ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』とは2022年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ3作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ魔法界を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第3弾。主人公ニュートらに協力を要請し闇の魔法使いグリンデルバルドの陣営に対抗するチームを作ったダンブルドア。魔法界を支配しようとするグリンデルバルドの企みを阻止するため、寄せ集めの凸凹チームが魔法動物と共に戦いに挑む。ダンブルドアの過去が明かされる物語。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の概要

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』とは2022年4月8日に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ第3作目のファンタジー映画である。原題は『Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore』。
『ファンタスティック・ビースト』シリーズは『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚であり、『ハリー・ポッター』シリーズと同じ”魔法界”が舞台となっている。『ハリー・ポッター』の時代から約70年さかのぼった時代の物語が描かれる。『ファンタスティック・ビースト』シリーズは全5作品が予定されており、本作は折り返しとなる3作品目だ。

脚本は『ハリー・ポッター』シリーズ・『ファンタスティック・ビースト』シリーズの原作者J.K.ローリングと、スティーヴ・クローヴスが務めた。監督は『ハリー・ポッター』シリーズの監督でもあり、『ファンタスティック・ビースト』シリーズ1、2作目の監督も担当したデヴィッド・イェーツだ。
出演は前作に引き続きエディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラーらが続投した。主要人物でもある強大な敵・グリンデルバルド役は前作までのジョニー・デップに代わり、デンマークの名優マッツ・ミケルセンが新たに演じた。

2022年4月8日(金)に全国365館、895スクリーンにて公開された。週末3日間の累計成績は観客動員68万5,197人、興行収入10億5,573万3,460円を記録し週末動員・興行ランキングで初登場1位となった。

舞台は『ハリー・ポッター』の時代から遡ること約70年前の”魔法界”だ。
前作で既に多くの支持者を得ていた闇の魔法使いグリンデルバルドは、魔法界と人間界の支配の一手として魔法界の選挙に立候補する。グリンデルバルドの手の中に徐々に落ちてゆく魔法界だが、ダンブルドアは主人公ニュートらに協力を要請しチームでグリンデルバルドに対抗する道を選んだ。
選挙の行方を左右するのは、未来が予測でき神聖な心の持ち主の前に跪くとされる魔法動物のキリン。そしてグリンデルバルドとダンブルドアの戦いを左右するのは、2人が若い頃に行った「血の誓い」のペンダントだ。
魔法界を支配しようとするグリンデルバルドの企みを阻止するため、ダンブルドア率いる寄せ集めの凸凹チームが魔法動物と共に戦いに挑む。

今作ではタイトル通りアルバス・ダンブルドアとダンブルドア家の過去と秘密が明かされる。
若い頃に「血の誓い」を結んだダンブルドアとグリンデルバルドの関係性もその1つだ。またクリーデンスは、前作のラストでグリンデルバルドから「君の本当の名前はアウレリウス・ダンブルドアだ」とダンブルドア一族であると聞かされている。そんなクリーデンスの出生の秘密も今作で明かされる。
『ハリー・ポッター』シリーズでは僅かな出演時間だったアルバス・ダンブルドアの弟アバーフォースも登場し、2人の妹アリアナについても語られた。『ハリー・ポッター』シリーズでは偉大な魔法使いとして登場したダンブルドアの人間らしさが見える作品となっている。

また、魔法使い達の”無言呪文”でのあざやかな魔法シーンも作品の魅力の1つだ。偉大な魔法使いと呼ばれるダンブルドアと史上最悪の闇の魔法使いと呼ばれたグリンデルバルドの対決もあるが、何より素晴らしい魔法を見せてくれるのが「呪文学」の教師を務めるユーラリー・ヒックスだ。魔法使いではないジェイコブが魔法を操るように見せるシーンや、グリンデルバルドの陣営の追っ手を軽やかにかわすシーンの魔法は非常に見ごたえがある。今作で大活躍したユーラリーの魔法とその存在感はSNSでも話題となった。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』のあらすじ・ストーリー

ダンブルドアとグリンデルバルドが交わした「血の誓い」

マグルのカフェでグリンデルバルドと話をするダンブルドア(写真中央)

ある日、ダンブルドアがカフェで待っていたのはグリンデルバルドだった。ダンブルドアの前に、落ち着いた様子のグリンデルバルドが少しの嬉しさをにじませながら現れる。グリンデルバルドはまるで再会を喜んでいるようだ。今はダンブルドアが2人の「血の誓い」のペンダントを持っていた。ダンブルドアは「互いを解放しよう」と提案するが、グリンデルバルドはそれに拒絶反応を示す。グリンデルバルドが行おうとしていることは間違っていると指摘したダンブルドアに対し、グリンデルバルドは「賛同しただろう」と問う。ダンブルドアは賛同したのは「君を愛していたからだ」と答えた。グリンデルバルドは「世界を変えようと言ったのは君だ」と言う。非魔法族・マグルから逃げ隠れるのではなく、魔法使いである自分達が自由に生きることが出来る世界を作りたい。その夢を先に語ったのは若かりし頃のダンブルドアだった。グリンデルバルドはダンブルドアの説得に耳を傾けずその場を離れてしまう。

魔法動物学者ニュートは、森の中で魔法動物「キリン」の出産に立ち会っていた。キリンの赤ちゃんが1匹生まれたその時、キリンとニュートにグリンデルバルドの陣営が襲い掛かり、キリンの赤ちゃんが奪われてしまう。
母キリンは力尽きるが、もう1匹キリンの赤ちゃんを産んでいた。キリンは双子だったのだ。もう1匹のキリンの赤ちゃんを保護したニュートも倒れるが、魔法動物たちによって安全な場所へと運ばれていった。
未来を視通す力があるキリンを手に入れたグリンデルバルドは、容赦なく斬りつけキリンの血を流す。血だまりの中に浮かんだのはダンブルドアの姿だった。ニュートの友人でグリンデルバルドの陣営に加わった魔女・クイニーはキリンを傷つける姿を陰から目撃しショックを受ける。

ニュートは兄テセウスと共にダンブルドアを尋ねた。ダンブルドアはグリンデルバルドへ対抗するためにテセウスにも協力してほしいと頼む。ダンブルドアはグリンデルバルドと「互いに戦わない」ことを誓った「血の誓い」を交わしていることもテセウスに明かした。実際に戦わなくとも、誓いを破ろうとするだけでそのペンダントの鎖が体を激しく締め付け命を奪おうとするものだ。それを知った上で、テセウスはダンブルドアに協力することを決めた。

ダンブルドア率いる凸凹チーム

列車に集合したダンブルドアのチーム(左からバンティ、テセウス、ユスフ、ユーラリー、ジェイコブ)

一方ニューヨークで普通のパン屋の店主として働くジェイコブの元には、呪文学の教師である女性魔法使いユーラリーが現れた。ユーラリーからグリンデルバルドに対抗するための協力を依頼されたジェイコブは、クイニーを取り戻すために協力することを了承する。
ユーラリーとジェイコブが向かった先で待っていたのは、ダンブルドアに集められた人々だった。魔法動物学者のニュート、イギリス魔法省闇払い局局長のテセウス、イルヴァーモーニー魔法魔術学校の呪文学講師ユーラリー、前作の戦いで命を落としたリタの異父兄弟であるユスフ、ニュートの助手バンティ、魔法使いではない”マグル”のジェイコブの6人だ。ニュートはダンブルドアから預かっていた品をそれぞれに渡す。テセウスには朱色のネクタイ、ユーラリーには本、ジェイコブには芯が入っていないスネークウッドの杖、バンティには読むと消えるメモだ。ユスフは予め受け取っているようだ。
バンティの「誰も全てを知らない」という言葉通り、明確な計画は無くそれぞれが動くスタイルでダンブルドアのチームが動き出した。

ユスフ、バンティと分かれたニュート、テセウス、ユーラリー、ジェイコブの4人は、国際魔法使い連盟代表選挙の候補者が集うパーティーに潜入する。ニュートはそこで現在の国際魔法使い連盟代表であるフォーゲルに接触し、ダンブルドアからの「正しい道を、楽ではない道を選べ」という伝言を届けた。しかしその直後フォーゲルが選んだのは楽な道で、マグル殺害容疑で審議を受けていたグリンデルバルドを不起訴としてしまう。徐々に魔法界がグリンデルバルドの手に落ち始めたのだ。その上テセウスは騒ぎを起こしたとされ捕らえられてしまい、ニュートらは一旦手を引くことにした。
一方、ユスフは単独でグリンデルバルドの城を訪ねスパイとして潜り込むことに成功する。

後日、グリンデルバルドは国際魔法使い連盟代表選挙に立候補した。起こり得る暗殺を止めるために、ジェイコブとユーラリーは選挙パーティーに潜入した。そこでジェイコブは恋人だったクイニーを見つけるが、グリンデルバルドの陣営にいるクイニーはこちらを見てくれない。怒ったジェイコブはグリンデルバルドに杖を向け、クイニーを返すように迫る。ジェイコブの行動を見た他のパーティー参加者が「暗殺者だ」と叫び、パーティー会場は混乱に陥った。ユーラリーはジェイコブの杖から魔法が放たれたように見せつつ、攻防する。ユーラリーとジェイコブはなんとか合流し、その場から逃げ切った。

一方、ダンブルドアの元にはグリンデルバルドの陣営についたクリーデンスが襲い掛かる。クリーデンスは捨てられた怒りをダンブルドアにぶつけ、街中で激しい魔法の攻防を繰り広げる。ダンブルドアはクリーデンスに、グリンデルバルドは嘘をついているが確かに「君はダンブルドア家の一員だ」と伝えた。

ニュートによるテセウスの救出

牢獄からの脱出を試みるニュート(写真左)とテセウス(写真右)

ニュートは、ドイツ魔法界の牢獄に捕えられたテセウスを助けに向かった。その受付で杖と魔法動物ニフラーのテディとボウトラックルのピケットを預けたニュートはもはや丸腰だ。そこでニュートを待ち受けていたのは警備代わりに配置されている魔法動物・マンティコアだった。一瞬で群がり人間を食べてしまうような危険な魔法動物だ。いつの間にか大量のベビー・マンティコアに囲まれていたニュートは、すぐさまマンティコアに擬態することで危機を回避する。ニュートは擬態したままテセウスを救出し、2人は擬態しながら脱出を試みる。ピケットとテディの協力もあり、2人は瞬間移動するための魔法道具・ポートキーを使って無事脱出に成功した。

決戦の地は選挙会場「ブータン王国」

ホグワーツに集まったダンブルドア(写真中央手前)のチーム

ホグワーツに集合したニュート、テセウス、ジェイコブ、ユーラリーはダンブルドアから次なる場所は選挙会場となるブータン王国だと告げられる。決戦の前に一行は、ダンブルドアの弟・アバーフォースの店で夕食をとることにした。そこでダンブルドアはアバーフォースにクリーデンスはアバーフォースの息子であること、その命は長くないことを告げる。またニュートには、ダンブルドアの妹・アリアナがクリーデンスと同じように"抑圧された闇の力"オブスキュラスを持っていたこと、昔グリンデルバルドに恋をしていたこと、アリアナは自分とアバーフォースが魔法で決闘していたときに巻き込まれて死んだことを明かした。

選挙は魔法動物キリンに託されることとなった。しかし現代表のフォーゲルが準備したキリンは、グリンデルバルドが一度殺し操っているキリンだ。ダンブルドアたちはもう1匹のキリンを選挙会場に届けるために5つのトランク作戦を実行する。バンティが用意したトランクは、どれもニュートのトランクそっくりだ。どれにキリンが入っているか分からない状態で、それぞれがトランクを持ち選挙会場のブータン王国に乗り込んでゆく。

キリンがもう1匹いることを知ったグリンデルバルドは、部下を配置しダンブルドアの計画の妨害を試みる。ジェイコブ、テセウス、ユーラリーのトランクが敵の手に渡るが、どれも偽者だった。トランクを手に会場に辿り着いたニュートだったが、目前でグリンデルバルドの手下に奪われてしまう。

壊れた「血の誓い」

互いに戦うダンブルドア(写真左手前)とグリンデルバルド(写真右奥)

選挙会場では、操られたキリンがグリンデルバルドの前で跪き、国際魔法使い連盟の代表に選ばれていた。支持者達が熱狂する中、グリンデルバルドは最初の見せしめとして暗殺者として指名手配中のマグルのジェイコブを磔の呪文「クルーシオ」で苦しめる。真っ青になるジェイコブにクイニーが駆け寄った。
その時、クリーデンスがそのキリンは既に殺されており操られていることを公言する。ニュートも前に出るが、キリンが偽者である証明は何も無い。その時、民族衣装を着たバンティがキリンが入ったトランクを持って現れ、本物のキリンを取り出した。本物のキリンは双子の片割れだったキリンに呼びかけるが、もう死んでいる片割れは反応しない。
本物のキリンが選び、跪いた相手は群集の中にいたダンブルドアだった。戸惑うダンブルドアは目線を合わせ「光栄です」と言いながら、他にも素晴らしい人物がいるとキリンを促す。キリンは選挙候補者であるサントスの前で再び跪いた。

裏切ったクリーデンスに向けてグリンデルバルドは魔法を放った。それに対しダンブルドアとアバーフォースはクリーデンスを守るために防御魔法を放つ。互いの魔法が交わったその瞬間、ダンブルドアとグリンデルバルドが互いに戦わないと誓った「血の誓い」のペンダントが壊れた。
グリンデルバルドとダンブルドアは2人で戦い始める。激しい戦いの中、グリンデルバルドは「この先、誰がお前を愛する、一人きりだぞ!」と叫んだ。決着がつかないまま、グリンデルバルドは崖から落ちるように姿を消した。

その後、魔法界と人間界に少しの平和が訪れた。
ニュート達はニューヨークにあるジェイコブのパン屋に来ていた。今日はジェイコブとクイニーの結婚式だ。花婿の付添い人をするニュートは、花嫁の付添い人として妹の結婚式にやってきた恋人ティナと久しぶりに再会することができた。
パン屋の前の通りにはダンブルドアも来ていた。ダンブルドアは結婚式に参列するつもりはないようだが、ジェイコブの友人の1人として遠くからあたたかく見守り立ち去った。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の登場人物・キャラクター

ダンブルドアが率いるチーム

ニュート・スキャマンダー(演:エディ・レッドメイン)

吹替:宮野真守。
『ファンタスティック・ビースト』シリーズの主人公。
ホグワーツ魔法魔術学校ハッフルパフ寮出身のイギリスの魔法使いで魔法動物学者。魔法動物達を心から愛している少し変わり者である。常に持ち歩いているトランクには魔法がかけられており、トランクの中で魔法動物を保護・飼育している。様々な魔法動物と心を通わせる一方で、人付き合いに関しては不器用な一面がある。著書『幻の動物とその生息地』を出版、ベストセラーとなり、魔法界の学校では教科書として用いられている。
ダンブルドアが率いるチームに参加し、闇の魔法使いグリンデルバルドに対抗している。

アルバス・ダンブルドア(演:ジュード・ロウ)

doublejumperw5
doublejumperw5
@doublejumperw5

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。活発に動き始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと死の秘宝』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

博士と彼女のセオリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

博士と彼女のセオリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『博士と彼女のセオリー』とは2014年にイギリスで製作された、物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と元妻のジェーン・ホーキングの出会いとその後を描いた伝記映画である。スティーヴンは21歳で筋萎縮性側策硬化症(ALS)を発症し余命2年と宣告されるが、ジェーンの献身的な愛情に支えられ苦しみながらも困難に立ち向かって行く。第87回アカデミー賞では5部門にノミネートされ、主演のエディ・レッドメインは主演男優賞を受賞した。監督はジェームズ・マーシュが担当し、脚本をアンソニー・マッカーテンが担当している。

Read Article

ハリー・ポッター/ファンタスティック・ビーストシリーズの魔法動物まとめ

ハリー・ポッター/ファンタスティック・ビーストシリーズの魔法動物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズおよび『ファンタスティック・ビースト』シリーズとはJ・K・ローリングが原作をてがける小説および映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。同じ魔法界を舞台に、それぞれの時代での闇の魔法使いや闇の勢力との戦いが描かれる。『ファンタスティック・ビースト』シリーズは『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚で、『ハリー・ポッター』の世界の過去の出来事が分かる作品だ。これらのシリーズには様々な魔法動物が登場し、戦いの中で活躍している。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』とは2018年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第2弾。 闇の魔法使いグリンデルバルドが移送中に逃亡するシーンから物語が始まる。巨大な力を求め仲間を集めるグリンデルバルドとの攻防が繰り広げられる。 黒い魔法使いグリンデルバルドを追う魔法動物学者ニュートの新たな冒険が描かれる。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とは2016年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ1作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚。原作者J.K.ローリングが脚本を手がけた。 イギリスの魔法使いニュートが魔法動物達と共にニューヨークに降り立つところから物語が始まる。手違いで逃げ出してしまった魔法動物達とニューヨークで起こった不思議な事件。魔法動物と魔法使いによる新たな魔法界の物語。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの様々な食べ物・飲み物・お菓子が登場する。人間界には無い少し変わったものも多く登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと賢者の石』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ガタカ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ガタカ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガタカ』とは1997年にアメリカで製作されたSF映画。 遺伝的優劣によって人生が左右される近未来社会の中で、遺伝的問題を抱えた1人の青年が不屈のチャレンジ精神で人生を切り開き、夢を叶えようとする姿を描いている。遺伝子がすべてと言われる世界の中で、当り前である概念を打ち砕き、不可能を可能としようとする姿に周囲が心動かされていくヒューマンストーリーでもある。現実感のある設定と名言の詰まったセリフの数々は、見る者の心に訴えかけ、今もって語り継がれる作品となっている。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

コンテイジョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コンテイジョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンテイジョン』とは、2011年にアメリカで公開されたスリラー映画。危険な未知のウイルスが、次々と人間の命を奪い、恐怖というパニックにも感染していく世界を描いている。世界各地で同時多発的に謎の病が発生する。それは咳・発熱を発症後、急激に症状が悪化し、亡くなってしまうという新種のウイルスだ。世界中で感染が広がるこの病に医師たちは敢然と立ち向かう。しかし人々は翻弄され、国家は瞬く間に崩壊していくのだった。ウイルス感染の恐怖を様々な視点から捉えた、リアル感溢れるパニック・スリラー・ムービーだ。

Read Article

リリーのすべて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リリーのすべて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リリーのすべて』とは、世界で初めて性別適合手術を受けた、リリー・エルベの実話を元に描いたヒューマン・ドラマ。2015年にアメリカ、イギリス、ドイツで製作された合作映画である。風景画家である主人公はある日、肖像画家の妻に頼まれ女性モデルの代役を引き受ける。そのことがきっかけで、自分の中に女性の存在があることに気付き始める。悩み苦しむ夫の変化に困惑しながらも、妻のゲルダは夫の本質を尊重し、理解を深めて行く。概念を超えた夫婦の絆と美しき愛の物語。

Read Article

ファンタビのレビュー・評価・感想まとめ【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

ファンタビのレビュー・評価・感想まとめ【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

『ファンタスティック・ビーストシリーズ』は『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ映画である。主人公のニュート・スキャマンダーはホグワーツ魔法魔術学校指定教科書『幻の動物とその生息地』の著者であり、作中では多くの魔法動物が登場する。 ここでは『ファンタスティック・ビーストシリーズ』のレビュー・評価・感想をまとめた。

Read Article

ついにダンブルドアが登場!ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の情報まとめ

ついにダンブルドアが登場!ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の情報まとめ

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は『ファンタスティック・ビーストシリーズ』の2作目にあたる映画。闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドの勢力が拡大する中、主人公のニュート・スキャマンダーはホグワーツ魔法魔術学校にいるダンブルドアの命でグリンデルバルドを追っていく。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズとの繋がりは?ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の徹底解説・考察まとめ

ハリー・ポッターシリーズとの繋がりは?ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の徹底解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ作品で、ホグワーツ魔法魔術学校における魔法生物飼育学の指定教科書『幻の動物とその生息地』を書いたニュート・スキャマンダーが主役となっている。 この時代はグリンデルバルドという闇の魔法使いが勢力を拡大しており、ニュートは闇の勢力との戦いに巻き込まれていく。

Read Article

目次 - Contents