蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

史彦の「(ファフナーパイロットたちに)人を撃てと命じることはない」という宣言のもと、復讐に駆られ、真矢に銃口を向けたビリーを射殺した。

日野弓子(ひのゆみこ)

CV.ゆかな
美羽を育てる日々を送り、特殊すぎる美羽の力を理解することができず思い悩む。
アルタイルとの対話ため美羽に同行しシュリーナガルへ旅立つが、フェストゥムの襲来により死亡する。
しかし美羽がアショーカに願ったことで蘇生した。

羽佐間容子(はざまようこ)

CV.葛城七穂
工学の道に進んだカノンの指導にあたり、ともに整備を担当している。かつて翔子が搭乗したマークゼクスを再び組み立てることに複雑な心境を抱く。
自身の命を使って未来を導いたカノンの意志を引き継ぎ、エインヘリヤル・モデルの完成を成し遂げた。

要澄美(かなめきよみ)

CV.石川静
引き続きアルヴィスでオペレーターを担当していたが、アザゼル型ウォーカーの侵攻に伴い竜宮島の生態系が崩れ、人と戦った時の後遺症により倒れる。病状は深刻で、回復しても健康体としては生きられないことが告げられている。剣司と咲良の結婚を喜び、式の際には夫・誠一郎と剣司の母・彩乃の写真を持って参列した。

小楯保(こだてたもつ)

CV.高瀬右光
引き続きゴウバインを描き、「パイロットの育成教材」と言う名目でイアンにアシスタントを依頼している。
カノンの上達により、メカニックからの引退を口にしている。美三香の要望によりツクヨミをピンクに塗装し直しとなったときには驚愕した。

西尾行美(にしおいくみ)

CV.京田尚子
島の外が見たいと言う暉と、それに反対する里奈を見て双子で異なる考え方をするようになったと喜び、暉をシュリーナガルへ送り出した。
成長を続けるゴルディアス結晶の研究を行い、里奈の言葉から結晶の成長の要因にたどり着く。
SDPにより嗜眠症となった里奈を前にいつだってファフナーを優先させてしまうことを悔いている。

イアン・カンプ

CV.てらそままさき
保のアシスタントとしてゴウバインの執筆を手伝う。美三香がゴウバインの必殺技を用いて戦闘していく姿を見て、ゴウバインが育成教材としての役割を果たしていると真に受けて感心している。

ジェレミー・リー・マーシー

CV.遠藤綾
引き続きCDCのオペレーターを担当。織姫の犠牲を厭わない冷たい態度に困惑する。

オルガ・カティーナ・ベトレンコ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents