新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis Evangelion)のネタバレ解説まとめ

006

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。
本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。
90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

『新世紀エヴァンゲリオン』の概要

Neon genesis evangelion

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。

本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。
本記事では1994年10月から翌3月までテレビ東京系で放送されたTVシリーズについて記述する。

原作:GAINAX、監督:庵野秀明のTVアニメ。
エヴァシリーズで最初に公開された作品であるため、後に発表されるすべての派生作品の原作とされている。巨大ロボットアニメの企画として製作されたが、登場する巨大兵器エヴァンゲリオンはロボットではなく巨大な人造人間である。
1990年代に社会現象とまで言われた大ブームを巻き起こし、グッズなどの総売上は1000億円を上回る国民的アニメの一つ。

ストーリーは、主に少年少女の苦悩が描かれる。
「ある日突然、普通の14歳の少年が巨大な力を与えられ、使命を持たされ、大人の世界に投げ出され、大人になることを強要されたら」というシチュエーションから物語は始まる。主要キャラクターが14歳である理由は、反抗期、思春期、自我を形成する最終的な時期であるため。
企画の意図としては、視聴者の少年少女に「自分の意志で生きること」とは何かを感じ取ってほしいとのこと。

ストーリーが進むにつれ、「エヴァの正体」「使徒の正体」「ゼーレや碇ゲンドウの陰謀」など多くの謎解きが展開され、本編では説明されていない部分も多い。

ロボットバトルに関してはガンダムなどに代表されるオーバーテクノロジーの兵器を駆使した機械的なものではなく、あくまで人間の延長であり、人型であることを最大限に活かした、リアリティのある戦闘が展開されるのが特徴。

難解な哲学や「ヤマアラシのジレンマ」といった心理学に関する用語なども多用されている。苦悩する少年が自身を取り巻く世界とどのように関わっていけばいいのかを模索する様子が描かれることから、「セカイ系」作品の先駆的作品とも言われている。

話数カウントは「第壱話」と言った風に、旧漢数字を使用。全弐捨六話。
実質テレビ版での物語は第弐拾四話で終わっており、残りの2話は主人公・碇シンジの精神世界での葛藤が描かれ、シンジがある答えに辿りついた時点で放送終了となった。

1997年7月、『Air/まごころを、君に』が映画公開され、24話以降の現実世界でのその後が展開されたことで本作のストーリーは完結を迎える。

『新世紀エヴァンゲリオン』のあらすじ・ストーリー

第壱~弐話 エヴァとの邂逅、VSサキエル

Yeir7606

自衛隊の攻撃をものともしない使徒。
エヴァ初号機との初対面シーン。

2015年の第三新東京市、父親の碇ゲンドウに呼び出された主人公・碇シンジは自分を迎えに来るはずの女性・葛城ミサトと連絡がつかずに途方に暮れていた。
困っていたシンジの前に、巨大な謎の生物・使徒が現れ、街を破壊し始めた。自衛隊が応戦しているが、使徒にはほとんど効果がない。
そこに車に乗ったミサトが現れ、シンジを車に乗せ避難する。シンジはミサトの手引きで特務機関NERVの施設に到着する。ミサトはNERV所属の軍人で一尉だという。
施設内にあったのは紫色の巨人だった。NERVの科学者でミサトの友人の赤木リツコの説明によると、それは未知の巨大人型兵器・エヴァンゲリオン(略称:エヴァ)の初号機だという。困惑するシンジの前にゲンドウが現れる。数年ぶりの親子の再会だったが、険悪な雰囲気だった。ゲンドウはろくに説明もせず、ただシンジにエヴァに乗って操縦し、街で暴れている第三使徒サキエルを倒せと命じる。
ただの14歳の少年に過ぎないシンジは、何故自分がそんな大役を任されるのか理解できず、一度は拒否する。
しかし、そこに体中を怪我してストレッチャーで運ばれる少女・綾波レイが現れる。自身が乗らなければ代わりに彼女が闘うことになると知り、苦悩した結果シンジは自分が搭乗することを決意する。
エヴァ初号機の乗ったシンジは出撃するが、何の訓練も受けていないためうまく操縦できず、サキエルの攻撃を受け一度は機能停止する。シンジは意識を失うも、なぜか初号機は突然暴走し、圧倒的なパワーでサキエルの撃破に成功する。

戦いが終わった後、今後も使徒の襲来が予想されるため、シンジはこれからもエヴァのパイロットとして闘うために第三新東京市で暮らすことになった。
予定ではNERVの寮で独り暮らしのはずだったが、精神的に不安定なシンジを放っておけないミサトの提案により、彼女と同居することになった。

第参~四話 シンジの苦悩と逃亡、VSシャムシェル

第壱中学校に通うことになったシンジは、登校して早々にクラスメイトの鈴原トウジに殴られる。理由は、トウジの妹が先のサキエルとの闘いに巻き込まれ怪我をしたためだという。
シンジは学校にもNERVにも馴染めず、無気力に訓練を受けるだけだった。
やがて、第4使徒シャムシエルが襲来し、シンジが出動することになる。しかし、未だに闘いに慣れないシンジはうまく操縦できない。その戦いの最中、シンジはエヴァと使徒との戦いを見に来ていたトウジとその友人・相田ケンスケを発見する。シンジは二人を助けるためにパイロット席に同乗させるが、シャムシエルに追い詰められる。ミサトから撤退を命じられるが、シンジは恐怖で混乱したまま闘い続け、なんとかシャムシエルを撃破する。

ミサトから命令違反を咎められ、シンジはますます疲弊していき、遂にはミサトから家出をする。しかし、パイロットは常にNERVに監視されているため、NERV職員によりすぐに連れ戻された。シンジはNERVおよびパイロットを辞めることにする。

シンジが駅に到着すると、そこにはトウジとケンスケがいた。トウジはシンジがどれほど過酷な闘いをして苦しんでいたかを知り、妹の件で殴ってしまったことを謝罪する。更に自分を殴ってくれとまで言うので驚いたシンジだが、押し切られて手加減なしで殴った。
二人の誠実な態度に、自身の臆病な行動を自覚させられたシンジは、電車には乗らなかった。
電車が去ると、駅にはミサトが迎えに来ており、シンジは「ただいま」と言う。
シンジはNERVに残って闘うことに決めた。

第伍~六話 綾波レイ、VSラミエル

Eva ep. 05

ゲンドウが唯一笑みを向ける相手はレイだけだった。レイの家を訪れたシンジは入浴後の彼女と鉢合わせてしまう。
ゲンドウの悪口に怒ったレイはシンジを殴る。

シンジは父・ゲンドウを苦手としていた。長年交流も連絡もなく、捨てられたと思い込んでいるシンジにとって、無茶な要求ばかりを冷酷に求めてくるゲンドウは恐怖の対象だった。
しかし、そんなゲンドウが息子を差し置いて唯一笑いかける存在が綾波レイだった。
シンジがNERVに来る以前、零号機の起動実験中に事故が起こり、レイが機内に閉じ込められた。その時、ゲンドウは手に火傷を負ってまで自ら助け出したのだという。それほどまでに気にかけられている彼女にシンジは関心を抱く。

そんなある日、リツコからレイに新しいIDカードを届けるよう言いつかったシンジはレイのアパートに向かう。しかしそこには入浴後で全裸のレイがいて、不可抗力でレイを押し倒してしまう。
気まずい雰囲気になってしまったが、二人の共通の話題はゲンドウぐらいしかなかった。シンジの口からゲンドウを良く言えるはずもなく、ゲンドウを慕うレイはシンジを殴る。

Lpsu3330

レイの無事に涙するシンジ。
シンジから諭され、笑みを浮かべるレイ。

そんな中、第5使徒ラミエルが襲来。シンジが出撃するが、ラミエルの遠距離攻撃を受け重傷を負う。
シンジはなんとか生還するが、普通の方法ではラミエルは倒せないため、新しい戦術として、日本中から電力を集めラミエルの射程外からポジトロンスナイパーライフルで狙撃するという「ヤシマ作戦」が考案される。
シンジは再度ラミエルと闘うことを恐怖するが、出撃するしかなかった。
シンジは狙撃を担当し、レイは零号機で盾を使って初号機を守るという役割が分担される。搭乗前、死を恐れるシンジにレイは「あなたは死なないわ。私が守るもの。…さよなら」と告げる。
ヤシマ作戦はなんとか成功したが、零号機はラミエルの反撃を受けて損傷を受けていた。レイの身を案じたシンジは零号機をこじ開ける。レイの無事を確認するとシンジは安堵で涙を流した。ゲンドウ以外に自身を気にかけられたことがないレイは、「こういうときどんな顔をすればいいのかわからないの」という。シンジが「笑えばいいと思うよ」と返すと、レイは笑みを浮かべた。

第七話 葛城ミサト、セカンドインパクト

ミサトはシンジにとって保護者、上司、同居人と様々だった。仕事場では厳しい彼女は、家ではかなりだらしがなく、シンジは呆れていた。

ここで初めてエヴァが使徒と闘う理由が説明される。
15年前、セカンドインパクトという大参事が起きて人類の半分が死滅した。表向きは巨大隕石の落下とされていたが、実際は人類が南極で第1使徒・アダムを発見し調査していたところ、謎の大爆発が起きたためだった。使徒を破壊しなければ同じような爆発(サードインパクト)が起き人類が滅亡が予想される。NERVが使徒殲滅を目的としているのはこれを防ぐためだという。

ミサトとリツコは日本重化学工業共同体が完成させた巨大ロボットJA(ジェット・アローン)の式典に参加。エヴァに代わる新兵器として開発されたのだという。JAの行使運転を行ったところ、突如暴走。このままでは内蔵されている動力源のリアクター(原子炉)がメルトダウンを起こし大参事になることが予想された。
ミサトとリツコの要請によりエヴァ初号機が現場に運ばれ、ミサトと協力することでメルトダウンは防がれた。

翌朝、前日に大参事を防ぐ活躍を見せたミサトはやはり家ではだらしなかった。
ぐちるシンジに、ケンスケは「他人にはそんな姿見せない。シンジにはそういう姿を見せるのは家族だと思ってるからじゃないか」と語る。

第八~拾話 アスカとの出会い

Xkwv1173

アスカと加持の初登場シーン。
シンジと協力して使徒を倒し、シンジのクラスに転校してくる。

NERVドイツ支部より、新たなエヴァ弐号機とそのパイロットが戦艦で輸送されてくるという。ミサトの計らいにより、シンジ・トウジ・ケンスケは輸送ヘリに乗って戦艦へ向かうことになった。
船上で、一同はエヴァ弐号機の専属パイロットにしてセカンドチルドレン、惣流・アスカ・ラングレーと対面。同時に、アスカの保護責任者としてNERVドイツ支部から来た加持リョウジが現れたことで、ミサトは驚く。2人の様子から察するに、加持は過去にミサトと恋愛関係だったらしい。
海に第6使徒ガギエルが出現。アスカは手柄を立てるチャンスとばかりに弐号機に乗り込み独断で出撃することにする。自分の弐号機の実力を間近で披露するため、シンジも弐号機内に無理やり同乗させて出撃したアスカは海中戦で追い詰められるが、トウジの発言とミサトの発案により、撃破に成功。
後日、アスカは第壱中学校のシンジ達のクラスに転校してくる。

Iibg0951

一方、加地はゲンドウと再会し、人類補完計画の要である第1使徒アダムをゲンドウに届けに来ていた。
加持の正体はNERV特殊監査部、ゼーレ、日本政府内務省調査部の3組織に属する3重スパイだった。

Rxjp6212

使徒を倒す訓練としてシンクロしてダンスをするシンジとアスカ。
練習の成果を出し、使徒を倒す。

その後、第7使徒イスレフェルが襲来。イスレフェルは特殊な使徒で、2つのコアを同時に破壊しなければならないため、シンジとアスカの連携が必要だった。
チームワークを養うため、アスカもミサトの家に同居することになる。気の強いアスカとはぶつかってばかりだったが、なんとか初号機と弐号機を完全にシンクロさせることに成功し、イスレフェルを撃破する。

Czuh6130
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版(Rebuild of Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。 1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。 全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

Read Article

めだかボックス(Medaka Box)のネタバレ解説まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

天元突破グレンラガン(Gurren Lagann)のネタバレ解説まとめ

2007年4月1日より同年9月30日まで、テレビ東京系列にて放送されていたアニメ。ガイナックスが単独でアニメーション制作した初のアニメ作品である。 遥か未来、人々は地中に穴を掘り、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息をひそめるように暮らしていた。そんなある日少年シモンは、不思議に光る小さなドリルと顔だけのメカを発見する。

Read Article

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)のネタバレ解説まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ」。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

ふしぎの海のナディア(Nadia, The Secret of Blue Water)のネタバレ解説まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

天元突破グレンラガン(Gurren Lagann)の登場ガンメン・ロボット・兵器まとめ

「天元突破グレンラガン」は2007年4月から同年9月まで放送された、GAINAX制作のオリジナルロボットアニメ。2008年と2009年には劇場版が公開された。作品は全4部で構成されており、2部までの少年期と3部以降の青年期を通して、主人公である「シモン」と彼が率いる「大グレン団」の熱き戦いが描かれている。 本記事では主要兵器として登場するロボットの『ガンメン』を中心に各部ごとまとめていく。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis EVANGELION)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

目次 - Contents