蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

ファフナーパイロット復帰

竜宮島の危機に伴い咲良との挙式後、空いたパイロットの席を埋めるため復帰する。
ジークフリード・システムとスレイプニール・システムの二つを搭載したマークアハトに搭乗し、戦闘と指揮を同時に行う。
島のミールとのクロッシング(知覚・感覚の共有)により、SDP「薬」を得て、機体の損傷個所の修復や同化の肩代わりができるようになった。しかしSDP発現により「感覚の消失」が同化現象として現れることとなった。

要咲良(かなめさくら)➝近藤咲良(こんどうさくら)

CV.新井里美
19歳。第1種任務:パイロット教官、第2種任務:竜宮島学園中等部体育教師。後にファフナーパイロット(マークドライ)に復帰する。
パイロット引退後は教育の道に進み、後輩たちの育成にあたる。同化現象による後遺症で足が不自由であるが、杖での歩行ができるまで回復した。
SDP発現に伴う同化現象に怯える後輩たちを守るためカノンとともにレギュラーパイロットとして復帰する。

二人で生きる

ウォーカー率いるフェストゥムの竜宮島侵攻が本格化し、島のミールが正常に機能しなくなり、母・澄美の体調が急速に悪化する。先が長くないことを告げられ、母を安心させるため剣司と入籍し「近藤咲良」となる。

SDP「増殖」

最前線に復帰した咲良は、無人機である4機のトルーパー・モデルを操縦・指揮する「スレイプニール・システム」を搭載したマークドライに搭乗する。
SDP「増殖」の発現により、敵に倒されたトルーパー・モデルが増え続け、それにより「自分が何人もいる」、「熱いのに寒い」といった感覚に苛まれることとなった。

体温の低下

SDPに伴う新同化現象により体温は30℃を下回るほどに低下する。

後輩(第二世代)

堂馬広登(どうまひろと)

CV.佐々木望
18歳。第1種任務:ファフナーパイロット(マークフュンフ)、第2種任務:番組プロデューサー。
高校を卒業した広登はアイドルを自称し、芹たちを巻き込みながら数々の番組を作り、時にはキャスター、ゴウバイン等になって登場している。
小楯衛から受け継いだゴウバインのヘルメットを水鏡美三香に譲るが、なおも戦闘時にはゴウバインを名乗る。
芹と同じくフェストゥムの痛みを知り、戦いながらも相互理解を望んでいる。
島と世界の架け橋となり争いのない世界にするため派遣部隊に志願する。芹と新たなコアが喜ぶような希望を見つけて帰ることを約束し、シュリーナガルへ旅立った。

希望を探して

シュリーナガルでの戦闘を経験し、世界の惨状を知った広登は憎しみが生まれる理由を知り、自身の知る平和を広めることを胸に力強く進んでいた。
そんな矢先、交戦規定アルファ発令を受け人類軍アルゴス小隊、ダスティン・モーガンにコックピットを撃ち抜かれ死亡する。

立上芹(たてかみせり)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents