ピクミン3(デラックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン3 デラックス』とは、2013年にWiiUで発売された『ピクミン3』に追加コンテンツが収録された、2020年発売のNintendoSwichソフトである。母星の食糧危機を解決する為に未知の惑星に調査に赴き、その星で出会ったピクミン達と協力し食糧確保を目指す。今作から3人のキャラクターを操作することになり、キャラクターを切り替えながらそれぞれで行動することにより前作より幅広く多様な探索が行えるようになった。

『ピクミン3』のアイテム

この”ピクミン”というゲームは一般的なRPGのゲームのような様々なアイテムを持ち運び使用するということはない、あるのは”スプレー”という概念で、これは引き連れているピクミン達に振りかけて効力を発揮するという代物だ。また持ち運ぶようなアイテムではないが、スーツ等の強化アイテムも存在する。

ゲキカラスプレー

出典: game8.jp

出典: game8.jp

隊列にいるピクミンに振りかけて使用する。使用したピクミンたちは移動スピードと攻撃力が上がり、さらにピクミンには頭に葉っぱがあり、ある条件下で葉→つぼみ→花と開花するのだが、このスプレーを使用すると一気に開花させることができる。ちなみに入手方法は作中に登場する「ピキノツユクサ」の実を10個集めるか、条件を満たしている状態でマップ上に置かれているタマゴを割った時や、「アカシジミ」を撃破すると出てくる、「ゲキカラエキス」にアルフ達が触れると入手できる。

激辛なスプレーをピクミンに向かって振りかけるというバラエティ番組顔負けの所業だが、ピクミン達にはデメリットはないので、安心してほしい。

強化アイテム

ヨケ笛

出典: game8.jp

隊列にいるピクミンに回避行動を取らせるためのアイテム。

アンチエレキ

出典: game8.jp

入手すると全隊員の宇宙服に耐電性能が付与され、電気ダメージが0になる。

メタルスーツZ

出典: game8.jp

入手すると全隊員の防御力が上がり、被ダメージが半減する。

フレアガード

出典: game8.jp

入手すると全隊員の宇宙服に耐火性能が付与され、燃焼ダメージが0になる。

『ピクミン3』の用語

コッパイ星

登場する惑星の一つで、第五次ベビーブームによる爆発的な人口増加と無計画な気質が原因で食糧難に瀕している。アルフ達の母星。

ホコタテ星

オリマー・ルーイの母星。ホコタテ星人は野菜が主食。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

「ピクミン3」ゲーム紹介前編~ピクミンと力を合わせて生き残れ!~

現在、「ピクミン」の最新作はWiiUで発売されている「ピクミン3」。「その名前は聞いたことがある」とか、「CMは見たことある」と言う方は多いと思いますが、「ピクミン」がどんなゲームか、ご存知ですか?今回は、このゲームの目的(ストーリーのはじまり)と、小さな相棒・ピクミンたちについてご紹介します!

Read Article

「ピクミン3」ゲーム紹介後編~「ピクミン」はアクションサバイバルゲームだった~

現在、「ピクミン」の最新作はWiiUで発売されている「ピクミン3」。「その名前は聞いたことがある」とか、「CMは見たことある」と言う方は多いと思いますが、「ピクミン」がどんなゲームか、ご存知ですか?今回は、アクションサバイバルゲームとしての「ピクミン」の魅力と、遊び方をご紹介します!

Read Article

NEW

ピクミン2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン2』は2004年4月に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。『ピクミン』の続編であり、ピクミンシリーズの第2作目である。2009年3月には『Wiiであそぶ ピクミン2』としてWiiに移植された。 前作の『ピクミン』で惑星から脱出した「キャプテン・オリマー」は、ホコタテ星へ帰ることができた。しかし、オリマーが勤めているホコタテ運送会社は莫大な借金を抱えてしまっていた。 前作の「愛のうた」に続き、ピクミンの特徴を歌ったCMソング「種のうた」が人気となった。

Read Article

ピクミン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン』は2001年10月26日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ピクミンシリーズの第1作目である。後に、2008年12月25日に『Wiiであそぶ ピクミン』としてWiiに移植された。 宇宙を旅する途中で、ホコタテ星人の「キャプテン・オリマー」は未知の惑星に墜落してしまう。そこで出会った奇妙な生物「ピクミン」と共に、未知の惑星からの脱出を目指す。 2001年11月には『ピクミン』のCMソング「愛のうた」が話題になり、愛らしいが悲しさもある歌詞が人気となった。

Read Article

目次 - Contents