ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、2015年4月18日に公開された劇場公開アニメーション映画作品である。前作の『ドラゴンボールZ 神と神』の直接的な続編となっている。原作者の鳥山明は前作に続き、キャラクターデザインを担当すると共に、本作では初めて単独で脚本も務めた。4月18日に全国328館で公開され、興行収入37.4億円を記録した。悟空に殺された悪の帝王フリーザが復活した後、初めての過酷な修行を経て悟空に復讐するために地球へ向かった話である。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の概要

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、2015年4月18日に公開された劇場公開アニメーション映画作品である。本作は『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開アニメーション映画作品第19弾である。前作の『ドラゴンボールZ 神と神』の直接的な続編となっている。2014年7月19日に新作の『ドラゴンボールZ』の劇場版が公開する事が発表され、前作では製作総指揮に名を連ねていた鳥山明が自ら脚本を務め、監督は山室直儀が務める事が発表された。4月18日に全国328館で公開されると、土日2日間で動員71万5,727人、興行収入9億6,058万6,350円を記録し、最終的に興行収入37.4億円を記録した。シリーズ初となる「デジタル3D版」も通常版と併せて上映し、邦画初の「IMAX3D映画」としての上演と、モーションシートと特殊効果を使った体感型システム「4DX デジタルシアター」による上映も実施した。
サブタイトル『復活の「F」』の「F」は、原作にて主人公の孫悟空らサイヤ人の宿敵であったフリーザを指している。「F」という表記にした理由は、鳥山明が友人を通じて知り合ったロックバンドのマキシマムザホルモンがフリーザのことを歌った楽曲『「F」』を聞いて、その曲のタイトル表記をかっこいいと気に入ったとのことだ。鳥山明はフリーザが復活する今回のシナリオについても、同曲を聞いてひらめいたと明かしている。
サイヤ人・孫悟空に殺された悪の帝王フリーザがドラゴンボールで復活した後、初めての過酷な修行を経て悟空に復讐するために地球へ向かう。悟空と悟空の仲間・ベジータは、破壊神であるビルスのもとで修業をしていた。フリーザ相手に悟空の息子・悟飯やピッコロが挑むもやられてしまう。フリーザは悟空を地球に呼ぶよう要求し、悟空に復讐するため戦いを挑んだ。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のあらすじ・ストーリー

ソルベの目論見

地球の地獄でミノムシのように拘束されているフリーザ

星をも破壊する恐るべき力と、冷徹さと残虐性に満ちた凶悪な精神を合わせ持ち、かつて全宇宙を震え上がらせた悪の帝王フリーザは、地球の地獄に封じられていた。地球に赴いた際、戦闘民族サイヤ人の孫悟空(そん ごくう)と彼の仲間たちによって倒されたためだ。フリーザはミノムシのような状態で拘束され、妖精や天使、ぬいぐるみたちが、明るくかわいいダンスを踊るのを見なければならない。極悪人のフリーザにとっては耐え難い苦痛であった。
フリーザ軍残党の統率者・ソルベは密かに地球に赴き、7つ集めることでどんな願いも叶えるドラゴンボールを探していた。これでフリーザを蘇らせようというのである。地球は孫悟空のホームグラウンドで、サイヤ人の王子であるベジータなど彼の仲間たちも暮らしており、ソルベたちにとっては危険極まりない場所だった。それでも彼らは地球の悪党も利用しながら、密かに速やかにドラゴンボールを集めていく。

ドラゴンボールで生き返ったフリーザ

孫悟空の息子・孫悟飯(そん ごはん)の自宅にて、悟空の仲間の1人でナメック星人のピッコロが赤ちゃんをあやしていた。その赤ちゃんとは悟飯と彼の妻妻のビーデルの娘のパンである。悟飯とビーデルはピッコロに子守を頼み、買い物に出掛けていた。買い物を終わらせ、サタンの自宅に戻ってきた悟飯とビーデルはピッコロにお礼を言う。そのピッコロは、遠くに不審な気(生物の気配と戦闘力を合わせたもの。作中の一定以上の実力者はこれを感知することができる)が集まっていることを感じ取る。
不審な気の正体は、全てのドラゴンボールを集めたソルベたちだった。ソルベが呼びかけると空が暗くなり、ドラゴンボールからは神龍(シェンロン)という存在が現れる。早速フリーザを蘇らせろと命じると、最後の戦闘のダメージと倒されてからの時間経過の影響で掌サイズの無数の肉片としての復活となる。驚くべきことに、フリーザはそれでも生きており、ソルベたちは彼の肉片を回収していったん宇宙に引き返していく。
空が明るく戻ったのを見てピッコロは「嫌な予感がする」と呟く。

完全復活したフリーザ

ソルベは宇宙船の中でバラバラだったフリーザを再生装置に入れる。すると、フリーザは驚異の回復力を発揮して完全復活を遂げる。
その後フリーザは、自分を復活させてくれた部下を攻撃し、「やはり少し腕が鈍ってしまっているようです。復讐には少し時間がかかるかもしれませんね」と呟く。ソルベが「復讐ですか?」と驚いて聞くと、フリーザは「当然でしょう。私をこんな目に合わせたサイヤ人を抹殺しなければ、私の気が収まりませんからね」と悟空たちの事を口にする。ソルベが「しかし、あの孫悟空と言うサイヤ人は、その後さらに…」と言うと、フリーザは「なんですか?さらに強くなっていると言うことですか?」と聞く。ソルベが「はい、申し上げにくいのですが」と答えると、フリーザは笑い「そんなことは想定内ですよ。私があいつより強くなればいいだけのことです」と言う。ソルベが「やつはあの魔人ブウも倒しました。その後のデータは取っておりませんが」と言うと、フリーザは尻尾を振り下ろし、「魔人ブウ…パパは破壊神ビルスと、魔人ブウだけは手を出すなと言っていた。あの魔人ですか?」と聞く。ソルベが「はい」と答えると、フリーザは「それは想像以上でしたね。でも面白いじゃありませんか?私は生まれながらの天才ですからね。これまでトレーニングなんてしたことありませんし、する必要もありませんでした。どうなるんでしょうかね?この私がトレーニングをして潜在能力を全て引き出せば」と言う。ソルベは驚き「まだ強くなられるということですか?」と聞くと、フリーザは「当然でしょう」と言って笑った。

フリーザの復讐計画

妻の18号(右)にバリカンで髪を切ってもらうクリリン(左)

銀河パトロール隊員である銀河隊員・ジャコが宇宙から地球に向かっていた。向かった先は悟空の仲間・ブルマがいるカプセルコーポレーションである。ジャコは数十年前に地球に来ていたことがあり、その際にブルマの一家と交流してことがあるのだ。ブルマがジャコの元へ向かい「久しぶりじゃない、今度は何しに来たの?」と言う。ジャコは「お前フリーザを倒した男と友達らしいが本当か?」と聞く。ブルマがそれを肯定すると、ジャコは「それでは今すぐ友達に会わせてくれ。フリーザが復活し、1000人の兵士と共に地球に向かっているのだ」と伝える。ブルマは悟空を呼ぶためにビルスの付き人であるウイスを呼ぶことにする。ブルマは「ウイスさーんこれはいちごサンデーよ、溶けちゃうわよー」と言って空にかざし、ジャコに「フリーザはいつ来るの?」と聞く。ジャコが「1時間後くらいかな」と言うと、ブルマは「急いで皆に伝えなきゃ!」と言い、いちごサンデーをジャコに渡して皆に伝えに行った。
その頃、悟空の親友・クリリンは警察官として強盗退治に勤しんでいた。そこにブルマから連絡が入り、フリーザ軍が迫っていることを知る。これを聞いたクリリンは「急いで準備します。武天老師(むてんろうし)様には僕から連絡を」と言って電話を切った。武天老師とは悟空やクリリンの師匠であり、今は亀仙人(かめせんにん)と呼ばれている人物だった。
地球に向かうフリーザに、ソルベが「復讐に成功されても、またドラゴンボールで蘇ってしまいますよ」と言うと、フリーザは「ついでに地球を消滅してしまえば、ドラゴンボールもあの地獄も存在がなくなってしまいますよ」と言う。フリーザが「ところで、万が一の場合の作戦は覚えていますね?」と言うと、ソルベは「もちろんです」と答えた。フリーザはピンチになったときの復讐計画も立てていた。

ウイスの修行を受ける悟空とベジータ

ウイス(中央)に悟空(左)と、ベジータ(右)が攻撃するも見事にかわされているシーン

ビルスの星にて、悟空とベジータは、ウイスに修行をしてもらっていた。2人の攻撃をウイスはひょいひょいと避け続けるので、ベジータが「カカロット!貴様さっきからどこを狙っててやがる?」と言うと、悟空は「ベジータそりゃねぇだろ」と言い合う。カカロットとは、サイヤ人としての悟空の本名である。2人は時に自分が前に出て、時に連携してウイスに挑むがまるで歯が立たない。ウイスは宇宙そのものをも破壊する力を持つビルスの師匠で、彼をも超える力を持っていた。戦闘民族サイヤ人である悟空とベジータは、さらなる力を得ることを求めて、ここ最近はずっとウイスとの模擬戦を重ねていたのだった。
ウイスは「はいストップストップ」と言い一旦終了する。悟空とベジータは息切れをし疲れ切っていたが、ウイスは平然としていた。ウイスが「ところでベジータさん。あなたは戦闘の天才にもかかわらず、いつも悟空さんに一歩先をいかれてますね」と言うと、ベジータは「チッはっきり言いやがって」と怒る。ウイスは「あなたは絶えず神経を張り詰めすぎなんですよ。それでは肝心な時にフル稼働出来ません。リラックスすべき時には休ませておくことが大切です。悟空さんのようにね」と言う。ウイスは真剣な表情になり「でも一方で…」と言って、悟空の脇腹を攻撃する。悟空はウイスの急な攻撃を受け座り込み「いてぇ何すんだよ」と怒る。ウイスは「リラックスしすぎなのも問題ですよ。それにあなたは自信過剰なのも問題ですね。いくら強くてもすっかり気を抜けば身体なんて脆いものです。自信がありすぎて油断している場面がよく見られます」とアドバイスした。寝ていたビルスが起きて出てきて「なんだうるさいな、眠れないだろ」と言い、寝ぼけながらくしゃみをする。ビルスのくしゃみの勢いでエネルギー弾が出て星を破壊し、そのまま木にぶら下がって眠った。悟空とベジータが驚いているのを見て、ウイスは「眠いといつもあぁなんですよ。あそこの太陽を2個とも壊してしまった時は暗くて大変でした」と言う。悟空が「どうやって太陽を戻したんだ?星を作ることも出来るんか?」と聞くと、ウイスは「いいえ、そう言う場合は私がやり直して差し上げるんです。ちょっとだけ時間を遡って馬鹿なことをする前にポカっと殴って差し上げるんですよ」と言う。それを聞いたベジータが「あんた一体何者なんだ?」と聞くと、ウイスは笑って「ウイスという生命体かしら」と返す。目を覚ましたビルスは悟空たちを見て「なんでお前たちがここにいるんだ?」と聞く。悟空が「ウイスさんに修行してもらってるんだ」と答えると、ビルスは「そんなの見りゃわかるよ。どうやって来たんだ?ってこと」と凄みながら聞く。悟空は「ウイスさんに連絡して一緒に連れて来てもらったんだ。あんたたちは気が捉えられねぇからそうするしかねぇんだよ」と焦りながら言う。ビルスが「ウイスに?さてはお前たちご馳走でウイスをつりやがったな?」と聞くと、悟空は「へへへ、まぁね」と笑って答える。ビルスは「なんでそこまでして強くなりたいんだ?まさか破壊神の後釜狙ってるんじゃないだろうね?」と聞く。悟空が「違うよ。オラただ強くなりてぇだけさ」と言うと、ベジータも合わせて「俺はこの野郎に抜け駆けされたくないだけだ」と言う。ウイスが「あなたたちは本当に仲が悪いんですね。2人が手を組めばビルス様ともなんとか互角に戦えそうですのに」と言うと、ビルスは「余計なことを言うんじゃないよ」と怒る。ベジータが「こんなやつと組むなんて死んでもごめんだ」と言うと、悟空は「オラ、別に仲良くしてもかまわねぇけど戦うなら1人でやりてぇな」と意見は一致する。それを聞いてウイスは「やれやれ」と呆れた。ビルスが「で、何かな」と持ってきた食べ物が何なのか聞くと、ウイスは「今回はピザなるものです」と答える。ビルスとウイスが悟空たちと交流するようになったのは、彼らの強さを求める姿勢に興味を引かれたことに加えて、贈り物として用意される地球の食べ物の美味しさの虜となったからだった。ビルスが「ウイス、さっき“今回は”って言ったろ?さてはお前たち、ここに来たの初めてじゃないな」と怒ると、悟空は笑って誤魔化した。

兵士1000人との戦い

兵士1000人を相手に戦うシーン

一方、地球にはフリーザ軍が到着していた。ピッコロと悟飯がこれを迎え撃とうと急ぐ中、同じくフリーザの下に向かっていた悟空の仲間・天津飯(てんしんはん)とも合流。さらに亀仙人を背中に乗せたクリリンも到着した。亀仙人は猫の仙人・カリンの住む塔に仙豆(せんず)をもらいに行っていた。仙豆とはカリンによって栽培された、非常に高い回復作用を持つ豆だ。
ポッドという乗り物に乗った状態で悟飯たちの前に現れたフリーザは、「孫悟空はまだですか」と聞く。クリリンは「もうすぐ来る、待てよ」と言うと、クリリンを見てフリーザは「おや、あなた、確か殺した覚えがありますよ」と笑い、「あなたもドラゴンボールで蘇ったようですね」と言った。ピッコロは以前神龍が出て来たのは、フリーザが蘇るためのものだったと確信した。
ここにブルマも到着し、悟空やベジータと連絡が取れない旨を一行に伝える。彼女を運ぶだけのつもりが大軍に捕捉され、逃げるタイミングを逸したジャコも、ザコ相手に限定で戦闘に参加することとなる。フリーザはジャコを見て「あのマークは銀河パトロールですか」とジャコの胸元のマークを見て呟く。
フリーザが「では、始めますか」と言うと、ソルベは「兵士ども奴らをやってしまえ」と叫んで1000人程の兵士が悟飯たちに攻撃を仕掛ける。
亀仙人は兵士をざっと見て「一人当たり170人ほどがノルマじゃ、悟空とベジータが来るまで踏ん張れ」と悟飯、ピッコロ、クリリン、天津飯に言う。兵士を確実に戦闘不能までやっつける5人だったが、次々と現れる兵士を見てキリがないと思った亀仙人が「散れ」と叫び、それぞれが戦いやすいように散開することとなった。
次々に兵士を倒す悟飯たちを見てソルベは驚くが、フリーザは「意外なことでもなんでもありませんよ。その気になればあの孫悟空の息子1人でも一瞬で方が付くでしょう。わざわざ殺さないように戦っているんですよ。親に似て優しいんですね。孫悟空は極悪人の私でさえ殺そうとしませんでしたからね。なんて素晴らしい人格者なんでしょう。全く反吐が出ますよ」と話しながらどんどん怒り始める。兵士が少なくなったのを見てシサミが「フリーザ様、ソルベ様、私も行って参ります」と言い、戦いに向かいピッコロの前に現れた。ピッコロはシサミに向かって額に2本の指を当てエネルギーを溜めて放つビーム砲・魔貫光殺砲の技を出すが、避けられ後ろから攻撃される。悟飯はピッコロの前に出て「ピッコロさん、僕に任せてください」と言い、メガネを外しスーパーサイヤ人となってシサミを1発殴り気絶させた。スーパーサイヤ人とは、サイヤ人の潜在的な能力を開放し、通常時の数倍以上の力を発揮する状態の事をいう。この状態になれるのはサイヤ人の中でもごく限られた者たちだけで、孫悟空とベジータ、それぞれの血族がこれに該当していた。
初めてスーパーサイヤ人を見たソルベがショックを受けていると「あなたは映像しか見てないから、スーパーサイヤ人の本当の恐ろしさがよくわかってなかったのですよ。息子も変身できるとは思いませんでしたけどね」とフリーザは怒りながら言う。クリリンは体力がなくなった皆に仙豆を渡して回復させる。フリーザが「分かってはいましたが、フリーザ軍も随分質が落ちましたね」と言うと、倒れている兵士は「すいません、あいつら思ったより手強くて」と苦しみながらいう。フリーザは「構いませんよ。それよりあなたたちそんなところでゴロゴロ転がっていたら目障りですね」と言い、手からエネルギー弾を出す。それを見てピッコロが「やばい!離れろ」と叫び少し離れたところに避難していると、フリーザの攻撃により手下は木っ端微塵になった。兵士たちを蹴散らした悟飯、ピッコロ、亀仙人、クリリン、天津飯たちだったが、この中では1番強い悟飯でも今のフリーザにはまるで歯が立たなかった。

地球に着いた悟空とベジータ

一方、ビルスの星ではビルスがピザを満足そうに食べており、ウイスは悟空とベジータの修行についていた。ここでようやくフリーザの地球襲来を知り、悟空たちは悟空の技である瞬間移動で仲間たちの下に向かった。悟空とベジータの登場に喜び、クリリンが「悟空!」と叫ぶと悟空は「間に合ったか?」と聞く。クリリンは「まぁやばかったけどな」と涙を拭きながら言った。

悟空とフリーザの戦い

1対1で戦うことなった悟空とフリーザ

フリーザは「やっと来ましたか、随分お待ちしてましたよ。ベジータさんも一緒だとは意外でしたがね。でもやっと、あなたに復讐する時がやって来ました」と言う。悟空が「本当にフリーザのようだな、一体どうやって…」と呟くと、ピッコロは「ドラゴンボールを使いやがったんだ、半年ほど前にな。そうだろ!?」とフリーザに問いかける。フリーザは「地球の地獄というところはまさに地獄でしたよ。私はね、あなたに生きていられると、どうも寝つきが悪いんですよ」と言いポッドを降りて宙に浮く。フリーザは「蘇って次は、あなたにやられてしまわないようにトレーニングをしました。そんな努力なんて初めてでしたよ」と言いながら悟空とベジータたちの近くに寄る。悟空は「確かにお前のレベルはさらに上がったかもしれねぇけどな。でもオラだってもっと強くなったと思わねぇか?」と言う。
フリーザは「この前は正直油断をしていました」と言い、いきなりかつての戦いでも見せた最強の形態に変身。その力を感じ取った悟空とベジータは圧倒され、悟空は「お前、一体どんなトレーニングをしたんだ」と聞く。悟空とフリーザ2人で戦うことになる。空中戦となり、戦いの影響で周りの岩を破壊しながら戦っていく。
皆は避難して離れたところから戦いを見ており、ピッコロは「なんてことだ、悟空は1発も食らっていないぞ」と呟く。ジャコが「悪夢を見ているようだ、まさかあんな地球人がいたとは」と呟くと、ブルマは「元々はサイヤ人だけどね」と言う。ジャコが「サイヤ人?なぜ滅びたはずの戦闘民族が地球に」と聞くと、ブルマは「あそこにいる私の旦那もサイヤ人よ」とベジータを指差した。ジャコは焦り「なんてことだ!聞かなかったことにしよう。地球の担当は私なんだ。厄介なことは困る」と呟いた。

fb-132022009013254
fb-132022009013254
@fb-132022009013254

Related Articles関連記事

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

『ドラゴンボール』とは、及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めることでどんな願いも叶えるドラゴンボールを巡る冒険活劇から、主人公の孫悟空や鳥山明による漫画、仲間たちが強敵と戦うストーリーがメインとなり、世界的な人気を得た。本項では、強力な戦闘力を持った人造人間と呼ばれるキャラクターをまとめる。人造人間たちは、悪の科学者ドクター・ゲロにより戦う為に作られ、悟空たちと敵対する立場だが、中には争いを好まない者や、戦闘をゲームと捉える者もおり、各個体が際立った個性と魅力を持つ。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

『ドラゴンボール(DRAGON BALL)』とは、鳥山明による漫画、及びそれを原作としたアニメ、ゲームといったメディアミックス作品である。七つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せるドラゴンボールを巡り、主人公の孫悟空と仲間たちが戦う物語。格闘物の少年漫画に多大な影響を与えた作品で、連載終了後も衰えぬ人気を誇る。個性豊かなキャラクターの他、多彩な必殺技が繰り出される戦闘シーンも人気の一因となっている。『ドラゴンボール』の戦闘シーンを彩る必殺技をまとめる。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めるとどんな願いでも叶えるドラゴンボールを巡り、主人公・孫悟空の冒険が始まった。悟空は強い者との戦いを求め、次々現れる強敵と戦うことになる。迫力のバトルシーン、魅力的なアイテム、キャラクターで今なお世界中を魅了する作品。「神様」と呼ばれる存在も、魅力あるキャラクター達である。基本的に神々の戦闘描写はないが、彼らは時に悟空の師となり、時に目標となってストーリーや世界観に広がりを持たせている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品である。7つ集めることでどんな願いも叶える神の龍を呼び出せるアイテム“ドラゴンボール”を巡る冒険譚から始まり、次第にバトルものへと移行することで世界的人気を得た。主人公の孫悟空を初めとする魅力的なキャラクターと迫力ある戦闘シーン、人間ドラマの他、遊び心もある独特のアイテムも物語を盛り上げている。本稿では、タイトルにもなっているドラゴンボールを初め、『ドラゴンボール』に花を添える用語やアイテムを紹介する。

Read Article

フリーザ(ドラゴンボール)の軍団・一味・家族・一族まとめ

フリーザ(ドラゴンボール)の軍団・一味・家族・一族まとめ

フリーザ軍とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する組織である。シリーズ最大の悪役フリーザを筆頭に、あらゆる種族の宇宙人から構成される。戦闘力の計測を行うスカウターなど、フリーザ軍の所有するアイテムは読者を魅了した。宇宙人から成る構成員たちも悪役ながら魅力あふれるキャラクターで、様々な個性を持って物語に花を添える。フリーザ軍の一味、フリーザの家族、一族を紹介する。

Read Article

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 神と神』とは、2013年3月30日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作品である。原作者の鳥山明が初めてアニメシリーズに脚本の段階から深く関わっている。物語は、原作の魔人ブウ編にて、孫悟空が魔人ブウを倒してから約4年後に起こったエピソードが描かれている。平和に過ごしていた地球だったが、破壊神ビルスが目覚めスーパーサイヤ人ゴッドを探し出すという話である。

Read Article

ドラゴンボールの融合(フュージョン・ポタラ・同化・吸収)まとめ

ドラゴンボールの融合(フュージョン・ポタラ・同化・吸収)まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画を原作のメディアミックス作品で、バトル漫画の金字塔である。「融合(ゆうごう)」は、作中登場する技の1つで、2人以上の人物が結合し、1人の人間となるものである。単体の時よりも戦闘力が倍加する為、強敵との戦闘の際に行われる。特殊な動きで2人が1人の戦士になる「フュージョン」、界王神のアイテムを使い1人の戦士になる「ポタラ」、ナメック星人が一体化することで同胞に力を預ける「同化」、他者のエネルギーや能力を奪う「吸収」が登場した。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のレッドリボン軍まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のレッドリボン軍まとめ

レッドリボン軍とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する悪の組織である。国家に所属していない私設軍ながら武力、財力共に高く警察すら手出しができない「世界最悪の軍隊」と怖れられる。幹部たちがそれぞれの部隊を率いており、地域派遣された部隊は現地の住民を脅してこき使うことが多い。世界征服の野望を持ち、物語初期では7つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せる「ドラゴンボール」を巡って主人公孫悟空(そん ごくう)と戦った。

Read Article

ベジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジータとは、『ドラゴンボール』シリーズの惑星ベジータの誇り高き王子であり、主人公・孫悟空(そんごくう)の最大にして最強のライバル。その生まれからエリート意識が非常に強く、他人から指図されることが大嫌い。地球に定住後は、悟空を目標としながら自己鍛錬の日々を送る努力の人でもある。他人にも自分にも厳しく、当初は冷酷な態度が目立った。しかし、悟空や仲間たちと過ごす中で少しずつ人間らしい感情を見せ始め、愛する者のために戦う強さも身に付けていく。私生活では妻ブルマの他、息子と娘が1人ずついる。

Read Article

人造人間18号/ラズリ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間18号/ラズリ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間18号/ラズリとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企むレッドリボン軍の科学者ドクター・ゲロの作り出した人造人間である。元は普通の人間だったがドクター・ゲロによって改造されてしまい、双子の弟であるラピスも同様に改造され人造人間17号となる。同じくドクター・ゲロによって作り出された人造人間セルが倒された後、本作品の主人公である孫悟空の友人クリリンと結婚。マーロンという女の子を授かり、クリリンの師匠である亀仙人と共に暮らしている。

Read Article

ピッコロ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ピッコロ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ピッコロとは、大人気漫画『ドラゴンボール』シリーズに出てくるキャラクター。初登場時は、主人公・孫悟空の敵として地球の命運をかけた戦いを繰り広げた。悟空に敗れてからは、地球を征服しに来たサイヤ人に対して悟空と共闘するようになり、今では仲間として頼もしい存在となっている。悟空の息子・孫悟飯の師匠でもあり、普段はなかなか感情を表に出さないが、悟飯の前では優しい一面を見せている。

Read Article

孫悟空(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟空(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟空(そんごくう)とは、『ドラゴンボール』シリーズの漫画・アニメにて主役を務める人物。戦闘民族サイヤ人として生まれたことから強い相手との戦闘を好み、幼少の頃より数々の相手との戦いを経てきた。やがて地球の平和を脅かす強敵たちとも対峙し、地球の危機を何度も救うことになる。持って生まれた朗らかさと純粋さが悟空の人間性に不思議な魅力を添えており、戦った後に仲間となる人物も多い。悟空自身も非常に仲間想いであり、強いだけではなく優しさも併せ持った戦士である。なお、私生活では妻チチの他、2人の息子がいる。

Read Article

セル(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

セル(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

セルとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企んだレッドリボン軍に所属していた天才科学者のドクター・ゲロが作り出した人造人間。同じくドクター・ゲロが作り出した人造人間17号・18号を吸収して究極の生命体となり、世界を恐怖に陥れることを計画していたが、孫悟空親子や他の戦士達の活躍により、その計画は阻止された。 冷静で話し方にも知性が感じられるが、自分が劣勢になると激昂し冷静さを失ってしまう。また、人間が恐怖に怯える顔を好むような冷酷さも持っている。

Read Article

トランクス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

トランクス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

トランクスとは、『ドラゴンボール』に登場する、戦闘民族サイヤ人のベジータと地球人のブルマとの間に生まれたハーフの男性。薄紫色の髪色で青色の瞳をしている。トランクスは本編時代と未来時代でそれぞれ登場し、育ってきた環境が異なるため性格も異なっている。トランクスの家はカプセルコーポレーションという大企業で、幼い頃から機械などに接していたため頭も良く、強さだけでなく知的な面も持っている。

Read Article

破壊神ビルス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

破壊神ビルス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

破壊神ビルスとは、鳥山明監修のアニメ作品『ドラゴンボールZ 神と神』及び『ドラゴンボール超』に登場する破壊神である。第7宇宙で宇宙の摂理に従い破壊を行うのが役目で、その戦闘力は「強い」という次元ではない。気に入らないことがあると周辺の星を破壊するなど子供っぽく我が儘な面から、立場としては対等な神の界王神にも恐れられている。「超(スーパー)サイヤ人ゴッド」が自分の強敵になるとの予知夢を見て主人公の孫悟空と戦った。邪悪な存在ではなく、それなりの良識や神としての威厳も持ち合わせている。

Read Article

魔人ブウ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

魔人ブウ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

魔人ブウとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空の敵キャラクターである。はるか昔、ビビディという魔道士に生み出されるものの手に負えず、封印されてしまった。時が経ち、ビビディの子供バビディが地球にて魔人ブウを復活させ世界を恐怖に陥れた。その後、魔人ブウは善と悪の2人に分かれ、悪の魔人ブウは孫悟空たちの活躍によって倒される。善の魔人ブウは孫悟空たちと協力し、悪の魔人ブウを倒したあと、地球で暮らしている。

Read Article

亀仙人(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

亀仙人(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

悟空にできた初めての師匠。 初登場時の年齢は319歳であり、亀の甲羅を背負った陽気でスケベなおじいちゃんだが、実際は武天老師と呼ばれる亀仙流武術の達人である。 少年時代の悟空とクリリンを修行し、時に厳しく、時に孫のように愛情をもって弟子を育てる広い心の持ち主である。 スケベな性格でありドラゴンボールにおいてスケベな担当として活躍している。 ドラゴンボール超では弟子たちと肩を並べて戦っているなど武術家としては生涯現役である。

Read Article

ブロリー(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ブロリー(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ブロリーとは、『ドラゴンボール』のキャラクターで、映画『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』で初めて敵キャラとして登場する。 その後、映画『危険なふたり!超戦士はねむれない』『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』の3部作にわたって敵として登場している。 3部作にわたり公開されていることから、敵キャラの中でも人気の高さがうかがえる。 20数年ぶりに、ブロリーが登場する『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開されると、かなりの話題になった。 尚、原作には登場しておらず、映画オリジナルキャラクターである。

Read Article

ベジット(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジット(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジットとは、『ドラゴンボールZ』の魔人ブウ戦にて初登場したキャラクター。その正体は、孫悟空とベジータが界王神の持つイヤリング「ポタラ」によって合体した姿であり、孫悟空の本名カカロットとベジータで「ベジット」と自ら名乗った。ともに最強のライバル同士である2人が合体したため、何者をも寄せ付けない戦闘力を誇る。その実力は、悟飯を吸収してほぼ無敵となった魔人ブウをも圧倒するほど。結果的に変身は解けてしまうが、本当の実力は本人でさえも把握できておらず、まさに「最強」の名に恥じぬ戦士として光る存在である。

Read Article

バーダック(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

バーダック(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

バーダックとは、『ドラゴンボール』に登場する主人公・孫悟空の実の父親で、戦闘民族サイヤ人の下級戦士。サイヤ人は宇宙の帝王フリーザに裏切られ滅ぼされようとしており、バーダックはこの事にいち早く気付き仲間を引き連れて対抗しようと試みたが、誰もバーダックを信じず、たった1人でフリーザに戦いを挑んだ。そして力が及ばずに返り討ちにあって死んでしまい、一族や故郷である"惑星ベジータ"の敵討ちを息子の孫悟空に託すこととなった。

Read Article

ブルマ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ブルマ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ブルマとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界的な大企業カプセルコーポレーションの令嬢である。科学者でもあり様々な機器を開発し、本作品の主人公である孫悟空や他の仲間たちをサポートしている。幼い頃に家でドラゴンボールを見つけ、7個集めるとどんな願いも叶えられることを知る。ドラゴンボール探しの旅に出た先で孫悟空や様々な仲間達と出会い、その中で孫悟空と同じサイヤ人のベジータとの間にトランクスという男の子を授かり母親となる。

Read Article

人造人間16号(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間16号(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間16号(じんぞうにんげん16ごう)とは『ドラゴンボール』(DRAGON BALL)シリーズのセル編に登場する、ドクター・ゲロが作り出したすべてが機械でできている人造人間。ゲロ自身が最後まで起動を許さなかったほど危険な力を保持している。 人造人間17号・18号によって起動すると唯一プログラムされていた「孫悟空の殺害」という同一目的のため、行動を共にすることになる。セルが完全体へ進化後は悟空たちと共に「セルゲーム」に参加する。自然や動物を愛する心優しい性格。

Read Article

孫悟飯(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟飯(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟飯(そん ごはん)とは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、主人公孫悟空(そん ごくう)の長男である。初期は泣き虫で甘えん坊だったが、強敵たちとの戦いの中父を超える潜在能力を見せ、戦士として成長を遂げた。全ての潜在能力を引き出された「アルティメット悟飯」は、単体で最強の戦士である。戦闘民族サイヤ人の血を引いているものの、悟飯自身は争いを好まない穏やかな性格で、平和な時代が訪れると幼い頃からの夢だった学者の道を歩むようになる。

Read Article

クリリン(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

クリリン(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

クリリンとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空の友人である。幼い頃、孫悟空とともに武術の神様と呼ばれている亀仙人の元で修業し常人離れした力を身に付ける。物語の中盤以降になると戦闘ではあまり活躍しなくなるが、力が弱いなりにも強敵に果敢に向かっている場面も多い。大人になると元は敵対していた人造人間18号に好意を持ち結婚。マーロンという女の子を授かり、警察官として街の平和を守っている。

Read Article

孫悟天(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟天(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟天(そんごてん)とは、『ドラゴンボール』シリーズの主人公・孫悟空(そんごくう)の次男で、サイヤ人と地球人との間に生まれた混血児。少年時代の容姿は悟空とそっくり。武術の基礎は物心ついた時から母チチに仕込まれている。サイヤ人としての潜在能力は高く、チチとの組み手の最中で特に理由もなく突然超サイヤ人へと覚醒した。性格は無邪気で甘えん坊、好奇心も強い。年の離れた兄・悟飯(ごはん)を慕っている。1歳年上のトランクスとは仲が良く、いつも2人で対戦ごっこなどして遊んでいる。

Read Article

フリーザ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

フリーザ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

フリーザとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公孫悟空(そんごくう)の敵であり、宇宙の帝王と恐れられている。7つ揃えるとどんな願いでも叶えられるというドラゴンボールで不老不死になろうとしていたが、孫悟空達の活躍により阻止される。弱者に対し容赦のない残虐な性格だが、組織を束ねる手腕は確かなものを持っている。作中では幾度となく変身を繰り返しており、その度に力を増して孫悟空たちを追い込んだ。

Read Article

ゴジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ゴジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ゴジータとは『ドラゴンボール』の映画『劇場版ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』および、『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール超 ブロリー』に登場する主人公の孫悟空とそのライバルであるベジータがフュージョンしたことによって誕生した融合戦士。登場回数こそ少ないが、悟空やベジータが単体で勝てない敵が現れた際などに最終手段で二人が融合することによって誕生し強敵を撃破することが多い。

Read Article

ヤムチャ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ヤムチャ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ヤムチャとは『ドラゴンボール』に登場する美形のキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空の仲間である。荒野の悪党として、通りかかる人々から金品などを奪い生活していたが、孫悟空たちと出会い改心して武闘家を志す。イケメンだが女性に弱く、初登場時は女性がそばにいると緊張してしまっていた。基本的に明るい性格で、場を和ませるようなギャグを言ったり、イケメンだが三枚目のような扱いを受ける場面も多数ある。

Read Article

天津飯(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

天津飯(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

天津飯(てんしんはん)とは『ドラゴンボール』に登場する主人公である孫悟空の仲間で、額にある第3の目が特徴的な男。兄弟弟子の餃子(チャオズ)と常に行動を共にしている。一流の殺し屋を目指していたが、孫悟空たちと出会って師匠の教えは間違いだと気付き、真の武闘家への道を志すようになる。冗談も言えないような真面目な性格をしており、日々の鍛錬も欠かさない。

Read Article

神龍(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

神龍(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

神龍(シェンロン)とは、鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、文字通り神の龍である。世界中に散らばる7つのドラゴンボールを集めることで召喚され、呼び出した者の願いを叶える。ドラゴンボールを作った神様の力を超える願いは叶えられないが、死者の蘇生など超常的な事象は起こせる。登場時より威厳のある存在として描かれてきたが、テレビアニメ『ドラゴンボール超』では破壊神ビルスに怯えるなどコミカルな描写も増えた。

Read Article

ターレス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ターレス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ターレスとは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』の劇場版アニメ『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』に登場するキャラクター。劇場版オリジナルキャラクターのため原作漫画には登場しない。惑星ベジータの巨大隕石の衝突による消滅(実際はフリーザによる破壊)を免れた孫悟空(そんごくう)と顔がそっくりな戦闘民族サイヤ人の生き残りである。

Read Article

NEW
チチ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

チチ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

チチとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空(そんごくう)の妻である。孫悟空が願い事を叶えられるドラゴンボールを探す旅の道中で出会い、ひょんな事から結婚を決意する。結婚後は孫悟空の住むパオズ山で生活し、孫悟飯(そんごはん)、孫悟天(そんごてん)という2人の息子を授かる。教育熱心で特に第1子の孫悟飯に対しては常に勉強をさせていた。

Read Article

目次 - Contents