蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

同期が引退していく中、一人現役のファフナーパイロットとして前線に残る。それは一騎に代わって彼の居場所を守りたいという意志からだった。
カノンと同じく一騎がもう一度ファフナーに乗り戦うことを望んでいない。

守るために奪う側へ

交戦規定アルファにより空爆しようとした人類軍の爆撃機を撃墜したことがはじまりだった。
人を殺めてしまったことを思い悩むも、一騎を暗殺しようとした人類軍のスパイを射殺する。
爆撃機を撃墜した時のような動揺はなく、真矢にあるのは守るために命を奪うことへの覚悟だった。

羽佐間カノン(はざまかのん)

CV.小林沙苗
19歳。第1種および第2種任務:慶樹島エンジニア。後にファフナーパイロット(マークドライツェン)に復帰。
パイロットを引退したカノンは工学の道に進み、マークゼクス改の建造に携わる。
一騎を想い続け、一騎が最前線に戻ることがないよう身を案じている。しかし島外派遣部隊の危機により再びマークザインに乗ることになった一騎を止めることができず、涙ながら送り出すしかなかった。
SDPの発現後、新同化現象に怯える後輩たちを守るために咲良とともにレギュラーパイロットとして復帰する。

SDP「予知」

SDPにより起こるであろう複数の可能性を表示・観測することができる。
これよりカノンは複数に分岐された未来を選択することを余儀なくされる。

質量の減少

SDPの発現に伴う新同化現象により体重が減少していく。
未来と戦うことを選択したカノンの体重は21g、つまり魂の重さまで減少した。

カノンの見た未来

予知によって崩壊した格納庫、母や友人たちの名が刻まれた墓石、ファフナー部隊の無残な姿を見ることとなった。
これによりカノンは未来と戦うことを決意する。

パイロット

近藤剣司(こんどうけんじ)

CV.白石稔
19歳。第1種任務:メディカルルーム医師、第2種任務:竜宮島学園中等部保健医。後にジークフリード・システム指揮者となり、ファフナーパイロット(マークアハト)に復帰する。
パイロット引退後は医療の道に進み、遠見千鶴のもとで学びながらパイロットや一騎の身体のケアを行う。同世代の中では真矢に次いで、後輩たちのためにファフナーに乗り続けていた。
総士のマークニヒト搭乗に伴い、ジークフリード・システムに搭乗することとなる。

ジークフリード・システム指揮者

総士から戦闘指揮を引き継いだ剣司は、いざとなればファフナー部隊の切り捨てもやむを得ないという非情な判断ができる総士とは異なり、「全員で生き残る」ことを最優先として戦略を立てていく。ジークフリード・システムの操作自体は総士も認めるほどの腕だが、パイロットたちの負担を過剰に引き受けてしまうため戦闘後はぐったりとしている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents