蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

CV.沢井美優
島外派遣部隊に同行する。交戦規定アルファ発令を受けた人類軍の爆撃に中止を訴え続けていたが、攻撃に巻き込まれ負傷する。
竜宮島への報告と治療のため高速機での帰還を試みるが、ウォーカーの襲撃にあい、高速機は全て撃墜される。
島に持ち帰ったデータを送信したオルガは島で命を終えることができることに感謝を告げる。
彗のSDPによってアマテラスのコックピットへ引き寄せられるが手遅れであり、血まみれの状態で息を引き取った。

陳晶晶(チン・シャオシャオ)

CV.小松美智子
CDCのオペレーターを担当する。島民たちからは晶(シャオ)の愛称で呼ばれ、アルヴィスで知り合った男性と結婚した。

ベラ・デルニョーニ

CV.相川奈都姫
CDCのオペレーターを担当する。帰還し襲撃にあうオルガに逃げるよう呼びかけ続けた。織姫の非情な言葉に絶望する。

陣内貢(じんないみつぐ)

CV.鈴木達央
溝口の戦闘部隊に所属し、溝口を「おやっさん」と呼び慕う。舞とは恋人関係にある。

将陵佐喜(まさおかさき)

CV.浅倉杏美
「蒼穹のファフナーRIGHT OF LEFT」でファフナーパイロットとして「L計画」に参加した将陵僚の叔母。
溝口の戦闘部隊に所属し、参謀長を務める。上官である溝口にも臆することなく苦言を呈し、怒った時の迫力は溝口たちが怯むほど。
後遺症により倒れた要澄美に代わってCDCに就いた。

堂馬舞(どうままい)

CV.世戸さおり
広登の姉。普段は自宅で営んでいる食堂を手伝っている。「どんまい」が口癖で常連の客から「どんまいさん」の愛称で呼ばれる。
オルガの派遣部隊同行に伴い代理としてCDCオペレーターとなった。戦闘で傷ついていくパイロットたちを目の当たりにし、何もすることのできない罪悪感と派遣された広登の身を案じるあまり泣き崩れる。

広登の父親

堂馬量平(どうまりょうへい)CV.鈴木清信
第2種任務で食堂を営む。島外派遣部隊に志願した広登の成長を喜んでいた。

芹の両親

立上昌幸(たてかみまさゆき)CV.木村雅史 / 鈴奈(すずな)CV.小林さやか
第1種任務で二人ともキールブロックを担当している。
父である昌幸は鈴村神社の神主を務め、神社内にはこれまでの戦死者の遺影を祀っている。
母・鈴奈は第2種任務で服飾店を経営し、アルヴィスの制服をデザインしたことが明かされた。

美三香の母

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents