あつまれ どうぶつの森(あつ森)のネタバレ解説まとめ

『あつまれ どうぶつの森』(通称:あつ森)とは、任天堂が開発し、2020年3月20日に発売された「どうぶつの森」シリーズ初のNintendo Switch用のソフトである。
プレイヤーはこれまでのシリーズの舞台だった村を飛び出し、たぬきちが立ち上げた組織「たぬき開発」が手掛ける暮らしのプラン「無人島移住パッケージプラン」に参加し、自然あふれる無人島で新しい生活を始めることとなる。
プレイヤーは島を家具で飾り付けたり、どうぶつたちのお願いを聞いたりしながら少しずつできることが増えていく。

『あつまれ どうぶつの森』の概要

今作では屋外にも家具を置けるようになった。

『あつまれ どうぶつの森』とは、任天堂が開発・発売しているNintendo Switch用のゲームソフトである。2020年3月にパッケージ版、ダウンロード版が発売された。ゲームジャンルはコミュニケーションゲームで通称は『あつ森』。どうぶつの森シリーズの8作品目となる。本作の発売は「Nintendo Direct 2018.9.14」において当初2019年だとされていたが、2019年6月12日配信の「Nintendo Direct E3 2019」において2020年3月20日に延期された。

これまでのどうぶつの森シリーズの舞台は「村」だったが、本作は「無人島」が舞台である。
前作まで商店や不動産屋を営んでいたたぬきちが「たぬき開発」という事業を新しく立ち上げた。プレイヤーはその「たぬき開発」が手掛ける「無人島移住パッケージプラン」に参加することとなる。「無人島移住パッケージプラン」とは「たぬき開発」の用意した暮らしのプランである。無人島に渡り、生活に必要なものは自分たちでまかなっていきながらどうぶつたちと一緒に暮らしていく。そのためどうぶつたちとコミュニケーションを取ったり、自由に島を探索したりすることができる。一般的なゲームと異なり明確なゴールは決まっておらず、気ままにスローライフを楽しむことができる。

今作の大きな特徴はゲームシステムの自由度にある。本作のキャッチコピーは「何もないから、なんでもできる」である。本作の醍醐味はなにもない未開発の無人島を自分好みに開拓できることだ。今作から家の中はもちろん、新しく屋外にも家具を置けるようになったため、前作までと比べてよりプレイヤー好みの町並みをつくることができるようになった。

また、プレイヤーの見た目を姿見でいつでも変えられるようになったほか、洋服やファッション小物も増えたため自分をおしゃれに着飾る自由さも広がった。

さらに、島で入手した素材を使って新しくアイテムを作ることができる「DIY」という新要素もある。DIYをすることによってお店では売っていない家具やスコップやオノなどの生活必需品を自分で作ることができる。

前作までと比べてできることが大幅に増えたため、プレイヤーは島を飾って発展させる、おしゃれを楽しむ、インテリアを楽しむなどより自分好みのプレイスタイルを見つけることができるようになった。

『あつまれ どうぶつの森』のあらすじ・ストーリー

島に到着したらたぬきちからプランの説明を受ける

どうぶつの森シリーズには明確なストーリーはない。プレイヤーは現実時間と同じ時間が流れる無人島で気ままにスローライフを送ることができる。

しかし全くストーリーがないわけではなく、手つかずの無人島に商店や博物館を建設するためにどうぶつのお願いを聞いたり、島の知名度を上げるために無人島を飾り付けたりするなどある程度のイベントは存在する。イベントをクリアすることで使うことのできる施設が増えたり住人が増えたりと少しずつ島でできることが増えていく。

これらのイベントを達成すると無人島を自分好みに発展させることのできる「島クリエイター」のライセンスをもらうことができる。
「島クリエイター」のライセンスを入手することで川や池の整備ができる河川工事、地面を削ったり盛ったりすることのできる崖工事、地面の舗装をすることができる道路工事を行うことができる。

「島クリエイター」のライセンスを入手した後はストーリーに関わるようなイベントは発生しない。ライセンスを手に入れるまでは無人島の地形をいじることができなかった。ライセンス入手後は例えば家のそばに池を作ったり、住人の家や商店までの主要な道にレンガを敷く工事ができるようになったりするため、より自由に自分の島を発展させることができる。

島が発展していくと、もとの無人島の景色とは違った雰囲気の町並みを作ることができるようになる。地形をいじることによって自分の好みの家具を飾りやすくなったり、地形による区画の整理ができるようになったりする。

『あつまれ どうぶつの森』の用語

たぬき開発

これまでのシリーズで商店や不動産屋を経営していたたぬきちが立ち上げた組織・事業。
「無人島移住パッケージ」を売り出しており、プレイヤーが行く無人島に住み込みでサポートしてくれる。
従業員は社長のたぬきちとつぶきち、まめきちの三匹。

DIY

一般的なDIY(Do It Yourself)と意味はあまり変わらない。
本作では無人島の木をオノで叩くと出てくる「やわらかいもくざい」などのアイテムや岩をオノやスコップで叩くと出てくる「てっこうせき」などを用いて自分でアイテムを作ることができる。
アイテムを作るにはレシピが必要で、レシピはたぬき商店で購入したり、海岸に打ち上げられているメッセージボトルから入手したりできる。
その他にも住民の家に遊びに行ったときにその住民がDIYをしているとレシピをもらう事もできる。
さらに、プレイヤーがレシピを自分で思いつくこともあり、レシピを集めていくことで作れるアイテム数も増えていく。

島クリエイター

島クリエイターはストーリーをクリアするとたぬきちからもらうことができる。
入手するまでは無人島の地形をいじることができなかったが、島クリエイターを使用することによって新しく池を作ったり川の幅を広げたりすることができる。
島クリエイターでできることは主に3つある。
1つ目はレンガや砂を敷いたりできる舗装工事だ。マイルと交換することで敷ける素材が増え、マイデザインを敷くこともできるようになる。
2つ目は崖工事である。今作では崖が2段階の高さ(地面を入れると3段階)あるため、その崖を削ったり盛ったりすることができる。地面の高さを変える事ができるため、例えば自分で無人島内をテーマごとにエリア分けをするという使い方ができる。
3つ目に河川工事をすることができる。河川工事では川や池を広げたりするだけではなく、滝を新設することもできる。ただし、海の工事はできないため注意が必要である。

『あつまれ どうぶつの森』のゲームシステム

操作方法

本作はNintendo Switchの2つのコントローラー(ジョイコン)を使って操作する。移動はLスティックで行うことができ、Rスティックで視点が切り替えられる。手に持って使用できるアイテムはAボタンで使うことができる。他にもXボタンでプレイヤーの持っている持ち物を確認できたり、ZLボタンでスマホの確認をしたりすることができる。ジョイコンのマイナスボタンでゲームのセーブをすることができるため、ゲームを終えるときには忘れずにセーブしよう。

無人島に行く準備

無人島の立地を北半球と南半球から選ぶことができる。

これまでのどうぶつの森シリーズとは異なり、今作は「無人島」が舞台となる。チュートリアルにおいて自分の名前と誕生日を入力し、見た目を決める。その後北半球か南半球の島どちらに移住するか決めることができる。南半球を選ぶと日本とは逆の四季を味わう事ができる。どちらに移住するか決めたあと、島の地形を提示されたランダム4種類から選ぶことができる。最後に受付のまめきちに「もし無人島にひとつだけ物を持っていくとしたらこの中のどれを選びますかー?」という質問をされるが、答えによって変わる要素はない。

いずれの島もプレイヤーがはじめて無人島を訪れた時には施設が案内所と飛行場(空港)しかない。ゲームを進めていくうちに博物館や商店、仕立て屋などが増えていく。
また、無人島には針葉樹や花、果物の成る木を植えることができる。果物の種類はリンゴ・さくらんぼ・モモ・ナシ・オレンジ・ヤシの実の6種類があり、どの果物がなっているかは無人島ごとに異なる。
さらに無人島には海や川、池など自然が豊かなため、昆虫採集や魚釣りなどを楽しむことができる。

島での過ごし方

住民と会話する

どうぶつと会話することで親密度が上がる。

無人島にはプレイヤー以外に様々な種族のどうぶつが住んでいる。
どうぶつたちと毎日会話をすることで親密度が上がっていく。
親密度は数値化されたりどこかで確認することはできない。
しかし、仲良くなっていくとアイテムをくれたり、プレイヤーにニックネームをつけてくれたりする。
更に仲良くなるとレアアイテムである「写真」をもらうことができる。「写真」には住民の好きな言葉が書かれている。

釣り・虫とりを楽しむ

Ackroyd1833
Ackroyd1833
@Ackroyd1833

Related Articles関連記事

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。 今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

Read Article

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説まとめ

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂が開発し、2008年11月20日に発売されたNintendo Wii専用ソフトである。本作は任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の第5作目で初のWii用ソフトであり、美麗なグラフィックをテレビの大画面で楽しめる。今作の特徴として、シリーズ従来の村での暮らしに加えて街へお出かけしたり、Wiiリモコンとヌンチャクリモコンによる直感的な操作でより思いのままに遊べる。

Read Article

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

Read Article

どうぶつの森e+(Animal Forest e+)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森e+』とは、2003年に任天堂からニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたコミュニケーションゲーム。どうぶつの森シリーズの第三作目。一人暮らしをするために引っ越してきた主人公が、どうぶつの住人と共に仲良く村で暮らし、住人達の引っ越しにより繰り広げられる出会いと別れを繰り返しながら友情を深めていく。現実世界と同じ時間が流れており、時には村のお祭りや大会など多くのイベントが詰め込まれている。

Read Article

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。 どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったり、釣り、虫取りなどしながら自由気ままに過ごすもの。今作は村ではなくプレーヤーが管理人を勤めるキャンプ場が舞台となっている。どうぶつ達との交流や、家具の作成などといった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

目次 - Contents