蒼穹のファフナー EXODUS(Fafner in the Azure: Exodus)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

アイシュワリア・フェイン

CV.潘めぐみ
人類軍ペルセウス中隊所属のファフナーパイロット。愛称は「アイ」。ミツヒロに好意を寄せている。
シュリーナガルの戦闘時にディアブロ型に同化されるが、一騎が同化を肩代わりしたことにより生還する。

憧れ

北極ミールを破壊し、MAKABE因子を提供(実際には採取した一騎の遺伝子から勝手に作り出したもの)した伝説のパイロットである一騎に憧れを抱き、自身をファフナーパイロットにしてくれたことに感謝している。

ビリー・モーガン

CV.森田成一
人類軍ペルセウス中隊所属のファフナーパイロット。ダスティン・モーガンの弟。
明るく、ムードメーカー的な存在だが、空気を読まず短絡的な発言も多いため傷つけてしまうこともしばしば。真相も知らなかったこともあり悪気なく、何故自分たちと共に戦わないのかと竜宮島のファフナーパイロットたちに発言し、里奈の怒りを買った。
交戦規定アルファ発令により攻撃してきた部隊の中に兄・ダスティンの姿があり、兄との関係を知った共に旅をする仲間たちから裏切られるのではないかという不安に怯えるようになる。

決断

兄や友人たちを失い、何が正しいのかがわからなくなったビリーは、兄の仇となった真矢に銃口を向ける。

ナレイン・ワイズマン・ボース

CV.大友龍三郎
人類軍大将。ハワイ壊滅時にフェストゥムに守られたエメリーを保護し、希望を見出す。ペルセウス中隊とエメリーと共に竜宮島に来訪した。フェストゥムやミールとの共存を望む。「史上最高齢のファフナーパイロット」であることがささやかな自慢。

史上最高齢のファフナーパイロット

ファフナーに乗ることのできる年齢を過ぎているが、ナレイン将軍が搭乗することができるのは、過去にエスペラント能力を後天的に得るための「部分同化実験」を行い、ミールの因子を移植したことによる。そのため、総士と同じくフェストゥムと融合した身体となった。

ウォルター・バーゲスト

CV.置鮎龍太郎
人類軍ペルセウス中隊所属。
かつては爆撃隊に所属し、「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」で竜宮島に核ミサイルを投下した過去を持つ。

アルゴス小隊

ダスティン・モーガン

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents