SHAUN(ショーン)の徹底解説まとめ

SHAUNとは、韓国のロックバンドのThe Koxxのキーボーディスト、バックアップ・シンガーとしてデビューし、DJやディレクターとしても活躍しているアーティストである。ディレクターとして手掛けている曲の中には、有名アーティストたちの楽曲もある。さらに、韓国のクラブやダンスフェスティバルにDJとして出演するなど多彩な才能を発揮している。初のソロ曲である「Way Back Home」を大ヒットさせ、ソロシンガーとしても注目を集めている。2020年には兵役も終え、本格的な音楽活動に入っていく。

2020年11月にはファン待望の除隊となった。

BTSの楽曲も手がける

除隊後には世界的に人気のBTSの2020年大ヒット曲「Dynamite」のREMIXバージョンをSHAUNが手がけた。
世界的なアーティストともかかわれるほどに除隊後も彼の活躍ぶりは変わらない。

SHAUNのプロフィール・人物像

SHAUNは、1990年1月12日生まれの血液型はA型。SHAUNというのは芸名で、本名はキム・ユンホという。身長は184cmと長身で、体重は72kgだ。
2010年にインディーロックバンドThe Koxxのキーボード担当、バックアップシンガーとしてデビューした。
その後2018年7月にソロ曲をリリースして大ヒットした。
DJ、プロデューサー、シンガーソングライターとしても活躍するほど多才である。

SHAUNのディスコグラフィー

Take

収録曲
1. Way Back Home
2. Thinking Of
3. Nocturnal
4. Arirang

大ヒットとなった「Way Back Home」を収録しているこのアルバムにはほかにも「Thinking Of」などのどこか切ない曲が詰まっている。
「Thinking Of」の「すごくたまに思い出す ほかの男の隣にいるとしても君は僕をずっと見つめるといったね」 というような歌詞のように切ないながらもどこか甘い曲が中毒性があり、聞かずにはいられないアルバムとなっている。

Way Back Home: The Remixes

収録曲
1. Way Back Home (Mosimann Remix)
2. Way Back Home (Advanced Remix)
3. Way Back Home (Mav Remix)
4. Way Back Home (Instrumental)
5. Way Back Home (Acapella)

大ヒット曲である「Way Back Home」をSHAUNが様々なテイストにアレンジしてファンに届けた。
このアルバムを聴くと原曲とはまた違う明るい曲に感じられたり、クラブでも使うことができそうなノリノリな曲に感じられたりするので新鮮な気持ちで曲を楽しむことができる。

Way Back Home (feat. Conor Maynard) [Sam Feldt Edit]

収録曲
1. Way Back Home (feat. Conor Maynard) [Sam Feldt Edit]

別れた彼女のことをなかなか忘れることができない男性の切ない心情を描いたのが「Way Back Home」という曲だ。
しかし、ただ切ないだけでなく、「世界をひっくりかえしてでも探しに行くよ ただ君だけで埋め尽くされた話を」 といった歌詞からも分かるように少しロマンチックな要素もあり温かさが感じられる。
その絶妙な切なさと温かさのバランスがヒットした理由の一つだ。

An-nyeong

収録曲
1. Traveler
2. Bag Habits
3. Terminal

「Bad Habits」は、大ヒットした「Way Back Home」のように別れた恋人を忘れることができずにいる男性の心境を歌っているが、メロディーがもっと明るくすっきりしている印象を得られる。
「こんな自分が嫌だ時間がたっても変わることがない」と歌詞では苦しんでいる状況を演出し、曲調ではその苦しい状況から脱するかのようなすっきりとしたメロディーで心情が表現されている。

36.5

収録曲
1. Moon
2. 36.5
3. To Be Loved

透明な氷口の中に溶け込むドキドキさこんなにまぶしい夏が来る心臓の音にリズム乗るという歌詞からも分かるように「36.5」という曲はロマンティックで温かい曲だ。これまでのソロ曲は切ない曲ばかりであったが珍しく甘い曲で新しい魅力でファンを魅了した一曲となった。そんな曲をタイトル曲としたのがこのアルバムだ。

DINNER MATE (Original Television Soundtrack, Pt. 4)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents