ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

20161014171258

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。
『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。
映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。
ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

あらすじ

地球の平和を守る科学特捜隊の隊員、ハヤタ・シンは、小型ビートルでパトロールをしていた。
その際、青い光の玉と赤い光の玉が飛んでいくのを目撃。
彼はそれを追跡したが、赤い玉と激突し竜ヶ森湖に墜落、ハヤタは命を落としてしまう。
夢の中で銀色の宇宙人と邂逅する。彼は、ウルトラマンと名乗った。
ウルトラマンは、宇宙怪獣ベムラーを追って地球にやって来たが、その際にハヤタと誤って激突してしまったのだという。
彼は、ハヤタと命を共有し、一心同体になることでその命を救う。
そして目覚めたハヤタは、竜ヶ森湖からベムラーが現れるのを目撃。
夢の中で宇宙人から受け取ったベーターカプセルを使った瞬間、巨大なウルトラマンへと変身。
こうして彼は、光の巨人となって、地球の平和を守るため、様々な怪獣と戦っていくことになる。

「ウルトラマン」について

Th c6f5cac8954ce4b65f96cef56f5dd828 1343983553hero 00

プロフィール

・身長:40m
・体重:3万5千トン
・年齢:2万歳
・出身:M78星雲・光の国
・飛行速度:マッハ5
・走行速度:時速400キロメートル
・水中速度:200ノット
・ジャンプ力:400メートル
・腕力:10万トンタンカーを持ち上げる
・キック力:320文の威力がある
・職業:宇宙大学教授、宇宙警備隊銀河系局長(のちに支部長と設定あり)

怪獣や侵略宇宙人たちと戦う、M78星雲『光の国』出身の宇宙人であり、宇宙警備隊員でもある。
原則として、地球人とは会話をしない。感情などは身振りだけで表現をしている。
「シュワッチ」や「シュワッ」などの掛け声を発する。
極稀に、劇中で会話をするシーンがある。

カラータイマー

胸部に付いているボタンのようなものが、カラータイマーと呼ばれるものである。

基本的には、地球上では「3分間」しか戦うことができない。
通常時は、青色。
時間が経過すると、赤色に変わって点滅し、警告音を発する。
更に時間が経過すると、点滅と警告音の間隔が速まる。

カラータイマーは、ウルトラマンのエネルギーを司る重要な中枢器官であり、弱点でもある。
カラータイマーの光が消えるとウルトラマンは活動不能になってしまう。
破壊されてしまった場合、ウルトラマンは死んでしまう。

実際には、カラータイマーがウルトラマンの生命活動を意味する、というよりも、エネルギー残量を示す燃料計に似た機能となっている。
そのため、カラータイマーの発光が停止してしまったり、又、怪獣や宇宙人らによって倒されてしまったとしても、何らかの方法でエネルギーが補給されれば、ウルトラマンは甦る。

ベーターカプセル

Beta capsule1

ウルトラマンに変身することが出来るアイテム。
ハヤタのみが使用出来る。

1b7fa0334b590b11bf64835399f4d7a6

ベーターカプセルの赤いボタンを押すと、閃光と共に「フラッシュビーム」が発光部から発生し、ウルトラマンに変身する。

科学特捜隊

687474703a2f2f696d6167652e73706163652e72616b7574656e2e636f2e6a702f642f737472672f6374726c2f322f3662613433653233656432  5abefa5cee9b49e88de03004115c6ede

国際科学警察機構の下部組織に位置する。
正式名称は、科学特別捜査隊(かがくとくべつそうさたい)。

劇中では日本支部の活躍が描かれている。

基本的には、怪事件調査の為の組織で、怪獣との戦闘は特別任務となっている。
本部はパリに置かれており、劇中では、インド、ボリビア、ニューヨーク、中近東などの支部について言及されている。
他、ブラジル、ロンドン、モスクワ、トルコにも支部が存在する。

主な登場人物

ハヤタ・シン(早田 進)

347476517d06d84eb0a4fa9ac62ff59dd87be163.96.2.9.2

演者:黒部 進
本作の主人公。
年齢25歳。
科学特捜隊養成学校を首席で卒業したエリート隊員。
小型戦闘機ビートルに搭乗し、謎の青い球体と赤い球体を追跡していた際、赤い球体と衝突して墜落。ハヤタは命を落としてしまう。

赤い球体の正体は、M78星雲・光の国からやってきた宇宙人・ウルトラマン。
彼は、宇宙墓場へ護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラー(青い球体の正体)を追っていたのである。

ウルトラマンは、自身の不注意でハヤタを死なせたことに対して責任を感じ、自身の命を分け与え、一心同体となる。
そして、地球の平和を守るため、ハヤタと共に戦うことを決意する。

ハヤタは、怪獣との戦闘で危機に直面すると、ベーターカプセルを使用してウルトラマンに変身。怪獣や宇宙人と戦う。

ムラマツ・トシオ(村松 敏夫)

2c0e84fd 80c4 44b5 9c95 35874d0801ba

演者:小林 昭二
年齢36歳。
科学特捜隊日本支部ムラマツ班隊長。通称「キャップ」(時に「キャプテン」とも)。
部下を見守る良き隊長。
謹厳実直な性格で部下からも慕われる。
一方、必要なときには冷徹な判断を下したり、攻撃を主張する部下をなだめるなど、慎重派の姿もある。

アラシ・ダイスケ(嵐 大助)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウルトラマンダイナ(Ultraman Dyna)のネタバレ解説まとめ

1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンダイナ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 前作『ウルトラマンティガ』が闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。アスカ・シン=ウルトラマンダイナ、スーパーGUTSメンバーと、謎の生命体スフィアとの戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラセブン(Ultra Seven)のネタバレ解説まとめ

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)のネタバレ解説まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

ウルトラマンガイア(Ultraman Gaia)のネタバレ解説まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック、The Return of Ultraman、Ultraman Jack)のネタバレ解説まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマン80(ウルトラマンエイティ、Ultraman 80)のネタバレ解説まとめ

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンコスモス(Ultraman Cosmos)のネタバレ解説まとめ

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。 春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンA(ウルトラマンエース、Ultraman Ace)のネタバレ解説まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンティガ(Ultraman Tiga)のネタバレ解説まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラQ(Ultra Q)のネタバレ解説まとめ

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。 ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。 世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。 後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。 2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

Read Article

ウルトラマンタロウ(ウルトラマンT、Ultraman Taro)のネタバレ解説まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

Contents