どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(Animal Crossing: Happy Home Designer)のネタバレ解説まとめ

81dcjq8li4l. sl1500

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。
今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』の概要

Hni 0015  2

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の派生作品。本来のシリーズ作品では自宅や博物館の二階展示室を自由にコーディネートすることが出来るが、今作はそのコーディネート要素に特化したゲームとなっている。今作でデザインするのは自宅ではなく、村の住民であるどうぶつ達の家。プレイヤーは不動産屋『たぬきハウジング』の新入社員で、優しい先輩社員たちに支えられながら、デザイナーとしての腕を磨いていくことになる。

%e3%81%93%e3%82%99%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e3%81%a8%e5%88%b6%e6%9c%8d%e8%b2%b8%e4%b8%8e11

新入社員として入社するところからゲームは始まる

今作はシリーズおなじみの自宅のデザインや、村の住民との交流、虫捕りや魚釣りは一切出来ない。ただデザインすることを目的としていて、それ以外の要素を楽しみたいプレイヤーには物足りなく感じられる。その分自由度は高く、本来は入手の難しいアイテムが容易に手に入ったり、自分で自由に描けるデザイン・マイデザインも収納数が大幅に増えているなど、デザインやコーディネートの「かゆいところに手が届く」機能も増えている。
「ちょっとだけ違うどうぶつの森」をコンセプトにしているため、ゲームの開発・制作陣も、前作にあたる『とびだせどうぶつの森』などのシリーズを担当した人間が引き継いでいる。従来シリーズの雰囲気を壊さずに、コンセプトだけが違う作品として完成されている。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3%e5%ae%8c%e6%88%9028

『いちにんまえ』になることは通過点に過ぎないのだ

RPGならば魔王を退治すれば、ホラーゲームなら結末を見ればエンディングとなるが、このゲームには明確なエンディングがない。依頼者合計300人以上と施設9種類を全て終了しても、何度でもリフォームでき、気分次第アイディア次第でいくらでも作り変えられる。なので終点が全く見えないゲームであり、明確なクリア条件というものも全くない。プレイヤーのアイディアが尽きるまで遊べるやりこみゲームである。

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』のゲームシステム

Hni 0002

考え事をしながら歩くどうぶつは、近付くと希望の家のイメージが解る。

基本として、家をコーディネートしたいお客様を見つけて、営業をかけて依頼を受け、デザインする、の繰り返しになる。デザインするべきお客様の順番というものはないので、贔屓のお客様や、理想のテーマのアイデアが浮かんだお客様から着手できる。
コーディネートに制限時間はなく、使用してはいけない家具も無い。その代わり使わなくてはならない家具があり、それら1〜3個全てを使わないと仕事を完了出来ない。守らなければいけないルールはこれだけで、逆に言えば必要家具を置いただけでも依頼が完了出来てしまう、とても簡単なシステムである。

Image

必要家具は多くても3つ

今作は大量の家具や服、化石、じゅうたんなど、デザインに必要なあらゆるアイテムを自由に使えるのが大きな特徴。従来のシリーズでは住民からのプレゼントや特定の店での購入、イベント限定の入手困難なアイテムがたくさんあるが、今作ではゲームを進めていくだけで、5000点以上のアイテムが全て手に入る。そしてそれら全てを自由に使うことが出来る。家具が多いがために探しにくい時は検索も可能で、色・名前・家具のテーマごとの検索も出来る。
家具のレイアウトも自由で、タッチペンだけでゲームの殆ど全てを進めていける。家具の配置、位置変更、同じ家具が何個も必要なときの複製も全てタッチ、またはスライドで行える。

操作方法

スライドパッドでプレイヤーの移動、移動中にBボタンかL(R)ボタンを押すと走ることが出来る。走っている最中に反対方向に入力すると、急ブレーキをかけて方向転換する。
Aボタンで選択、物やアイテムを調べられる。誰かと話したり、話を進められる。また会話中にBボタンを押すと、相手が早口になって会話を早く終わらせられる。
コーディネート中はAボタンでお客様に話しかける、お客様が持ってきたダンボールを開ける。また目の前にあるアイテムに向かってAを押すとランプを点ける、パソコンの電源を入れる、機械の電源をONにする、なども出来る。Xボタンでアバインダーを開き、何度も押すとアイテムタブを切り替えられる。Yボタンでアイテムを片付ける。
ただしコーディネート中の操作はタッチペンだけで全て補えるので、基本的にはタッチペンを持ちっぱなしでいい。

ゲームの進め方

Hni 0003

お客様に声を掛けると依頼を受けられる

ゲーム開始時および起動時はたぬきハウジングから始まる。ここから建物の外に出て、街を歩き回っているどうぶつたちに声をかけることで仕事が始まる。どうぶつは出現条件によって登場するキャラクターが決まっていて、その条件を満たした内の4人がランダムで登場する。近付くとどんな家を造りたいのか、どんな家に住みたいのか希望を知ることが出来る。それらの中から気に入った、アイデアが出てきたどうぶつに話しかけ、依頼を承諾する。

Hni 0004

依頼を受けたお客様はたぬきハウジングの中に入ってくる。そこで家を建てる地形と家の間取りを決める。地形は83箇所✕4つの季節の計332種類から選択出来る。下画面の地図の同じ場所を何回もタッチすると季節を変更出来、『南国』がキーワードの依頼は夏、『雪国』がキーワードの依頼は冬と臨機応変に変えられる。
一方の間取りは、1部屋と2部屋のどちらかから選ぶ。これらはいずれもプレイヤーが自由に決められる。
次は現地に行き、実際のデザインが始まる。

Hni 0005

エリア全体の様子を見て土地を選べる

Hni 0006

同じ土地を何回もタッチすると季節を変えられる

Hni 0007

基本の間取り

Hni 0008

一部屋でも横に広い間取りもある

Hni 0009

二部屋も選べる

RyoK21
RyoK21
@Ryo-K-21

Related Articles関連記事

とびだせ どうぶつの森(Animal Crossing: New Leaf)のネタバレ解説まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

おいでよ どうぶつの森(Animal Crossing: Wild World)のネタバレ解説まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

Read Article

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森、Animal Crossing: Pocket Camp)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。 どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったり、釣り、虫取りなどしながら自由気ままに過ごすもの。今作は村ではなくプレーヤーが管理人を勤めるキャンプ場が舞台となっている。どうぶつ達との交流や、家具の作成などといった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

目次 - Contents