ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。
1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。
全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

連弾をするシンジとカヲル

エヴァ第13号機が完成するが、精神的に病んだシンジは乗ることを拒む。カヲルがシンジのDSSチョーカーを外して自身の首に移し、「エヴァの覚醒リスクは僕が引き受ける」と説得する。

カヲルはシンジに対して、第13号機はダブルエントリーシステムであり、2人で操縦する必要がある。そしてセントラルドグマ最深部にある2本の槍を2人で手にすることによって、世界の修復も可能だとカヲルは語る。
シンジはカヲルとともに第13号機へと乗ることを決める。

セントラルドグマ最深部にて

槍を引き抜く第13号機。

シンジとカヲルが乗るエヴァ第13号機と、護衛として同行するアヤナミレイ(仮称)の乗るMark.09はサードインパクト爆心地であるセントラルドグマ最深部へ辿りつく。
そこには第2の使徒リリスの骸とMark.06があり、2本の槍が刺さっていた。ロンギヌスの槍とカシウスの槍であり、それを抜くのが目的だとカヲルは語る。しかし、間近でその槍を見たカヲルは困惑する。刺さっていた2本はまったく同じ槍だった。

そこに、アスカ(改2号機)とマリ(8号機)が現れ妨害を受けるが、シンジとMark.09はなんとかそれを退ける。
何かおかしいと制止するカオルを無視して槍を抜いてしまうシンジ。すると第2の使徒リリスの骸が崩壊し、更にMark.06の体内に潜んでいた「第12の使徒」が活動を始め、第13号機を包み込む。その結果、「フォースインパクト」が起きてしまう。

フォースインパクト、ヴィレとの闘い

ミサトが率いるヴンダーが第13号機を襲撃するが、Mark.09がヴンダーの制御を乗っ取る。アスカは改2号機を自爆させてMark.09を殲滅し、アヤナミレイ(仮称)ともども自らはなんとか脱出する。ヴンダーは制御を取り戻したが、すぐには復帰できない。
第13号機内でシンジはフォースインパクトを起こしてしまったことを悔やむ。そこで、カヲルがフォースインパクトを止めるため動く。DSSチョーカーを発動させ、自殺する。それだけではフォースインパクトの進行は止まらなかったが、更にマリ(8号機)がシンジの乗るエントリープラグを強制射出させたことでなんとか収まった。

すべての策略を操っていたゲンドウは、フォースインパクトが失敗したかに思えたが、今はこれでいいと語る。
カヲルを失ったことで精神が壊れ、うずくまるシンジ。アスカはシンジを見つけ、救出する。そこにアヤナミレイ(仮称)も現れる。アスカは精神崩壊したシンジの手を引いて歩き出し、アヤナミレイ(仮称)も2人についていくのだった。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の登場人物・キャラクター

主要キャラクター / エヴァパイロット

碇シンジ(いかり シンジ)

声 - 緒方恵美

本作の主人公。エヴァ初号機パイロットにして、第3の少年。14歳。
性格は内気でおとなしい優等生。全キャラクター中で最も精神的な不安定さが強く、躁鬱の傾向がある。
周囲に心を開かず自身の内面を守ることに必死であり、無気力に周囲に従うことで自分を守っていた。本編での闘いで徐々に成長し心を開いていくが、同時に精神を病んでいき、場合によっては更に閉塞的になることもある。『序』では「逃げちゃ駄目だ」と自分を奮い立たせるような言葉を呟くことが多かった。
母は自身が3歳の頃に他界、父とは疎遠で離れて生活していた。父のゲンドウとの相性は最悪であり、自分からコミュニケーションをとろうとすることはほとんどなく、苦手としているが、同時に愛してほしいとも願っている。『破』で父から「よくやった」と言われた際は明確に喜びを表し、自身がエヴァに乗ることへの価値を見出し始めた。しかし、その矢先に参号機の事故が起き、再び父を信じられなくなり一度はNERVを離脱。
NERVから個室が用意されていたが、一人きりにしてはおけないと判断したミサトの家に同居することとなる。
上記のような育ちから家事全般が得意。
本シリーズでは世界の命運を背負っているということに実感が持てずにいて、自分が出会った友人や大切な人のために闘う傾向が強い。特に『破』でレイが使徒に吸収された際にはそれまでの内向的な性格から一変、別人のように強気な面を見せる。更に「世界や自分がどうなったって構わない。綾波だけは絶対に助ける!」と個人的な動機から行動することが多い。
しかし『Q』ではTVシリーズと同様に周囲から振り回され、精神的に病んでいく様子が描かれる。

綾波レイ(あやなみ レイ)

『序』『破』

声 - 林原めぐみ

エヴァ零号機パイロットにして、第1の少女。データ上は14歳。
幼い頃からエヴァの専属操縦者として特殊教育・訓練を受けている。
性格は無口・無表情で、感情を表すことが滅多にない。ゲンドウの指示に盲目的に従っていたが、徐々に感情が芽生え始め、シンジに恋愛感情を抱くようになり、変化が表れる。後の作品では似たような性格のキャラクターが「綾波系」と呼ばれることもある。
その正体は、シンジの母・碇ユイの遺伝子により作られたクローンボディに別の魂が移植された存在。ユイと容姿が酷似しているのはそのため。
魂の正体は現段階では不明。性質上、レイの肉体が破壊されても魂さえサルベージできれば別のクローンボディに再移植することで復活が可能。記憶を保存する作業をしている際、首輪にREI-02と書かれている事から、TVシリーズと同じく2人目のレイであると推測される。
旧シリーズと異なり、話が進むにつれより人間らしい感情が芽生えていく様子が描かれる。シンジに対しては「一緒にいるとポカポカする」と語っており、本人にとって未知の経験であるため自覚がないが、恋心を抱くに至っている。また、シンジ以外にもアスカやマリに対しても「ありがとう」と告げるなど、周囲に心を開いていった。このような行動から、ファンの間では旧シリーズや後述のアヤナミレイ(仮称)と区別して「ポカ波(ぽかなみ)」という愛称で呼ばれている。
一方で、旧シリーズと同様にクローン体であることを自覚しているため、「自分が死んでも代わりはいる」という考えを持っているため自己犠牲を躊躇わない。しかし、『破』にて使徒に吸収された際にシンジから「綾波は綾波しかいない!」と告げられ、自分自身を見出したことでシンジに救出される。その結果、初号機のコアにサルベージされ、以降は行方不明となり、『Q』では登場しない。
本シリーズではメインヒロインとして扱われることが多く、劇中ではシンジが最も気に掛ける存在。

式波・アスカ・ラングレー(しきなみ・アスカ・ラングレー)

『破』

声 - 宮村優子

エヴァ2号機パイロットにして、第2の少女。『破』14歳→『Q』28歳。
日本人とドイツ系アメリカ人のクォーター。レイと同様に幼い頃からエヴァの専属操縦者として特殊教育・訓練を受けている。
レイとは対照的に強気で負けず嫌いの少女。旧シリーズでは姓は惣流だったが、本シリーズでは式波に変わっている。
後にシンジとレイのクラスに転校してくる。口癖は「あんたバカァ?」。
日本に来てからはシンジと共にミサトの家で同居することになり、共に行動するうちに惹かれていく。

『破』から登場し、当初はシンジのことを父親のゲンドウの七光りでパイロットになったとみなして「ナナヒカリ」と呼んでいたが、後に打ちとけ「バカシンジ」と小馬鹿にしながらも愛情を込めて呼び自身のことも「アスカ」と呼ばせていた。過去の経緯は語られていないが、当初は自分に絶対の自信を持ち、シンジやレイと慣れ合うことを拒んでいて、使徒は自分だけで倒せると豪語していた。しかし第8の使徒戦後、独りでは何も出来なかったことを認め、徐々に周囲に心を開くようになる。シンジとは同居するにつれ恋心が芽生え始め、『破』の終盤ではシンジのために料理を作ろうとするなど、普通の少女のような描写が見られるようになった。
レイのことはゲンドウに依怙贔屓されたパイロットとみなし、『破』では「エコヒイキ」と呼んでいた。しかし、ゲンドウの言いなりの人形だと思っていたレイが実際にはシンジに恋をするというれっきとした心を持った存在だと気がつき、認識を改めると同時に対抗意識も持つようになる。それでもレイやシンジに危害を加えることはなく、レイがシンジとゲンドウの仲を取り持つための食事会を開こうとしていることを知ると、一歩身を引いてその場をレイに任せた。
それらの経緯を経て、孤高だった自分も誰かと触れ合うことで笑顔になれることに気がつき、精神的に成長する。

しかし、その矢先に自身が乗るエヴァ3号機が第9の使徒によって侵食され、アスカを内部に取り込んだまま暴走。ダミーシステムによる自動操縦となった初号機により3号機は大破され、搭乗していたアスカはエントリープラグごと初号機に噛み砕かれた。 『破』では以降は生死不明のまま登場しなくなる。

その後、『Q』予告編で健在な様子を見せる。本編では28歳になっても「エヴァの呪縛」により14歳の外見のままで、上記のエントリープラグ破壊により左眼を喪失している。
終始シンジに対して攻撃的であり、より悪意を込めて「ガキシンジ」と呼ぶ。ミサトと同様に冷徹な性格に変貌しており、ろくに説明もせずにシンジにヒステリックな悪意を向けてばかりで、シンジの話はまったく聞こうとしない。『破』では周囲と触れ合うことに意味を見出し始めていたのだがむしろ悪化しており、以前よりも刺々しい。14年経っても精神的にはほとんど成長していないらしい。
しかし、それでもシンジを殺すには至らず、最終的には見捨てずに引っ張っていく様子が見られる。

真希波・マリ・イラストリアス(まきなみ・マリ・イラストリアス)

『破』

声 - 坂本真綾

本シリーズから登場する新キャラクター。『破』から登場。
赤縁眼鏡が特徴的な少女。裸眼では視力はかなり悪いらしい。NERVユーロ支部所属のエヴァパイロットで、同じくユーロ支部に出向中だった加持リョウジとは面識があった。イギリス出身で日本語・英語のバイリンガルだが、日本語の方が話しやすいと語っている。

エヴァの戦闘をゲーム感覚のように楽しんで行うなど、非常に好戦的な性格。出撃時に『三百六十五歩のマーチ』を歌いながら移動したり、会話の語尾や掛け声などに猫を思わせるような「にゃ」という言葉を用いたりと、飄々としている。

『破』冒頭で仮設5号機搭乗時は暗緑色の旧型プラグスーツとヘッドギアを着用していたが、後に2号機への搭乗以降はピンク色の新型プラグスーツを用いる。

『破』冒頭でEVA仮設5号機に搭乗し、旧北極のNERV基地「ベタニア・ベース」で第3の使徒を撃破するが、仮設5号機も爆散してしまう(自身は脱出)。
その後、何者かの指令に従いパラシュートで極秘裏に第3新東京市へ潜入。シンジと偶然対面するが、シンジの体からL.C.Lの匂いを感じ取り、彼がエヴァパイロットであることを見抜いている。その際、何故かシンジのことを「NERVのわんこくん」と呼んでいる。
第10の使徒の襲来時にはNERV本部に侵入し、アスカの戦線離脱と共に封印されていたはずのエヴァ2号機を無断で起動させ、単独で出撃。第10の使徒相手に苦戦したために、エヴァのリミッターを解除する裏コード「ザ・ビースト」を発動させ、闘争心むき出しのパワーを披露。それでも第10の使徒には敵わず2号機は大破させてしまうが、吹き飛ばされた2号機が偶然シェルター内にいたシンジの眼の前に落下してきて再会。エヴァ搭乗を拒絶するシンジに闘いの強制はしなかったが、「そうやってイジけてたって、なんにも楽しいことないよ」と諭し、彼を避難させる。シンジをシェルターから出すと、シンジの眼の前でレイが零号機ごと使徒に捕食される瞬間を目撃することになり、結果的にシンジが戦場に戻るきっかけとなった。

『Q』ではアスカのサポート役に徹しており、アスカやシンジと同様「エヴァの呪縛」により歳をとらず、性格・容姿ともにほとんど変わっていない。アスカやミサトとともに「ヴィレ」に所属し、アスカのことは「姫」と 呼んでいて、アスカからは「コネメガネ」と呼ばれている。『破』と比べて目立った活躍は少ないが、ゲンドウのことを「ゲンドウくん」と呼んだり、アヤナミレイ(仮称)に対して「あんたのオリジナルはもっと愛想があった」と語るなど謎めいた発言も多く、現時点では正体は不明。

渚カヲル(なぎさ カヲル)

『破』登場シーン。

声 - 石田彰

『序』から登場している謎の少年。

『序』では、終盤に月面で棺の中から起き上がり、対面したことのないはずのシンジの名を呟いていた。
『破』では、中盤に月面でゲンドウが乗ったシャトルに向かって「おとうさん」と語りかけていた。 終盤では、初号機が覚醒した際にはエヴァンゲリオンMark.06で地球に舞い降り、カシウスの槍でサードインパクトを止め、「さあ約束のときだ、碇シンジ君。今度こそ、君だけは……幸せにしてみせるよ」と謎の言葉を語る。

『Q』で本格的に登場。
ゲンドウと冬月のみとなったネルフ本部に連れてこられたシンジの前に現れ、シンジはゲンドウから「その少年と共にエヴァ第13号機に乗れ」と指示される(第13号機はダブルエントリーシステムであり、二人で操縦する)。

旧シリーズと同様にこの時点では完全に孤立していたシンジに声をかけてピアノを連弾することで親しくなっていく。その後は故障したS-DATの修理、天体観測などを経て、短期間で友人となる。

エヴァ第13号機でセントラルドグマに降下した際、リリスとMark.06に刺さっていた槍が、2つともロンギヌスの槍であることを訝しみ、旧シリーズでは見られなかった動揺を見せる。シンジはカヲルやアスカによる制止も虚しく、槍を抜いてしまう。
カヲルは「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒に堕とされるとは…始まりと終わりは同じという訳か」という言葉を漏らし、自身がフォースインパクトのトリガーであると察する。シンジに「また会えるよ」と笑顔で告げ、フォースインパクトを食い止めるために首のDSSチョーカーが爆発させ自決。その命をもって世界の崩壊を阻止した。

kei_55468
kei_55468
@kei_55468

Related Articles関連記事

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとは、1995年制作のテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を原作とした劇場版アニメ。総監督庵野秀明を始めとして、ほとんどの声優やスタッフがテレビアニメシリーズに引き続き制作を手掛けている。単なるリメイクではなく「再構築(リビルド)」と位置づけ、14歳の少年少女が人型兵器エヴァンゲリオンに乗って謎の使徒と戦うという大本の設定は同一ながら、中盤から全く新しい展開を見せている。2021年にシリーズ完結作となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開された。

Read Article

EVA-EXTRA-EXTRA(シンエヴァの薄い本)のネタバレ解説・考察まとめ

EVA-EXTRA-EXTRA(シンエヴァの薄い本)のネタバレ解説・考察まとめ

『EVA-EXTRA-EXTRA』とは『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』の入場者プレゼントとして2021年6月12日から全国の映画館で配布された入場者特典である。前作である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の前日譚を描いた漫画『EVANGELION:3.0 (-120min.)』を始めとして、公式アニメーターによるイラストが多数収録されたことから話題を呼んだ。表紙のイラストは総作画監督である錦織敦史が担当している。

Read Article

鈴原サクラ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原サクラ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原サクラ(すずばらサクラ)とはアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの登場人物で、反ネルフ組織「ヴィレ」に所属する医療スタッフ。テレビアニメシリーズでは鈴原トウジの妹として名前だけ言及されていたが、新劇場版シリーズで初めて本人の姿が登場した。基本的に明るく柔和な女性だが、主人公の碇シンジがエヴァに乗ることについては激しく反対する。碇シンジに対して愛憎入り混じった複雑な感情を抱き、彼を不幸にしたくないという想いから過激ともいえる行動に出た。

Read Article

碇ゲンドウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ゲンドウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ゲンドウとは、新世紀エヴァンゲリオンの登場人物で、特務機関ネルフの最高司令官。主人公碇シンジの実父ではあるが、その関係は荒んでおりほとんど親子らしい会話を交わすことはなかった。本作の核心ともいえる「人類補完計画」を実行すべく謀略を巡らせる黒幕的ポジション。その真の目的は、過去に命を落とした最愛の妻・碇ユイと再会することである。常にサングラスをかけており、その表情を読み取ることは難しい。

Read Article

加持リョウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

加持リョウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

加持リョウジとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で特務機関ネルフに所属する諜報員。後ろで束ねた長髪に無精髭、咥え煙草がトレードマークの伊達男で、飄々としたプレイボーイ。しかしその真の姿は、ネルフとその上位組織であるゼーレ、日本政府を股にかけて暗躍する三重スパイである。セカンドインパクトの真相を探るため独自に動いていたが、ゼーレを裏切ったことで始末された。エヴァの戦闘指揮官・葛城ミサトは彼の元恋人であり、再会した後は再び深い仲になっている。

Read Article

冬月コウゾウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

冬月コウゾウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

冬月コウゾウとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で特務機関ネルフ副指令。謎に包まれたネルフ司令碇ゲンドウの数少ない理解者であり、真の目的を共有する同志である。主にネルフの実務処理を担当しているが、ゲンドウの不在時には代わりに作戦指揮を執ることも多い。元々は京都大学の教授として形而上生物学を研究しており、その時に教え子であった碇ユイやゲンドウと出会っていた。ロマンスグレーの初老の紳士で、常にゲンドウの傍らに立ち戦況を見守っている。

Read Article

綾波レイ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

綾波レイ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

綾波レイ(あやなみレイ)とは、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物であり、エヴァ零号機のパイロット。水色の髪に赤い瞳が特徴のミステリアスな美少女。当初は感情をほとんど表に出さず、機械のように命令に忠実に従っていたが、シンジとの交流を通して徐々に自我が芽生えていく。その正体はシンジの母・碇ユイを元にしたクローンであり、複数の「綾波レイ」が存在している。人類補完計画の要として、作中で大きな役割を果たす。

Read Article

惣流(式波)・アスカ・ラングレー(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

惣流(式波)・アスカ・ラングレー(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

惣流・アスカ・ラングレー(そうりゅう・アスカ・ラングレー)とは新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で、エヴァ弐号機のパイロット。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズにおける苗字は「式波」。茶髪と赤いプラグスーツがトレードマークの帰国子女で、勝気な性格から他のパイロットともたびたび衝突する。主人公である碇シンジと任務遂行上の理由から同居することになり、反発し合いながらも徐々に絆を深めていく。エヴァで活躍することを何よりも自分の存在意義と考えている。

Read Article

碇ユイ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ユイ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ユイとは『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物で、主人公碇シンジの母親。物語の始まる10年前にエヴァンゲリオン初号機の開発中の事故で死亡したとされているが、実は初号機の中に肉体ごと取り込まれてしまっている。ユイの死が夫であるゲンドウを狂わせ、人類補完計画に傾倒していく原因となった。すでに故人ということもありほとんど回想シーンでしか登場しないものの、ある意味では作品の根幹にかかわる重要人物といえる。

Read Article

真希波・マリ・イラストリアス(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

真希波・マリ・イラストリアス(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

真希波・マリ・イラストリアス(まきなみ・マリ・イラストリアス)とはヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの登場人物で、エヴァ仮設5号機、2号機、8号機パイロット。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より登場する新キャラクターで、その明るく奔放なキャラクターと謎に満ちた正体に注目が集まった。2つ結びの茶髪と赤縁眼鏡がトレードマーク。『Q』以降は改2号機パイロットである式波・アスカ・ラングレーの相方として8号機を操り、数々の戦場を駆け抜ける。

Read Article

鈴原トウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原トウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原トウジとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で主人公シンジのクラスメイト。関西弁が特徴で、常に黒いウィンドブレーカーを着用している。エヴァパイロットであるシンジに当初は反感を抱いていたが、彼の苦労や覚悟を知って和解する。その後は同じくクラスメイトの相田ケンスケと共に「3バカトリオ」として親しく付き合うようになった。テレビアニメ版では参号機のテストパイロットに選ばれるが、起動実験時の暴走と初号機による破壊によって左脚を失ってしまう。

Read Article

赤木リツコ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

赤木リツコ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

赤木リツコとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物であり、特務機関ネルフ技術開発部に所属する科学者。人型兵器エヴァンゲリオンの開発に深く関わっているほか、ネルフ本部の意思決定を支えるスーパーコンピューター「MAGI」の管理運営担当者でもある。戦闘指揮官である葛城ミサトとは学生時代からの友人で、時に衝突することもあるが技術者的見地から彼女の作戦をサポートしている。ネルフ司令碇ゲンドウの愛人でもあり、エヴァとネルフの抱える秘密を知る立場にあった。

Read Article

相田ケンスケ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

相田ケンスケ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

相田ケンスケとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で主人公碇シンジのクラスメイト。軍事オタクで常にビデオカメラを持ち歩いている変わり者。眼鏡と茶髪、そばかすが特徴的な中学生。エヴァに強い憧れを抱いており、戦闘を一目見るためにシェルターを抜けだしたり、パイロットになりたいと指揮官の葛城ミサトに直談判したりと目的のためならなりふり構わないところがある。新劇場版では大人になったケンスケが再登場し、物語のキーマンとなった。

Read Article

日向マコト(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

日向マコト(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

日向マコトとは、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物で特務機関ネルフ本部のオペレーター。黒縁眼鏡とオールバックの髪型が特徴の男性。エヴァの戦闘時におけるサポートが主な仕事であり、使徒の反応を観測した際に「パターン青!」と告げるのが日向のお決まりのセリフとなっている。物語にあまり関わらない役どころではあるが、第1話から新劇場版まで出演しているレギュラーキャラクターであり、エヴァという作品の世界観を支える名脇役である。

Read Article

渚カヲル(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

渚カヲル(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

渚カヲル(なぎさカヲル)とは新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で、5番目のエヴァンゲリオンパイロット(フィフスチルドレン)。その正体は第1にして最後の使徒であり、作中で提示された多くの謎の鍵を握る重要人物。白い髪と赤い瞳、色白の肌が特徴的な美少年である。主人公である碇シンジに強い興味を持ち、瞬く間に心を通い合わせた親友となる。傷ついたシンジを慰め、大きな影響を与えるが、最終的にはシンジの手にかかって亡くなるという悲劇的な最期を迎える。

Read Article

青葉シゲル(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

青葉シゲル(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

青葉シゲルとは、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物で、ネルフ本部所属のオペレーター。主に通信と情報分析を担当しており、使徒との戦闘ではエヴァや本部施設のモニタリングと戦況のアナウンスを行う。肩にかかる程度のロン毛と鋭い目つきが特徴のやせ形の男性。物語の本筋に深く関わるキャラクターではないが、テレビアニメ版第1話から登場し、作中の戦闘描写になくてはならない存在である。趣味はギターで、音楽雑誌を読んでいたりギターケースを背負って出勤したりする様子が描かれている。

Read Article

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(シン・エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(シン・エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』(EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)とは、2021年に公開されたSFアニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の4作目にあたり、四半世紀にわたる『エヴァンゲリオン』シリーズの集大成の作品として、公開前から注目を集めた。総監督・脚本・原作・製作総指揮を庵野秀明が務める。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の後、失意のどん底にいる碇シンジが立ち直る姿を描く。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの二作目である。 謎の巨大生物・使徒により、「セカンド・インパクト」という大災害が発生してから15年。14歳の少年碇シンジは、父ゲンドウの命令で汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と戦うことを強いられる。同じくパイロットに選ばれた少女たちと交流しながら、シンジは世界の謎を巡る奇怪な陰謀に翻弄されていく。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ヱヴァ:Q)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ヱヴァ:Q)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの三作目である。 主人公碇シンジが目覚めると、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から14年もの月日が流れていた。自身が起こした大災害により滅亡に瀕する世界で、かつての仲間たちが新世界創世を画策する「NERV」とそれを阻む「WILLE」の二派に別れて相争う中、シンジは14年前の真実を求めてNERV本部へと向かう。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(ヱヴァ:序)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(ヱヴァ:序)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(以下ヱヴァ:序)とは、ガイナックスの取締役だった庵野秀明氏が独立し、2006年に設立した株式会社カラーの第1回作品である。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下TVシリーズ)に新たな設定とストーリーを追加して、再構築したシリーズの第1作目である。本作は全4部作の第1作目にあたる。またタイトルの『序』は雅楽の用語『序破急』から来ている。ヱヴァ:序はTVシリーズの第壱話~第六話までのストーリが基盤となっているが、TVシリーズの原画の流用は1枚もない。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開された。今尚アニメ界で異彩を放つ作品である。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・旧劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

新世紀エヴァンゲリオン・旧劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)のネタバレ解説・考察まとめ

新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)のネタバレ解説・考察まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』とは、ガイナックス制作による庵野秀明監督のアニメーション映画。主たるジャンルはロボットアニメに分類される。同名TV作品のリメイク映画作品。 地球に突如として謎の巨大生命体「使徒」が出現。これへの対処に組織された特務機関「ネルフ」は、巨大人造人間「エヴァンゲリオン」を創造した。操縦には資格を持った14歳の少年が必要である。操縦者に選ばれた少年碇シンジと、彼を取り巻く人間たちの複雑怪奇な愛憎劇を描く。

Read Article

碇シンジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇シンジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇シンジ(いかりシンジ)とは『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの主人公でエヴァンゲリオン初号機のパイロット。母・碇ユイをエヴァ起動実験の事故で失って以降父・ゲンドウとは距離を置いていたが、2015年突如ネルフ本部のある第3新東京市に呼び出され、エヴァ初号機パイロットに任命される。最初はエヴァに乗る事を拒絶していたシンジだったが、上司兼保護者の葛城ミサトやパイロット仲間の綾波レイや惣流(新劇場版では式波)・アスカ・ラングレー、クラスメイト達との交流を通して徐々に成長していく。

Read Article

葛城ミサト(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

葛城ミサト(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

葛城ミサトとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物でエヴァの戦闘指揮官。主人公の碇シンジの保護者兼上司として、時に厳しく接しながらも彼の成長を見守っていく。セカンドインパクト時の南極調査隊の生き残りでもあり、父の仇である使徒殲滅に情熱を燃やす。彼女の立てる作戦は無謀なものがほとんどだが、ミサト自身の強運によるものか結果的には成功を収めている。

Read Article

伊吹マヤ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

伊吹マヤ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

伊吹マヤとは新世紀エヴァンゲリオンの登場人物で、特務機関ネルフ本部所属のオペレーター。人型兵器エヴァンゲリオンの戦闘をサポートする役回りとして、第1回から戦闘時には欠かさず登場している。上司の赤木リツコを「センパイ」と呼んで慕っており、彼女から直々に技術指導を受けている。生真面目な性格や、黒髪ショートカットという可愛らしい見た目から、メインキャラクターではないにも関わらず高い人気を誇っている。

Read Article

『エヴァ』に『デュラララ』『ガンダム』とキティちゃんコラボはとどまる事を知らない!

『エヴァ』に『デュラララ』『ガンダム』とキティちゃんコラボはとどまる事を知らない!

「キティちゃん」と言えば、サンリオの代名詞と言っても過言ではないキャラクター。日本の女の子にもっとも愛され、そしてもっとも色々な“モノ”達とコラボを果たした別名「仕事を選ばないキティ先輩」。こちらでは、そんなキティちゃんのアニメや漫画を中心とした“コラボ遍歴”を集め、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents