ウルトラセブン(Ultra Seven)のネタバレ解説まとめ

Ultraseven

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。
『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。
地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。
そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

あらすじ

人類が、宇宙に進出をし始めた近未来。
宇宙では、遊星間侵略戦争が激化し、地球侵略を企む宇宙人が次々と地球に飛来をしてくる。

これに対して人類は、国際組織「地球防衛軍」を結成。
宇宙からの侵略者と戦い始める。
日本にも、地球防衛軍の極東基地が建設されており、日夜、宇宙からの侵略に対処している。
極東基地には、各部署から選抜された精鋭による特殊部隊「ウルトラ警備隊」が置かれている。

ある日、侵略星人による人間蒸発事件と、それに続く京浜工業地帯爆撃事件が発生。
ウルトラ警備隊隊員の前に、風来坊の青年がウルトラ警備隊に協力をしてくる。
その青年の名前は、モロボシ・ダン。
ダンの協力もあり、事件は解決。
功績を認められたダンは、ウルトラ警備隊に入隊をする。

ウルトラ警備隊でも対処できない危機が訪れた時、ダンはウルトラアイを装着し、巨大な宇宙人に変身をする。
巨大な宇宙人は、様々な能力を駆使して、侵略者や宇宙怪獣と死闘を繰り広げていく。

ウルトラ警備隊は、自分達に協力をしてくれる巨大な宇宙人を、ウルトラ警備隊7人目の隊員という意味を込めて「ウルトラセブン」と命名。
ダン=セブンと、ウルトラ警備隊は、共に協力をし合って、地球の平和を守り抜いていく。

ウルトラセブンについて

Th c6f5cac8954ce4b65f96cef56f5dd828 1343983581hero 02

・身長:ミクロ ~ 40メートル(劇中のガッツ星人の分析によると、50メートルまで巨大化可能)
・体重:3万5千トン(身長・体重は標準時。ミクロから伸縮自在で限界は不明)
・年齢:1万7千歳(初期の設定では1万9千歳)
・出身:M78星雲・光の国
・飛行速度:マッハ7(大気圏内速度。宇宙では惑星間速度で飛行し、テレポーテーションで星雲間移動も可能)
・走行速度:時速800キロメートル
・水中速度:240ノット
・ジャンプ力:400メートル
・腕力:10万トンの物を持ち上げる。
・キック力:ダイナマイト2000発分の威力がある。
・弱点:寒さ
・職業:宇宙警備隊恒点観測員340号。地球より帰還後は、宇宙警備隊太陽系支部長を務める。

恒点観測員として太陽系を訪れている時、地球が数々の宇宙侵略者から狙われていることを知り、地球を守ることを決意。
友人を助けるために命を賭けた地球人・薩摩次郎の行動に心を打たれ、次郎の姿をモデルに、地球人「モロボシ・ダン」の姿となってウルトラ警備隊に入隊。
ウルトラ警備隊の仲間と共に、数々の侵略者から地球を守り続けていく。

ビームランプ

額にある、エネルギー減少を知らせるランプのこと。
初めての点滅は、第11話。
当初は活動限界が設定されていなかったのだが、第25話で「寒波攻撃の影響で元のエネルギー量を回復できず、活動時間が制限されるようになった」という設定になる。
この弱点を突かれ、ガッツ星人に敗れ、囚われてしまう場面もある。

ちなみに、カラータイマーがない理由について。
後年、「カラータイマーは地球に長期滞在する際に手術で取り付けられるものであり、恒点観測員のセブンには本来必要のないものだったため、ビームランプがその代わりを務めている」という設定が付加。
カラータイマーと異なり、点滅はしても赤くはならない。

プロテクター

胸部の鎧状のプロテクターのこと。
太陽エネルギーを吸収するための仕組みになっている。
劇中、太陽エネルギー吸収の際に、四角い穴の1つ1つが点滅する描写がある。

ウルトラアイ

Plot s

ダンがセブンに変身するための変身道具。
赤いゴーグルの形状。
装着するとセブンに変身する。

Img 4 m

「デュワ!」との掛け声とともにウルトラアイを装着すると、頭部から順に変身をしていく。

ウルトラ警備隊

Img 0

モロボシ・ダン(諸星 弾)

4d5c974f257df564

演者:森次 浩司(ウルトラセブンの声も担当)

本作の主人公。
年齢(推定)23歳。

モロボシ・ダンは、ウルトラセブンが地球上で人間として過ごすための仮の姿。
よって、ダンの意識は宇宙人そのものである。
性格は温厚かつ誠実。

第17話「地底GO!GO!GO!」に登場する地球人の青年・薩摩次郎が、仲間を助けるために自分のザイルを切って崖に転落。
助けたセブンが、この勇敢な行動に心を打たれ、彼の魂と姿をモデルにする。

普段はダンの姿で過ごし、セブンとしての能力が必要な時は、ウルトラアイを着用し本来の姿に戻る。
ダンの姿のままでも、透視やテレパシー、ウルトラ念力など、ある程度の超能力を使用することが可能。

キリヤマ・カオル隊長

Img328

演者:中山 昭二

隊歴16年。
年齢38歳。
東京都出身。

冷静沈着、謹厳実直だが、情に厚い一面もあり、部下や上層部からの信頼も厚い。
強い意思と信念を持ち、地球及び地球人に危害を及ぼす者に対して敢然と立ち向かう優秀な指揮官。
状況に即した決断をもって事態に対処していく。

友里アンヌ隊員

Cdf52cec359725841f5fd3ffac802c1c
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウルトラマン80(ウルトラマンエイティ、Ultraman 80)のネタバレ解説まとめ

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンコスモス(Ultraman Cosmos)のネタバレ解説まとめ

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。 春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンA(ウルトラマンエース、Ultraman Ace)のネタバレ解説まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンティガ(Ultraman Tiga)のネタバレ解説まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラQ(Ultra Q)のネタバレ解説まとめ

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。 ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。 世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。 後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。 2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

Read Article

ウルトラマンタロウ(ウルトラマンT、Ultraman Taro)のネタバレ解説まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

ウルトラマンダイナ(Ultraman Dyna)のネタバレ解説まとめ

1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンダイナ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 前作『ウルトラマンティガ』が闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。アスカ・シン=ウルトラマンダイナ、スーパーGUTSメンバーと、謎の生命体スフィアとの戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)のネタバレ解説まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

ウルトラマンガイア(Ultraman Gaia)のネタバレ解説まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック、The Return of Ultraman、Ultraman Jack)のネタバレ解説まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

知られざる英雄の戦い。ウルトラセブンのオリジナルシリーズをアナタは知っていますか?

ウルトラセブン。知らない方はいないほど有名な日本を代表するヒーローの1人ですね。ウルトラ兄弟の1人として数々の戦いを繰り広げてきたウルトラセブンですが、そんな彼にあまり知られていないもう一つの戦いの歴史がある事をご存知ですか? 多くのファンに愛された歴戦の英雄の知られざる戦いの歴史。ぜひご覧下さい。

Read Article

Contents