、のちに誕生する「日向坂46」などの「坂道シリーズ」の第二弾グループでもある。メンバー募集時は「鳥居坂46」というグループ名であった。センターの平手友梨奈を中心に「笑わないアイドル」として活動してきたが、2020年1月23日、その不動のセンターであった平手友梨奈が突然の脱退。今後のグループの活動に注目が集まっている。

Read Article

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

日向坂46(けやき坂46)の徹底解説まとめ

日向坂46とは、2015年11月30日に欅坂46のアンダーグループとして結成された「けやき坂46(ひらがなけやき)」を母体に、2019年2月11日に現在の「日向坂46」と改名、誕生したアイドルグループ。乃木坂48や欅坂46と同じく秋元康プロデュースのグループであり、「坂道シリーズ」の第三弾グループでもある。「けやき坂46」初期は「欅坂46」のアンダーグループのイメージが強かったが、徐々に独立した存在感が増し、現在は大躍進を遂げているグループである。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

櫻坂46(欅坂46)の家族エピソードまとめ

櫻坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ。2015年に欅坂46としてデビュー、2020年10月14日に櫻坂46へと改名している。欅坂46のデビューにあわせ、2015年10月5日からテレビの冠バラエティ番組『欅って、書けない?』の放送が開始され、櫻坂46へ改名後の2020年10月19日からは『そこ曲がったら、櫻坂?』の放送が後続番組として開始されている。本記事では、『欅って、書けない?』で放送された内容を中心に櫻坂46のメンバーと家族とのエピソードを紹介する。

Read Article

日向坂46(けやき坂46)の家族エピソードまとめ

日向坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ。2015年に欅坂46のアンダーグループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」として発足。2019年2月11日「日向坂46」へとグループ名を変更。ひらがなけやき時代には欅坂46のテレビ冠番組『欅って、書けない?』に出演。その後2018年4月9日からは単独による『ひらがな推し』そして改名後の2019年4月8日からは『日向坂で会いましょう』の放送が開始されている。本記事ではこれらの番組で放送された日向坂46のメンバーと家族とのエピソードを紹介する。

Read Article

シュガー・ラッシュ(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

IZ*ONE(アイズワン)の徹底解説まとめ

IZ*ONE(アイズワン)とは、韓国と日本の合同プロジェクトによるグローバル女性アイドルグループである。 韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」の視聴者投票で選ばれた韓国人9人と、日本人3人の12人で結成された。活動期間が限られており、2018年10月29日から2021年4月までの2年6か月の期間限定で活動している。 美しいビジュアルと華麗なフォーメンションダンスが人気の正統派アイドルグループである。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

ライザップ!体重変化の比較模様まとめ

もはや究極のダイエットといえば「ライザップ!」とも言えるようになってきた、ライザップ。有名俳優や女優はもちろんのこと、あのAKBのメンバーから、ぽっちゃりがイメージだったあの方まで、ライザップの手にかかればダイエットはお手の物。今回は、そんなライザップを通じて体重が激変して、スリム&ムキムキになった方達の比較画像をまとめてみました。

Read Article

第4回総選挙で圏外になった光宗薫から学ぶ!AKB48選抜総選挙のカラクリ

2012年に開催されたAKB48第4回選抜総選挙では上位64名が発表されたが、当時メディアの露出の多かった光宗薫が64位以内に入ることなく終わった。メディアの露出度はそのまま知名度となり、順位が高いように思われるが、独自のシステムを持つAKB48選抜総選挙ではそうはいかない。ここではAKB48選抜総選挙の仕組みと、当時光宗薫の順位が上がらなかった理由に迫る。

Read Article

目次 - Contents