妖怪ウォッチ4(++)のネタバレ解説・考察まとめ

『妖怪ウォッチ4(++)』とは、レベルファイブ開発によるRPGゲーム。Nintendo Switch専用ソフトとして発売され、のちの有償アップグレードの際に、PlayStation 4専用ソフトも発売された。妖怪ウォッチを手にしたケータ、フミちゃん、ナツメ、トウマ、アキノリ、シン。6人のウォッチャーが、ともだち妖怪と共に戦う。グラフィックがアニメ調の3Dになったことにより、アニメを見ている感覚を覚える。現代、過去、未来、妖魔界。不思議なトビラでつながる4つの世界を行き来するストーリー。

『妖怪ウォッチ4(++)』の概要

『妖怪ウォッチ4(++)』とは、レベルファイブ開発、発売によるRPGゲームである。Nintendo Switch及びPlayStation 4専用ソフトとして、2019年12月にパッケージ版、ダウンロード版、有料追加コンテンツ『妖怪ウォッチ4→4++アップグレードパック』(ダウンロード専用)が発売された。2019年6月に発売されたNintendo Switch専用ソフト『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』のマイナーチェンジ版になる。有料追加コンテンツ『妖怪ウォッチ4→4++アップグレードパック』(ダウンロード専用)を購入することで、妖怪ウォッチ4を妖怪ウォッチ4(++)と同等の内容にすることができる。

本作の特徴は、グラフィックのほとんどがアニメ調の3Dグラフィックであること。イベントにおけるカットシーン、戦闘シーンも含め、グラフィックのすべては「妖怪ウォッチのアニメ」と勘違いするほど再現性が高い。ストーリーの中に登場する妖怪「山姥」の姿は、「ゲーム史に残る恐怖」とゲームをプレイしたプレイヤーが口をそろえるほどだ。マップの探索が3D化により大変になったが、ナビゲーションシステムのおかげで大抵のストーリーは、簡単に進行できるよう調整されている。戦闘システムも従来の準コマンド方式からアクション要素の加わったものに変更された。妖怪を集める手段は複数用意されているが、イベントで入手できる妖怪のみでエンディングまでのクリアは可能だ。このあたりのバランスを物足りないと思うプレイヤーもいるかもしれないが、ゲームに慣れていないプレイヤー層にはありがたい調整になっている。

本作は、現代のさくらニュータウンに住むケータのエピソードから始まる。ストーリーは主に過去の世界に関わるものが多い。これに妖怪たちが住む世界「妖魔界」がクロスオーバーする。

『妖怪ウォッチ4(++)』のあらすじ・ストーリー

本作のストーリーは全10章で構成されている。各章の主要な出来事を紹介する形であらすじ・ストーリーを掲載する。

第1章:取りつかれし者たち

部屋でゴロゴロするケータ。

夏休みのある日、妖怪「ウィスパー」の元に、「衝撃スクープ!おおもり山に妖怪たちが大集結!そのさきには まさかのお宝が!?」という新しいニュースが届いた。妖怪を呼び出す不思議なチカラを持つ時計、妖怪ウォッチの使い手「ケータ」、妖怪「ジバニャン」、ウィスパーが、ケータが通う小学校の裏手にある「おおもり山」に到着すると、ご神木の根元にある妖怪ガシャの中に、妖怪以外のものが追加されたらしい。ケータがガシャを回すと、ふしぎなカギを手に入れる。すると突然、ふしぎなカギが光りだし、青白く光る犬が現れた。犬について行くと、トビラの前に案内される。トビラの中に入ると、妖怪「ミツマタノヅチ」に襲われてしまう。危ないところで、妖怪が引き起こす不思議な現象「怪奇案件」を解決する「妖怪探偵団」を名乗る謎の三人組に助けてもらった。おさげのお姉さん「ナツメ」、 物静かなお兄さん「トウマ」、太っちょお兄さん「アキノリ」 の3人に話を聞くと、ここは30年後の未来だった。

第2章:未来の妖怪探偵団

妖怪探偵団の危機を救う蛇王カイラ。

ケータと妖怪探偵団が出会う少し前の出来事である。いつもどおりの夏休み。妖怪探偵団の集合場所に向かう途中、ナツメは、青白く光る犬「おりこうナビワン」に誘導されて、妖怪「コマさん」の元へ辿り着く。そこには、妖気というエネルギーに汚染された妖怪ガシャがあった。妖気を妖怪ウォッチで、ひっぺがす。妖怪ガシャを元に戻し、トウマ、アキノリとの集合場所、おうぎ公園へ急いだ。2人と合流し、怪奇案件の調査を開始する。事件を解決していく中で、事件を起こした妖怪には、黒い矢を受けた途端、ドス黒い感情が込み上げたという共通点があることに気づく。そんな中、ナツメの弟「ケースケ」から友人のマナミが怪しい影に付きまとわれていることを相談される。怪しい影の正体を突き止め、事件は即解決するはずだったが、突如、黒い矢を放った張本人フクロウが妖怪探偵団の前に現れる。フクロウに襲われるが、妖魔界の大王蛇王カイラに助けられた。

第3章:伝説のウォッチ使い

ナツメ(中央)とケースケ(右下)の姿が透けてしまっている。

カイラから、この世界にかつてない危機が迫っていることを知らされる妖怪探偵団。世界を救うため、まずは伝説のウォッチ使いを探すことになった。手がかりとして、伝説のウォッチ使いに出会えるトビラの場所を教えてもらう。教えてもらった場所に行くと、ミツマタノヅチに襲われているケータ達がいた。こうして、ケータと妖怪探偵団は出会った。ケータは、世界を守るため、妖怪探偵団に入団する。さっそく、真夜中の怪奇案件を調査することになった。無事に怪奇案件を解決すると、アキノリの祖母「おばば」から緊急事態を知らせる電話が入る。アキノリの家に戻るとケースケの姿が透けていた。気づけばナツメも同じような姿だった。ケータが未来の世界に来たことが原因のようだ。2人を元の姿に戻すためには、ケータの世界でケータがキズナをつなぐ者に出会わなければならない。妖怪探偵団はケータの世界に向かった。ケータの友達「フミちゃん」に会うとナツメの姿が元に戻った。未来の世界でも、ケースケの姿が元に戻っていた。キズナをつなぐ者はフミちゃんだった。未来の世界へ戻った妖怪探偵団。アキノリの部屋に向かう途中、フクロウと妖怪「洞潔」が、格上の妖怪を憑依させることができる「フドウ雷鳴剣」を奪うために襲い掛かってくる。トウマのおかげで奪われずに済んだが、フドウ雷鳴剣が力を失ってしまう。洞潔たちの正体は、妖魔界の裏社会で暗躍していた「いにしえの鬼族」だった。狙いは5本の妖聖剣を集めること。いずれも、強大な力が故に封印された武器である。5本のうち、フドウ雷鳴剣はトウマ、アシュラ豪炎丸を洞潔が所持している。残り3本の妖聖剣を、いにしえの鬼族の手から守ることにした妖怪探偵団。カイラから教えてもらった、格上の妖怪を憑依させることができる新たな妖聖剣「スザク蒼天斬」の在り処である双剣山に向かう。途中、みんなとはぐれてしまうアキノリだったが、双剣山の頂上を目指す道中で、妖怪が厳しい修行を耐えたのちに昇格する「幻獣」を呼び出すことができる「妖怪ウォッチアニマス」を手に入れウォッチ使いになる。無事にみんなと合流し、スザク蒼天斬の番人「朱雀」の試練を乗り越え、スザク蒼天斬を手にトビラに向かうと、妖怪「酒吞童子」と洞潔が待ち構えていた。トウマが食い止めている隙に、トビラの中に入ると、そこは一面、銀世界だった。

第4章:雪の降る町

妖怪探偵団(手前)とシン(奥)の初対面。武士の姿をしたシンの守護霊「スーさん」も一緒。

酒呑童子たちから逃げ切れたものの、ここがどこだか分からない。トビラが閉まり帰れないため、情報収集もかねて寒さをしのげる場所を探すことにした妖怪探偵団。どうやらここは、過去のさくら元町。何十年も前のようだ。あまりの寒さに妖怪「メラメライオン」を呼び出し、暖を取っていると、一人の少年に一部始終を見られていた。その少年と話をしていると、少年の友達が二人現れる。妖怪が見える3人。守護霊を従える少年、シン。大きな屋敷の主、イツキ。見習い妖術師、タエ。シンとイツキは家族の魂を奪った妖怪を倒すべく、この世界の妖怪ウォッチを手に入れていたが、ある日イツキが屋敷に戻ったところを、妖怪「山姥」に襲われてしまい、屋敷と妖怪ウォッチを失ってしまっていた。妖怪探偵団は、山姥退治を引き受ける。山姥のうわさを町の妖怪に聞いて回ったが、情報を得ることはできなかった。仕方なくイツキの案内で高城邸に侵入するも、中を山姥がうろついている。見つからないようにイツキの部屋にたどり着くと、机の下に妖怪ウォッチが落ちていた。シンがウォッチに手を伸ばすと、腕に装着され、妖怪ウォッチの1つである「妖怪ウォッチエルダ零」の使い手として認められる。屋敷を妖怪たちから解放するべく、山姥の元へ向かった。山姥を倒すと、屋敷を占拠した理由を聞かされる。山姥は妖怪ウォッチを守る目的で、屋敷から人を遠ざけていたようだ。ウォッチを手にした妖怪探偵団は、トビラの前に急ぐ。トビラは開き、シンたちとの再開を約束し、それぞれの世界に帰った。

第5章:今と未来の大乱戦

妖怪集会の様子をうかがうケータ(手前左側)とナツメ(手前右側)

元の世界に帰ることができたケータ。部屋でのんびりしていると、妖怪ウォッチの使い手「イナホ」が訪ねてきた。町に謎のグロかわ妖怪が突然、現れたらしい。こんなときにウォッチがなかったため、ケータを呼びにきたとのこと。妖怪「USAピョン」を助けに学校へ行くと、そこには「未来の世界で見た妖怪」の姿があった。トビラのことが気になり、おおもり山に行くと開きっぱなしになっていた。閉め方が分からず立ち尽くしていると、トビラの中から妖怪探偵団の三人が現れる。三人もトビラの閉め方が分からず、こちらの世界に来たようだ。妖怪探偵団は、未来妖怪が起こしたトラブルの解決に向かい、ウォッチがないイナホとUSAピョンはトビラを見張ることになった。未来妖怪のトラブルをすべて解決し、トビラに戻ると、イナホがフクロウに連れ去られる。USAピョンが、イナホの匂いを頼りにフクロウの居場所を突き止めるが、今度はUSAピョンが連れ去られてしまう。おおもり山に戻ると、神社の境内前に、妖怪「大ガマ」と妖怪「土蜘蛛」の姿があった。どうやら未来妖怪のトラブルに関わったらしいが、このままではラチがあかないため、未来妖怪と妖怪集会を開き、話し合いで解決するとのこと。首を突っ込まないように釘を刺されたが、集会場所である夜の河川敷へ向かう。集会の様子を遠くから窺っていると、フクロウが突如現れ、妖怪たちに向かって黒い矢を放った。黒い矢を受けた影響で、集会に参加した妖怪が、こちらに襲い掛かってくる。そのころ、ナビワンがフミちゃんを、おおもり山の妖怪ガシャへ案内していた。ガシャを回すと妖怪ウォッチの1つである「妖怪ウォッチエルダ」が出てきて、フミちゃんが使い手に選ばれる。暴走した妖怪と戦うために、みんなの元へ急いだ。フミちゃんのおかげで、暴走した妖怪が元の姿に戻ったのも束の間、再びフクロウが現れ、真魔軍神フクロウに変身してしまう。真魔軍神フクロウを倒すと、元のフクロウに戻った。そこに酒呑童子が現れるが、フクロウを見捨てて去ってしまう。さらに蛇王カイラが現れ、フクロウの処遇は蛇王カイラに仕えるということでまとまった。フミちゃんが妖怪探偵団に加わり、USAピョンもケータが通う学校のウサギ小屋で見つかり、未来妖怪のトラブルは一件落着した。

第6章:姫の目覚め

倒れているアヤメを救おうとしゃがみ込むナツメ。

いつものように怪奇案件を調査する妖怪探偵団。今日は、ケータとフミちゃんに街の案内もかねて、出かけることになった。街では商店街のマスコットガールを決めるプリンセス☆コンテストが行われていた。妖怪「ミッチー」がナツメを勝手にエントリーしていたため、急遽フミちゃんと二人でコンテストに参加することになる。コンテストを楽しんだ妖怪探偵団。翌日、プリンセス☆コンテストの優勝者、アヤメが事務所を訪ねてきた。どうやら、妖怪の姿が見えるらしい。妖怪探偵団に、また一人仲間が加わった。ある日の夜。中学校の屋上でアヤメと怪しい男たちの姿を妖怪「ジュニア」が目撃する。急いで中学校に向かうと、妖怪「女郎蜘蛛」に体を乗っ取られたアヤメが、酒呑童子を捕らえチカラを吸い取っていた。洞潔のおかげで、何とかその場を離れることはできたが、女郎蜘蛛に今の力では、到底敵わない。アヤメと酒呑童子を女郎蜘蛛から救うべく、洞潔から新たな妖聖剣ゲンブ法典斧のことを聞き、妖聖剣ゲンブ法典斧の守護者「玄武」の試練に挑むことになる。試練を乗り越え、ゲンブ法典斧を手に再度、女郎蜘蛛の元に向かった。妖怪探偵団と酒呑童子が共闘することになる。女郎蜘蛛を倒すも、アヤメの命が尽きようとしていた。その時、ナツメが祈ると不思議な力でアヤメが目を覚ました。一部始終を見届けた酒呑童子と洞潔は傷を癒すべく、その場を離れる。

第7章:妖怪たちが住む世界

フユニャン(中央正面)との再会。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』とは、人気テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版3作品目として作成された、2016年に公開のファンタジーアニメ映画。さくらニュータウンで妖怪たちと楽しく過ごしていたケータは、気が付くとアニメーションの世界から毛穴世界と名付けられた実写の世界に迷い込んでいることに気が付く。アニメーションと実写映像を組み合わせたシリーズ初のハイブリット映画。

Read Article

妖怪ウォッチ(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「妖怪ウォッチ」とは、レベルファイブのゲームが原作のギャグアニメである。2014年1月8日からテレビ放送開始された。ごく普通の小学生の主人公・ケータが、妖怪のウィスパーと出会い「妖怪ウォッチ」を手に入れたことによって、妖怪が引き起こす様々な「妖怪不祥事」に巻き込まれていく。ケータは困った妖怪たちを説得したり、戦ったりして「ともだち」になっていく。

Read Article

映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(妖怪ウォッチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』とは、人気テレビ番組『妖怪ウォッチ』の劇場版6作品目として今までの世界観やキャラクターを一新して作成され、2019年に公開された青春学園アニメ映画。エリートのみが入学を許されたY学園に入った新入生玉田マタロウは、妖力を操る寺刃ジンペイと玉田マタロウと出会い成長していく。コミカルなシーンが多数採用され、今までの劇場版『妖怪ウォッチ』の雰囲気とは大きくイメージを一新した映画作品である。

Read Article

溢れ出る妖怪ウォッチ愛!Twitterで公開されている愛らしいファンアートまとめ(前編)

子供だけでなく大きなお友達にも大人気の妖怪ウォッチ!可愛い妖怪たちと小学生の主人公達のストーリーは視聴者を常に楽しませてくれますよね。 そんな妖怪ウォッチに魅了されて素敵なファンアートをTwitterで公開されている方がいらっしゃるので、今回はその投稿の中から厳選したものをご紹介致します!

Read Article

溢れ出る妖怪ウォッチ愛!Twitterで公開されている愛らしいファンアートまとめ(後編)

Twitterで妖怪ウォッチのファンアートを公開している坂取さん(@_nnbn_)。前編でもその愛らしいイラストをご紹介しましたが、まだまだ魅力を伝えきれておりません! そこで急遽まとめ記事の後編を作成する事に致しました。 坂取さんによる素敵な妖怪ウォッチのファンアート!後編もどうぞ!

Read Article

被ってる被ってるよ、そのネタ!「妖怪ウォッチ」と「銀魂」それぞれのパロディをネタ元と一緒に公開!

最近子供と一緒に「妖怪ウォッチ」を見て毎回げらげら笑っています。 それで気がつきました。妖怪ウォッチには大人でなければわからない「パロディ」が多用されているということを。 そしてそれは銀魂とかなりの割合で共通することも。 そこで前から気になっていた、妖怪ウォッチと銀魂で使われているパロディの元ネタを辿ってみたいと思います。

Read Article

ブーム火付け役の天才!?㈱レベルファイブの今は亡き名作ゲームたち

株式会社レベルファイブといえば、最近では「妖怪ウォッチ」を世に繰り出し、数百億円を越える経済効果を生み出したことでまたまだ記憶に新しいですよね。そんなレベルファイブですが、しかし今までもこのように一世を風靡する大ブレーク作品を、実は何度も成功させていたことをご存知でしょうか?無論、あれだけブームになったのに知らない人は知らない、そんな名作たちをご紹介します。

Read Article

目次 - Contents