SHAUN(ショーン)の徹底解説まとめ

SHAUNとは、韓国のロックバンドのThe Koxxのキーボーディスト、バックアップ・シンガーとしてデビューし、DJやディレクターとしても活躍しているアーティストである。ディレクターとして手掛けている曲の中には、有名アーティストたちの楽曲もある。さらに、韓国のクラブやダンスフェスティバルにDJとして出演するなど多彩な才能を発揮している。初のソロ曲である「Way Back Home」を大ヒットさせ、ソロシンガーとしても注目を集めている。2020年には兵役も終え、本格的な音楽活動に入っていく。

収録曲
1. More Than Words

DINNER MATEというドラマのサウンドトラックが収録されているのがこのアルバムだ。「君と出会ってから笑うことが増えた」というような歌詞からも分かるように温かい気持ちになれるような曲だ。メロディーも明るくなれるようなアップテンポに仕上がっている。

SHAUNの代表曲

Way Back Home

SHAUNのヒット曲と言えばこの曲だと誰もが口をそろえて言う曲だ。
切ない曲でありながらもSHAUNのやさしい歌声が心地よいこの曲は中毒性がある。
「道に迷った中でも君を探す」といった切ない歌詞に胸を打たれる人も多い。

Bad Habits

「Way Back Home」と同じような失恋ソングでありながらも、アップテンポで吹っ切るような曲調が特徴的なこの曲もSHAUNの代表曲だ。
「こんな自分は嫌だ」ともがいている歌詞とアップテンポな曲調が中毒性があり、はまる人が続出した。

SHAUNのミュージックビデオ(MV/PV)

Way Back Home

SHAUNの代表曲であるこの曲のMVはSHAUN本人は出てこないがモデルがバカンスを楽しむ様子を見ることができる。
歌詞とはあまり合わないアンバランスさが魅力的なMVとなっている。
モデルたちのおしゃれなファッションにも注目して見たいMVだ。

Traveler

昔の韓国かと思うようなレトロなコンセプトで撮られたMVが印象的だ。
昔の雑誌を見ているかのように一昔前のファッションなども楽しむことができる。
不思議な雰囲気が感じられるMVとなっていてタイムスリップしたような感覚が楽しめる。

Bad Habits

別れた恋人のことを忘れようともがく歌詞が印象的なこの曲も「Way Back Home」同様、SHAUN本人はMVに出演せずに女性が出演している。
モデルの撮影現場のような映像などがつまったおしゃれなMVとなっている。

Terminal

少し憂鬱そうな女性が出てくるMVは、暗い雰囲気の曲に合ったMVとなっている。
自分だけ行き場がないという歌詞のようにいろいろな場所をふらふら歩いていく女性を写したMVは、ところどころインスタントカメラで撮ったかのようなフィルターがかかっていて悲しい雰囲気たっぷりなMVとなっている。

36.5

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents