ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。
1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。
全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

シンジとカヲルが乗るエヴァ第13号機と、護衛として同行するアヤナミレイ(仮称)の乗るMark.09はサードインパクト爆心地であるセントラルドグマ最深部へ辿りつく。

そこには第2の使徒リリスの骸とMark.06があり、2本の槍が刺さっていた。ロンギヌスの槍とカシウスの槍であり、それを抜くのが目的だとカヲルは語る。しかし、間近でその槍を見たカヲルは困惑する。刺さっていた2本はまったく同じ槍だった。

そこに、アスカ(改2号機)とマリ(8号機)が現れ妨害を受けるが、シンジはMark.09はなんとかそれを退ける。

槍を抜く第13号機。

シンジは槍を抜こうとするが、突然カヲルが「やめようシンジ君…嫌な予感がする」と言い始める。シンジはカヲルの制止を振り切り、第13号機を4本腕に変化させ、遂に2本の槍を抜いてしまう。

すると第2の使徒リリスの骸が崩壊し、更にMark.06の体内に潜んでいた「第12の使徒」が活動を始めた(ストーリー開始前にMark.06の体内に潜んでいて、倒したはずが生存していたらしい)。「第12の使徒」はMark.06から飛び出し、黒い粒子状になり第13号機を包み込む。カヲルは「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒に堕とされるとは…」とつぶやいていた。こうなることはすべてゲンドウの狙い通りだったという。

次の瞬間、第13号機は覚醒し、第12の使徒は第13号機の力で収縮され、コアは噛み砕かれた。そして第13号機は疑似シン化形態を越えて覚醒し、地上に飛び出す。このままでは、ゲンドウの罠によって第1使徒から第13使徒に堕とされたカヲルがトリガーとなって、「フォースインパクト」が起きてしまう。

フォースインパクト、ヴィレとの闘い

ヴンダーと第13号機が交戦。

「フォースインパクト」が始まる。空中でミサトが率いるヴンダーが第13号機を襲撃するが、Mark.09がヴンダーの制御を乗っ取る。エヴァMark.09は「アダムスの器」という特殊な存在だったらしく、本来のヴンダーの主であるとのこと。

コード「トリプルセブン」により闘争心がむき出しになるアスカ。

そこに改2号機が駆けつけ、「トリプルセブン」というコードを使い、改2号機を「ザ・ビースト」のように獣化形態へ変化させMark.09と交戦。しかし、Mark.09は全身がコアだったため急所が存在しなかった。時間がなかったためアスカは脱出した後 改2号機を自爆させMark.09を殲滅(アヤナミレイ(仮称)も脱出)。ヴンダーは制御を取り戻したが、すぐには復帰できない。

フォースインパクトを止めるために第13号機に槍を突き刺し、DSSチョーカーを起動させるカヲル。

第13号機内でシンジはフォースインパクトを起こしてしまったことを悔やみ、涙を流す。カヲルは「大丈夫。ガフの扉は僕が閉じる」と語ると、2本の槍を第13号機に突き刺した。カヲルの意図を察したシンジは号泣するが、「そんな顔をしないで。また会えるよ」とカヲルは告げる。カヲルはDSSチョーカーを発動させ、死亡する。それにより覚醒状態が止まった第13号機は地上へ落下するが、ガフの扉はまだ開いていて、フォースインパクトの進行は止まっていなかった。シンジがゼーレの保険だったらしく、マリ(8号機)がシンジの乗るエントリープラグを強制射出させたことでようやく収まった。

すべての策略を操っていたゲンドウは、フォースインパクトが失敗したかに思えたが、カヲルを排除したこと、第13号機を覚醒へと導いたこと、ミサトの行動も計算内であり、今はこれでいいと語る。

地上に落ちたエントリープラグの中で、シンジは唯一の心の支えだったカヲルを失ったことで精神が壊れ、うずくまっていた。アスカはシンジを見つけ、救出。そこにアヤナミレイ(仮称)も現れる。アスカは精神崩壊したシンジの手を引いて歩き出し、アヤナミレイ(仮称)も2人についていくシーンで映画は幕を閉じる。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の登場人物・キャラクター

主要キャラクター / エヴァパイロット

碇シンジ(いかり シンジ)

『序』『破』

『Q』設定。

声 - 緒方恵美

本作の主人公。エヴァ初号機パイロットにして、第3の少年。14歳。
性格は内気でおとなしい優等生。全キャラクター中で最も精神的な不安定さが強く、躁鬱の傾向がある。
周囲に心を開かず自身の内面を守ることに必死であり、無気力に周囲に従うことで自分を守っていた。本編での闘いで徐々に成長し心を開いていくが、同時に精神を病んでいき、場合によっては更に閉塞的になることもある。『序』では「逃げちゃ駄目だ」と自分を奮い立たせるような言葉を呟くことが多かった。
母は自身が3歳の頃に他界、父とは疎遠で離れて生活していた。父のゲンドウとの相性は最悪であり、自分からコミュニケーションをとろうとすることはほとんどなく、苦手としているが、同時に愛してほしいとも願っている。『破』で父から「よくやった」と言われた際は明確に喜びを表し、自身がエヴァに乗ることへの価値を見出し始めた。しかし、その矢先に参号機の事故が起き、再び父を信じられなくなり一度はNERVを離脱。
NERVから個室が用意されていたが、一人きりにしてはおけないと判断したミサトの家に同居することとなる。
上記のような育ちから家事全般が得意。
本シリーズでは世界の命運を背負っているということに実感が持てずにいて、自分が出会った友人や大切な人のために闘う傾向が強い。特に『破』でレイが使徒に吸収された際にはそれまでの内向的な性格から一変、別人のように強気な面を見せる。更に「世界や自分がどうなったって構わない。綾波だけは絶対に助ける!」と個人的な動機から行動することが多い。
しかし『Q』ではTVシリーズと同様に周囲から振り回され、精神的に病んでいく様子が描かれる。

綾波レイ(あやなみ レイ)

『序』『破』

声 - 林原めぐみ

エヴァ零号機パイロットにして、第1の少女。データ上は14歳。
幼い頃からエヴァの専属操縦者として特殊教育・訓練を受けている。
性格は無口・無表情で、感情を表すことが滅多にない。ゲンドウの指示に盲目的に従っていたが、徐々に感情が芽生え始め、シンジに恋愛感情を抱くようになり、変化が表れる。後の作品では似たような性格のキャラクターが「綾波系」と呼ばれることもある。
その正体は、シンジの母・碇ユイの遺伝子により作られたクローンボディに別の魂が移植された存在。ユイと容姿が酷似しているのはそのため。
魂の正体は現段階では不明。性質上、レイの肉体が破壊されても魂さえサルベージできれば別のクローンボディに再移植することで復活が可能。記憶を保存する作業をしている際、首輪にREI-02と書かれている事から、TVシリーズと同じく2人目のレイであると推測される。
旧シリーズと異なり、話が進むにつれより人間らしい感情が芽生えていく様子が描かれる。シンジに対しては「一緒にいるとポカポカする」と語っており、本人にとって未知の経験であるため自覚がないが、恋心を抱くに至っている。また、シンジ以外にもアスカやマリに対しても「ありがとう」と告げるなど、周囲に心を開いていった。このような行動から、ファンの間では旧シリーズや後述のアヤナミレイ(仮称)と区別して「ポカ波(ぽかなみ)」という愛称で呼ばれている。
一方で、旧シリーズと同様にクローン体であることを自覚しているため、「自分が死んでも代わりはいる」という考えを持っているため自己犠牲を躊躇わない。しかし、『破』にて使徒に吸収された際にシンジから「綾波は綾波しかいない!」と告げられ、自分自身を見出したことでシンジに救出される。その結果、初号機のコアにサルベージされ、以降は行方不明となり、『Q』では登場しない。
本シリーズではメインヒロインとして扱われることが多く、劇中ではシンジが最も気に掛ける存在。

式波・アスカ・ラングレー(しきなみ・アスカ・ラングレー)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

ふしぎの海のナディア(Nadia, The Secret of Blue Water)のネタバレ解説まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

目次 - Contents