ドラゴンボール(DRAGON BALL、DB)シリーズの超サイヤ人まとめ

Thumbnail

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

『ドラゴンボール』とは

20161126054834

鳥山明及びBIRD STUDIOによる漫画作品と、それを原作にしたアニメ、ゲーム作品などである。掲載誌は『週刊少年ジャンプ』。原作漫画の連載期間は1984年から1995年。初めは『西遊記』をモチーフに、七つ集めると龍が現れてどんな願いでも叶えてくれるアイテム、ドラゴンボールを探すコメディタッチの冒険活劇だった。これは、当時の『ジャンプ』の主流作品にバトル物が多かった為、敢えて別路線を行こうとした結果である。しかし、あまり人気が振るわなかった。
そこで、主人公の孫悟空が強さを求め師匠の亀仙人についたり、クリリンや飲茶(ヤムチャ)、天津飯などのライバル、戦友らと共に武道家として成長していく様を描くようになると、天下一武道会という武道大会イベントも相まって人気を呼ぶことに成功した。この天下一武道会は、後々のバトル物の少年漫画にも影響を与えている。
鳥山氏は『ピッコロ大魔王編』で終わりにする予定だったが、高い人気を誇っていたこともあり延長。ピッコロ大魔王の産み落とした卵から息子のピッコロ(マジュニアともいう)を生み出し、悟空の新たなライバルとする。
天下一武道会の中、一応の決着はつくものの、悪者だろうと相手の命を奪うことを良しとしない悟空によりピッコロは逃走。その後悟空が地球人ではなく、惑星ベジータ出身の戦闘民族サイヤ人であることが発覚。同じサイヤ人のベジータ、宇宙を股にかける悪の帝王フリーザ、人造人間、魔人ブウと、次々現れる強敵と戦うことになる。これは人気が出すぎたことにより、鳥山氏の独断で連載を終わらせることができなくなった為である。

本項で紹介する超サイヤ人は『フリーザ編』で初めて登場した。以降、かめはめ波に代表される気弾の応酬や超サイヤ人に変身しての派手な戦闘シーンがアニメの人気にも火をつけ、連載続行に拍車をかけることとなった。『人造人間編』では、未来世界からやって来た超サイヤ人、トランクスがフリーザを瞬殺。更なる強敵の存在を皆に告げた。
原作漫画が惜しまれつつ終了した後もアニメオリジナルの『ドラゴンボールGT』が放送されたり、ハリウッドで映画製作されたりと人気は衰えず、2012年には原作者が脚本を手掛けた新作映画『ドラゴンボールZ・神と神』が公開。「悟空と戦うが、悪者ではない」新たなタイプの戦闘相手、破壊神ビルスや超サイヤ人の新しい形態が登場し、話題を呼んだ。ビルスは新形態の悟空でも勝てないほど強く、付き人のウイスはビルスの師匠であり、ビルスよりも更に強いことが示されている。尚、ビルスの目的は超サイヤ人ゴッドとの手合わせであり、機嫌を損ねて地球を破壊するとはいったものの、悟空との戦いに一応満足して地球の一部の小さな岩のみを破壊し帰って行った。
2014年には原作でも根強い人気とカリスマを誇った悪役フリーザが復活。ゴールデンフリーザと呼ばれる新形態となり地球に侵攻を仕掛ける『ドラゴンボールZ・復活のF』が映画公開された。ここでも超サイヤ人の更なる新形態が登場している。2015年には『神と神』、並びに『復活のF』の世界観を受け継いだ『ドラゴンボール超』が放送開始された。

『超』の中で『神と神』、並びに『復活のF』がいくらかの改変を加えた形で放送。『神と神』では『ドラゴンボール』世界には12の宇宙が存在することが語られた。『復活のF』編の後は第6宇宙の破壊神シャンパと地球を賭けた格闘試合をすることになる。これは、元々あまり仲の良くないビルスとシャンパに喧嘩をさせない(破壊神同士が戦うと宇宙そのものが破壊される)為にとられた措置、「美味しい物対決」が発端である。地球には美味しいものが沢山あり、その味に感動したシャンパは自分の宇宙の様子を探らせる。第6宇宙と第7宇宙は対となる存在の為、第6宇宙にも地球はあったのだが下らない争いで滅亡していた。
シャンパは地球の美味を堪能する為に地球をよこせと言ってきたのだった。ここで、地球やナメック星の物よりも巨大で願いに制限のない超(スーパー)ドラゴンボールの存在が明らかになる。地球と超ドラゴンボールを賭け、それぞれの宇宙から戦士を集めて格闘試合を開くことになった。この戦いで第6宇宙のサイヤ人が登場している。
試合は第7宇宙の勝利に終わり、腹の虫がおさまらないシャンパは自軍の戦士を破壊しようとする。ビルスも咎めることはせず、むしろ「お前達戦士は僕たち(破壊神)の駒にすぎない。納得できないなら自分たちと戦ってそのルールを変えるか?」と悟空たちに不敵な笑みを見せた。しかし、そんな両破壊神の尊大な態度は世界の支配者、全王の登場で一変。その地位とは裏腹の幼児のような言動と外見の全王に、二人の破壊神はすっかり怯え冷や汗交じりで挨拶をした。
破壊神の仕事を怠って勝手に格闘試合を開いたとして、両破壊神はたしなめられる。全王は格闘試合を気に入り、全宇宙の戦士を集めた試合の開催を提案する。悟空は乗り気で全王に近づこうとした。神でさえ恐れる全王だったが、悟空の戦いぶりを褒め、近いうちに試合をやろうと言う。この時悟空が全王に握手を求め、不穏な空気が流れるが全王は握手に応じて帰る。後々、全王は悟空を気に入って友達にする為に呼び出し、いつでも自分を呼べるボタンを渡している。
その後、未来世界のトランクスが再び現れる。悟空に似たゴクウブラックなる存在が殺戮を繰り返しているというのだ。その正体は、神の与えた英知を有効活用しない人間に失望した、第10宇宙の界王神見習いザマス。見守るだけの界王神の役目や、進歩をしない人間に業を煮やした未来世界のザマスは師匠の界王神、ゴワスを殺害。超ドラゴンボールを使い、自らの体と悟空の体を入れ替え、更に未来へと渡りその世界のザマスを不死身にしている。
戦うごとに強くなる力と神のパワーを持ったゴクウブラック、不死身のザマスは全ての宇宙の神々を殺害し、超ドラゴンボールをも破壊して邪魔するものがいない状態で「人間0計画」を遂行しようとする。ゴクウブラックは超サイヤ人ロゼに変身可能。また、ザマスとゴクウブラックの合体が成される。合体したザマスは圧倒的な力を発揮するが、トランクスに一刀両断された。
激闘の末、超サイヤ人になる体力もなくなった悟空は、全王からもらったボタンで未来世界の全王を召喚。ザマスを消すようにけしかけるが、全王は世界を丸ごと消してしまう。世界を守り切れなかったトランクスだが、共に生き残ったマイ共々「全王に消される前まで戻された」世界へと帰還した。この時、未来世界の全王を現代に連れ帰り、現在の全王の友達にしている(呼び出しを受けた時、悟空は全王に「自分よりもっといい友達になれそうな奴を連れてくる」と出まかせを言っていた)。
しばらく平和な時が続き、腕が鈍ってしまった悟空はウイスに修行をつけてもらっていた。ビルスの一言から全王が言っていた全宇宙の武道大会を思い出し、ビルスたちの制止も聞かずに全王のもとに行き、大会開催の約束を取り付ける。しかし、その大会とは、8つの宇宙から選ばれた10人の戦士による落とし合いで、全員負けた宇宙は消滅するという過酷なものであった。
10人揃っていない所は参加さえ許されないとされており、第7宇宙は止むを得ずフリーザを仲間に引き入れることになった。24時間だけ地獄から出すと言うのが悟空のアイディアだったが、「生き残ったら正式に自分を生き返らせろ」とフリーザは要求してきた。超ドラゴンボールを得て神々さえも手玉にとろうとするフリーザという「仲間」の参入により、大会は更に緊張感のあるものとなっている。尚、フリーザは「サイヤ人はしつこくて嫌い」だと、ここぞとばかりに第6宇宙のサイヤ人を攻撃している。

アニメシリーズの内訳は以下の通り。
『ドラゴンボール』=無印
『ドラゴンボールZ』=以下『Z』
『ドラゴンボールGT』=以下『GT』
『ドラゴンボール超』=以下『超』

サイヤ人とは

作中に存在する12個の宇宙のうち、6番目と7番目の宇宙(通称第6、第7宇宙)に存在する種族。戦闘民族で傭兵などを生業としていたが、第6宇宙と第7宇宙は対となる存在で、それが理由なのか同じサイヤ人でも気質等が違う。それでも共に超サイヤ人への変身は可能である。名前の由来は「野菜」。これは戦闘民族と言えば肉、とのイメージを覆す逆転の発想から来ており、個人名も野菜から来ている。

超サイヤ人(スーパーサイヤ人)

Mig

ベジータ曰く「1000年に一度現れる、伝説の超戦士」。圧倒的な戦闘力を持つとされているが、作中に登場する超サイヤ人の多くは伝説に謳われる物とは別の形態になる。原作では下級戦士の息子だった悟空が真っ先に超サイヤ人に覚醒。その後ベジータ、悟飯と続々覚醒し、修行を積めば誰でもなれる形態であることが明らかになる。超サイヤ人への変身は、ファンの間では「超化」と呼ばれる。
悟空やベジータ、悟飯は怒りなどの感情が元で、戦いや修行の中で超サイヤ人になった。その一方、悟天やトランクスのように特別な修行をせず変身したケースもあり、どちらかと言えば戦闘力の強さが最低条件らしい。精神状態や体調のコンディションも関係しており、突如気を失うなどすると元の形態に戻ってしまう。体力切れで超化すらできないこともある。
戦闘力に次ぐ条件として純粋で穏やかな心、激しい怒り、悲しみなどの感情が関わってくる。

第7宇宙のサイヤ人

Saiya a

主人公、孫悟空が住む宇宙。第7宇宙のサイヤ人の性質は好戦的で、傭兵などの仕事に就く者が多い。野蛮もしくは凶暴とも称される(『神と神』では破壊神ビルスから「サイヤ人はいつまで経ってもロクデナシだった」と言われた)が、戦闘に関して誇りを持つ者もいる。多種族との混血児は更に強い潜在能力を持つとされており、事実、悟飯、悟天、トランクスと言った地球人とのハーフが驚異の戦闘力を見せている。
生まれつき臀部から猿のような長いしっぽが生えているのが第7宇宙のサイヤ人の特徴。しっぽは打撃や腕の代わりにも使える半面弱点でもあり、強く握られると体の力が抜けてしまう。このハンデは訓練でなくすことができ、悟空やベジータ、ナッパなどはしっぽを鍛えていた。通常は邪魔にならないよう腰に巻く者もいる。黒目や黒髪が基本。
生まれた時の戦闘力で下級戦士や上級戦士などに分けられる。上級戦士、エリート戦士は王族に仕え、激戦地での戦闘参加が許されるが、下級戦士は弱い生命体しかいない星をじわじわと滅ぼしていくという階級制だった。
戦闘民族を名乗るだけあって戦闘に関しては性格面でも能力面でも大きな特徴を持つ。その一つが、死にかけた状態から回復すると、飛躍的に戦闘力が上がる特異体質である。悟空は本能的にこのことを悟ったようで、重力制御装置の力も借りつつ自分の体を痛めつけ、仙豆という体力回復アイテムで復活する無茶な修行を行い戦闘力を上げた。
満月に含まれる1700万ゼノを越えるプルーツ波を目から吸収する(つまり満月を見る)と尾に反応してキングコングのような大猿になり、通常形態の10倍の力を発揮する。大きさに関係なく満月でないと大猿にならない。上級戦士の中でもエリート層に属する者は人工的な満月、パワーボールを作り出すことができ、昼間や月のない場所でも変身が可能(原作ではこの設定が使われたのは一度きり)。
元々は惑星サダラの出身。仲間割れが元で星が崩壊し、生き残りが「謎の宇宙船」に乗ってツフル人の住む惑星プラントへ漂着する。当初は原始的な生活をしていたが、ベジータの父、ベジータ王によりツフル人への反乱が始まる。8年に1度の満月の日に仲間もろとも大猿化。ツフル人は絶滅し、惑星プラントは惑星ベジータと名を変えることになった。その後はツフル人の文明により装備などもより洗練されたものとなるが、ツフル人を滅ぼした為に更なる遠い星へは行く手段が持てず、フリーザ軍と手を組んだ。
拠点である惑星ベジータがフリーザにより破壊された為、生き残りはごくわずか。しかも現状男性しか確認されておらず、種族としては絶滅同然である。

第6宇宙のサイヤ人

A52335dd567704fed9a2dda025cf6165 e1459267434800

戦闘民族ではあるが、第7宇宙のような侵略はしておらず、傭兵と言っても平和維持軍への参加などが主な、温厚な種族。その為内乱はなく、惑星サダラは健在である。また絶滅していないので、女性もいる。しっぽは生えておらず、戦闘員でも細身の体型をしているなど体にも差がある。
初登場は『超』の第6宇宙、第7宇宙の格闘試合であり、個体として初めて登場したのがキャベである。その後、『力の大会編』にて再登場する。
キャベの反応からするに、超サイヤ人のことは伝わっていないらしい。

サイヤ人の形態

大猿

Gohan goes bananas   tenka

第7宇宙の一般的なサイヤ人による変身形態。満月を見ると巨大な猿となり、通常時の10倍の戦闘力を発揮する。悟空のような下級戦士は理性を失い、サイヤ人の凶暴性が前面に出て思うままに暴れるが、ベジータなどのエリート戦士は理性を保てる。また、ハーフである悟飯も理性を失いつつ、仲間の声に反応してベジータを敵と認識して攻撃した。
しっぽが弱点なのは通常形態と同じ。大猿への変身には満月の放つ1700万ゼノを越えるプルーツ波の他しっぽも必要である為、悟空並びに悟飯は大猿にならないようしっぽを切断、二度と生えないようにされた。大猿の状態でしっぽを切られると元に戻る(月を破壊されたことで戻ったこともある)。
作中で大猿になったのは孫悟空、孫悟飯、ベジータ。アニメではバーダックと仲間たちが大猿化して星を攻め落とす描写がある(『ドラゴンボールZ・たった一人の宇宙決戦』。以下『宇宙決戦』)。大猿化は言わば戦闘力を高め切れていない状態での超サイヤ人形態とも言える。

擬似超サイヤ人

Cxilrycusaapz5j

原作で超サイヤ人の本格登場前に公開された映画『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』で登場。完全な超サイヤ人への覚醒ではなく、変身していられる時間も少ないが戦闘力は飛躍的に向上する。
完全な超サイヤ人との違いとして、金髪にならない、理性が失われる、長時間の変身ができないなどが挙げられる。

超サイヤ人/超1

Maxresdefault

超サイヤ人の基本とも言える形態。戦闘力はノーマル時の10倍。他の形態と区別するため「超1」と呼ばれることもある。髪が逆立ち、金髪碧眼になる。金色の炎のようなオーラを纏っているのも特徴。激しい怒りと穏やかな心を持っていないとなれず、当初残虐な戦士でしかなかったベジータは中々覚醒出来なかった。
当時悟空の変身形態と言えば大猿という認識のファンは多く、金髪碧眼という外見上の変化、フリーザという絶望的な強敵相手に互角以上の戦いを見せた超サイヤ人の登場は、読者の話題を独占した。アニメでは悟空の覚醒時、周辺の石が浮かび上がっただけでなく、周囲に稲妻が発生。第6宇宙のケールが覚醒した時も同じことが起きている。
超1には以下の段階が存在する。

【第2段階】
超サイヤ人を更に超えた形態。纏うオーラが激しくなり、通常の超サイヤ人形態よりパワーもスピードも増す。しかし体力が激しく消費される為、悟空は精神と時の部屋での修行以外では使わなかった。

【第3段階】
作中では『人造人間編』でトランクスと悟空が変身。筋肉を膨らませ、パワーに特化した形態となる。しかしスピードが殺されてしまう欠点があり、パワーにしても相手に当たらなければ意味がないとセルに指摘されている。作中では修行時の悟空もこの形態になっているが、「これでは勝てない」とし、この形態の修行を止めている。
トランクスがこの欠点に気付かず、筋肉を肥大化させれば完全体となったセルに勝てると踏んだ。
トランクスの読みの甘さも相まってか、この形態を「ムキンクス形態(ムキムキのトランクス)」と呼ぶファンもいる。

【第4段階】
またの名をフルパワー。形態としては第1段階と同じ。これは、第2、第3段階での欠点であるパワーへの偏りと体力の消耗から、理想の形態が超1であると悟空たちが突き止めた結果である。超サイヤ人の状態をキープしながら日常生活を送れるように修行をし、結果体力の消耗をなくす(超サイヤ人形態に体を慣らす)ことに成功。気を高めることで更なるパワーアップができるようになった。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説まとめ

「クロノ・トリガー」は、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフまとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

もはやオワコン!?「ドラゴンボール」のカオス画像・ネタまとめ

最近の「ドラゴンボール」は、いろんな意味で話題となり、もはやカオス状態にあるといっても過言ではないかもしれません。特にオワコン化しているのが、アニメ。作画崩壊はもちろんのこと、近年では最新作を放送するたびにファンから罵詈雑言を浴びることは間違いなし。極めつけは、原作者の鳥山明先生ですら興ざめしてしまうほど、とにかく、もはや「ドラゴンボール」はオワコン化しているのです。

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

一体全体ダレトクナンダ?『恐怖に震えるベジータ』が色々と気の毒すぎる。

現在放映中の『ドラゴンボール超』は、1986年にアニメ化した「ドラゴンボール」のリメイク作品です。すでに30年来といった根強いファンも多く、その関連グッズも多岐に渡り色々なものが発売されていました。ところが、バンダイから販売される『DRAGON BALL Z』HGフィギュア「恐怖に震えるベジータ」が発売されたことで、ベジータが色々と気の毒なことになっていたのをご存知でしょうか?

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

ドラゴンボール永遠のライバル!べジータのパパっぷりが面白いオススメTwitter!

ドラゴンボールの主人公・孫悟空の永遠のライバルと言えばやっぱりべジータ! 惑星べジータの王子として誇り高いべジータが、もしも家庭では子煩悩な親馬鹿だったら? そんな妄想を全力で漫画にして我々を楽しませてくれる方がTwitterにいらっしゃるので、是非ともご紹介したいと思います。

Read Article

《悲報》アニメ「ドラゴンボール超」で垣間見える作画崩壊まとめ

大人気アニメ「ドラゴンボール」の最新作「ドラゴンボール超」ですが、ところどころになにか違和感を覚える今日この頃です。そうです。実は、「ドラゴンボール超」には、至る所で作画崩壊を起こしていたのです(笑)。作画崩壊は、イラストがどこかおかしかったり、顔がイカレていたり、思わず疑問符を抱かずにはいられないものまで、とにかく多種多様なのです(恥ずかしながらw)!

Read Article

彩り鮮やかでより美しく!カラーで描かれたドラゴンボールのファンアートまとめ(前編)

度々ご紹介しているミイコさん(@miicooochan)のドラゴンボールのファンアート。どれも柔らかいタッチの絵柄で温かい雰囲気のある素敵なイラストでしたよね。 今回はミイコさんに再びご許可を頂きまして、Twitterで公開されている投稿の中からカラーイラストを厳選してご紹介!柔らかい絵柄に色彩が宿る事でさらに魅力的になるミイコさんのファンアートをお楽しみ下さい☆

Read Article

【ワクワクすっぞ!!】かめはめ波は実際に撃てるの?

1983年に原作マンガの連載が開始し、現在でもゲームの発売や劇場版の上映、アニメ最新作「ドラゴンボール超」が放映されるなど、もはや知らない人はほぼいないと思われる国民的人気マンガ「ドラゴンボール」ですが、中には「かめはめ波って実際に撃てるの?」と言う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は科学的な視点からかめはめ波は撃てるのか、様々な情報を元にまとめていきたいと思います。

Read Article

独断と偏見による『ドラゴンボールGT』「邪悪龍」がもし味方だったら?

『ドラゴンボール超』が放送中ですね。さて、20年ほど前、『ドラゴンボールZ』の後日譚である『ドラゴンボールGT』が放送されていました。評判については・・・個人的には面白かったんですけどね。特に、最重要アイテム「ドラゴンボール」から現れる「龍」が敵になってしまうアイディアとか・・・まあ確かに残念な感じが漂ってるんですよね・・・案外味方だったらいい活躍したかなあ、と思いまとめてみました。

Read Article

僕らの永遠の主人公!孫悟空のTwitterでしか見れない家庭での素朴な素顔のファンアート(前編)

前回大好評だったベジータに続き、今度はドラゴンボールの永遠の主人公!孫悟空の原作では見れない貴重な家庭的な姿を描いたファンアートをご紹介したいと思います。 ファンアートを描いていらしゃるのは前回と同じくミイコさん(@miicooochan)。ミイコさんの優しい絵柄で描かれた孫悟空の愛らしいファンアートを是非ご覧下さい!

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

目次 - Contents