ピクミン3(デラックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン3 デラックス』とは、2013年にWiiUで発売された『ピクミン3』に追加コンテンツが収録された、2020年発売のNintendoSwichソフトである。母星の食糧危機を解決する為に未知の惑星に調査に赴き、その星で出会ったピクミン達と協力し食糧確保を目指す。今作から3人のキャラクターを操作することになり、キャラクターを切り替えながらそれぞれで行動することにより前作より幅広く多様な探索が行えるようになった。

『ピクミン3』の概要

『ピクミン3』とは、任天堂から2013年7月13日にWiiU版として発売され、そして2020年10月30日には新要素が加わったSwitch版で発売されたゲームソフトである。前作『ピクミン2』から9年ぶりの新作となる。Wiiリモコンとヌンチャクを用いてのプレイに加え、Wii U専用コントローラー「Wii U GamePad」での操作も可能となっている。Switch版に関しては2020年10月8日には無料体験版が配信されている。
おおまかなあらすじは、コッパイ星は人口増加と無計画な気質の為に食糧危機に陥り、その為に調査船を飛ばし、ある惑星を発見する。そこで3人のチームが編成され、派遣され、そこで「ピクミン」と出会い、ピクミン達と協力しながら食糧危機を解決するために奔走する。
今作の魅力の一つとして、操作キャラクターが前作から1人増えたことによる、操作性の多様化と効率が上がった点である。WiiU版ではGamePadの画面上で、Switch版ではマップ上でで操作キャラクター以外への指示を出せる。また新しい「岩ピクミン」・「羽ピクミン」が追加されたことにより、前作には無い、新たなプレイの幅が広がった点も魅力の1つである。

『ピクミン3』のあらすじ・ストーリー

出典: books.rakuten.co.jp

深刻な食糧不足に陥ってしまった惑星、コッパイ星。その食糧危機を解消するために、無人探査機を飛ばし調査したところ、ある一つの惑星を発見する。そこで3人の専門家でチームを組み調査に乗り出す。しかし航行中にトラブルに見舞われ、その際に3人が散り散りになり、宇宙船は「再会の花園」に不時着する、同時に惑星間航行をする為の装置であるワープドライブキーをなくしてしまう。

ブリトニーと合流

出典: game8.jp

ブリトニーと再会するも壁が邪魔をしている

不時着したアルフはまず、連絡のとれたブリトニーと合流する。そこで赤ピクミン・岩ピクミンと出会う。

電波の発信源へ

出典: game8.jp

電波の発生源に到達、「ヨロヒイモムカデ」が飲み込んでいたようだ

ブリトニーと合流した後、電波を受信することができたので、チャーリーと合流するために発信源へ向かう。
「ヨロヒイモムカデ」が電波の発信源の装置を持っていたので、ピクミンと協力して手に入れる。
その装置を使用すると新たな電波を受信することができたので、発信源の場所に向かう。

ブリトニー・チャーリーと合流

出典: game8.jp

「オオバケガミ」に囚われていたチャーリー

電波の発信源の場所へ降りる際に、ブリトニーが離れ離れになってしまうも、新たに黄ピクミンと出会い、黄ピクミンの力により合流する。
電波の発信源へ向かい、「オオボケガミ」に捉われていたチャーリーを救出する。

ワープドライブキーを求め、ルーイとオリマーとの出会い

出典: enjoygame.at.webry.info

「アメニュウドウ」に囚われるオリマー

無事3人が合流できた後、合流する過程でホコタテ星人の「オリマー」がワープドライブキーを入手したことが判明し、オリマーの捜索に取り掛かる。その際、同じホコタテ星人の「ルーイ」に出会い、羽ピクミン、そして青ピクミンとも出会う。そうして捜索範囲を広げていき、オリマーを発見することに成功するも、彼もまた「アメニュウドウ」に捕らわれていた。
その「アメニュウドウ」を撃退することで、ようやくワープドライブキーを入手することに成功し、無事コッパイ星に帰ることができたのであった。

『ピクミン3』のゲームシステム

ゲームの基本的な流れ

出典: www.inside-games.jp

ピクミン達を呼ぶ(集合させる)

出典: hyperwiki.jp

ピクミン達を使って壁を壊す

基本的にゲームシステムはシリーズ通して変わらない。『ピクミン』ではアクシデントでとある惑星に不時着したホコタテ星のホコタテ運送ベテラン社員のキャプテン・オリマーが、『ピクミン2』ではそこに新米社員のルーイを加えた2人を、そして『ピクミン3』ではアルフ、ブリトニー、キャプテン・チャーリーの3人をプレイヤーは操作し、惑星にある様々なトラップやギミック、時には危険な原生生物達にピクミンを使って乗り越えていく。また特徴的なシステムとして、操作プレイヤーを切り替えてプレイするという点だ。マップ上にポイントを指し自動で移動させる機能もあり、それぞれのキャラクターで仕事を分担し、より効率的にプレイをすることができるようになる。
操作するキャラクター達は、ピクミン達を投げる、戦わせる、集合させる、引き連れているピクミン達を動かす、解散させる(その場に留まらせる)といったことができる。それに対してピクミン達は運ぶ、戦う、橋を作る等といった行動を、指示されて動く、或いは自分で考え行動する。ピクミン達に、どのように指示を出し、段取り良く効率的に作業をこなせるかが肝になってくる。
また『ピクミン2』を除くゲームシステムにおいて忘れてはならないのが、ゲーム内で限られた日数の中で目的を達成しなければならないということである。ただそこまでシビアに日数の設定がされているわけではないし、もし上手くその1日の作業ができなかったとしても、その日をやり直す機能がある。
なのでまとめると、いかにピクミン達を増やし、段取り良く、1日の間にどれだけ目標に近づけるか、そういったことを積み重ねるゲームである。

出典: gamerch.com

日数以内に目標を達成できなかった場合はゲームオーバーになる

原生生物図鑑

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

「ピクミン3」ゲーム紹介前編~ピクミンと力を合わせて生き残れ!~

現在、「ピクミン」の最新作はWiiUで発売されている「ピクミン3」。「その名前は聞いたことがある」とか、「CMは見たことある」と言う方は多いと思いますが、「ピクミン」がどんなゲームか、ご存知ですか?今回は、このゲームの目的(ストーリーのはじまり)と、小さな相棒・ピクミンたちについてご紹介します!

Read Article

「ピクミン3」ゲーム紹介後編~「ピクミン」はアクションサバイバルゲームだった~

現在、「ピクミン」の最新作はWiiUで発売されている「ピクミン3」。「その名前は聞いたことがある」とか、「CMは見たことある」と言う方は多いと思いますが、「ピクミン」がどんなゲームか、ご存知ですか?今回は、アクションサバイバルゲームとしての「ピクミン」の魅力と、遊び方をご紹介します!

Read Article

目次 - Contents