クロノ・トリガー(Chrono Trigger)の名言・名セリフまとめ

発売して20年以上経つ今でも根強いファンを持つ「クロノ・トリガー」。原始の時代から未来までつなぐ壮大な世界観で多くのゲームファンを魅了してきた。世界の破滅を防ぐ旅の中で、異なる時代を生きる個性的なキャラクターが多くの名言を残している。

『クロノ・トリガー』の概要

「クロノ・トリガー」 は、1995年に、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された日本のスーパーファミコン用のRPGゲームである。
FFの坂口博信がエクゼクティブプロデューサー、ドラクエの堀井雄二がストーリ原案、キャラクターデザインは鳥山明と夢の共演により開発された。
今でこそ合併し1つの会社となったスクウェアとエニックスであるが、当時はドラクエとFFという製作するライバル会社がタッグを組んだということで、社会に大きな衝撃を与えた。
ストーリー、グラフィック、音楽、ゲームシステムなど、全てにおいて最高のクオリティであり、その魅力から発売して20年以上経つ今でも多くのファンがいる名作である。
「時間」「星」「運命」を大きなテーマとしており、作中のキャラクターのセリフにもこれらに関するものが多くある。同じ星に生まれながら、全く異なる時代を生きる個性的なキャラクターが発するセリフは、プレイヤーの心に震わせ、名言の多いゲームとして知られている。

クロノ・トリガーの名言・名セリフ

僕らの夢がいま時空を超える

TVCMで使われていた本作品のキャッチコピー。
時代を越えて冒険する本作品にピッタリのキャッチコピーである。

星はかつて、夢を見た。

こちらも本作のキャッチコピー。ゲームのテーマを端的に表現している秀逸なフレーズである。
ゲームをクリアする前と後ではこのキャッチコピーに対しての感じ方が変わったというプレイヤーの声もあった。

平和ボケして自分の事しか考えていなかった自分が情けない。国のため……、この星のためを考えなくてはならない時に

主人公クロノが暮らすガルディア王国の王のセリフ。星に寄生し、滅ぼしてしまう本作のラスボス「ラヴォス」を倒し世界に平和が戻った後、国全体を挙げてのパレードの場でガルディア王は自分の権力に固執していた王政を恥じてこう言った。ゲーム序盤では主人公と敵対していたが、最後はクロノをヒーローと認め、祝福する。

人は死ぬ時生きていた時に深く心にきざんだ記憶が次々とうかぶという。それは楽しい思い出もあるがたいていは悲しい思い出さ

人気キャラクターのカエルのセリフ。彼は魔王によってその姿を醜いカエルに変えられてしまう。これはそんなカエルと仲間が「思い出」や「走馬灯」について語り合っているシーンである。
その悲惨な運命を背負ったゆえにずっと孤独に生きてきたカエル。その達観したハードボイルドなキャラクターがにじみ出ているセリフである。

あんたの意志が、今、本当の強さをもったのさ

親友サイラスが死に際に身を呈して自分を助けてくれた事にずっと負い目を感じていたカエル。この時の経験はカエルにとってのトラウマとも言え、その罪滅ぼしの為に戦っている面があった。
物語終盤でこのトラウマに関するイベントがある。カエルはサイラスの死と改めて向き合い、誓いと約束を果たすべく再び覚悟を決めた。それによりカエルの持つ聖剣グランドリオンは眩い輝きとともに覚醒する。
これはその時にグランドリオンの化身の1人であるリオンが言うセリフ。

かんしゃしているぜ。こんな姿だからこそ…手に 入れた物もある!

自分をカエルの姿に変え、親友サイラスを死に至らしめた宿敵魔王と対峙するカエルと主人公パーティ。
魔王から「(カエルの姿になって)どうだ、その後の人生は?」と問われ、カエルはこの言葉で返す。
カエルはファンの中では「世界一かっこいいカエル」として有名であり、このシーンはそう言われる所以の1つである。

長老 お前達 生きていない 死んでないだけ

原始人の仲間であるエイラ。彼女たちは恐竜人と呼ばれる種族に支配されていた。恐竜人の支配に耐えかねたエイラが戦うことを村の仲間に呼びかけるが、恐竜人を恐れてその誘いを拒む長老たち。エイラはそんな長老達にこの言葉を厳しく放つ。

だめだ!これは、大地が決めたことだ!

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説まとめ

「クロノ・トリガー」は、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

クロノ・クロス(Chrono Cross)のネタバレ解説まとめ

『クロノ・クロス』は『クロノ・トリガー』の続編として1999年に発売された。 美麗なグラフィックやBGMは高評価を得たが前作との比較から賛否が別れることとなった。 前作のテーマが「タイムトラベル」であるのに対して、今作では「パラレルワールド」がテーマとなっている。 主人公セルジュは、「ホームワールド」と「アナザーワールド」という2つの世界を行き来し、パラレルワールドの秘密を解き明かしていく。

Read Article

買い切りiphoneゲーム10選

iphoneのゲームはやはりとても面白いものが多い。しかし課金なんて言われると尻込みしてしまうものも多い。そこで今回はiphoneの買い切りゲーム10選を紹介したいと思います。基本的にはスーファミ、PS2などの名作の移植作品が多いため、まず買って損したなんてことはないかと思います。それでは素晴らしき買い切りゲームを見ていただこう。

Read Article

ドラゴンボール(Dragon Ball)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフまとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

もはやオワコン!?「ドラゴンボール」のカオス画像・ネタまとめ

最近の「ドラゴンボール」は、いろんな意味で話題となり、もはやカオス状態にあるといっても過言ではないかもしれません。特にオワコン化しているのが、アニメ。作画崩壊はもちろんのこと、近年では最新作を放送するたびにファンから罵詈雑言を浴びることは間違いなし。極めつけは、原作者の鳥山明先生ですら興ざめしてしまうほど、とにかく、もはや「ドラゴンボール」はオワコン化しているのです。

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

目次 - Contents