蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

早めた成長

アルタイルとの接触をした夜、美羽の身体に異変が起こる。
幼いがためにアルタイルとの対話が叶わなかった美羽は、自身の肉体の幼さを悔やみ成長を望んでいた。その思いを汲んだミールにより成長は早められ、心は幼いままエメリーと変わらない少女の姿へ変化した。

エメリー・アーモンド

CV.佐々木りお
フェストゥムとミールとの対話能力や読心能力を持つ少女。ミールを通して美羽と交信をしていた。
民間人であったが、フェストゥムの襲撃、交戦規定アルファにより壊滅したハワイでナレイン将軍に保護され、その後は人類軍と行動を共にし竜宮島を訪れる。
アルタイルとの対話を求めて美羽をシュリーナガルへと導く。
島のコア・織姫と対話をした時には共鳴し、新たなコアを誕生させ更なる戦闘を可能とした。

エスペラント

美羽の力には及ばないがエスペラントとしての能力が高く、読心能力はフェストゥムに匹敵する。

海神島のコア

海神島にアショーカのミールが根付いた時、美羽に別れを告げ、新たなコアとして転生した。

アルヴィス及び大人たち

真壁史彦(まかべふみひこ)

CV.田中正彦
引き続き司令官を務める。また竜宮島学園の校長も務めていることが明らかとなっている。
人類軍の来訪により「アルタイル」の到来が告げられ、日野美羽と対話させるためにシュリーナガルへ派遣部隊を出発させる。
第4次蒼穹作戦ではファフナーパイロットたちに人を撃てと命じることはないと宣言し、送り出した。

遠見千鶴(とおみちづる)

CV.篠原恵美
引き続きパイロットのケアにあたる。島外派遣部隊に参加した娘と孫の帰りを一人竜宮島で待つ。
史彦との関係性も多少なりとも変化し、追加の派遣により一騎が不在となったため、自宅に食事に招くようになる。
竜宮島を訪れた元夫・ミツヒロの息子であるジョナサン・ミツヒロ・バートランドについては怖いくらいに若いころのミツヒロに似ていると語っている。

溝口恭介(みぞぐちきょうすけ)

CV.土師孝也
喫茶「楽園」のオーナーであるが、店の方は一騎に任せ、真矢の教官として戦闘機の指導を行う。真矢からは「おとうさん」と呼ばれるほど慕われているが、溝口本人は苦い顔をしている。戦闘部隊の指揮を部下の将陵佐喜に丸投げにするため、よく叱られている。
派遣部隊に同行し、真矢が人を殺めてしまったことに責任を感じている。

果たした役割

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents