永遠のヒーロー!ウルトラマンの変身アイテムまとめ【昭和編】

%ef%bc%98

3分間で地球を守る永遠のヒーロー「ウルトラマン」。皆さんはウルトラマンに変身する際のアイテムはご存知ですか?カプセル状のものからメガネ型など種類は様々。今回はそんな昭和ウルトラマンの変身アイテムをまとめて紹介します。

ベータカプセル

1

「ウルトラマン」の主人公ハヤタ隊員が使用する変身アイテム。ペンライト型で赤いボタンを押すことでウルトラマンに変身することができる。カプセルの中に変身の際に必要なエネルギーが充填されている(ベータ線)という重要な設定があるのだが、劇中ではあまり語られていない。1度だけハヤタ隊員がベータカプセルとスプーンを間違えたことがある。

ウルトラアイ

2

「ウルトラセブン」の主人公モロボシ・ダンが使用する変身アイテム。掛け声と共に目に着けてセブンへと変身する。厳密にはダンはセブンの地球上の仮の姿なので、変身というよりは元に戻る意味の方が正しい。劇中ではよく盗まれており、その度にカプセル怪獣を使う羽目となっていた。

変身

3

「帰ってきたウルトラマン」の主人公である郷秀樹は特定のアイテムを使用しない。本人は危機にさらされた時にウルトラマンジャックへと変身するのである。そのため物語序盤ではジャックとの意思が思うようにかみ合わず変身のタイミングが遅れたこともあったが、物語中盤からはある程度郷のタイミングで変身できたようである。郷秀樹を演じた俳優は後に「変身アイテムが無く少し寂しい思いをした」と語っている。

ウルトラリング

4

「ウルトラマンA」の主人公である北斗星司と南夕子が使用する変身アイテム。互いに指にはめた状態で「ウルトラタッチ!」の掛け声と共に二つの指輪を合わせ変身する。物語中盤から終盤では北斗が両手にリングを着け、1人で変身した。

ウルトラバッジ

5

「ウルトラマンタロウ」の主人公である東光太郎が使用する変身アイテム。バッジ型で真ん中にはウルトラルビーが装飾されている。変身する際は「タロウー!!」と叫びながら天に掲げて使う。最終回では投げ捨てれてしまうが、その後登場したバルキー星人は東1人の力で倒している。

レオリング

6

「ウルトラマンレオ」の主人公おゝとりゲンが使用する変身アイテム。指にはめるリング型で、変身する際は拳を正面に突き出して使う。変身時の「レオー!!!」という掛け声は非常に迫力があり、物語の演出を盛り上げる。

ブライトスティック

7

「ウルトラマン80」の主人公である矢的猛が使用する変身アイテム。スティック型で、変身する際は「エイティ!」の掛け声と共に天に掲げて使う。単に変身するだけでなく光線銃に取り付け可能だったり探知機として使えたりと、非常に便利なアイテムである。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回は平成ウルトラシリーズの変身アイテムを紹介します!気になった方は是非チェックしてみてくださいね!

renote.jp

bbman
bbman
@bbman

Related Articles関連記事

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

目次 - Contents