蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

CV.中村悠一
人類軍アルゴス小隊隊長。ビリー・モーガンの兄。
交戦規定アルファ発令によりシュリーナガルからの一団を攻撃し、広登を射殺した。

キース・ウォーター

CV.宇乃音亜季
人類軍アルゴス小隊所属。汚れ役も楽しんで引き受ける。ハワイ壊滅以来心が壊れ、フェストゥムとそれに同化された人間、因子を保有する人間に強い憎しみを抱く。

上層部

ダッドリー・バーンズ

CV.内田直哉
TVアニメシリーズの北極の決戦で右眼を失うも生還し、現在は将軍に昇進している。ディランにへスターを探らせている。

ディラン・バーゼル

CV.勝杏里
バーンズの副官。新国連に潜入し、へスターの動向をバーンズに報告している。

ヘスター・ギャロップ

CV.鳳芳野
新国連事務総長。人類救済のため「トリプルプラン」を提唱し、地上からのフェストゥムとその因子を持つ人間を諸共殲滅し排除することを目論む。

フェストゥム

スフィンクス型

劇中での登場頻度の高い種類。
画像のスフィンクスB型種は他の型のフェストゥムとは異なり、屈強な四肢を持ち、分身を生み出すなど多彩な能力を持つ。

ディアブロ型

好戦的なフェストゥムで、コックピットからパイロットを同化しそのまま操る。ハワイでの戦いで人類軍のファフナー部隊を壊滅させた。

グレゴリ型

CV.石川静
世界樹アショーカに寄生するフェストゥムで、人を襲うことはないとされていたが、「みんないなくなればいいのに」と発言し、人を憎んでいる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents