キングダム(KINGDOM)の武将・将軍まとめ

キングダム(KINGDOM)は原泰久の漫画で、中国の春秋戦国時代後期を題材にした作品。
信という元下僕の少年が秦王である贏政と出会い、天下の大将軍を目指すというストーリー。
主人公の信が身体的、精神的に成長していくのが作品の魅力の一つでありながら、
そこに関わる多くのキャラクターたちの生き様も大きな人気を誇る一因となっている。

『キングダム(KINGDOM)』概要

2006年9号より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載されている青年漫画。
2012年〜2013年にかけてアニメ1期、2013年〜2014年にアニメ2期が放映されている。
原作者は原泰久でキングダムが初連載の作品である。
累計発行部数は1〜48巻までで3000万部以上を記録し、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞している。

中国の春秋戦国時代を題材とした作品で、下僕という下位の身分から大将軍を目指す少年・信と秦国の若き王・政の成長とそれを取り巻く戦乱の時代が描かれている。
物語が進むに連れて主人公やその周囲の人物たちも成長していき、昔ながらの少年漫画を彷彿させる展開は歴史を知らない読者であっても夢中にさせる。
逆に歴史好きな読者にも今後の展開や物語の終わり方などを想像する楽しみがあり、万人から支持される作品となっている。

武将・将軍について

キングダムの世界には秦、趙、楚、魏、韓、燕、斉の7カ国が登場し、戦争が起こると各国の武将や将軍と呼ばれる階級の人たちが兵士を率いて戦場に向かう。将軍より下の階級は伍兵という5人組の一兵士から始まり、伍長や什長、百人将と位が上がっていく。五千将の次が将軍となり数万規模の兵士を統率する権限を持つ。将軍の次は大将軍となり更に大規模な軍を率いることができる。
各国で呼び名は違うが大将軍級を総称する呼び名があり、秦国の『六大将軍』、魏国の『魏火龍七師』、趙国の『三大天』などが当てはまる。

秦国の武将・将軍

六大将軍

「戦神」と言われた秦国の28代目の王「昭王」の元には6人の大将軍がいた。
昭王はその6人を「六代将軍」とし、他国との戦争をする自由を許した。自由に中華を暴れまわる6人の将軍の名は列国に響き渡った。
戦の天才たちの集まりで、戦場でその名を聞いた敵兵は恐怖した。

王騎(おうき)

秦国の六大将軍の一人であり、中華全土に名を馳せる存在。
味方の兵士からは絶大な信頼を寄せられており、反対に敵国からは恐れられると同時にその死を望まれるほど恨まれてもいる。
戦神と称された昭王の時代から武将として各地を転戦し、どこからともなく現れては戦場で猛威を振るう様から『秦国の怪鳥』という異名を持つ。
圧倒的な武力と戦局を揺るがす知略を兼ね備えており、天下の大将軍と呼ばれるに相応しい人物。
昭王の死後は戦がつまらないものになり前線から身を引き、王宮の権力争いにも無関心を貫いていたが、第31代の王・贏政の中華統一を目指すという心意気に力を貸すことを決意する。
しかし、その復帰戦である馬陽防衛戦にて新たに趙国三大天となった李牧と龐煖により敗北を喫する。
龐煖は妻になるはずだった六大将軍・摎の敵であり、それを知る李牧がこの戦を裏から操っていた。
圧倒的な武力と知略を誇る王騎だったが、李牧と龐煖という新時代の力によりその生涯に幕を下ろした。
死の間際には王騎軍の副将である騰に後の事を託し、部下に後を追わないよう言い含め、自ら飛信隊と名付けた百人隊の隊長・信には自身の矛を託し絶命する。
その死を秦国中から惜しまれ、国の中枢にも大きな影響を与えた。

白起(はくき)

六大将軍の筆頭であり、高い知略と残虐性が知られている武将。
その戦い方は極力自軍の危険を避け、相手がムキになって攻めて来た時は勢いをかわすというもので、元趙国三大天の廉頗ももっともやり辛い相手と評するほど。
また、築城の能力もあり戦場に砦を作るなど多彩な戦法を持つ。
一方でその性格は投降した兵士を虐殺するなど残虐な面が見られる。
最も有名なのは「長平の戦い」で敗戦し投降してきた趙国兵40万人を生きたまま穴埋めにした。
そのため趙国からは特に恨まれており、後に合従軍が秦国に攻めた際は生き埋めから奇跡的に脱出した万極と虐殺された兵士の遺族・遺児で結成された万極軍を生みだすなど禍根を残すことになった。
詳細は語られていないが最後は自害をしてこの世を去っている。

摎(きょう)

六大将軍の一人で美しい女兵士。
その素性は昭王の実の娘で、母親の身分が低く権力争いで暗殺される危険性があったことから、生まれてすぐに王騎の屋敷に送られ、召使いの子として育てられる。
幼い頃から王騎の側で育ったために武芸の達人に成長し、召使でありながら側近として戦にも参戦する。
高い武力と巧みな戦術を併せ持ち、若くして戦の天才と呼ばれるほどの実力を持つ。
数々の戦で功績を上げ、将軍に昇格し大軍を率いるとその才能をさらに開花させた。
戦を始めると敵を滅するまで攻撃を止めない苛烈な戦い方で、将軍昇格からわずか数年で他の5人の大将軍に匹敵すると評され6人目の大将軍となる。
幼い頃、王騎と「城を100個落としたら王騎の妻になる」と約束し、それを目標に戦い続けるが、100個目の城を攻めた際に武神と呼ばれる龐煖に出くわし、一騎打ちになる。
龐煖に手傷を負わせるも一刀のもとに斬り伏せられ、無念のうちにこの世を去る。

王齕(おうこつ)

六大将軍随一の怪力の持ち主。かつて楚国に攻め入った際に楚軍の副将である汗明と一騎打ちを行い敗れたと言われている。今のところそれ以外は語られていない。

胡傷(こしょう)

武勇で六大将軍になった他の5人とは違い、唯一頭脳でのし上がった軍略の天才。現秦国軍総司令である昌平君の軍略の師でもある。戦争の自由を与えられていた六大将軍ではあるが、胡傷が戦略の大枠を作り他の5人の大将軍を操っていたとも言われている。

司馬錯(しばさく)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフまとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

目次 - Contents