ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピアとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、同作の主役でもある巨大人型外星人。ウルトラマンは地球でつけられた名称で、リピアが同族間で用いる本名である。
禍威獣の出現に合わせて地球に来訪し、外星人の遺物であるこれらを撃破する。しかし初戦闘時にアクシデントから禍特隊の神永新二の命を奪ってしまい、“肉体を融合する”という方法で彼を救う。その後は普段は神永として行動しつつ、彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動の意味を調べ、地球人について学んでいった。

ウルトラマン(リピア)のプロフィール・人物像

身長:60m
体重:2900t(地面に残された陥没痕から推定した数値)
出身地:光の星
CV:高橋一生

ウルトラマン/リピアとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、同作の主役でもある巨大人型外星人(がいせいじん)。ウルトラマンは地球でつけられた名称で、正式には「巨大人型生物ウルトラマン」。リピアは同族間で用いる彼個人の本名である。『ウルトラマン』シリーズに登場するウルトラマンとは名前以外に関連性が無く、世界観レベルで別の存在となっている。
外見はそのウルトラマンに似ているが、よりスマートなスタイルであることと胸にカラータイマーが無いことが特徴。地球での初戦闘時は全身が銀色だったが、2回目以降の戦闘ではお馴染みの赤いラインが入り、力を消耗するに従いこれが緑色になっていくようになった。

謎の巨大敵性生物禍威獣(かいじゅう)の出現に合わせるように宇宙から飛来し、圧倒的な力でこれらを撃破する。実は禍威獣とはどこかの外星人が人類発祥以前に地球に不法投棄していった生物兵器で、それらが再起動したことに気付き、地球の未熟な生命体が死滅することを防ぐのが地球を来訪した目的だった。もともとリピアの出身地である光の星は、外星人の中でも屈指の戦闘力と高い科学力を持ち、全宇宙で確認されている130億もの知的生命体の調停者として活動していたようである。
しかし初戦闘時にアクシデントから禍特隊こと禍威獣特設対策室専従班の神永新二(かみなが しんじ)の命を奪ってしまい、その際に彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動に興味を抱き、“肉体を融合する”という方法でこれを救う。その後は普段は神永として行動しつつ、地球とそこに生きる人々について学び、良い面も悪い面も含めてこれを愛するようになっていった。

初戦闘時とそれ以降で顔の造詣が変化しており、これは神永との融合の影響によるもの。原作に当たる『ウルトラマン』でも、ウルトラマンのマスクは2種類採用されており、これを演出の形で再現したものとなっている。

renote.jp

ウルトラマン(リピア)の能力・必殺技

スペシウム133という物質をエネルギー源としており、これを用いて強烈無比な光線を放ち、自在に空を飛ぶことができる。拳の一撃で禍威獣を絶命させるなど、格闘戦闘力もすさまじい。神永との融合中は、力の大半をマルチバースに格納しており、ベーターカプセルという装置でこれを取り出して本来の姿へと変身する。

スペシウム光線

手首と手首を合わせ、十字にした腕から放つ破壊光線。その威力は山体をいくつも貫いてプラズマ化させるほどのもので、光を透過することで光線の力そのものを和らげようとした禍威獣ネロンガをもたやすく撃破した。
ウルトラマンの代表的な必殺技だが、作中で怪獣へのトドメとして使われたのは初戦闘の時のみである。

八つ裂き光輪(やつざきこうりん)

円形にした光線を投げつけ、敵に斬撃を食らわせる技。投擲すると同時にプラズマのようなもので不可視の刃が広がるのか、ウルトラマンを人間大にして考えると幅広の帽子ほどのサイズながら、まともに食らった外星人ザラブを縦に真っ二つにするほどの切れ味を誇る。
殺傷力でいえばスペシウム光線を上回るウルトラマンの切り札だが、それだけに一定以上の実力者からは警戒されており、メフィラスには「刃の無い真横部分を叩いて弾き飛ばす」という方法で防がれている。

ウルトラマン(リピア)の来歴・活躍

神永との融合

地球に降り立ったリピア。地球人からは「ウルトラマン」と呼ばれるようになる。

全宇宙に存在する130億もの知的生命体の調停者、「光の星」の戦士として活動。その絶大な力で宇宙の秩序を守り続ける。
ある時、未熟な知的生命体しか存在しないはずの地球にて、外星人の生物兵器が何体も稼働していることが確認される。これは地球にまだ知的生命体が生まれる以前に、どこかの外星人が不法投棄していったものが再起動した個体と思われ、放置すれば地球の生物は死滅する可能性が高かった。

このためリピアは単身地球に赴き、地球人たちに禍威獣と名付けられた外星人の生物兵器を撃破する。しかしこの時、着地の際の衝撃波に地球人の神永新二が巻き込まれてしまい、咄嗟に子供を庇った彼は頭に瓦礫の直撃を受けて絶命。これに責任を感じ、また神永の「自分より弱い生き物を守るために命を懸ける」という行動に興味を抱き、“肉体を融合させる”という方法で彼を救う。

地球人という生き物

神永は禍威獣対策を専属に行う禍威獣特設対策室専従班(以下禍特隊)というチームの一員で、自分の中で眠りにつく彼の代わりに、この組織の中での活動を開始する。その中で「人間とはどういう生き物なのか、なぜこの男は自分より弱い生き物を己の命を犠牲にしてまで咄嗟に庇ったのか」を知ろうと様々な書物を読みふける。個々が極めて強力な上、地球人を遥かに超える知性を持つリピアたちにとって、「自分の命を犠牲にしてでも自分より弱い生き物を救ったところで、自分無しでその弱い生き物が次の危機を乗り越えられる可能性は低いのだし、無意味なのではないか」という論理的な結論が当たり前で、神永の行動の意味が分からなかったのである。
しかし突如中身がほぼリピアになった神永のことを、禍特隊のメンバーは「前から変わり者だったが、最近はそれ以上におかしい」と不思議がるようになり、特にウルトラマンの調査のために新たに加わった浅見弘子(あさみ ひろこ)はそれを遠慮なくリピアに告げた。彼女の言葉や振る舞いから、リピアは次第に地球人というものの在り方を、個々が弱いからこそ“群れ”という社会を作って生きていく生き物であることを学んでいく。

この頃、禍特隊にザラブという外星人が接触。「地球にとって人類は害悪でしかない」という思想の元、害獣駆除として人類の殲滅を画策する。そのための障害となるウルトラマンを排除するため、神永の状態のリピアを捕らえて監禁してしまう。しかしリピアはこうなることを見越して、「彼らが“弱いからこそ手を取り合う生き物”であるなら、自分が助けを求めていることにも気付くはずだ」と事前に浅見に変身用のアイテムであるベーターカプセルを預けていた。
この時点で神永こそがウルトラマンであることを知った禍特隊の面々は、彼を救出するべく行動を開始。リピアの意図を見抜いて彼にベーターカプセルを届ける。地球人という生き物の本質を学んだリピアは、本来の力を開放してザラブを打ち倒すのだった。

メフィラスとの対峙

神永の「自らを犠牲にしてでも弱い生き物を救う」という行動の意味を学んだリピアだったが、そんな彼と禍特隊の前に次なる敵が現れる。そのメフィラスという外星人は、「これからも禍威獣と外星人はいくらでも現れる。地球人自体がそれに対抗する術を持たねばならない」と言葉巧みに政府高官に働きかけ、自らの技術供与を受けるように勧める。しかし彼の真の目的は、地球人を生物兵器に仕立て上げ、それを商品として売りさばくことにあった。地球人には、ともすれば光の星の戦士にも匹敵しうる強力な兵器としてのポテンシャルがあったのである。
リピアは「地球人自体が脅威に対抗する術を持たねばならない」というメフィラスの意見を否定しない一方、彼がその正論を利用して自分の邪悪な目的を果たそうとしていることを糾弾。対してメフィラスは自分の計画には地球人側にも大きなメリットがあることを主張し、そもそも未熟な知的生命体(ここでいう地球人)にあまりに深く肩入れすることは光の星の掟にも反することではないのかと指摘する。リピアは「これは自分ではなく、自分と共にある神永の意志だ」と反論し、2人の話し合いは決裂する。

日本政府はメフィラスからの技術供与を受け入れ、大々的に式典を開く。リピアは協力を要請した禍特隊の面々と共にここに乗り込み、メフィラスが用意したベーターボックスを奪取する。これはリピアの持つベーターカプセルと同じく、マルチバースとの連絡路を開くための道具で、メフィラスが譲渡する技術の中でも中核となるものだった。
外星人としての姿を露わにし、ベーターボックスを取り返さんとするメフィラス。これを迎え撃つリピア。両者の力はほぼ互角だったが、神永と融合した結果地球上でのエネルギー消費が激しいリピアの方が先に消耗して追い詰められる。しかし、光の星の戦士であるゾーフィが自分たちの戦いを見ていることに気付いたメフィラスは、「ゾーフィがここに来ているということは、光の星は地球を滅ぼすことを決定したのだ」と察してこれ以上の戦闘が無意味であると判断。人類から手を引くことを約束し、それを信じたリピアからベーターボックスを回収すると、おとなしく地球を去っていった。

最後の戦い

ベーターカプセルを構え、最後の戦いに臨むリピア。

メフィラスが見立てた通り、ゾーフィは「地球人を滅ぼす」という意志を持って地球にやってきていた。メフィラスが見出した“地球人の生物兵器としての可能性”が、全宇宙の秩序を根幹から揺るがしかねないというのがその理由であり、調停者を自称する光の星としては見逃してはならない事態だったのである。
リピアはこれに反発し、「地球人は決してただ悪しき目的に使われるだけの生物兵器にはなりえない」と主張するも、ゾーフィは「全宇宙130億の知的生命体が1つ減るだけだ」と取り合わず、天体制圧用最終兵器ゼットンを起動する。それは一兆度というすさまじい火球を放つことで、星系をまるごと消滅させる恐るべき兵器だった。地球とそこに住む全ての命を救うため、リピアは禍特隊に全てを明かした上で火球のチャージを進めるゼットンに挑むも、スペシウム光線も八つ裂き光輪もまったく効果が無く、成す術もなく敗北する。

しかしリピアがわずかな希望と共に託したベーターシステムのデータを禍特隊と世界中の科学者が解析した結果、「ベーターシステムの応用で、ゼットンを火球を放つ直前にマルチバースへと追放する」という攻略法があることが判明。これが実行できるのはリピアだけであり、彼を犠牲にするしかないのかと禍特隊の面々は悩む。しかし意識を回復したリピアはこの無謀な作戦の実行役となることを快諾し、禍特隊の面々に「必ず帰る」と約束して再びゼットンに挑む。
作戦は成功し、自らの火球の威力でゼットンは破壊されるも、リピアもまたマルチバースに取り残される。火球の爆発に巻き込まれて命尽きかけるリピアだったが、なお生きることを諦めないその意志をゾーフィが感じ取り、彼によって回収される。ゾーフィはゼットンが破壊されたことに驚き、それを成した地球人の叡智と、彼らのために命をも懸けたリピアに脱帽。地球人を滅ぼそうとしたのは誤りだったと認める。

地球人にあまりに肩入れするのも彼らのためにならないとゾーフィは言葉を続けて、リピアに自分と共に光の星に帰るよう命じる。可能であれば地球に留まり、これからも現れるだろう禍威獣や外星人から地球人を守りたいと願うリピアだったが、それが叶わないのであればと「自分の命を神永に与えてほしい」とゾーフィに頼み込む。それは神永の命を奪ってしまったことへの償いであり、地球人という素晴らしい生き物の在り方を教えてくれた彼への敬意だった。
ゾーフィはこれを受け入れ、神永は禍特隊の面々の下に帰還。地球のために戦い抜いたリピアは、ゾーフィと共に光の星へと去っていくのだった。

ウルトラマン(リピア)の関連人物・キャラクター

神永新二(かみなが しんじ)

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットンとは、『シン・ウルトラマン』に登場する、一兆度もの火球を放ってその星系ごと天体を消滅させる光の星の兵器。元ネタは『ウルトラマン』の最終話に登場し、ウルトラマンを敗北に追い込んだ怪獣ゼットンである。 「地球人の生物兵器としてのポテンシャル」を“宇宙の将来的脅威”と判断した光の星の決定を受け、ゾーフィによって地球に持ち込まれる。同族たちの決定に1人反発したウルトラマンと戦い、これを造作も無く一蹴する強さを見せつけた。『シン・ウルトラマン』の実質的ラスボスである。

Read Article

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラスとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球に潜伏して暗躍する外星人。 腹黒い一方で、振る舞いは紳士的。ウルトラマンがやってくる前から地球で活動しており、自らを「外星人0号」と名乗って禍特隊に接触。地球人そのものが禍威獣や外星人の脅威に対抗する術を持つ必要があると説き、日本政府に対して技術供与を申し出る。しかし裏では地球人の潜在的な戦闘能力に目を付けており、これを生物兵器に仕立てて売りさばくことを計画していた。この陰謀を見抜かれて、ウルトラマンと敵対することとなる。

Read Article

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、ウルトラマンと同じ天体出身の外星人。 彼らの出身地は「光の星」と呼ばれており、個々の高い戦闘力と優れた科学力を用いて宇宙の調停者として振る舞っている。地球人の生物兵器としての高いポテンシャルが明らかとなった時、光の星はこれを“全宇宙の知的生命体にとっての将来的な脅威”と見なして滅ぼすことを決定する。そのために地球を訪れるも、なんとしても地球人を守らんとするウルトラマンと決裂。最後は地球人の生物兵器として以外の可能性を認め、地球を去った。

Read Article

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(かみなが しんじ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の作戦立案担当官にしてウルトラマンをその身に宿す青年。 元公安課の刑事で、その職務上当然ではあるが前歴には明かされていない情報も多い。寡黙で実直、合理性を重んじる性格ながら、同時に自らを犠牲にしてでも弱者を救おうとする高潔な意志を併せ持つ。ウルトラマンが地球に来訪した際、その着地の衝撃から子供を守ろうとして命を落とすも、彼のこの行動がウルトラマンと人類の運命を変えていくこととなった。

Read Article

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(あさみ ひろこ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の分析官。突如出現して禍威獣を撃破していった“銀色の巨人”の調査のために物語途中で禍特対に加わり、彼に「巨大人型生物ウルトラマン」という名称をつける。 頭脳明晰かつ明朗快活な才媛で、禍特対では新入りの立場ながら歯に衣着せぬ物言いで周囲に意見する。同僚の神永にウルトラマンが融合していることを知らないまま彼とバディを組み、“地球人とはどういう生き物か”のもっとも身近な実例として様々な気付きを与えていく。

Read Article

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球人を「地球の害獣」と見なして絶滅させることを目論む外星人。 「体の前半分の皮膚以外が透明」という奇怪な姿をしている。電子機器を操る生体器官を有しており、外見をまったく別のものに変える擬態能力を持つ。ウルトラマンこそは自身の計画の最大の障害だと判断し、禍特隊の神永新二と融合していた彼を監禁する一方、自身はウルトラマンの姿になって都市を攻撃。人類の間に疑念と互いへの敵意を植え付けて大戦争を巻き起こそうと画策した。

Read Article

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開された。今尚アニメ界で異彩を放つ作品である。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

ふしぎの海のナディア(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ふしぎの海のナディア(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(シン・エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(シン・エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』(EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)とは、2021年に公開されたSFアニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の4作目にあたり、四半世紀にわたる『エヴァンゲリオン』シリーズの集大成の作品として、公開前から注目を集めた。総監督・脚本・原作・製作総指揮を庵野秀明が務める。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の後、失意のどん底にいる碇シンジが立ち直る姿を描く。

Read Article

『ウルトラマンシリーズ』に登場する悲しき運命を背負った怪獣・宇宙人たち

『ウルトラマンシリーズ』に登場する悲しき運命を背負った怪獣・宇宙人たち

『地球の平和を守るために怪獣と戦う』がウルトラマンの一般的な印象だと思うが、作品の中にはそこから大きく逸脱した回が存在する。迫害・いじめをテーマにした回、やむなく怪獣になるしかなかった者、そういった回では怪獣はかわいそうに思えるほど悲痛な最後を迎える。 ジャミラやピグモンなど、悲痛な最後を遂げた怪獣・宇宙人たちを紹介する。

Read Article

ウルトラマンを倒した怪獣・宇宙人たち!

ウルトラマンを倒した怪獣・宇宙人たち!

子供たちから憧れを持たれ、圧倒的な国民的ヒーローであるウルトラマン。そんなウルトラマンは、実は結構敗北しています。初代ウルトラマンを倒して、その後、シリーズ最大の敵となるゼットン、4人のウルトラマンを相手にしても勝利してしまうヒッポリト星人など、強力な怪獣・宇宙人が登場します。 歴代のウルトラマンを打ち倒し、視聴者に衝撃を与えた怪獣・宇宙人をまとめました。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとは、1995年制作のテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を原作とした劇場版アニメ。総監督庵野秀明を始めとして、ほとんどの声優やスタッフがテレビアニメシリーズに引き続き制作を手掛けている。単なるリメイクではなく「再構築(リビルド)」と位置づけ、14歳の少年少女が人型兵器エヴァンゲリオンに乗って謎の使徒と戦うという大本の設定は同一ながら、中盤から全く新しい展開を見せている。2021年にシリーズ完結作となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開された。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・旧劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

新世紀エヴァンゲリオン・旧劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)のネタバレ解説・考察まとめ

新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)のネタバレ解説・考察まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』とは、ガイナックス制作による庵野秀明監督のアニメーション映画。主たるジャンルはロボットアニメに分類される。同名TV作品のリメイク映画作品。 地球に突如として謎の巨大生命体「使徒」が出現。これへの対処に組織された特務機関「ネルフ」は、巨大人造人間「エヴァンゲリオン」を創造した。操縦には資格を持った14歳の少年が必要である。操縦者に選ばれた少年碇シンジと、彼を取り巻く人間たちの複雑怪奇な愛憎劇を描く。

Read Article

ウルトラマン(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマン(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

鈴原サクラ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原サクラ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原サクラ(すずばらサクラ)とはアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの登場人物で、反ネルフ組織「ヴィレ」に所属する医療スタッフ。テレビアニメシリーズでは鈴原トウジの妹として名前だけ言及されていたが、新劇場版シリーズで初めて本人の姿が登場した。基本的に明るく柔和な女性だが、主人公の碇シンジがエヴァに乗ることについては激しく反対する。碇シンジに対して愛憎入り混じった複雑な感情を抱き、彼を不幸にしたくないという想いから過激ともいえる行動に出た。

Read Article

ウルトラマンティガ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンティガ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラセブン(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラセブン(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Read Article

碇ゲンドウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ゲンドウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ゲンドウとは、新世紀エヴァンゲリオンの登場人物で、特務機関ネルフの最高司令官。主人公碇シンジの実父ではあるが、その関係は荒んでおりほとんど親子らしい会話を交わすことはなかった。本作の核心ともいえる「人類補完計画」を実行すべく謀略を巡らせる黒幕的ポジション。その真の目的は、過去に命を落とした最愛の妻・碇ユイと再会することである。常にサングラスをかけており、その表情を読み取ることは難しい。

Read Article

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

加持リョウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

加持リョウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

加持リョウジとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で特務機関ネルフに所属する諜報員。後ろで束ねた長髪に無精髭、咥え煙草がトレードマークの伊達男で、飄々としたプレイボーイ。しかしその真の姿は、ネルフとその上位組織であるゼーレ、日本政府を股にかけて暗躍する三重スパイである。セカンドインパクトの真相を探るため独自に動いていたが、ゼーレを裏切ったことで始末された。エヴァの戦闘指揮官・葛城ミサトは彼の元恋人であり、再会した後は再び深い仲になっている。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)のネタバレ解説・考察まとめ

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)のネタバレ解説・考察まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

冬月コウゾウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

冬月コウゾウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

冬月コウゾウとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で特務機関ネルフ副指令。謎に包まれたネルフ司令碇ゲンドウの数少ない理解者であり、真の目的を共有する同志である。主にネルフの実務処理を担当しているが、ゲンドウの不在時には代わりに作戦指揮を執ることも多い。元々は京都大学の教授として形而上生物学を研究しており、その時に教え子であった碇ユイやゲンドウと出会っていた。ロマンスグレーの初老の紳士で、常にゲンドウの傍らに立ち戦況を見守っている。

Read Article

ウルトラマンタロウ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンタロウ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

ウルトラマンA(エース)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンA(エース)のネタバレ解説・考察まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンガイア(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンガイア(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

Read Article

ウルトラQ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラQ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。 ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。 世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。 後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。 2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

Read Article

ウルトラマンレオ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンレオ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの二作目である。 謎の巨大生物・使徒により、「セカンド・インパクト」という大災害が発生してから15年。14歳の少年碇シンジは、父ゲンドウの命令で汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と戦うことを強いられる。同じくパイロットに選ばれた少女たちと交流しながら、シンジは世界の謎を巡る奇怪な陰謀に翻弄されていく。

Read Article

大人向けウルトラマン?ウルトラセブンの印象的なエピソード集

大人向けウルトラマン?ウルトラセブンの印象的なエピソード集

モロボシ・ダンの名を借りて僕らの幸せを守るウルトラセブン。 この深紅のヒーローは当時の子供たちは勿論、現代の大人までも魅了している。 何故子供たちだけでなく大人たちの心までも掴むのか。 それはただ単にかっこいいだけでなく、深い問題提起に富んだエピソードが多いからである。 本記事ではウルトラセブンの印象的なエピソードたちを紹介する。

Read Article

ウルトラマンコスモス(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンコスモス(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。 春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

Read Article

目次 - Contents