ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。
1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。
全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

レイのアパートで入浴後の彼女と鉢合わせてしまうシンジ。
ゲンドウを悪く言われて怒り、シンジを殴るレイ。

そんなある日、リツコを通してミサトからレイに新しいIDカードを届けるよう言いつかったシンジはレイのアパートに向かう。しかしそこには入浴後で全裸のレイがいて、アクシデントでレイを押し倒してしまう。
気まずい雰囲気になってしまったが、二人の共通の話題はゲンドウぐらいしかなかった。シンジの口からゲンドウを良く言えるはずもなく、ゲンドウを慕うレイはシンジを殴る。

使徒の攻撃を受け、悲鳴を上げるシンジ。
病室で再出撃を拒むシンジにレイは「だったら寝てればいい。初号機には私が乗る」と告げる。

そんな中、「第6の使徒」が襲来。シンジが出撃するが、その使徒の遠距離攻撃を受け重傷を負う。なんとか生還するが、強い恐怖を植え付けられてしまった。
第6の使徒はエヴァの最大射程より遥かに遠距離から攻撃が可能であり、一定距離まで近づくと自動的に攻撃されてしまう攻防一体型だった。普通の方法では倒せないため、新しい戦術として、日本中から電力を集め第6の使徒の射程外からポジトロンスナイパーライフルで狙撃するという「ヤシマ作戦」が考案される。
シンジは再度第6の使徒と闘うことに恐怖し、出撃することを躊躇う。レイは恐れる様子もなく、「だったら寝てればいい。初号機には私が乗るから」とシンジに告げる。

NERVの覚悟

NERV地下最深部の第2の使徒「リリス」。

エヴァに乗ることに迷うシンジは、ミサトに「ミサトさん達は安全な地下本部で命令してるだけでずるいですよ」と苛立ちをぶつける。
するとミサトはシンジをNERVの地下最深部「レベル・トリプルE」に案内する。そこにあったのは第2の使徒「リリス」だった。使徒がリリスと接触すれば、人類の絶滅が予想される大災害「サード・インパクト」のトリガーとなる言われている。そのため、レベル・トリプルEまで使徒が侵入した時点でジオフロント施設は自動で自爆することになっているという。
つまり、シンジ達が敗北すればNERV職員もその自爆で死ぬことになる。「命を懸けているのはあなただけじゃない」とミサトは語る。

第6の使徒との決戦、レイの笑顔

ミサト達の覚悟を知ったシンジは、出撃を決意する。しかし、自分が人類の命運を背負うということがどうしても実感できない。

ヤシマ作戦では、シンジは狙撃を担当し、レイは零号機で盾を使って初号機を守るという役割が分担される。搭乗前、死を恐れるシンジにレイは「あなたは死なないわ。私が守るもの。…さよなら」と告げる。
作戦直前にミサトからボイスメールを渡される。差出人はトウジとケンスケで、トウジの「(碇ではなく)シンジと呼ばせてくれ」という言葉と、短いながらも2人からの激励のメッセージだった。

狙撃する初号機。
恐怖で動けなくなるが、再度狙撃を行うため立ち上がるシンジ。

シンジの1発目の狙撃で使徒はダメージを負ったが、完全な破壊には至らず即座に再生し反撃してきた。初号機は使徒の反撃で吹き飛ばされたものの無事だった。しかし、シンジは恐怖で体が膠着してしまう。
ゲンドウはシンジを切り捨て、零号機に狙撃を行わせるよう指示するが、ミサトは逃げずにエヴァに乗ったシンジの意志を尊重すべきだと反対する。
シンジの脳裏にはトウジやケンスケからの言葉がよぎっていた。なんとかライフルを持ち直し、再度狙撃を行おうとするが、エネルギーの充填が完了する前に使徒が反撃してきた。レイ(零号機)は盾を使って初号機を身を呈して守る。充填が完了し、シンジの2発目の狙撃は使徒を貫き、完全に破壊した。

レイの無事を確認し、安堵の涙を流すシンジ。
シンジに諭され、笑うレイ。

ヤシマ作戦はなんとか成功したが、零号機は第6の使徒の反撃を受けて損傷を受けていた。レイの身を案じたシンジは零号機をこじ開ける。レイの無事を確認するとシンジは安堵で涙を流した。ゲンドウ以外に自分の身を気にかけられたことがないレイは、「こういうときどんな顔をすればいいのかわからないの」という。シンジが「笑えばいいと思うよ」と返すと、レイは笑みを浮かべた。

月面にて

その頃、月では棺の中から謎の少年・渚カヲルが目を覚ましていた。謎の物体「モノリス」と難解な会話をして、最後に意味深に「会えるときが楽しみだよ…碇シンジくん」とつぶやき、映画は幕を閉じる。

『破』

エヴァ仮設5号機 VS 第3の使徒

ベタニアベースの職員と話す加持(このシーンでは英語で話しているため字幕が表示)。
使徒との闘いを終えたマリ。

旧北極のNERV基地「ベタニアベース」では、捕獲され調査が行われていた「第3の使徒」がいた。
しかし、第3の使徒は封印から目覚め周囲を破壊し始める。事態収束のためエヴァンゲリオン仮設5号機にNERVユーロ支部所属のエヴァパイロットである真希波・マリ・イラストリアスが搭乗して出撃。同基地にはマリと同じくユーロ支部に出向中だったNERV主席監察官・加持リョウジもいた。仮設5号機は大きな損傷を受け戦闘続行が難しくなったため、マリは使徒のコアを破壊した直後に自身は脱出し、仮設5号機を自爆させる。
加持は基地を離れ、日本に向かった。

ユイの墓参り、アスカ登場

ユイの墓参りをするシンジとゲンドウ。

日本では、ゲンドウとシンジが2人で亡き母・碇ユイの墓参りに来ていた。2人きりで会うのはNERVに来て以降初めてだった。
シンジはユイが死んだとき3歳だったため顔も覚えていない。ゲンドウはユイの写真などの思い出はすべて捨ててしまったが、「人は思い出を忘れることで生きていける。だが、決して忘れてはならないこともある。ユイはそのかけがえのないものを教えてくれた」と語る。墓参りが終わると、シンジはゲンドウに話せて嬉しかったと告げる。シンジはゲンドウとの関係をよくできるかもしれないと考え始めていた。

使徒を撃破するエヴァ2号機。
初対面のシンジに「あんたバカァ?」と悪態をつくアスカ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

ふしぎの海のナディア(Nadia, The Secret of Blue Water)のネタバレ解説まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

目次 - Contents