蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

CV.福圓美里
18歳。第1種任務:ファフナーパイロット(マークツヴォルフ)およびドクターコースと特殊医療専攻、第2種任務:鈴村神社巫女。
実家である鈴村神社の巫女をしながら、新たなコアのため特殊医療とドクターコースを掛け持ちし勉強に励んでいる。
島外派遣部隊が出発後に目覚めた新たなコアに名付け親になるよう命じられ、生まれた日が七夕にちなみ「織姫」と名付ける。
先代コアの乙姫と同じ姿でありながら態度の違う織姫に戸惑う。

SDP「再生(リバース)」

フェストゥムの猛攻によって機体は大破し、芹も瀕死の重傷を負い、一時生死不明となった。
しかしSDPの発現により自身と機体を再生させ、不死身のような存在となった。

同化

新同化現象により、日常生活においても触れるものすべてを同化するようになった。そのため戦闘時以外、別室に隔離されるようになる。
しかし織姫に触れられることにより同化現象は抑えることができるようになり、島を出れば治ることが伝えられた。

西尾里奈(にしおりな)

CV.白石涼子
19歳。第1種任務:ファフナーパイロット(マークノイン、ゼロファフナー)、第2種任務:西尾商店手伝い。
普段は西尾商店での手伝いをするが、あまりやる気はなく、本人はアルヴィス勤務を希望している。
後輩である鏑木彗から好意を寄せられているが気づいていない。里奈自身は剣司に恋心を抱いている。
過去に島の占領、攻撃を行った人類軍に強い不信感を抱いており、島を訪れたペルセウス中隊の面々のことも信用していない。
暉の島外派遣を反対するも送り出す。

SDP「増幅(アクセル)」

マークザインと同様に武器を同化することで莫大なエネルギーの増幅ができるようになった。
里奈自身もこの現象を「一騎先輩みたい」と言っている。

嗜眠症

新同化現象により里奈は嗜眠症を発症し、激しい眠気に襲われることとなった。ファフナー搭乗時以外、まともに起きていることができない。

西尾暉(にしおあきら)

CV.梶裕貴
19歳。第1種任務:ファフナーパイロット(マークツェン、ゼロファフナー)、第2種任務:喫茶「楽園」手伝い。
高校を卒業後は「楽園」の手伝いをしている。動機は想いを寄せる真矢と仕事がしたいため。しかし真矢は戦闘機の訓練のため溝口と不在になることが多いため、暉は残念がっている。また一騎をライバル視しているが、何のことかわからない一騎には軽くあしらわれている。
外の世界を見たいという思いから島外派遣部隊に志願する。

外の世界

シュリーナガルへのフェストゥムの猛攻、世界の惨状を知り、暉は里奈の意見を聞き入れなかったことを後悔するようになる。
精神的に疲弊していく中、フェストゥムから人々を守れない無力さに打ちのめされる。さらにそんな暉を励まし続けていた広登を人類軍に攫われ追い打ちをかけられる。

後継者たち

御門零央(みかどれお)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents