蒼穹のファフナー EXODUS(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

CV.入野自由
フェストゥムに侵攻されつつある島を奪還するために開始された第三次蒼穹作戦で、アザゼル型ウォーカーに同化されかけたアマテラスを救い島に帰還した。
人間としての体を得て復活するが、ワープを使う、読心能力を使うなどフェストゥムと同じ能力を発揮できる。
甲洋の救った機体アマテラスは、かつての思い人、羽佐間翔子が搭乗していたマークゼクスの改良型である。

SDP「毒」

SDP「毒」を発現させ、ワームスフィア系による攻撃でフェストゥムを弱らせる力を得た。

来主操(くるすみさお)

CV.木村良平
エメリーと美羽の呼びかけにより目覚めた。
見た目は以前と変わらず、名前も同じであるが、「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」で登場した操ではなくボレアリオスのミールのコアとして新たに生まれた存在。援軍として駆けつけ派遣部隊を島のファフナー部隊と共に救う。美羽を同化することを条件に救援に来たが、世界が平和になるまで待つよう言われるとそれを了承し、竜宮島の戦力として加わる。

SDPの発現

カノンの機体だったマークドライツェンに搭乗し戦闘に加わることになった操は、周囲をスローモーションのように認識する「今をたくさん見る」力を得た。

英雄二人

第9話のサブタイトルにもなっている。
派遣部隊の危機を知らされシュリーナガルへと降り立った一騎と総士は2機のザルヴァートル・モデルによって絶望的だった戦況をひっくり返した。人類救済の力を遺憾なく発揮し、派遣部隊及び人類軍を窮地から救い出した。
ニコニコ生放送のアンケートで「とても良かった」が98.8%を叩き出した。

未来の結び目

カノンが見た未来のデータには2151年12月17日以降の記録が存在しなかった。12月17日から先の未来を見つけ出し、破滅の未来を回避するためカノンは複数に分岐した未来の中で孤独に戦う。カノンの奮闘により12月18日からの記録を獲得するも、そこにマークザインに搭乗した一騎が現れ、一騎とカノン以外の生存者はいないことを告げられる。それは心のどこかで一騎と生きたいと願ったカノンの選ぶことのできない未来だった。

祭りの夜、誰もいない喫茶「楽園」を訪れたカノンは再び島に居るはずのない一騎と出会う。
一騎はカノンに手を差し伸べて二人で生きる未来を選択させようとする。しかしカノンはその手を取ることはなかった。
一騎への想いを告げた後、カノンは消滅した。多くの希望を残して…。

導かれた未来

未来と戦ったカノンにより多くの希望がもたらされた。

原因の判明

SDP発現により引き起こされる新同化現象は、ニーベルングシステムによって残る指先の同化現象と、変性意識に関わる脳の奥底によるものであると判明した。これにより新同化現象の症状の抑制までが可能となった。

エインヘリヤル・モデル

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

蒼穹のファフナー Dead Aggressor / RIGHT OF LEFT(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2004年にXEBECにより「島・ロボット・群像劇・少年少女」をキーワードに企画・制作されたオリジナルアニメ。舞台は未知の生命体「フェストゥム」によって侵略された近未来の世界。西暦2146年、唯一の楽園だった孤島・竜宮島にフェストゥムが侵攻する。真壁一騎は皆城総士に導かれ「思考制御・体感操縦式」有人兵器「ファフナー」のパイロットとなり、人類存亡をかけた激しい戦いの渦に巻き込まれていく。

Read Article

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2010年12月に公開された「蒼穹のファフナー」の劇場版。舞台はTVアニメシリーズの2年後、西暦2148年。平和は守られたはずだった。人々は多くの犠牲を払い、取り戻した平和な日々を過ごしていた。そんな生活の中真壁一騎は皆城総士との約束が果たされる日を待っていた。一隻の船が竜宮島へ打ち上げられたその日、束の間の平穏は破られ再び少年少女たちは戦いの渦へと巻き込まれていく。

Read Article

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)のネタバレ解説まとめ

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)とは、Production I.Gが制作を務める、士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」を原作としたアニメ作品である。本作は主人公の草薙素子が公安9課を結成する前の物語に焦点が当てられており、バトーやトグサら9課の仲間たちがどのような形で素子と出会い、彼女と行動するようになったかが描かれているのが特徴となっている。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

攻殻機動隊ARISE、攻殻機動隊 新劇場版(黄瀬・冲方版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊ARISE』は2013年6月に公開された劇場用アニメ。公安9課結束以前の物語で、正体不明のハッカー・ファイアスターターを巡る事件を追う。『攻殻機動隊 新劇場版』は『攻殻機動隊ARISE』の続編で2015年6月全国公開。ファイアスターターと草薙素子の出生の秘密が繋がっていくストーリー。 黄瀬和哉総監督・冲方丁脚本版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

目次 - Contents