新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の使徒まとめ

F831215a19416db2ff3cf916f6f132f3

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

『新世紀エヴァンゲリオン』及び『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の概要

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、庵野秀明率いるGAINAXによるアニメ作品、及びそれを原作とする漫画、ゲーム作品である。通称『エヴァ』。1994年10月から翌3月までテレビ東京系で放送されたが、本格的に人気が出て社会現象にまでなったのは放送終了後。話数カウントは「第壱話」と言った風に、旧漢数字を使用。全弐捨六話。
聖書や心理学などをモチーフにしたシンボリックで実験的な作風が特徴。物語としては、14歳の少年少女が汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン(以下エヴァ)に乗り込み、使徒と呼ばれる謎の存在と戦うのがメインとなる。従来のロボット物との違いとしては、エヴァがロボットではなく人造人間であること、使徒が正体も目的も分からないまま倒されていった点などがある。
実質テレビ版での物語は第弐拾四話で終わっており、残りの2話は内面的な葛藤での終結になっている。
1997年7月、『Air/まごころを、君に』が映画公開。使徒の正体を始め、人類補完計画の内容など伏線回収の為のストーリーが展開された。
その後10年以上が経過しても尚『エヴァ』人気は衰えず、2007年に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』が公開。これはリメイクではなく、「再構築」とのこと。『序』『破』『Q』までが公開されており、完結編の『シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版:Ⅱ』を含めて全四部作となる。
エヴァやそのパイロットだけでなく、使徒も一部がリニューアル、もしくは全く新しい個体が登場する。またストーリーや設定にも改変が加えられており、オールドファンでも新規のファンでも楽しめる作りになっている。

『新世紀エヴァンゲリオン』=旧作
『Air/まごころを、きみに』=旧作劇場版
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』=新劇場版
と記す。

あらすじ

未曽有の災厄、セカンド・インパクトから15年が経過。人類は、セカンド・インパクト後の大戦を経て使徒と呼ばれる謎の存在との戦いを強いられる。14歳の少年・碇シンジは、長いこと疎遠だった父、ゲンドウの呼び出しを受け葛城ミサトなる人物と待ち合わせをしていた。そこに、突如戦略自衛隊の戦闘機と共に巨大な生命体が現れる。シンジは車でやってきたミサトに連れられ、父が司令を務める組織・特務機関ネルフへと赴くこととなった。
呼ばれた理由は、人造人間エヴァンゲリオン初号機に乗り込み、使徒と戦うこと。先の生命体こそが使徒であり、人類の敵だと言うのだ。何の説明も訓練も受けていなかったシンジだが、重傷を負った綾波レイが出撃せざるを得ない状況を見過ごせずに乗り込む。
暴走しながらも初号機の初陣は勝利に終わった。以降、シンジは初号機の専属パイロットとしてエヴァに乗り、使徒との望まぬ戦いを続ける。それでも学友やネルフの職員、エヴァのパイロット仲間との交流と使徒戦の中で少しずつ自信をつけていく。シンジの希望と絶望を中心に各人各様の葛藤や陰謀が渦巻く中、ネルフの上位組織、ゼーレは人類補完計画を進めていた。

上記が、旧作、新劇場版に共通する物語である。新劇場版では使徒との戦いは一応『破』で終了。続く『Q』において、ネルフと元ネルフ職員が立ち上げた組織ヴィレによるエヴァでの戦いが繰り広げられる。しかし、ネルフ側のエヴァに使徒が組み込まれており、それが暴走したり、カシウスの槍なる新アイテムが現れたりなど旧作以上に盛り上がる要素が増えている。

世界観・用語

セカンド・インパクト

Adam wings of light

旧作のセカンド・インパクトで見られた羽はアダムのもの。

2000年に南極大陸で起き、同大陸を消滅させた大災害。生き残ったのは調査隊長だった葛城の娘にして後にネルフの職員となる葛城ミサトのみである。「セカンド」とついているのは、月の誕生の元となった天体の衝突ジャイアント・インパクト並みの規模を持った地球の危機、つまり「2度目のジャイアント・インパクト」という意味である。
この認識により、セカンド・インパクトの原因は隕石の衝突とされていたが、実際にはゼーレが第1使徒アダムを卵に還元する作業中、故意に引き起こされたもの。
使徒を生み出させない為の処理や、アダムを卵に戻す為にロンギヌスの槍を刺したことで凄まじいエネルギーが発生。南極大陸一帯は大爆発を起こし、バクテリアさえ住めない死の領域となってしまった。
第1使徒アダムと、他の使徒が接触することでサード・インパクトが起こるとされる。

新劇場版『破』ではラスト部分で初号機の覚醒によりニア・サード・インパクトが発生し、人類は滅亡しかけた。続く『Q』ではフォース・インパクトを未然に防いでいる。

ロンギヌスの槍

第2使徒リリスの胸に突き立てられている巨大な槍。ただの槍ではなく、投げる時に変形する。A.T.フィールドをも貫き、使徒やエヴァを仕留める力を持つ。
旧作ではアラエル戦で殲滅の為武器として使われ月まで飛んでいくが、第25話でシンジのデストルドー(死への衝動)により召喚された。
新劇場版ではカシウスの槍も登場。エヴァや使徒の活動を強制的に停止(完全停止ではなく封印)させる力があるらしい。

ちなみにカシウス、ロンギヌスとは同一人物の名である。伝承でイエス・キリストの遺体を死亡確認の為に突いた兵士がカシウスであり、ロンギヌスはキリスト教徒となり聖別された後の名前になる。

特務機関NERV(ネルフ)

人類補完計画を遂行する組織、ゼーレを上層に持つ。ネルフは世界中に支部を持ち、本部は第三新東京市にある。エヴァを保有し、使徒戦で多くの戦果を挙げている。ネルフはその機会系統を全てを、前身組織の頃に作られたスーパーコンピュータ、MAGI(マギ)に頼っている。これはMAGIの考案者、赤木ナオコ博士の持っていた三つの思考パターン(女、母、科学者としての思考パターン)が元になったもので、メルキオール、バルタザール、カスパーの三機が会議のように計算をし、決定を出す。
新劇場版でのネルフは最下層のセントラルドグマに第2の使徒リリスが安置されており、使徒がこれを狙い接触することでサード・インパクトが起きるとして、リリスを守る意味もあって使徒を迎撃していた。使徒がネルフ本部に入ったら基地ごと自爆するよう措置が取られている。

汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン

Nge

左から初号機、零号機・改、弐号機。

通称エヴァ。唯一使徒に対抗しうる汎用人型決戦兵器である。その理由として、使徒の持つバリアのようなA.T.フィールドを中和、侵食する能力を持つことが挙げられる。単独では動かず、エントリープラグと呼ばれる筒状のコックピットにパイロットが乗り込み、エヴァの延髄から挿入し、脳波をエヴァと接続することで起動する。この時の接続の度合いをシンクロ率と呼び、シンクロ率が高い程巧みにエヴァを操れる。しかしエヴァの負ったダメージ等が痛みとなってフィードバックする為、場合によってはパイロットに部位欠損時の痛みが伝わり、戦闘不能に陥る。
エントリープラグ内はL.C.Lと呼ばれる特殊な液体で満たされる。これは飲み込むことで直接肺に酸素を送る、エヴァとパイロットの神経を接続する、戦闘時にある程度の弛緩剤になるなどの効果を持つ。その正体は第2使徒リリスの体液であり、人類が生まれる前の本来あるべき姿でもあった。
パイロット不在時でも起動するように開発されたダミープラグも存在するが、ネルフ側の信号を受け付けないなどの問題点が多く、実戦での使用が躊躇われる代物だった。第13使徒(新劇場版では第9の使徒)殲滅で大きな成果を見せたものの、その使徒が有人のまま乗っ取られたエヴァであった為、初号機パイロットの反乱を招く結果となる。続く第14使徒戦では初号機がダミープラグを受け付けず、起動しなかった。
通常は装甲板のような拘束具で隠れているが、各機体には人の魂を宿らせたコアが存在する。初号機はリリスをベースに、そのほかのエヴァはアダムをベースに作られている。
電力で起動する。通常はケーブルで繋いで電力を供給しているが、ケーブルを外しても内蔵電力で5分間は活動できる。初号機は使徒を食らい永久に活動が可能なS2機関を取り込んだ為活動限界とは無縁となった。
パイロットの制御下を外れ、暴走状態に陥ることがある。暴走状態ではパイロットの統制から離れ、目の前の敵を攻撃する。また暴走の上を行く覚醒という段階がある。これは各機体にあるコアが覚醒をしたものであり、400%を超えるシンクロ率を持ってパイロットを機体に取り込むなど人知を超えた現象を起こす。

旧作では零号機、改零号機、初号機、弐号機、参号機、量産機のエヴァシリーズが登場。エヴァシリーズはS2機関とダミーシステムを動力源にしており、パイロットはいない。

新劇場版では機体及びパイロットは概ね旧作と同じだが、旧作に登場しない機体もある。
零号機、初号機、2号機、改2号機、3号機、Mark.04、仮説5号機、Mark.06、Mark.08、Mark.09、第13号機が新劇場版に登場する機体であり、無人機(Mark.04)も存在する。
エヴァの呪縛という設定があり、パイロットは歳をとらない。
使徒に対抗するために作られたとされるが、実際には使徒を倒すだけでなく人類補完計画の要でもあった。

エヴァ及びパイロット

綾波レイ(声:林原めぐみ)

搭乗機:零号機/改零号機/初号機/Mark.09

寡黙で無表情、感情を感じさせない無機質な少女。零号機の専属パイロットとして怖れも躊躇もなくエヴァに乗り作戦を実行する。シンジと出会い、交流を深めるまでゲンドウの命令でのみ動いていた。
零号機の起動実験時に同機が暴走し、強制射出したエントリープラグが高所から落下したのに伴い、安静が必要な程の重傷を負う。サキエル戦でシンジが初号機に乗ることを拒んだ為出撃を命じられたのが初登場となる(厳密にはネルフに向かう前、シンジが見た幻のような形で登場している)。この時は頭部や片腕に包帯を巻いており、ストレッチャーで運ばれてきた。

【旧作】
無機質を通り越した無味乾燥、殺風景なアパートの一室で一人暮らしをしていた。私服らしいものは持っておらず、プラグスーツ以外では基本的に学校の制服を着ている。その正体はシンジの母、碇ユイの遺伝子を受け継ぐクローンであり、ネルフの地下には大量のレイの肉体が培養液の中でストックされていた。これらの肉体には魂が宿っておらず、レイが死亡する度に、ゲンドウたちによって新たな肉体へと魂が移動する。レイは心の中で「私が死んでも変わりがいるもの」と呟いている。物語冒頭からいるレイは二人目(一人目は赤木ナオコ博士により殺されている)であり、アルミサエル戦で死亡した後三人目のレイが現れる。魂は同一だが記憶はある程度のリセットがされるらしく、「たぶん私は三人目だから」とシンジに言った。
初号機には機体交換実験の時に乗っている。漫画版ではサキエルと戦うべく初号機に乗り込んでおり、レイの怪我の理由がサキエル戦で負った物になっていた。
零号機は実戦装備のされていないプロトタイプであり、初の実戦に当たるラミエル(新劇場版では第7の使徒)戦では初号機を守るサポート役だった。盾を持って初号機をラミエルの放つ加粒子砲から守るが、盾が加粒子砲の熱に耐えられず融解。零号機の機体も大ダメージを負った。その後実戦装備がされてカラーリングもブルーに変わった。

【新劇場版】
基本的な部分は旧作と同じだが、『破』においてシンジの手料理を大勢で食べたことがきっかけで「皆での食事は楽しいもの」との気持ちが生じ、徐々に人間味が出始める(通常はリメントを取っており、料理の味に感激もしたらしい)。シンジとゲンドウの仲を取り持つための食事会を画策し、料理の練習まで行う。食事会の日と3号機の起動実験日が重なった上、3号機が暴走した(使徒に乗っ取られた)為に食事会どころではなくなった。

シンジが使用するウォークマンはゲンドウの物であり、シンジが捨ててしまったそれを持っていた。シンジがもうエヴァに乗らなくてもいいように使徒を殲滅しようとミサイルを抱えて第10の使徒にぶつかるが、効果はなかった。そればかりか、零号機ごと捕食され取り込まれてしまう。
シンジはレイを救う為に初号機に乗り、「救いたい」との強い想いから初号機を覚醒させるに至った。その後綾波レイはもういないとされたが、アヤナミレイと名乗る少女が登場。ネルフ側のパイロットとしてシンジを連れ去り、アスカやマリと戦う。その正体は「綾波タイプ」と呼ばれるクローン体の一つであり、シンジの母、碇ユイの遺伝子を持つ。新劇場版では唯の旧姓が綾波になっている。

碇シンジ(声:緒方恵美)

搭乗機:初号機/零号機/弐号機/第13号機

主人公。何の訓練も説明もなしにネルフに連れて来られてエヴァに乗る羽目になる。基本的には優しく内向的。しかし一度タガが外れると活動限界が迫っているのにもかかわらず使徒の懐に飛び込んだり、参号機の件では怒りのあまり初号機でネルフを全壊させようと暴れる危うさを持つ。
私生活では「友達を作るのが苦手そう」と称されており、実際自分から友達を作るようなことはしなかった。
ネルフの施設内に個室が用意されていたが、ミサトの家に住むことになる。その後ドイツからやって来たアスカも加えた奇妙な共同生活を送る。家事が得意で、昼食の弁当はアスカの分も作っている。

【旧作】
サードチルドレンとしてネルフに呼ばれるが、いきなり初号機を見せられて使徒と戦うように言われる。初陣で使徒戦の恐怖を植え付けられた上、初号機の暴走も相まってその後サードチルドレンにはならないかと思われたがすんなりと承諾。それは幼少期父に捨てられた(との思い込み)、もう人に嫌われたくない、捨てられたくないとの気持ちから来る一種の処世術だった。
流されやすい性格ではあるが、褒められれば喜び、自信をもってエヴァに乗る前向きな面を見せる。
初号機の専属パイロットであり、訓練もなしに初号機を動かした。足を踏み出すのが精一杯で転倒させてしまうが、サキエル戦後の訓練や実戦を重ねるうちに巧みに操れるようになった。
零号機には機体交換実験で乗ったのみ。弐号機にはアスカにより強引に同乗させられた。
初号機は初めてシンジがネルフを訪れた際、サキエルの攻撃の衝撃によって落ちてきた照明からシンジを庇うような動きを見せた。その後シンジが一度ネルフを去った後はダミーシステムやレイを受け入れず、シンジが戻って来た時に起動。ゼルエルと交戦する。一度は活動限界で沈黙するが、暴走を越えた覚醒をし、半死半生のゼルエルを食い殺しS2機関を取り込んだ。

【新劇場版】
役割等は旧作とほぼ変わらない。『破』のラストで零号機ごと使徒に取り込まれたレイを救う為に初号機を暴走から覚醒状態にまで進化させた。シンジは初号機の変化やニア・サード・インパクトが起きかけていることには気づかずレイを救出。カシウスの槍により初号機ごと14年間の眠りにつき、大気圏外で封印状態にあった。そこをヴィレにより回収、拘束される。首にはシンジの行動を制限するための爆弾付きチョーカー(DSSチョーカー)まで付けられる。おまけにレイの安否や何が起きたのか、何故エヴァに乗ってはいけないのかなどの詳しい説明をされないこともあり、ヴィレ側のミサトやアスカに不信感を抱く。
ネルフのエヴァ、Mark.09にレイ(アヤナミレイと呼ばれるクローン体であり、シンジが助けたかったレイではない)が乗っており、自分の意思でMark.09にさらわれてネルフへと向かった。ここでネルフ側のパイロット、渚カヲルと出会い、自分が引き起こしたニア・サード・インパクトや、それにより友人も含め人類がほぼ絶滅状態にあることなどを聞く。ヴィレを去る時、トウジの妹サクラから「エヴァには乗らないでください」と告げられるが、人類を救うとの執着にも似た気持ちからカヲルと共に第13号機に乗り込む。
Mark.06からカシウスの槍とロンギヌスの槍を引き抜こうとするが、両方ともロンギヌスの槍であった。ロンギヌスの槍を抜いたことによりMark.06に眠っていた使徒が覚醒し、侵食を受けたカヲルが第13の使徒に堕ちる。また第13号機が第12の使徒を吸収、フォース・インパクトが起きかける。
カヲルが自殺同然に死亡し、シンジがエントリープラグごと強制射出されフォース・インパクトは収束した。

惣流・アスカ・ラングレー/式波・アスカ・ラングレー(声:宮村優子)

搭乗機:弐号機/2号機/改2号機/3号機/Mark.09

ドイツ人とのクォーター。高い知能、教養、語彙力を持つ。才色兼備だが勝ち気で毒舌。「あんた馬鹿ぁ?」が口癖。エヴァパイロットの中では最も新旧での差が激しいキャラクターと言える。

【旧作】
名字は惣流。天才肌で気が強いが、幼少期エヴァの起動実験で心を壊した母の様子や、自殺体の第一発見者となってしまったことがトラウマになっている。容姿がいい為同年代の男子生徒からはモテるが相手にしていない。ミサトのかつての恋人で、共にドイツ支部から来た加地リョウジにモーションを仕掛けていた(疑似恋愛との説もある。また加地はアスカを女性として見ていない)。
14歳ながら大学を卒業していることやルックスの事よりもエヴァのパイロットであることに誇りを持つ。弐号機に対しても執着を見せており、レイが弐号機に乗る事態を避ける為、一度は降りようとした作戦に参加する姿勢を見せる。もはやエヴァに乗ることだけが自分の価値と思っている節がある。
サンダルフォン戦以降は基本的に連携技が多く、作戦立案などをするが目立った戦果は挙げていない。レリエル戦では使徒に取り込まれた初号機が使徒の体内から現れ怪物のような咆哮をあげる様を見て戦慄。エヴァに執着する半面気持ちの焦りも出始める。単独戦では負けが続き、焦りからシンクロ率が低下アラエル戦で精神汚染を受けてすべてに執着を失う。アルミサエル戦では弐号機を起動させられず、戦わずして撤退を余儀なくされた。

【新劇場版】
名字は式波。基本的に旧作のキャラクターを受け継いでいるが、それなりに明るかった旧作のアスカとは違い皆とはしゃぐことをせず、むしろはしゃぐ皆を見て不快気に「ガキ」と呟くなど、近寄りがたい面が増している。
シンジやレイに対し「七光り」「えこひいき」で選ばれたと見なしてライバル意識を見せる。第8の使徒戦で初陣を飾り単独で同使徒を倒すが、遅れてきたレイやエヴァにすら乗ってこなかったシンジを批難。加地との接触は少なく、関心すらあまり抱いていないようだった。
学校に通うようになり、クラスメイトに話しかけられたことで少しずつだが心を開いていく。シンジを食事会へ誘ったレイへの対抗心から料理を始めた。食事会の招待状を受け取るが3号機の起動実験に参加するため出席はしなかった。
起動実験時、3号機に使徒が取り憑いていた為3号機もろとも使徒として処分される。シンジはエントリープラグが射出されていないことを確認し、アスカが乗ったままのエヴァを攻撃できないと攻撃を拒否。これによりゲンドウがダミープラグが起動し、3号機もろともエントリープラグが破壊された。アスカ自身はその後生存していたらしく、サンプル体として安置される。
『Q』ではヴィレ側に属し、改2号機パイロットとして登場。マリとコンビを組み、「コメガネ」「姫」と呼び合いながらもコンビネーションを発揮してネルフ側のエヴァと戦っていた。エヴァの呪縛で肉体的には14歳のままだが実際には28歳である。3号機破壊時の影響なのか左目に眼帯をして現れる。シンジに対しては詳しい説明をせず、冷たい態度をとっていたが心配している様子もあった。

鈴原トウジ(声:関智一)

搭乗機:参号機(旧作のみ)

シンジのクラスメイト。関西弁を使用する。初号機とサキエルの戦いにより妹がけがを負い入院したことにより、エヴァやそのパイロットを憎んでいた。シンジがそのパイロットであると知り、呼び出して殴りつける。シャムシエル来襲時友人の相田ケンスケによりこっそり避難所から連れ出されて使徒を目撃。近くに落ちてきた初号機のエントリープラグに乗り込む羽目になり、間近でシンジの戦いを目撃。シンジにとって使徒との戦いがいかに心身の負担となっているかを思い知り、事情も知らずに殴ったことのけじめとして自分を殴らせた。その後は友人として付き合いうようになり、ネルフやエヴァの情報をある程度知ることとなる。
やや古風な性格だが、学級委員長、洞木ヒカリに好意を持たれており、「手作り弁当を食べてほしい」と素直に言えない彼女の気持ちを汲み取る優しさを持つ。

【旧作】
フォースチルドレンに選出される。妹をより大きな病院に転院させることを条件に引き受けたが、シンジらには何も言わなかった。参号機の起動実験に参加するが、参号機はバルディエルに寄生されていた。参号機からの脱出ができないまま、ダミーシステムに切り替わった初号機によりエントリープラグごと握り潰される。アニメではプロデューサーの意向により一命をとりとめたが、漫画版では死亡している。漫画版ではシンジにフォースチルドレンに選ばれたことや使徒戦への恐怖を打ち明けている。

【新劇場版】
3号機のパイロットには選ばれなかった。妹サクラの退院に伴い物語から退場。『破』のラストで疑似サードインパクトが起きたが、これにより死亡したのかは不明。『Q』では監禁されていたシンジに支給された服に「鈴原トウジ」と書かれた物があった。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)のネタバレ解説まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ」。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

天元突破グレンラガン(Gurren Lagann)のネタバレ解説まとめ

2007年4月1日より同年9月30日まで、テレビ東京系列にて放送されていたアニメ。ガイナックスが単独でアニメーション制作した初のアニメ作品である。 遥か未来、人々は地中に穴を掘り、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息をひそめるように暮らしていた。そんなある日少年シモンは、不思議に光る小さなドリルと顔だけのメカを発見する。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

めだかボックス(Medaka Box)のネタバレ解説まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

ふしぎの海のナディア(Nadia, The Secret of Blue Water)のネタバレ解説まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

天元突破グレンラガン(Gurren Lagann)の登場ガンメン・ロボット・兵器まとめ

「天元突破グレンラガン」は2007年4月から同年9月まで放送された、GAINAX制作のオリジナルロボットアニメ。2008年と2009年には劇場版が公開された。作品は全4部で構成されており、2部までの少年期と3部以降の青年期を通して、主人公である「シモン」と彼が率いる「大グレン団」の熱き戦いが描かれている。 本記事では主要兵器として登場するロボットの『ガンメン』を中心に各部ごとまとめていく。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis EVANGELION)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

目次 - Contents