50周年! 全てのウルトラマンを振り返ろう~昭和ウルトラマンその1~

1453828366048

ついに2016年に50周年を迎えた我らのウルトラマン。この50年でウルトラマンは一体どれほどの数が存在するのか、作品に登場するウルトラマンを順に紹介したいと思います。
今回は初代~ウルトラマンエースまでを紹介。

ウルトラマン

6

言わずと知れた初代ウルトラマン。
50年前とは思えないほどの洗練されたデザインは現在でもなんら変わりなく健在。
最新映画にも登場が決まっています。

ちなみにこの初代ウルトラマンは、まだ番組の方向が定まってなかったからか唯一、マスクが大幅に改修されています。

Cap001 e9099

こちらがAタイプ。初代の中の初代のウルトラマンです。
顔がしわっしわなのが特徴で、顔もどこか悪人面のような。なんでこんなことになっているのかと言うと、ウルトラマンが口を開けるシーンが企画されていて、顔を動かせるようにしていたからとのこと。
そのため軟質素材を使っているのですが、結局没になった、というわけです。

Cap001 1fb97

こちらがBタイプ。上の画像とかなり近寄ってはいますが、ちょこっと違いますね。
それでも肌荒れが治ってだいぶヒーローらしくなってきました。

1453828366048

比較するとこう。
並べるとやはりAタイプが目立ってしまいますね。
過去の映画作品では、Aタイプをモチーフにしたウルトラマンの新造マスクを作ったりなどの試みもありましたが、現在ではほぼCタイプで統一されています。
ちなみに、目の黒穴は覗き穴。そのため、技術の向上した最近のウルトラマンにはこの黒穴はついていないことが多いです。

ゾフィー

2016y01m27d 092849217

ウルトラ警備隊隊長、ゾフィーです。ウルトラ兄弟の長男で、ウルトラ兄弟の中で最強の力を持ちます。……が、主役ではないからか怪獣にやられる役目が多かったような気がします。
顔はウルトラマンと共通なので、顔だけで見分けるのは至難の業。若干目の角度が違ったりしていますが、本当に些細な違いです。
全身が移れば見分けるのは簡単、エースの証、胸のスターマークが最大の特徴です。また模様も割りと違いますね。
初登場は初代ウルトラマンの最終回ですが、その後ウルトラマンエースに登場して以降、度々兄弟を助けに来てくれました。

ウルトラセブン

20130804194853590

こちらも言わずと知れたウルトラセブン。全身真っ赤な身体と特徴的な眼、そしてトサカのようなアイスラッガーがシンボルです。
初代ウルトラマンと違ってやや硬派な印象がありますが、それでもヒーロー要素は失ってはいません。
もともと初代ウルトラマンとは別の世界の話で、そのためセブン本編にはウルトラマンという単語は出てきません。
しかし、帰ってきたウルトラマンでジャックを救うためにウルトラマンとセブンがやってきた時、この三つの番組がつながっていることが確定しました。
いわゆるセブン顔と呼ばれるウルトラマンは、この後はタロウ、レオと登場しますが、あまり多くはありません。その分21やマックスなど、たまに登場すると結構目立つ顔立ちをしています。

帰ってきたウルトラマン

Img 0

セブンの後に作られた帰ってきたウルトラマンは、初代ウルトラマンとそっくりの外見をしています。
そっくりどころか顔に関してはほぼ共通。ウルトラマン、ゾフィー、ジャックと顔だけを並べたら正答率は果たして……。
ちなみにこのジャックという名前ですが、番組当時は設定されていませんでした。そのため帰りマンやら新マンやらウルトラマン二世やらと呼ばれていて、ジャックと名付けられたのはかなり最近のことです。
初め戦闘がパッとしませんでしたが、ウルトラブレスレットを手に入れてからは派手な戦闘を獲得。……しかし、それが強すぎてブレスレットが本体なんて言われてしまうことも。フォローしておくと、ジャックは光の国のなかでウルトラブレスレットの扱いが一番上手いということです。

ウルトラマンエース

8851bbd8

ウルトラ兄弟四番目はウルトラマンエース。今までのウルトラ兄弟の中にはいない、新しい顔をしています。
今までどころか未来に至ってもエース顔のウルトラマンは存在していません。唯一無二の特徴です。
この理由は、元来のエースが男の人と女の人が合体して変身する形式だったためで、中世的な見た目にしているから、だということです。
外見だけでなく、ファイトスタイルもかなり特徴的。ウルトラマン一、切断技の数が多いです。相手超獣をバッサバッサと斬りまくります。
なにせナレーションにまで斬れ!と応援されるぐらいです。

というわけでエースまでのウルトラマンでした。
エース以降、ウルトラ兄弟の客演が目立つようになり、ウルトラマンも集団で戦うことが多くなってきました。
こう言った話が過去からあったので、今の過去のウルトラマンが共演するスタイルも違和感なく放映できるのはウルトラマンシリーズの強みですね。
次回はウルトラマンタロウからのウルトラマンを紹介したいと思います。

renote.jp

hakuakanae
hakuakanae
@hakuakanae

Related Articles関連記事

ウルトラマンガイア(Ultraman Gaia)のネタバレ解説まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック、The Return of Ultraman、Ultraman Jack)のネタバレ解説まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマン80(ウルトラマンエイティ、Ultraman 80)のネタバレ解説まとめ

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Read Article

ウルトラQ(Ultra Q)のネタバレ解説まとめ

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。 ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。 世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。 後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。 2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

Read Article

ウルトラマンコスモス(Ultraman Cosmos)のネタバレ解説まとめ

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。 春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンA(ウルトラマンエース、Ultraman Ace)のネタバレ解説まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンティガ(Ultraman Tiga)のネタバレ解説まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

ウルトラマンタロウ(ウルトラマンT、Ultraman Taro)のネタバレ解説まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

ウルトラマンダイナ(Ultraman Dyna)のネタバレ解説まとめ

1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンダイナ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 前作『ウルトラマンティガ』が闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。アスカ・シン=ウルトラマンダイナ、スーパーGUTSメンバーと、謎の生命体スフィアとの戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラセブン(Ultra Seven)のネタバレ解説まとめ

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)のネタバレ解説まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

目次 - Contents