ヱヴァンゲリヲン新劇場版(Rebuild of Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。
1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。
全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

墓参りから葛城ミサトの車で帰る途中、海上をアメンボのように歩く「第7の使徒」に遭遇。ミサトはシンジをNERV本部に送るため急ぐが、上空を飛んでいた輸送機からエヴァンゲリオン2号機が放たれ、出撃する。2号機は驚異的な機動力を披露し、空中で使徒を撃破する。

2号機に乗っていたのは、エヴァ2号機パイロットにして、第2の少女の式波・アスカ・ラングレーだった。
強気なアスカと出会い戸惑うシンジは、自分とレイがゲンドウのコネでパイロットになっただけの「七光り」と「エコヒイキ」だと称される。
こうして、2号機とともに来日したアスカは、シンジと同じくミサトの家に同居し、第壱中学校の同じクラスに通うことになる。

加持からゲンドウに「ネブカドネザルの鍵」が届けられる。

一方、ベタニアベースから加持も来日しており、シンジ達を対面。彼は過去にミサトと恋仲だったらしい。
加持はゲンドウに「ネブカドネザルの鍵」という謎の物体を届けていた。人類補完計画の扉を開くものだという。以降、加持はNERV本部に滞在することになる。

月面基地「タブハベース」

月面基地に向かうゲンドウと冬月。
月面の渚カヲル。

ゲンドウと、NERV副司令官にしてゲンドウのパートナーである冬月コウゾウはNERV本部を離れ、NERVの背後にある秘密結社SEELE(ゼーレ)の月面基地「タブハベース」へ向かう。そこではEVANGELION Mark.06(エヴァ マーク・シックス)という謎のエヴァが建造されていて、それを確認するのが目的だという。また、そこには月面でありながら生身で平然としている渚カヲルがいた。

社会科見学

海洋研究所に社会科見学に来たシンジ達。

加持の計らいにより、シンジ・レイ・アスカ・トウジ・ケンスケの5人は「日本海洋生態系保存研究機構」へ社会科見学に行くことになる。現在の海はセカンドインパクトの影響で赤く染まり、海の生き物の多くは死滅しているが、この研究所ではそれ以前の海を再現する研究が行われていた。

狭い水槽を見つめるレイ。
シンジの手作り弁当を楽しむ一同。

見たことのない青い海の様子にはしゃぐシンジ達だったが、そんな中でレイはある水槽を物憂げに見つめていた。そこでは小さな魚が沢山泳いでいたが、水槽は小さかった。もっと広い場所で泳げばいいのにとシンジは語るが、レイは「この子達はこの中でしか生きられないもの…私と同じ」とつぶやく。
その後一同はシンジが持参した美味な弁当を楽しんだ。

シンジは加持と2人で話していると、ミサトの過去を聞かされる。ミサトの父親はかつて研究に没頭し過ぎた科学者で、ミサトはそんな父を憎んでさえいたが、セカンドインパクトで自分を救って死んだ父のことが忘れらずにいるのだという。シンジは、ミサトも自身と同様に父親に縛られていることを知ってシンパシーを抱く。自身は父とどう向き合うべきなのか、父と自分を繋ぐ唯一の存在であるエヴァに乗る理由は何なのかと模索するシンジ。

3人のチームワーク、VS 第8の使徒

3人で連携して使徒を倒す。

その後、衛星軌道上に「第8の使徒」が出現する。その使徒はA.T.フィールドをまとった自らの体を切り離して、爆弾として地上に投下するという特殊な使徒だった。NERV本部への命中確率は99.9999%(シックスナイン)と判明。

ゲンドウと冬月はまだ月面から帰還していなかったため、ミサトが代理で指揮を執る。
初号機(シンジ)・零号機(レイ)・2号機(アスカ)の3機によって投下された使徒をエヴァのA.T.フィールドを全開にして直接 手で受け止めて動きを止め、その隙に倒すというものだった。落下予測地点を外れたり、受け止めたエヴァが耐えられなくても作戦は失敗する。
アスカは自分1人で充分だと言い張るが、ミサトに押し切られ3人で実行することになる。3人の連携により作戦は見事に成功する。

ミサトは作戦結果を宇宙空間のゲンドウと冬月に連絡する。ゲンドウは成功を褒め称え、最後にシンジに対して「よくやったな」と伝えた。シンジはゲンドウの言葉に喜びとエヴァに乗る意味を感じていた。
一方で、アスカは今回の闘いで自分1人では使徒は倒せなかったことを自ら認める。以降、シンジが親の七光りなどではなく実力を持ったパイロットと認め、以降はファーストネームで呼び合い次第に打ち解けていく。

レイとアスカの恋

レイからシンジとの食事会を提案され断ろうとするが、レイにユイの面影を見て了承するゲンドウ。

その後は使徒の襲来もなくしばらくは平穏な日々が続いた。アスカはクラス委員長の洞木ヒカリと親しくなる。
レイはシンジと過ごすうちに彼に恋心を抱くようになり、自身も慕うゲンドウとシンジに和解してほしいと考える。レイはゲンドウに、シンジやNERVのみんなと一緒に手作りの食事会を提案する。一度は断ろうとするゲンドウだったが、レイの表情に妻のユイの面影を見て、了承する。

一方、シンジが学校の屋上でS-DATのポータブル音楽プレイヤー(カセットプレイヤー)を聴いていると、突然空からパラシュートで少女が降ってきた。その少女はNERVユーロ支部所属のエヴァパイロット・真希波・マリ・イラストリアスだった。何者かの命令で日本に潜入してきたらしい。突然の対面に驚くシンジに軽快に挨拶だけすると、マリはどこかへ行ってしまった。

料理の練習で手を怪我して絆創膏を貼っているレイ。
同様にシンジに手料理を振る舞うために練習するアスカ。

レイは食事会のために料理の練習をしていた。また、レイと同様にシンジに恋心を抱き始めていたアスカもシンジのために料理の練習をしていた。レイとアスカの双方が普通の女の子らしくなっていくことをミサトは喜んでいた。特にレイは食事会にミサト、リツコ、アスカも誘うなど周囲に心を開き始めていた。

エヴァ3号機起動実験、レイとアスカの成長

謎の物体「モノリス」を通して人類補完委員会と会議をするゲンドウ。

NERV本部に、北米のNERV第2支部で試験中だったエヴァ4号機が支部を巻き添えに突然の大爆発を起こして消滅したという事故の知らせが入った。しかし、本当に事故なのかミサトや加持は疑っていた。
それを受けて、同じく北米で開発されていた3号機が急遽日本の本部に移送されることになる。3号機の起動実験ではレイとアスカのどちらかがパイロット候補となった。

一方で、ゲンドウはSEELEの人類補完委員会と会議をしていた。会議終了後、「初号機の覚醒を急がねばならない」とつぶやく。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis EVANGELION)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

ふしぎの海のナディア(Nadia, The Secret of Blue Water)のネタバレ解説まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

目次 - Contents