天使にラブ・ソングを2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使にラブ・ソングを2』とは、1993年に公開されたアメリカのコメディ映画で、1992年に公開された『天使にラブ・ソングを』の大ヒットを受けて制作された続編だ。前作で殺人現場を目撃したことから尼僧へ身を扮していた歌手のデロリス・ヴァン・カルティエが、シスター達からの要請により再びシスター・メアリー・クラレンスとなり廃校寸前の学校と生徒たちを救っていく物語である。前作はサスペンス風だったのに対し、今作では学校がメイン舞台となり青春的な要素も含んでいる。

『天使にラブ・ソングを2』の概要

『天使にラブ・ソングを2』とは、1993年に公開されたアメリカのコメディ映画だ。前作の『天使にラブ・ソングを』では、北米だけでも1億3000万ドルをあげるほどの大ヒットとなり、続編である本作にも多くの期待が寄せられた。本作のアメリカでの興行収入は5700万ドルと前作と比べて大きく下がったものの、日本では高評価を受けゴスペルブームを生むきっかけとなった作品である。
歌手としての大成功一歩手前まで登りつめたデロリス・ヴァン・カルティエ。毎日分刻みのスケジュールの中、せわしなく数々のショーをこなしていたデロリスの元に、かつて修道院で寝食を共にしたシスター達が現れる。大成功まであと一歩というところだったデロリスだが、かつて殺人現場を目撃した際に身を匿ってくれた修道院の院長先生が精神的にまいっていると知り、再び修道院へと足を運ぶのだった。院長の悩みの種は、地域の奉仕活動先である聖フランシス高校の生徒たちだった。自身の母校だったこともあり、デロリスは歌手活動を休止して再びシスター・メアリー・クラレンスとなり生徒たちに音楽を教えることを決意。しかし問題児ばかりの授業は思うように進まず、デロリスも思わず諦めかけてしまう。そんな時にたまたま聖フランシス高校が今学期いっぱいで廃校になるという情報を聞いてしまったデロリスや生徒たちは、地域で唯一の学校である聖フランシス高校を救うため聖歌隊を作ることとなった。最初は「聖歌隊なんか恥ずかしい。」と反対する生徒たちだったが、デロリスの力で次第に音楽への熱意が広がっていくのだった。
前作同様、デロリスの自由奔放で型破りな言動を主にコメディとして描かれているが、生徒たちの思春期であるからこその葛藤や、親や教師との衝突も描かれており、劇中の様々なシーンで涙を誘う感動作となっている。

『天使にラブ・ソングを2』のあらすじ・ストーリー

歌手、デロリス・ヴァン・カルティエ

ラスベガスでステージに立つデロリス

ラスベガスで歌手として毎晩満員御礼のショーを行っていたデロリス・ヴァン・カルティエ。かつてシスターに身を扮していたという物珍しい経歴も相まって、その日もホテルのショーの大トリとして出演していた。たくさんの歓声と大きな拍手を受け煌びやかなステージで歌っているデロリスの元に、かつて寝食を共にしたシスターの中でも特に仲の良かったシスター・メアリー・ロバート、シスター・メアリー・パトリック、シスター・メアリー・ラザラスの3人が現れる。ショーが終わったあとデロリスの楽屋に呼ばれたシスター達は改めてデロリスとの再会を喜び、自分たちが現在地域奉仕活動の一環として高校で教師をしていることを話す。その高校とはなんとデロリスの母校である聖フランシス高校だった。やんちゃな生徒達にシスター達は困り果てており、人一倍陽気でいつもニコニコしているメアリー・パトリックが先週は2回も怒ったのだという。そこで3人は院長からデロリスを連れてくるよう頼まれ、デロリスの元へやってきたのだった。自分を呼び戻すなんてよっぽどの事があったのだと院長を心配するデロリスは、忙しいスケジュールの合間を塗って修道院のあるサンフランシスコへと戻った。デロリスの到着を聞いた院長は大急ぎでデロリスの元へ駆け寄り、2人は抱き合い再会を喜んだ。その姿を見て、メアリー・パトリックやメアリー・ラザラス、メアリー・ロバートも思わず歓喜する。しかし、再会もそこそこに早速本題へと入る院長。「地域の人々は疲れ果て、絶望し、唯一の希望である聖フランシス高校の生徒たちも、私たちでは手に負えないためデロリスの力が必要だ。」と院長は言う。更に院長は「デロリスのパワーは周りに伝染し、いい影響を与える、その力が必要だわ。」と続けた。歌手としての仕事がやっと軌道に乗ったところだと断ろうとするデロリスだったが、院長に「陰の友人たちの支えがあったからこその成功だったかも。」と説得され、子供たちに音楽を教えることを決意。デロリスが先生を引き受けたことを知った仲間のシスター達も、また一緒に奉仕活動ができると喜んだ。

歌手からシスターへ

修道着に着替え校内を歩くデロリス、メアリー・パトリック、メアリー・ロバート

教師となることを決意したデロリスだったが、厳しい神父たちにシスターではないことが知られると大問題になるため、再び修道着を身にまといシスター・メアリー・クラレンスとして生活することとなった。シスター達に学校内を案内してもらっている途中、校長のモーリス神父と2~3か月前に赴任してきたという理事長のクリスプを見かける。クリスプは、生徒達からは生きた悪魔と呼ばれ、シスター達からも癇癪持ちだと評判はあまり良くない様子だった。その後、昼食の席で同じく教師をしている神父らに新しい音楽の先生だと紹介されたデロリスだったが、校長の音楽クラスがあるのかないのかさえ分かっていない様子に思わず不安になってしまう。数学担当のイグネシアス神父、ラテン語担当のトーマス神父、と他の教科を担当している先生を紹介してもらっている最中、突然クリスプがやってきた。クリスプにもデロリスを紹介する校長だが、クリスプはデロリスのことを「シスター・メアリー・クラメンツ」と呼ぶ。校長へ午後の会議を忘れないようにと耳打ちしクリスプが去っていくと、入れ違いでウルフガング神父がやってきた。料理を担当しているが、ソーセージ料理しか作らないのだという。癖のありそうな神父たちを紹介され、更に不安になるデロリスだった。昼食後、新任の先生全員に教育方針についての話をしていると校長室へ呼ばれたデロリスは、前任地がルイジアナの女子刑務所になっていると聞かされる。思わずぽかんとするデロリスに不審な顔をする校長だったが、慌てて「刑務所で働いていたことは心の傷になっており早く忘れたいと思っていた。」と言い訳をするデロリス。シスター達からデロリスは女子刑務所で楽しく働いていたと聞いていると更に不審がる校長に、デロリスは「尼僧に楽しさは罪であり心の傷だ。」と取ってつけたような言い訳をした。「それよりも。」と校長から聞かされた教育方針は、躾だった。「他には何もなく、躾だけ。」だと言うのだ。その言葉にデロリスは聖フランシス高校の全てを悟った気がしたのだった。

音楽クラスの惨状

デロリスが黒板を爪で引っ掻き叫び声をあげる音楽クラスの生徒達

いざ初授業となり音楽室を探していたデロリスは、道中様々な教室を目にする。呪文のように教科書を棒読みするトーマス神父の教室では床に倒れても起きないほど爆睡する生徒がいたり、性教育をするメアリー・パトリックの教室ではからかわれる女子生徒にシスターは経験がないくせにとなじられていた。イグネシアス神父に案内してもらい、なんとかたどり着いた音楽室の入り口にはMUSIC CLASSの文字が剥がされ“MUSIC ASS”(音楽コロス)となっていた。デロリスがため息をつきながら入った音楽室は、想像以上に悲惨なものだった。生徒達はお互いの母親をけなしながらラップバトルをしており、デロリスが入ってきたことにさえ気付かない。デロリスは黒板を爪で引っ掻き、生徒達のラップバトルを止めさせ「自己紹介がしたいから。」と生徒達に席に着くよう指示するも、文句を言いながらだらだらと仕方なく机を戻している生徒達。デロリスは再び黒板で引っ掻き「うるさい音は苦手なの。」と生徒達を黙らせた。改めて自己紹介するデロリスに「よう、母ちゃん!」と茶々をいれる一人の生徒。しかし、デロリスに先ほどのラップバトルと同じ内容で言い返されてしまい、クラスメイトから笑われる。気を取り直して一人ずつ名前と顔を確認しながら出席を取っていくデロリス。しかし、途中で生徒のリタ・ワトソンは「早くしてくれない?」と口を挟む。短気なリタが全員いるかを一斉に問いかけたことで出席確認が終わったため、デロリスは授業の進行具合を確認しようとした。生徒達は、今まで授業がどこまで進んだのかの問いに笑ってごまかし、教科書の在処を聞くと天井を指さした。天井には、ちぎられた教科書のページが丸まってくっつけてあったのだ。呆然とするデロリスに、再びリタが口を開く。「この音楽コースは出席するだけで単位がとれて卒業ができる。鳥のようにスイスイと進級できるから“バード・コース”と呼ばれているのよ。」と言うのだ。しかし、教室に来て何もしないわけではないらしい。リタが「楽しいことには積極的に参加するわ。」と言うと、再びあのラップバトルが始まった。デロリスは教卓に座り、ただ教室を眺めるしかなかった。

悪だくみ

生徒達のいたずら

屋上でラップバトルを楽しむ音楽クラスの生徒達

その後、校長室で教科書や楽器を買うために校長へお金が必要だと交渉するデロリス。隣にいたクリスプがまたもや「シスター・メアリー・クレメンス」と呼び名を間違えてお金がないと口を挟んできた。デロリスはわざと「クリスピー」と呼び、生徒の為にお金が必要だと訴えるが、クリスプも校長もお金は出せないの一点張りだ。デロリスがヒートアップしていく中、校長室の窓に野球ボールが当たりガラスが割れてしまう。転がってきた野球ボールを握りしめたクリスプは、怒りの表情でサッカーに教科を変えることを提案する。その一言に、校長は「サッカーボールがありませんよ。」と返答した。その後、デロリスが校内を回っていると屋上でラップバトルをして遊んでいる音楽クラスの生徒達を発見する。悪童と言われ躾が必要だと言われている生徒たちだが、ラップの腕前は中々いいものがあった。しかし、デロリスがラップバトルに乱入したせいで生徒達はラップを辞め、ぶつぶつと文句を言いながら各々帰って行ったのだった。その夜、クラスメイトの一人であるスケッチのバイトの休憩中に路上で「あのシスターを何とかしよう。」と話し合う生徒達。以前のように好き放題にしたいとは思いつつ、シスターに手を出すことに気が引ける生徒もおり話し合いは中々進まない。スケッチが上司に呼ばれ、またリタも母親のフローレンス・ワトソンが家の窓から身を乗り出し大声で帰るよう言われ、後に電話で話し合う約束をして解散となった。

画像左のタイラーが、座りかけたデロリスに質問を投げかけデロリスが座るのを止めたため、クラス中からバッシングを受けている

翌日、生徒達はデロリスが教室に入っていく直前に椅子に接着剤を塗る悪戯を決行する。何も知らないデロリスが教室に入ってくるが、やけに大人しい生徒達に不信感を募らせる。昨日とは打って変わって全員が静かにきちんと着席しており、黒板には“おはようございます!シスター・クラレンス”と歓迎のメッセージまで書いてあるのだ。不信感が募るものの、デロリスは音楽について話を始める。「だいたいの人は音楽にも好みのジャンルがあるけど、私は間口が広いからオペラもロックもラップも好きなの。特に好きなのが50~60年代の女性グループね。」と言いながら椅子に座ろうとするデロリスに、タイラーが「例えば?」と質問をする。その質問に答えようとデロリスは座りかけた腰を上げたため、クラス中からブーイングが起きてしまう。ちょっとした喧嘩だと思ったデロリスは、タイラーへのブーイングを制し、「私が好きなのはパティ・ラベルやシュープリームス。」と例を挙げる。答え終わったデロリスが再び椅子に腰かけようとしたとき、再びタイラーが「シュープリームスって?」と問いかける。デロリスは再び立ってしまいタイラーはクラス中から批判を浴びる。生徒達がシュープリームスを知らなかったことにショックを受けたデロリスだったが、シュープリームスのメンバーであるダイアナロスなら知っていることを聞いたデロリスは安堵しながら椅子に腰かける。生徒達は思わずほくそ笑むが、シュープリームスの話題に夢中のデロリスは気付かない。更にデロリスは、かつて讃美歌とゴスペルを融合させた経験から、違うタイプの音楽をくっつける楽しさを生徒達に話す。生徒達は“くっつける”という単語に思わず反応し深く頷いたため、デロリスは生徒達がついに音楽に興味を持ってくれたと喜び、続けて話すため立ち上がろうとする。しかし、修道着と椅子は接着剤でしっかりとくっついており、立ち上がることができなかった。その様子を見た生徒達は大喜びし、デロリスは生徒達の仕業だとやっと気付くのだった。デロリスはやっとの思いで椅子ごと部屋に戻って着替え、なんとか動けるようになった。院長やメアリー・ラザラスらが駆け付け、「もう歌手に戻った方がいいかもしれないわ。」と伝える。デロリスは、辞めるも続けるも答えず、「ここで気に食わないことは頭にきたときに投げる物がないこと。」とだけ答えた。

廃校の危機

廃校を言い渡され、絶望の表情を浮かべる校長

その後、デロリスが校長室の前を通りかかった時、協会本部の役員らが来ており、校長やクリスプと話している声を聞いてしまう。「赤字経営で再建も難しい上に、地域住民からの寄付も見込めない。今学期いっぱいで聖フランシス高校を廃校にします。」と役員が言う。クリスプは赤字経営を続けるよりも「駐車場にでもして土地を有効活用した方がいい。」と提案し、協会本部の役員らはクリスプの現状分析を高く評価し、昼食に出かけて行った。そしてクリスプらが退室したあと、デロリスはキリスト像に必死に祈る校長を目にする。クリスプは自身の功績のために聖フランシス高校の廃校を決定したが、校長は生徒達のことを思いひどく心を痛めていた。それを知ったデロリスは、院長やメアリー・ロバート達に廃校を知らせ決起集会を開く。院長は「恐れていた事態が起きてしまったわ。聖フランシス高校以外にこの地域に他に学校はないの。他の学校にバスで通うことになるでしょうね。」とため息をついた。院長やシスター達が生徒のためになんとかしなければと必死の姿を見て、デロリスは「ここにいる私達でなんとかしなくちゃ。ここにいる私達、皆よ。」と聖フランシス高校に残る事を決意した。

バード・コースの改革

授業中に帽子をかぶることや、室内でのサングラスなど続々と注意を受ける生徒達

翌日、院長は校長から呼び止められ、型破りなデロリスについて「彼女をどう扱っていいのか分からない。」と相談される。院長も過去に何度もデロリスと衝突していた経験もあり相談に乗るが「枠を外すことが彼女のやり方。」と答えた。デロリスの行動は過激すぎると心配する校長だが、院長は「自分達も若い頃は過激だと言われていたでしょう。」と言い、なんとか校長をなだめる。デロリスは必ずいい方向へ持っていってくれると信じている院長は、「このまま廃校になったとしても、彼女なら生徒達と素晴らしい最後を迎えてくれますわ。」となんとか校長を納得させたのだ。一方、デロリスは決意新たに音楽室へと向かう。まず生徒達に、今日からこの学校が生まれ変わり、“バード・コース”はなくなった事や、きちんと勉強しない者はたとえクラス全員でも落第させることを伝える。そして、礼儀として授業中に帽子をかぶっている生徒やサングラスをしている生徒には外させ、授業中のメイクも禁止した。居眠りや雑誌を読む事なども当然禁止にした。次々に生徒達の恰好や態度を注意していくデロリスに、「昔の方がよかったわ。」とリタが一人立ち上がり歯向かった。それに続きクラス中も立ち上がったものの、「金銭的に留年ができない。」と言うスケッチや「親にしかられる。」と言うタイラーの言葉を聞いて、結局リタ以外の生徒は再び大人しく席に着いた。デロリスなら本気で落第にしかねないと気付いた生徒達は、先生いびりを辞め真面目に勉強するしかないと悟ったのだ。誰も賛同してくれないリタは思わず悔しくなってしまい「皆友達じゃないわ。」と一人教室から去ってしまった。リタが去った教室では、授業がやっと始まった。リタは教室を出て、学校を出たあとも、何度も何度も後ろを振り返っていた。その晩、デロリスはシスターや神父を集めて何やら話し合いをしていた。今学期で終わるから何をしても無駄だという神父もいたが、「まだ終わってない。」とデロリスは諦めずに何とかしようと持ち掛けるのだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents