街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説まとめ

A 1280 1024

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂が開発し、2008年11月20日に発売されたNintendo Wii専用ソフトである。本作は任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の第5作目で初のWii用ソフトであり、美麗なグラフィックをテレビの大画面で楽しめる。今作の特徴として、シリーズ従来の村での暮らしに加えて街へお出かけしたり、Wiiリモコンとヌンチャクリモコンによる直感的な操作でより思いのままに遊べる。

『街へいこうよ どうぶつの森』の概要

G842

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂の据え置き機Wii向けに発売されたソフト。ジャンルはアクションゲームの多い任天堂製のゲームには珍しい箱庭シミュレーション。絵本のような可愛らしいキャラクターや簡単な操作から、女性やアクションが苦手な子供を中心に人気の高いシリーズ『どうぶつの森』の初のWii用ソフトである。
今作は2006年12月に全国劇場公開された『劇場版どうぶつの森』にて、初めて公の場に告知された。同映画のエンドクレジットの最後に「次はWiiで会いましょう」と字幕でのみの発表となり、ゲームの販売告知にしては異例のことであった。
そのおよそ一年半後の2008年夏、世界最大のゲーム見本市・E3において情報が解禁され、同年秋に正式タイトルと共に大々的に発表となった。
同シリーズは新作が出るたびに新アイテムや新住民が増え、できる遊びがどんどん増えていくことでおなじみ。今作ではインターネット通信を用いて他のプレイヤーの村に遊びに行ったり、村から出るバスに乗って街に行って買い物できるようになった。またプレイヤー間でのアイテムの売買をしたり、従来は変更できなかった髪型を変更できるようになるなど、より自分だけの楽しみ方を見つけやすい内容となっている。

『街へいこうよ どうぶつの森』のあらすじ・ストーリー

新しい生活を始めるため、バスに乗って引越し先の村に向かっているところからゲームが始まる。プレイヤーは新生活への期待に胸を膨らませ、のんびりバスの中から車窓を眺めていた。
すると同じバスに乗っていた青いネコ・みしらぬネコが話しかけてきた。彼は旅人を見かけるとつい話しかけてしまうという好奇心旺盛な性格で、プレイヤーの名前と引越し先の村を尋ねてくる。彼と他愛もない雑談をしている間に、バスは引越し先の村に到着する。
みしらぬネコと別れたプレイヤーは、バスを降りて新しい村へと降り立った。

『街へいこうよ どうぶつの森』のゲームシステム

操作方法

%e6%93%8d%e4%bd%9c%e7%94%bb%e9%9d%a2

Wiiリモコンのポインターをテレビに向けるとメニューが出てくる

本作はWii本体に付属のWiiリモコンとヌンチャクを使用して操作する。移動はヌンチャクのコントロールスティックできる他、Wiiリモコンをテレビ画面に向けてAボタンを押してプレイヤーを誘導させるポイント操作でもできる。
手に持って使用できるアイテム(道具)はAボタンを押して使用する。つりざおやむしとりあみ、おの、スコップはWiiリモコンを振って操作ができる。道具は十字キーの左右を押すことで持ち替えることが出来る。持ち物画面自体の操作やマイデザイン画面の捜査はWiiリモコンのポイント操作で行う。
またWii本体に接続して使用できるUSBキーボードにも対応。チャット、通信プレイに必要なプレイヤーの個人ナンバー・ともだちコードの入力、数字の入力を行える。

村での暮らし方

目的もゴールもないゲームなので、やることは全てプレイヤー次第。出来ることは決まっているが、こなさなければならない順番やクエストのようなお題はないので、好きなことを好きな時にやれる。

チュートリアルをこなす

初めてゲームを遊ぶ時、案内役のみしらぬネコに新しく遊び始めるか、ニンテンドーDS 『おいでよ どうぶつの森』のプレイヤーデータを引き継ぐかを選択する。新しい暮らしを選択すると列車の中に移り、そこでみしらぬネコと会話する形でプレイヤーの「なまえ」「村のなまえ」「誕生日」を決定する。この際、みしらぬネコの質問攻めに答えることで、プレイヤーの顔を決められる。
村に着いたら待っていたたぬきちと共に、村の四箇所に点在している一軒家を内覧する。自宅が決まったらその時点から家のローンが発生し、頭金はたぬきちの店でのバイト代で立て替えることとなる。たぬきちからはいろいろな仕事が任せられるので、それらを全てこなすと自由な生活の始まりとなる。
これまでの一連の流れ全てがチュートリアルとなっていて、「文字入力の方法」「ローンの支払い方」「花や木の植え方」「手紙の出し方」「道具の使い方」「住民とのコミュニケーション方法」を学ぶことが出来る。

住民と触れ合う

%e4%b8%96%e9%96%93%e8%a9%b1

住民同士でも会話していることもある

村に家を構えているどうぶつ達のことを『住民』と呼ぶ。これらの住民はどうぶつの種類や性格がたくさんあり、それぞれの性格に沿った話し方やリアクション、嗜好を持っている。彼らと仲良く過ごしていくことが、このゲームの醍醐味である。

インテリアを楽しむ

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2%ef%bc%91

家具は数百種類に及ぶ

自宅の床に置いて楽しむアイテムや、テーブルや椅子などの家具を揃える楽しみもある。同じテーマやシリーズで揃えられている家具を揃えてもいいし、好きな色の家具をひたすら集めるのも自由。壁紙やじゅうたんも好きな柄に出来るので、気分一つで簡単に模様替えを楽しめる。

おしゃれを楽しむ

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2%ef%bc%92

プレイヤーが着ることができる服、ぼうし、アクセサリーの種類が豊富であり、ファッションを好きに換えることができる。メンズ、レディース関係ないので、男の子のプレイヤーでもフリフリレースやピンクの服を着ることが可能。
また住民も男女関係なくおしゃれが好きで、「ファッションチェックしてほしい」とお願いしてくることもある。

つり、ムシ採りを楽しむ

%e3%82%b5%e3%82%ab%e3%83%8a%e9%87%a3%e3%82%8a

季節・場所によってサカナやムシの種類は様々

RyoK21
RyoK21
@Ryo-K-21

Related Articles関連記事

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。 どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったり、釣り、虫取りなどしながら自由気ままに過ごすもの。今作は村ではなくプレーヤーが管理人を勤めるキャンプ場が舞台となっている。どうぶつ達との交流や、家具の作成などといった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。 今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

Read Article

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

Read Article

目次 - Contents