SHAUN(ショーン)の徹底解説まとめ

SHAUNとは、韓国のロックバンドのThe Koxxのキーボーディスト、バックアップ・シンガーとしてデビューし、DJやディレクターとしても活躍しているアーティストである。ディレクターとして手掛けている曲の中には、有名アーティストたちの楽曲もある。さらに、韓国のクラブやダンスフェスティバルにDJとして出演するなど多彩な才能を発揮している。初のソロ曲である「Way Back Home」を大ヒットさせ、ソロシンガーとしても注目を集めている。2020年には兵役も終え、本格的な音楽活動に入っていく。

自由に旅行のパッキングをする女性のシーンや自由に楽しむ女性のシーンからも曲が明るく元気になれるような曲だということが伝わってくる。
女性がマイクを持ちながら様々な音を収録していく様子は不思議に思えるが、そういった意外性が中毒性をうむ理由の一つだ。

SHAUNの名言・発言

「1位になって戸惑った」

「Way Back Home」ランキング操作疑惑騒動の後、SHAUN韓国のテレビ番組「ビデオスター」に出演した。
そこで彼は音楽チャートで前代未聞な速さで1位になったことについて、「普通、1位になればお祝いをしてもらえるはずなのに、私には、真実はどうなんだとの言葉を変えられることが多かった。この疑惑をかけられてかてからというもの、人に会うことも避け、家で過ごした」と話した。1位に慣れて嬉しくなるはずであるのに疑惑をかけられてしまったことで複雑な心境になってしまったようだ。

「注目されたことが大きなチャンスになった」

「Way Back Home」がいきなりランキング下位から逆走して大ヒットしたことで、ランキング操作をしたのではと疑われたSHAUN。その時の心情を韓国のバラエティ番組「ビデオスター」で振り返ったSHAUNはその時のことを、「あのときのことを振り返ってみると、その時注目されたことが大きなチャンスになったと思う」と発言。それだけでなく、SHAUNは騒動時、自宅でじっとしていることしかできなかった事情とこれからやりたいことについて打ち明け、ファンや関係者の応援を受けたと明かした。この騒動は実際はただSHAUNの曲が良くてヒットしただけなので収まったがSHAUNにはつらい経験として残るところだったが、この経験がSHAUNのメンタルを強くした。

「感謝のあいさつをしたい」

SHAUNは軍隊入隊を発表する際に自身のSNSにて、「海外で私の音楽を愛してくださる皆さんに直接お目にかかって顔を合わせて、感謝のあいさつをしたい」と発言しており、「服務中にも楽曲を発表出来るように準備してある」という言葉も添えた。軍隊に入ってファンと頻繁に会えなくなる分、恩返しをしたいという意味で綴ったそう。軍隊に入るとファンとはいったん距離が遠くなってしまうがこのような発言はファンのことを思う気持ちが表れている発言であった。

「今後も自分のカラーの入った音楽を届ける」

韓国のバラエティ番組「ラジオスター」にて、「これからも私の音楽のカラーが入った音楽を皆さんにお届けできるようにがんばっていく」とこれからの活動にも意欲を見せた。
更なるヒット曲を生み出してくれることをファンたちは期待している。

SHAUNの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

想定外の大ヒット

韓国のバラエティ番組「ラジオスター」に出演したSHAUNは大ヒット曲である「Way Back Home」について、「元々は東方神起に所属していた有名アーティストのジェジュンにあげるはずの曲であった。しかし当時日本の曲と似ているという理由で渡すことができなかった。しかし、個人的に好きな曲だったのでそのまま置いておいた」と発言。そのまま置いておいたら世間はこのようなヒット曲には出会えないところだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents