ヱヴァンゲリヲン新劇場版(Rebuild of Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。
1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。
全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

声 - 沢城みゆき

鈴原トウジの妹。旧シリーズでは存在だけは語られていたが、登場することはなかったため、ほぼ本シリーズの新キャラクター。
『破』では姿が判明しており、旧シリーズと同様に初号機と使徒の闘いに巻き込まれ負傷するも無事に完治し、退院。

『Q』では下の名前が判明し、ヴィレに所属する医官で階級は少尉であることが明かされる。14年間の昏睡から目覚めたシンジの衛生を担当。
『Q』の劇中では数少ない明るく礼儀正しい性格。普段は標準語だが、まれに兄と同様の関西弁で話す。シンジには他のヴィレ職員に比べて友好的だが、ニア・サードインパクトを起こした張本人であるため危険人物と見なしているのは変わらない。ヴンダーを去る際のシンジに「エヴァにだけは乗らんで下さいよ」と釘を刺した。

高雄コウジ(たかお コウジ)

声 - 大塚明夫

ヴンダーの艦橋要員の一人。加持とは知り合いらしく、ミサトのことを聞いていたという。無謀な作戦ばかり立案しながら成功させるミサトを「加持に聞いていたより面白い女」と評する。ヴンダーでは動力関係を担当。
シンジにはあまり関心を払っていない。

長良スミレ(ながら スミレ)

声 - 大原さやか

ヴンダーの艦橋要員の一人。主に操舵を担当。

多摩ヒデキ(たま ヒデキ)

声 - 勝杏里

ヴンダーの艦橋要員の一人。

北上ミドリ(きたかみ ミドリ)

声 - 伊瀬茉莉也

ヴンダーの艦橋要員の一人。民間人出身。シンジに対し憎悪を向けている。

第壱中学校

鈴原トウジ(すずはら トウジ)

声 - 関智一

第3新東京市立第壱中学校2年A組におけるシンジのクラスメートで、新劇場版では出席番号12番。関西弁を喋る熱血漢。
いつも黒いジャージを着用している。初号機と使徒との戦闘に妹が巻き込まれ負傷したことが理由で、当初はシンジに辛く当たっていたが、後に和解し友人になる。

『序』では旧シリーズと同じく、妹の件でシンジとの確執と和解が描かれる。また、ヤシマ作戦直前にボイスメールで「シンジ、頼むで」と激励のメッセージを送っており、最終的にその言葉がシンジに勇気を与え、第6の使徒の撃破を成功させている。
『破』では旧シリーズと異なりエヴァ3号機のパイロットに選ばれることはない。妹が無事に退院し、喜ぶシーンが描かれる。
第10の使徒襲来時はクラスメイトとともに避難する様子が見られ、この際戦闘による爆風からヒカリを庇っている。
『Q』では14年の時を経て成長した妹のサクラがヴィレのメンバーとして登場するが、トウジの生死は不明。

相田ケンスケ(あいだ ケンスケ)

声 - 岩永哲哉

第3新東京市立第壱中学校2年A組におけるシンジのクラスメート。
軍事オタクでカメラマニア。常にビデオカメラを肌身離さず持ち歩いている。トウジほど熱血漢ではないが友人想いであり、観察眼が優れている。
『序』ではヤシマ作戦直前にトウジと共にシンジへのボイスメールを送り、「碇、頑張れよ」とメッセージを送っている。トウジと同様に、第6の使徒撃破の成功の一因となった。
『破』で加持から海洋生物研究所の社会見学に招待された際には非常にはしゃいでいた。
『Q』では生死不明。

洞木ヒカリ(ほらき ヒカリ)

声 - 岩男潤子

シンジのクラスメートで、2年A組の学級委員長。同級生から「委員長」と呼ばれている。14歳。
真面目な性格で、そばかすが特徴。トウジに好意を抱いている。アスカとは仲が良く、『破』では2人が親しくなる経緯が描かれる。また、『破』では第10使徒が襲撃した際トウジやケンスケとともに避難する様子が描かれ、爆風が迫った際にトウジに守られている。

その他

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis EVANGELION)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

ふしぎの海のナディア(Nadia, The Secret of Blue Water)のネタバレ解説まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

目次 - Contents