ウルトラマンコスモス(Ultraman Cosmos)のネタバレ解説まとめ

Blog20120505 1

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。
『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。
春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

あらすじ

西暦2001年。
母星が滅びたため、新たな居住地を求めるバルタン星人と、それを追うウルトラマンコスモスが地球へ飛来する。
バルタン星人との戦いにより、エネルギーを失い倒れてしまうウルトラマンコスモス。
その時、地球人の少年・春野ムサシと出会い、救われる。

その出会いから8年後の西暦2009年。
宇宙から謎の光るウイルスが飛来する。
国家間の壁を越え、怪獣や異星人の調査・研究および救援・保護を行う機関「SRC」。
その怪獣保護区域・鏑矢諸島に棲息している怪獣リドリアスに憑依、禍々しい姿と変異、カオスリドリアスとなり暴れ出してしまう。

SRC宇宙開発センターのパイロット候補生である春野ムサシは、「輝石」の音色を奏で、カオスリドリアスを元の姿へと戻すことに。
しかし、防衛軍の無認識な攻撃により、正気を取り戻したリドリアスが再び凶暴な姿になってしまう。
春野ムサシは、カオスリドリアスの攻撃を受け、窮地に陥ってしまう。

その時、持っていた「輝石」が光り輝く。
その光は、巨大な生命エネルギーを地球に呼び寄せ、春野ムサシの元へ。
8年前に出会った、ウルトラマンコスモスとの「再会」となる。

まるで、相手を慈しむような体術と戦闘により、カオスリドリアスから光のウイルスを切り離すことに成功。
リドリアスは本来の姿を取り戻し、SRC怪獣保護区域・鏑矢諸島へと戻って行く。

その後。
春野ムサシは勇敢な行為を評価され、SRC特捜部隊である「TEAM EYES」に入隊する。
そして、怪獣たちを保護しながら、「カオスヘッダー」と名付けられた謎の敵と対峙していくこととなる。

ウルトラマンコスモスについて

Th c6f5cac8954ce4b65f96cef56f5dd828 1343984016hero 27

出身地:不明
年齢:2万歳

≪ルナモード≫
・身長:47メートル
・体重:4万2千トン
・飛行速度:マッハ7
・走行速度:マッハ2
・水中速度:マッハ1
・潜地速度:マッハ1.2
・ジャンプ力:1000メートル
・握力:6万トン

ウルトラマンの「優しさ」「慈愛」を体現する「月の優しき光のごとき、慈しみの青い巨人」のモード。
防御力・持久力共にに優れている。
太極拳のような動きを見せ、相手を攻撃せず、受け流す。
また、拳を握らず、平手で怪獣と対峙するのが特徴的である。

輝石

4d4baadfbe3143e764710234ec85855a

ウルトラマンコスモスが、11歳の頃のムサシに授けた、真の勇者にのみ託されるといわれる青い小さな石。
地球に無い鉱物が含まれている。

19歳からの春野ムサシは、ペンダントとして身に着けている。

ウルトラマンコスモスの力を心から必要としている時にコスモスを出現させることができる。
また、他者の手に渡って見世物にされそうになると消え去ることも。
手で振り回し、風を切らせることで、リドリアスを落ち着かせる音色を奏でることも可能。
数多くの不思議な力を宿している。

コスモプラック

1000075623 1

春野ムサシがウルトラマンコスモスに変身するためのアイテム。

ウルトラマンコスモスと一体化した後、輝石がスティック状の変身アイテムに変化。
変身機能だけでなく、春野ムサシ自身の中に宿っているウルトラマンコスモスと対話する際の媒体としての力も備えている。

コロナモード

Img 0

・身長:47メートル
・体重:4万2千トン
・飛行速度:マッハ9
・走行速度:マッハ2.5
・水中速度:マッハ1.5
・潜地速度:マッハ2
・ジャンプ力:1200メートル
・握力:10万トン

邪悪な敵と対峙する際、ルナモードからモードチェンジする。
ウルトラマンの「強さ」を体現した「太陽の燃ゆる炎のごとき、戦いの赤き巨人」のモードである。

エクリプスモード

Uco30 cosmos01

・身長:47メートル
・体重:4万2千トン
・飛行速度:マッハ16
・走行速度:マッハ3
・水中速度:マッハ2
・潜地速度:マッハ1.5
・ジャンプ力:2200メートル
・握力:8万トン

カオスヘッダー・メビュートに敗れ光を失ったウルトラマンコスモスが、春野ムサシの「勇気」と、金環日食の光によって復活、ルナとコロナの両方の力を併せ持つスタイル。
「優しさ」と「強さ」、そして「勇気」を体現した「太陽と月が重なる金環日食の溢れるフレアーのごとき、神秘の巨人」のモード。

ルナモードからコロナモードを経てチェンジしなければならないため、活動時間は最大約1分が限界である。

ミラクルナモード

37770751 s

カオスヘッダーとの最終決戦において、憎しみをぶつけ、死力を尽くすも、力が残り少なくなり窮地に追いやられてしまうウルトラマンコスモス。
その時、春野ムサシの「カオスヘッダーも救いたい」との強い想いが、分離してしまったウルトラマンコスモスと再び一体化することにより変身した奇跡のフォーム。
また、力を失いかけたルナモードのウルトラマンコスモスが、力を取り戻す過程の形態でもある。
最終回にのみ登場する。

Images

金色に光り輝く神秘的な姿をしている、ウルトラマンコスモス・ミラクルナモード。

TEAM EYES

5113d52fd15d435917f6b9756b9a2c291

EYESとは、Elite Young Expert Squadronの略称。
日本領海内の太平洋上に浮かぶSRCの本部基地である人工島・トレジャーベースにのみ配属されている特捜チームである。

基本的には怪獣の保護、異星人との友好的なコンタクトを目的としている。
やむを得ない場合のみ、武器の使用が認められている。

出撃態勢は3つに分けられている。
「コンディションレベル・イエロー」(怪獣保護などの態勢)
「オレンジ」(保護と攻撃の両面を考えた中間態勢)
「レッド」(攻撃態勢)

本編に登場する「TEAM-EYES Network」という公式ホームページには、怪獣目撃情報や隊員日記などが掲載されている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウルトラマンタロウ(ウルトラマンT、Ultraman Taro)のネタバレ解説まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

ウルトラマンダイナ(Ultraman Dyna)のネタバレ解説まとめ

1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンダイナ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 前作『ウルトラマンティガ』が闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。アスカ・シン=ウルトラマンダイナ、スーパーGUTSメンバーと、謎の生命体スフィアとの戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラセブン(Ultra Seven)のネタバレ解説まとめ

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)のネタバレ解説まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

ウルトラマンガイア(Ultraman Gaia)のネタバレ解説まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック、The Return of Ultraman、Ultraman Jack)のネタバレ解説まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマン80(ウルトラマンエイティ、Ultraman 80)のネタバレ解説まとめ

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Read Article

ウルトラQ(Ultra Q)のネタバレ解説まとめ

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。 ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。 世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。 後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。 2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

Read Article

ウルトラマンA(ウルトラマンエース、Ultraman Ace)のネタバレ解説まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンティガ(Ultraman Tiga)のネタバレ解説まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

Contents