ウルトラQ(Ultra Q)のネタバレ解説まとめ

M 78 q

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。
ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。
世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。
後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。
2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

概要

製作開始は1964年8月。当初は『UNBALANCE』というタイトルで企画が進行し、アンバランスゾーンで巻き起こる怪事件をメインに据えた、海外の先行作品『The Twilight Zone(日本放題:『未知の世界』『ミステリー・ゾーン』等)』『The Outer Limits(日本放題:『空想科学劇場アウターリミッツ』『空想科学映画ウルトラゾーン』等)』を強く意識した作品だった。紆余曲折とプロデューサー決定を経てタイトルを『ウルトラQ』へ変更し、円谷英二が東宝で手がけており、大きく活気づいていた「怪獣」をメインに据えた作品へとシフトしていく。
放送開始時期は1965年4月で調整されていたが、制作期間を長く取り、全話を完成させてから放映開始したいというプロデューサーの意向もあり、1年以上をかけて全28話が完成してからの放送開始となった。

安定、反映した現代人類の科学的、常識的な概念が突如崩壊して生まれる「アンバランスゾーン」。本作はこの「アンバランスゾーン」を舞台に起こる怪事件や怪獣の出現を描くオムニバス作品となっている。共通のあらすじといえるものは無いが、万城目淳、戸川一平、江戸川由利子のレギュラーメンバー3名が事件に巻き込まれる筋書きが殆どを占める。

登場人物

万城目淳

Showphoto

演者:佐原健二
本作の主人公。星川航空のセスナ機パイロット。宇宙旅行の夢を追いかける青年。行動力があり、セスナやヘリコプターのライセンスを持つ。SF作家を自称しているが、出版経験は無い。
事件の調査に積極的な他、窃盗団と一戦交えたり、セスナのライセンスと経験を活かし、緊急避難的に勝手の違うジェット機の操縦桿を握るなど度胸も据わっている。機転が利き、人を襲うマンモスフラワーの根を相手に空き瓶を割って即席の刃物にして立ち向かったこともある。
『カネゴンの繭』を除く全話に登場。

戸川一平

E0192573 21142586

演者:西條康彦
万丈目の後輩。星川航空のパイロット助手として万丈目の元で見習い修行を積んでいる。彼と共に怪事件の調査を担う。セスナを任せられることは無いが、ヘリコプターは単独で操縦できる。作品のムードメーカー。おっちょこちょいでちゃっかりした性格をしており、『宇宙からの贈り物』では怪獣再出現の原因を作ってしまう。三人の中では一番勘が鋭く、度々事件の本質を突く。
『カネゴンの繭』『ペギラが来た!』を除く全話に登場。

江戸川由利子

A3ff2e25

演者:桜井浩子
新聞社・毎日新報社会部のカメラマン。好奇心旺盛で元気な明るい女性。特ダネを探して怪事件を追いかける他、関デスク(演者:田島義文)の指示で事件取材に赴かされることも。全国を股にかける手段として星川航空のチャーター機を利用しており、万丈目とは公私共に仲が良い。
『カネゴンの繭』『ペギラが来た!』を除く全話に登場。

一の谷博士

Cmwchgcuiaapb 1

演者:江川宇礼雄
世界的な権威を持つ学者で、多くの分野に精通している。登場する話では科学技術に関する知見から、SF要素の解説、哲学的な含蓄のある教訓まで口にし、事件解決の重要人物となることが多い。専門は不明だが、『ウルトラマン』の科学特捜隊日本支部設立に関わったとされている。
『宇宙からの贈り物』『マンモスフラワー』『甘い蜜の恐怖』『鳥を見た』『ガラダマ』『変身』『悪魔っ娘』『206便消滅す』『開けてくれ!』に登場。

代表的なSFガジェット

シトロネラアシッド

『ゴメスを倒せ!』に登場。原始怪鳥リトラがくちばしから吐き出す強酸性の液体。天敵である古代怪獣ゴメスに対する唯一無二の武器だが、これを吐くとリトラ自身も命を落とす。アシッドを和訳した「シトロネラ酸」と表記されることもある。

青葉くるみ

『五郎とゴロー』に登場。旧日本軍が用いたとされる特殊な栄養剤。摂取型により甲状腺ホルモンに以上をきたし、体が急激に成長する。その効果の程は300個の青葉くるみを平らげた猿のゴローが50メートルにまで巨大化するほど。

炭素ガス固定剤

『マンモスフラワー』に登場。炭素ガスを固定化し、光合成を阻害する薬品。万丈目がセスナから散布し、マンモスフラワー(ジュラン)を枯らした。企画段階にはなく、同話監督の梶田興治のアイデアで脚本決定稿から挿入されたガジェットである。

ペギミンH

『ペギラが来た』『東京氷河期』に登場。南極大陸に生えるコケから抽出する物質。冷凍怪獣ペギラはこれが苦手である。2回に渡って登場したペギラは、ことごとくこの物質に苦しめられ、逃げ去っていった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)のネタバレ解説まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

ウルトラマンガイア(Ultraman Gaia)のネタバレ解説まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック、The Return of Ultraman、Ultraman Jack)のネタバレ解説まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマン80(ウルトラマンエイティ、Ultraman 80)のネタバレ解説まとめ

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンコスモス(Ultraman Cosmos)のネタバレ解説まとめ

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。 春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンA(ウルトラマンエース、Ultraman Ace)のネタバレ解説まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンティガ(Ultraman Tiga)のネタバレ解説まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

ウルトラマンタロウ(ウルトラマンT、Ultraman Taro)のネタバレ解説まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

ウルトラマンダイナ(Ultraman Dyna)のネタバレ解説まとめ

1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンダイナ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 前作『ウルトラマンティガ』が闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。アスカ・シン=ウルトラマンダイナ、スーパーGUTSメンバーと、謎の生命体スフィアとの戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラセブン(Ultra Seven)のネタバレ解説まとめ

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Read Article

Contents